翔荒牧のレビューとショッピングガイド

最良の選択から毎日の製品レビュー

Tag: Bang & Olufsen

Bang & Olufsen ヘッドホン Form 2i セミオープン型 オンイヤー ブラック

まずデザインが素敵です。某家電量販店で見て気に入り購入しました。音質ですがボーカルがとても心地よく聴こえます。曇っているとは少し違うのですが、全体的に柔らかい音に聴こえます。本体がとても軽いこともあり、ゆったりと音楽を聴くことに向いていると思います。. 以前form1を使用していましたが、物凄く凝った包装等、音質とは無関係な所にお金を掛けている印象でした。音質はとてもhi-fiとは言い難く、ラジオの音質をちょっと良くした程度で、コスパは最低レベルです。耐久性もあまり無く、スポンジ部分がすぐに加水分解してしまいます。b&oはデザイン優先、という巷間ささやかれたいた事を、実証したような製品でした。こちらのform2は、form1よりも大幅に簡素化されたデザインで、form1の弟分といった位置付だと思われます。全体的にプラスチッキーで、接続プラグも金メッキでない等、ぱっと見千円台の製品に感じられ、あまり高級感はありませんが、デザイン自体は美しいと思います。フレーム等の樹脂部分は、ポリアミド(強化ナイロン)製で、部分的にグラスファイバー強化ポリアミドも使用されています。ポリアミドは、あのハズキルーペのフレームにも使用されているので、一見華奢に見えますが、意外と耐久性があるのかもしれません。今回ブルーカラーの製品を購入しましたが、単なるスカイブルーではなく、ほんの僅かに緑味が混じった、微妙なニュアンスカラーでした。しかもこの色は、樹脂の生地色ではなく、半艶塗装によって表現されていました。確かに、このニュアンスカラーは、樹脂の生地色で表現するのは難しいかもしれません。サイドの長さ調節用のスライダー部分は、全く同じ形状のステンレス板を3枚横に並べ、固定箇所を上下に振り分ける事で、スライド機構を構築しています。1つのパーツだけで構築できるので、コストダウンも図れます。コストダウンでいえば、この製品は完全に左右対称のデザインなので、左右のパーツも共通化しています。ただ、左右対称デザインは、l/rの判別がし辛いという欠点がありますが、私の入手したform2iでは、リモコンがr側に付いているので、判別が容易です。音質は、form1でがっかりさせられた分、あまり期待していなかったのですが、普通に聴ける音質でした。ドライバーユニットは、30mm相当と小型なので、全体的に軽い音になってしまいますが、そこそこ聴きやすい音質なので、普段使いには十分使えると思えました。. 軽量で装着感もいいのですが、ヘッドバンド表面の摩擦が低いためすぐにズレ落ちます。また、かなりの音漏れがするので、通勤用には見いていません。. サイクリングと畑仕事で使用してみました。音質に不満はありませんが装着力が弱くスポーツや作業時には向きません。. 正直b&oについては食わず嫌いをしていました。(※デザイン重視系の中では辛うじて聴ける音を出す、という偏見持ちでした)ただ、食わず嫌いし続けるのもどうかと思うし、だからと言って定価で買って失敗するのもなあ…。という中で偶然見かけた完実電気のアウトレットで限定モデルを10000円以下で購入。10000円以下なら失敗でも許せるか、という位だったのですが。結果から言えば(定価ベースだとちょっと後悔したかもしれないけど)1万円台前半なら十分いいと言える機種でした。【美点】・とにかく装着感がかなり快適⇒軽くて痛くない。首にぶら下げられる…といった要素は思った以上に大事なんだなと。 ヘッドホンとして仰々しくならなくて非常に使い勝手が良いです。・ちゃんと低音が出る⇒開放型の耳のせタイプ、となると低音の量が不足するイメージがあったのですが、 これが結構ちゃんと出ています。(過多というほどではない)・定位がかなり優秀⇒見た目以上に空間表現が巧みです。奥行方向が結構広いし、前方定位気味なのもいい感じです。・解像度が悪くない⇒決して「良い」わけではないので要注意。とはいえ最低限欲しいレベルには達しています。・デザインが良い⇒なんだかんだ所有欲を満たしてくれますね。・プレーヤー側を過度に求めない⇒pcのオーディオインターフェース辺りでも不満ない音が出ます。【欠点】・ヘッドバンドが短い⇒私の頭が大きいのも問題ですが、「耳の良い位置」にギリギリ届いている…という感じです。 人によっては長さが足りない、ということは十分あり得ます。(女性にはちょうどいいかも)・ケーブルに不安感⇒結構華奢なので…いつ断線してもおかしくないなと。・一部スマホでは使えない⇒リモコンが使えない、あるいはそもそも挿していると認識すらしない…なんてことも。 iphoneなら大丈夫なんでしょうけど。・音漏れが大きい⇒ポタ環境向きじゃないなあと。・意外と指紋が目立つ⇒つや消し部分は結構脂に弱いです。多分定価購入だと後悔していた気がしないでもないですが、現在の12000円前後であれば妥当~アリ辺りに落ち着くと思います。音質を追い求める向きの機種ではないですが、不満がないレベルの音質ですし、何より気楽に使える。ヘッドバンドの長さの問題があるので試聴をお勧めしますが、割とお勧めできる機種です。. B&oの中では、ボトム商品であるが、さすがにブランドの名に恥じない。音質が他の商品とは違う。木管はそれなりに、金管も良い少し艶の入った高音域はヴァイオリンを弾ませる。空気感もそれなりに感じられる。ジックリ聞くに堪える物である。. Iphone 3gにて使用しています。ユニット部分は華奢だしブランド品にしてはお手頃なのではじめは音質には期待してませんでした。iphoneの付属品と同等以上なら良しとしデザインに7000円払うくらいの気持ちでした。が、驚きました。全域にわたってなかなか高音質です。どちらかというと低音よりでしょうか…癖が無くフラットで、イコライザによる調整で、万能に対応できそうです。(bose製品+低音強調、などは真似できないでしょうが)10000円相応の音質でしょう。非常に満足しています。装着感はあまり評判よくないようですが私の耳、頭の形からでしょうか1時間ほどの連続使用を試しましたが、耳が痛くなったりはしないです。耳に直接触れるタイプなので、相性次第でしょう。. Bang & olufsenは大好きなメーカーで、h2、h3も使っています。音、デザイン、つけ心地、使いやすさすべてにとってもオシャレだと思います。リラックスして音楽を楽しむ大人のヘッドホン。. 長所と短所 利点 あくまでデザイン優先、音質は二の次。 普通の音質 さすがに名器の片鱗あり。 欠点 コンパクトで持ち運び良好、サウンド良いです。長時間で少々耳が痛くなる時があるけど慣れでなんとか解消?. 優しい音、装着感で気に入ってました。しかしながら、少しのことで端子が折れ使用不可になりました。この価格で買い直しの気は起きません。. 期待通りの音質でした。派手さはありませんが、繊細で明瞭な音像が印象的で、クラシック、特に室内楽では微細なニュアンスをうまく伝えてくれます。長時間聴いていても疲れが少ないので、休みの日などはゆっくり音楽に浸れそうです。. 元々ピュア・オーディオ用に購入したものですが、それほど使っていませんでした。全体的に一寸物足りなく感じていました。評価が一変したのはmp3プレーヤに使ってから。使っていたsonyのnudeのイヤフォン(定価1万弱位)が壊れてしまい、長いケーブルが邪魔ですが携帯プレーヤに臨時に使いました。そして唖然。豊かな低音、ヒステリックにならない高音。ロック、ボーカル、ジャズ、すべてOK。mp3の為に作られたかの様な高音質でした。以後、ずっと使っています。ちなみにジョギングの友です。長いときで2時間くらい走りますが、ずれることもなく快適に使えています。ケーブルは邪魔ですが、とにかく音が良い。mp3をいい音で聴きたい方にお勧めです。. デザインが良いから買ったのですが、なかなかよかったです。使用環境はiphone6 plus直刺しです。リモコンもついていて気楽に使えるのが良さだと思うので、dacもアンプも入れてません。色はグレー。某カメラ店の通販では全色そろっていて、ポイント入れて実売1万弱で買えます。質感はプラスチッキーです。それほど安っぽくはないのですが、1万って感じではちょっとないかな…低音はユニット形の割に意外と出ます。そんなに強くはないですが、籠もったり緩んだりしていません。中音も中抜けしないで十分にでてます。癖もありません。よいと思ったのは高音で、イヤホンとの比較になりますが、eme-audio t-peos h-300に質感が似ています。繊細さでちょっと負けますが、量的にはh-300よりもきつくないです。音域バランスはドンシャリでもかまぼこでもなく中庸です。あえて言えば少しだけハイより。ソースを選びにくい良いバランスです。音場はだだっぴろいです。普通の開放型とは比較になりません。装着感は人によるとは思いますが、あまりよくありません。使っているとずれます。パッドとか入ってませんし、バンドの形状が特殊なので頭のてっぺんにしか当たりません。でも軽いので使っていて苦にはなりませんじ、ずれなければ使っているのを忘れるほど軽快です。バンドの長さは不足ありません。h&kのclをデザインで買って失敗しているので、あんまり期待してなかったのですが、(某ヘッドフォンムックにはclはラウンジトーンとありますが、ハイ落ちで分解能が悪いだけでした)よい買い物をしました。他のヘッドフォンとデザインが違いすぎるので、並べておくと浮いてしまうのが難です。あと、折りたためるともっとよかったのですが…薄いですが、意外と平面的には大きいです。. 目立つ笑。音は聴きやすい音質で、周囲の音も聴こえる。b&oファンならほしい商品。. 普段、自宅ではヘッドホンは、beyerdynamic dt 1990 proかsony mdr-1a、電車での通勤ではe700mかe1001などのイヤホンを使用していましたが最近イヤホンでは耳が痛くなる、ヘッドホンでは暑さが. ということで気軽に使えるヘッドホンを探してきました。ちょうどサブパソコンとしてhp spectre x360を購入。b&oのデュアルスピーカーの音が気に入りヘッドホンも購入してみようかと. 。それでこちらを購入してみました。最初、手持ちのdap何種類かに接続しましたが、いまいち. なんかもっさり、音が篭る感じ。うーん、失敗したかと思いましたが、試しにスマホに直差し。耳のポジションを合わせ. 悪くない、透き通るような音が出てきました。低音も私には悪くない。中音もよい。女性ボーカルが前に出てきます。ポジショニングが狭いのかな。きちんと合わせると良い音です。また耳付近で押さえると聴こえない音もきちんと鳴っています、開放型だから仕方ないのかな. 。なんだろ、なんか懐かしい音、80年代、90年代のシステムコンポの音かします。エージング後にdap+dacで聴いてみようと思います、化けるかも笑。質感は値段なりです、もう少し頑張って欲しかったですが、ま、シンプルでよいのかもしれません。この値段でここまで鳴らすなら、今度はb&oの密閉型を購入してみようかと思いました。. 音も以前友人に聴かせて貰って気に入っていたが、なんといっても素敵なこのデザイン!form 2と一体となった自分が、間違いなく上がる!聞こえる音が、普段より色気を増す’そんな、音楽の本質を高めてくれる究極の逸品だと感じます。form 2を頭や首に掛けて、出掛けよう。ただ、購入に際しては、保証の有無に気をつけて。並行輸入品だと保証がつかないそうです。bang & olufsenは厚い保証が見逃せませんから。出来れば、正規店で購入されることをおすすめします。お店でbangの他の製品を生で見るのもいいですよ。. 酷評されてはいますが、ショールームで試聴した感じでは自然な音でした。低音域は不足しますが、ドンシャリを求めなければ問題なしでしょうレコード世代であればdenonのカートリッジdl-103のようなリファレンス機との位置づけと言えば、判って頂けるでしょうか。私が購入した理由は、1。聴き疲れしない自然な音2。疲れない軽い装着感3。ロングセラー(長年売れ続けている)4。国際保証3年(コード・パッドを除く)5。価格なりでしょうか(直営店で¥11,800)ここにある2万近くならa8を買います。. メーカーより Bang & Olufsen Bang & Olufsenは、1925年にデンマークのストローアで、Peter Bangと Svend Olufsen によって設立された世界的な高級オーディオブランドです。 […]

Read More

Bang & Olufsen ワイヤレスポータブルスピーカー BeoPlay P2 360度サウンド Bluetooth/通話対応/小型/軽量/2017年秋冬コレクション アンバー【国内正規品/保証2年】 – 小さいのに音の奥行というか深さがある。

8cm、275gというサイズを考えると驚異的な音質です。これ1つで10畳程度の部屋なら音楽で満たすことができます。ソニーのsrs-xb20と比較するとモノラルということもあり流石にスケール感では負けますがボーカルのナチュラルさ、質感と言った点では勝っているかもしれません。何より優れるのは携帯性で鞄に入れてどこにでも音楽を持ち歩けます。値段はちと高めですがおすすめです。. 音質、音量ともに文句なし。こんな小さなスピーカーからこんな良質でパワフルな音が出せるのかと感動してました。ですが、フル充電10時間使用可能という説明は誤りですね。ほんとに新品なのかなぁってくらいバッテリーの持ちが悪いです。6時間も持たなかったです。当たり外れあるんですかね?それさえなければ最高なだけにがっかりしました。. 高音、中音はもちろん、バスレフになっているんだと思いますが、低音も結構出ています。また音質も素晴らしく、どんな構造なのか、どんなスピーカーを使っているのか分解してみたい気分になりました。お値段が高いだけのことはあると感心した次第です。オススメさせて頂きたいと思います。. Bluetoothスピーカーの商品に欠陥が有りました。明らかに音にノイズが入っています。違う機種を所有しているので違いに気づきました。バングアンドオルフセン に連絡したところ対応不可でした。機械だと交換してまた不具合があったら怖いので今回は返品させて下さい。. まずこのコンパクトなサイズで驚く程、音のボリュームが出ます!そして繊細な高音から重厚な低音までクリアに再現されているのにまたびっくり!普段、ダンスミュージックをよく聴くのですが、特に低音域のビートが割れずにしっかり響いてくるので、おすすめです。またbluetoothで接続、アプリで音量や音質などの操作、充電式なので持ち運びの際に余計なケーブルなどのアクセサリーを持ち歩く必要がないのも嬉しいポイントですね!シンプルで洗練されているデザインなので、どこに置いても様になるのは、さすがbang & olufsen。まだ自分の周りでは持っている人も少ないので、自慢気に使っています!以前ヘッドフォンのh4を購入し、その音質の良さや掛け心地が気に入って、スピーカーも!と探していたのですが、今月末までオリジナル充電器などがもらえるキャンペーンをやっていたので、買うなら今しかないと即決しました!良い買い物ができて満足です!. もともとレンタカーやカーシェアリングを使う際にjbl tripを愛用しており、旅行やレジャーに大活躍していたのでbluetoothスピーカー大好きな私です。jbl tripは車の中で使いやすいので色々持ち歩き、いざというときに手元にないことがあり、サブとしてもう一つ購入することにいたしました。で、先日b&o play h4(ヘッドフォン)を買って大正解だったので、b&oで探したらb&o play beoplay p2がヒット!音質はb&o play h4と同系統、まぁ、当たり前ですわね。非常に広がりがあって高域から低域までバランス良く、その恩恵で中域が気持ちいいスピーカーだと思います。何より良いのは大きさ!胸ポケットにも入れられるほどコンパクト。ヒモが付いていてぶら下げられるのも良いですね。薄いかまぼこ型のデザインはポケットに滑り込ませるのに非常にいいですね。色もたくさん選べるしデザインは相当良いです。また、以外に感動したのは電源ボタンの位置で、裏にあるんです。あとボリュームは無し、再生デバイス側でコントロールするので省いてます。実はコレがが良いんですね。他のスピーカーは持った時に何かボタンを押してしまうことがしばしば。使い込んでいるユーザーを考えた良い作りだと思います。ブランドをひけらかしたい人はブランド名が電源ボタンにしか付いていないので寂しいかもね。私はブランド主張しないこのデザインがgoodです!いや〜良い買い物でした。. 暮れゆく黄昏の九十九里にインスピレーションを受けたというアンバーを1万4千円で購入しました。周波数特性が68hz~21khzということで、このサイズの1万円以下のスピーカーとは、低音の出かたが全然違います。低域がしっかり出るので、ボーカルも生々しさがきちんと出ます。boseでもこの薄さ大きさでこの低音は難しいと思います。15 wクラスdアンプ x 2 (最大出力50w x 2)の密閉型という、他のポータブルスピーカーより1桁大きい出力と構造が利いています。電源をonにしなくても、pcのusbにつなげばusbスピーカーにもなります。出力が大きいためか、公称よりバッテリーの持ちは良くありません。充電しながらでも使用できます。apt-xは入っていません。ファームはアプリからバージョンアップできます。6. 5のファームでiphoneから再生してると急に大音量になる時があります。もとのパワーがあるので、深夜の再生には注意。これは実証していないのですが、アプリのヘルプによると、2台でステレオ再生ができるそうです。音量が突然変わるのも、一瞬2台目として再接続してしまうからかもしれません。充電器で充電すると勝手に電源がonになりペアリングが開始されるのは辛いです。. 購入してから4ヶ月経ちました。最初聴いた時は低音が薄っぺらで安っぽいと感じました。しかしエイジングを重ねて今では上質な音に変化しました。ボーカルの言葉のキレが良く低音も上品な音に聞こえます。寝る前に静かに聴くにはa2より良い感じです。他にもソニーx88やbose music monitor、b&oではa2も所有していますが、携帯性やデザインも含め今ではこのp2が一番のお気に入りになりました。. 利点と欠点 メリット 音はともかく、バッテリーが・・・ 手軽に持ち運べるサイズでは唯一無二の音質 このサイズで低音まで出ている! デメリット 箱を開けて説明書を探すと、蓋の裏に黒い小冊子が挟み込んであり、各国語で書いてある注意書き?のような内容を読むと日本語ではちゃんと書いてなくて、サッパリでした。他の方のレビューにあったように beoplayのhpにあったユーザーガイドを読むことで、ようやく使い方が理解出来ました。どうしてユーザーガイドを付けずに、中身の無い注意書き?を付けたのか理解に苦しむところです。商品自体は質感が高く、高級感があって外に持ち出すには気が引けるぐらいです。小さいサイズのためか、若干サ行が歪みますが、全体としては自然で聞きやすく、かなりの高音質だと思います。本体端子は usb type-c で接続コードが付いています。あまり広まっていない端子なのでコードを無くすと大変です。. フル充電しても2時間ぐらいしか使用できません。これは個体差でしょうか?. デザイン秀逸音質はまずまずカバンに放り込むと少し汚れやすい?電池持ちに課題がありますアプリ使いやすくて、場の雰囲気にあったチューニングにすぐ出来る◎. 音質は間違いなく良い。高中音も聴きやすい。低音の出はこのサイズではp2以外無いと思います。流石世界的にも有名な高級スピーカーメーカー。boseのサウンドリンクミニを使っていたが、3年でバッテリーがやられて赤点滅に状態で使えなくなった。安全対策で音が出せない仕組みならしいです。何それ?え?って思いました。boseも音は良いだけに2台目買うのを躊躇ってしまう。修理でも1万以上掛かるらしいです。直してもまた、同じ事にはなる。それがboseの宿命ですね。あとboseは持ち運びには重い。その点p2は軽くバッテリー充電が低下してもusbで繋いで電源供給していれば音は出て使える様です。beatsも検討したが、ドンシャリで音質はp2に全く及ばなかった。てなワケでこれにしました。良い音で聴きたいならミニbluetoothスピーカーならp2オススメです。ただ一つ電源offはボタンを長押しして白ランプが静かに消えかかったら指を離してoffにするので知らないとoffにならないと思う人がいると思います。自分もそうでした。15分何もしなければ勝手に電源はoffになります。jazz、soul、hiphop、クラシック、ピアノ、と聴きましたが、音質はこのサイズ、重さでは最高です。小さな音で聴いても音質の良さが分かります。このサイズで100wは凄い。色はサンドも良い色ですが、汚れ易いと思いますので黒の方が良いかもしれません。ビックで見た時に展示品がサンド(ベージュ)でしたが、汚れが目立ってましたので、自分は黒にしました。海外ではサンローランとコラボしたモデルが出ていたりと見た目もお洒落です。iphoneとの相性も良いです。一度ペアリングしたらitunesなどで音楽を聴くと勝手に繋がります。. 最初はすぐに繋がって音もまあまあだったのでドラマを見るときなどによく使っていました。しかし、バッテリーの持ちが今ひとつでフル充電しても3時間持てばいい方という感じ。他の人もそのような評価をしているので個体差があるかもしれません。二ヶ月経つと今度は接続しても音が出なくなりました。ソフトウェアのアップデートや再ペアリング、mac再起動などいろいろと試しましたがどれもだめでお手上げ状態です。接続時、15分経ったときにいちいち音が鳴るのも困るので音が出ないように設定できるとよかったです。. Sonyのスピーカーを買ったのですが、サイズからしたら仕方がないのですが低音がイマイチでp2を購入。結果大満足でした。サイズ感、音質、低音、全部いいと思います。アプリで自分好みの音に変えられるのもいいですね。ケースは100均に売っているゲーム用のポーチがぴったりでした。. 自宅にあるb&oの4つのシステムが、いたるところに不調をきたし、とりあえず良い音が聞きたい!と一時的な代替品として購入。様々なワイヤレススピーカーを検討しましたが、音響関係者による大絶賛のこの商品を購入。軽いし音は良いし防滴だし!と大満足です。. 出張時にbluetoothスピーカーを探していた時に免税店で見つけた一品。音質を確認しようと近くで聞いてみても価格に見合う音質じゃないなー、コーデックがsbcだからかなーというのが最初の印象。あまりいい製品が置いていないなぁと店内を物色していると、どこからともなく自然な音楽が聞こえてきた。音のなるほうに向かうと、あれ?これさっきのスピーカーだ。なるほど近くで聞くと多少の粗があるが、少し離れるとバランスよく聞こえるのかーと感心。結局その日は結局値段に躊躇したのと海外でのサポートが怖かったのでスルーしたが、結局その音が忘れられずにamazonで購入。地味にpcに有線で接続可能な点も良い点。出張のお供になっています。. バッテリーが4時間程度しか持たない。また、充電時と再生時に発熱し本体裏側が熱くなる。音質がとても良いのに残念である。. 特徴 Bang & Olufsen ワイヤレスポータブルスピーカー BeoPlay P2 360度サウンド […]

Read More

Bang & Olufsen BeoPlay H3 インイヤーヘッドホン/ゴールド BeoPlay H3 【国内正規品】 – 携帯の機種が悪いのか

ガンメタの本体はとても丁寧に作られてるのがわかります。クールな見た目だが音も低音から高温まで輪郭のわかるバランスの取れた音です。安くないだけに、断線だけが心配の種ですね。. プツプツと音切れする接続をずらすと治る返品です。線の擦れる音がする。. 確かに空間性を感じるサウンドです。そして全体にトゲのない丁寧な音です。しかし、値段相応かと。クリアーな音や、高音の響きは期待できません。普段使いが、xba n3なのでどうしても比較してしまいます。5000円以下のイヤフォンからの買い替えなら満足できると思います。. 一般的なイヤフォンよりも圧倒的に軽く、デザインも良く、コードに細さは感じるが音質にも問題ない。イヤフォンは多数所有し、tpoで使い分けているが、これは入院時にベッドで使うために購入したが、装着していても小さくて軽くて使い安い。音域もjblや他の高評価のイヤフォンに比べて遜色はない。ただ、中の素材が硬いのか、エージングに時間がかかるまた、プラグが直立になっていると言う指摘もされているが、プラグ保護アダプターを装着すれば全く問題ないデザインも良くおすすめします。特に長時間装着する方には最適です。. 流石 某、英国超高級車メーカーが搭載しているカーオーディオブランドと同じメーカーのイヤホンであってサウンドが良いと思います! イヤホンのサウンドだけですが、あのベンツより上位ランクの某英国超高級車の車内で音楽を楽しんでいるかの様です!. 某イヤホンショップで普通の?h3とlgモデルを聞き比べましたけど、違いは無さそうでしたので安いlgモデルを買いました。リモコンがlgモデルはアンドロイド対応だったのも決め手です。アンドロイドスマホでb&oサウンドをリーズナブルな値段で聞けますよ!. まずかっこよいボディが穴だらけなので音の広がりは密閉型の中でも相当いい方とかステマぽいこというけどそもそもカナル型を買ったのが初めてなので知らない、もっというと定価でこの価格帯のイヤホンなんぞ持ったことがない。ヘッドホン買う並行輸入品ということで安く手に入ってしまうならということで今回は購入しました。まずリモコンいらん、というより手持ちのデバイスではほとんど仕事をしません左ってわかりやすくなっただけです。低音は出てる方なのかな出てるってわかるくらい高音も出てる方歪みが少ない平たいイヤホンかと言われればそうでもなくなんとなーく、遊びはありそうです音質、まったくわからない、時々おおすげえてなるけど、時々なのであんまり褒めませんアンプやプレイヤーもっと言えば音源に依存する部分かもしれません。ただリモコン付き、そういう楽しみ方はあんまり考慮されていないかもしれません。実売価格15000円程度というのはある意味均衡が取れています。僕はケチなのでここの値段じゃないと買いませんしデザインに4000円くらい払った感覚です. デザインはいいです。とくに装着した時に美しく収まる高級イヤホンって珍しいんですが、b&oの製品はどれをとっても装着時の美しさも考え抜かれていると思います。クローズアップすると、ディテールの美しさ、造形のセンス、材料のよさが分かります。音も大変バランスが良く、あらゆるジャンルの音楽を楽しめます。カナルなんですが、音抜けが良く音場が広く、イヤホンで聴いてる感じがしません。楽器の音の分離がよく、ちゃんと1つづつの楽器が独立しながらアンサンブルを形成します。音の空間表現が上手です。聴いていてほんとに気持ちいい音です。iphoneとの相性が抜群で、dapとかアンプ持ち歩かなくなりました。イヤホンに求められるあらゆる事をバランスよく高次のレベルで実現してると思います。上等ってこういう事なんですよね。値段もとてもリーズナブルだと思います。. 利点と欠点 メリット イヤホンなのに開放感のある音です。お値段以上な感じ 軽さ、装着感の良さ さすが! デメリット 今まで、高くても5000〜6000円くらいのイヤホンを使用していたが、今回は奮発して購入。全体的な音の広がり、高温の伸びもいいが、主張しすぎない低音も程よく、j-popからロック、jazzなどいろいろなジャンルの音楽を聞いているが、ただ聴くというより、楽しんで聴いている。気になる点として、①プラグの形状がストレートタイプで、断線の心配が必要以上につきまとう。②イヤーピースは各サイズ入っているものの、自分にはフィットせず、コンプライ製のものを別途購入して使用している。 トータルでは満足してます。. 今まで使っていたboseのイヤホン(mie2i)に飽きて去年の10月にヨドバシドットコムで購入しました。結論から言いますと、迷っているなら買うべきだと思います。とにかくあらゆる点で最高のイヤホンです。まずデザインですが、デンマークの有名デザイナーが手掛けてるだけあり、斬新且つ高級感があります(特にゴールドは)。アルミニウム無垢材から削り出したとされるボディには継目が無く、黒赤、シルバー、ゴールドそれぞれの塗装は角度によって輝きがとても綺麗です。プラグ側の部分も、ストームグレーの様な色の金属素材(?)で覆われていて、さり気無い高級感がとてもいい。縦5. 5×高3㎝の付属ケースに収納すれば、まるでリングケースに指輪を入れてるかの様な見た目になります。 音に関してですが、中・高音の解像度、響は半端じゃないです。音が一つ一つハッキリ聴こえ、イヤホンの中では最強に綺麗だと思います。調べたところ、優れたドライバーだけでなく、26箇所ある通気孔が、カナル型であるにも関わらずこのなんとも言えない開放感・透明感のある音を作り出しているそうです。低音においては、私はbose独特の低音に慣れてしまっていたので、最初は物足りないかなと思いましたが、心配しないでください。何日か聴いていると自然で心地良い低音がしっかり出ていることがわかります。boseの低音も好きですがこちらの低音も良いです。外部からの遮音性ですが、iphoneの音量50%程度で音楽を聴いていると周りの人の会話などは聞き取れない位の感じです。他のカナル型イヤホンに比べたら劣ります。私は通勤などの電車内で使う分なら十分かなと思います。もし遮音性の高い物を求めるなら、同イヤホンのノイズキャンセリングモデル「beoplayh3 anc」をお勧めします。また、音漏れですが、iphone音量50%で、何の曲か解らない程度です。 装着感は、軽量なボディ且つ4サイズあるイヤーピースによってとても良く快適です。 半年使ってきましたが、不具合なく使っており、総合して大変満足しています。最後に、もし購入を検討しているなら、必ず国内正規品を購入してください。b&oplay製品の全ては3年保証が付いていますが、その保証が効くのは卸売店の「完実電器」の正規卸売先でないと保証が効かないからです(amazonはok)。マツコの知らない世界でも、イヤホン100選の一つとしてスタジオに飾られてましたから(ancの方ですが)、間違いないですよ。【追記】まさかのこのレビューを書いている最中に、新型の「beoplayh3 mk2」が4月28日に発売となった様です。どうやらアルミニウムからより丈夫なステンレス素材になったそうです。これから買われる方はそちらの方がいいかもしれませんね!. 普段はphilipsのshe9710(1000円台で購入しました)で満足しているような者です。ただ,以前からshureのse215が気になっていて,ようやく買う決心が付いたところに,amazonのサイトでこの商品が出てきて…という感じでこの際だからと思い切って両方買ってしまいました。バング&オルフセン = カッコいいけど高いというふうに捉えていたのが,こちらの値段を見たら,想像していたよりずいぶんと安い!…廉価な商品も出していたのですね。lgフレンド版ということで,収納ケースなどは簡素なものになっていますが本体自体は通常のh3と同じようです。お買い得だと思いますよ。《philips she9710 との比較》まず,自宅にあるヤマハのデスクトップオーディオにつないでcdの曲を再生してみました。曲にもよりますが,始めはshe9710もそこそこいい音だと思っていましたいよいよh3…あれ? なんだこりゃ。中音域がほとんど聞こえず奥に引っ込んだ感じでボワーンと微かに響いてくるだけです……ガッカリしてプラグを抜こうと思ったら,突然クリアな音が飛び込んできました。オーディオ機側のジャックの深さが僅かに合っていなかったみたいです。気を取り直して聴いてみると、素人の私の耳でも,クリアーさという点でshe9710との違いは歴然です。次に携帯ゲーム機(new3ds ll)で聞き比べました。こちらもshe9710で十分と思っていたのが,h3を試すと,she9710は高音がややキンキンと耳障りに感じました…買わなければ音の差に気付く事もなく満足していただろうと思うと、果たしてこれはいいことなのか,悪いことなのか…《shure se215 との比較》いよいよ私にとっての本命,shureの廉価モデルse215です。philipsと同様に比較してみました。似たような価格帯なので,好みによると思いますが,遮音性はse215が確実に上です。…が,h3は,装着感が無く,直接耳に音が入ってくるような不思議なナチュラルさがあります。物理的・空間的な解放では無く,音自体に開放感があるというのか…se215も,いわゆる「shure掛け」とそれに適した独特の形状のおかげで密着感のある装着が可能であり捨てがたいものがありますが,h3と聞き比べると,やや籠もった感じがします。個人の感想ですが,私は,こちらのh3の方が気に入りました。プラグの形状や,機器との相性など微妙な点もあるのですがこの価格帯の中ではおすすめです。通常版よりもかなり安いですし,気になっている人は思い切って買ってみることをオススメします。. 自作のiphoneのケースに真鍮の金具を使っていたので、質感が合いそうだな、と思って購入。ところが正直、外見以外にあまり褒めるところがみつかりませんでした。まず届いてパッケージの重さに驚いたら、その正体は大層立派なマグネット閉開の巻き取りケース。こんな重いもの携帯すらしんどい。プラス、飛行機に乗った時のための、2穴に挿す予備のプラグ。日常生活には必要ないし、なんか時代を感じるなあ。そしてゴム引きのコードがいろんなものに絡み付く。プラグの形状が90度に曲がっていない(コードに対してまっすぐ)なので、iphoneに挿すとニョキッと飛び出し、断線しそうでドキドキします。肝心の音質は自信がないのでコメントできませんが、今まで中間層のシュアをリピートしていたので、耳に入る部分も深くないように感じますし、よって密閉感(外の音の遮断)も今ひとつに感じてしまいます。まあ、ここは個人差があるかと思いますが。とにかくベロベロして携帯不便なのでただ今自作ケースを模索中です。シュアが耳元でクルクル回らなくなってくれたら浮気はやめます。。。. Klipsch 11iを数年使っていたが、原則一年未満で断線するのにうんざりして買い換え(最初の一回は無料交換になるのだけれど)。音質的には11iの方がやや繊細でクラシック向けな感じはあるが、h3のほうが見かけの雰囲気は頑丈そう。約半年問題なく使えている。イヤーパッドをコンプライのisolationタイプのものに変えたらやや音質が柔らかくなった気がする。. 6980円の並行輸入品を購入し lg isai vivid に繋いで使ってみましたがホワイトノイズ出まくり。残念です。ヘッドフォンは実際に触れる店舗かその系列の通販での購入が無難だと感じました。. Iphone5sに挿して使っているのですが、ボタンが全く機能しません。一時停止、音の大小のどの部分を押しても一時的に音が小さくなってまた流れる、という訳がわからない感じです。また、ゴムの質のせいが大きいと思いますが耳から滑り落ちそうになるので、他製品のゴムを付け替えました。ただ、聞こえてくる音の領域は広く、どこかが突出するわけでもなくバランスがいい方だと思います。b&oの名前に憧れて買いましたが試せていたら買わなかったと思います。. メーカーより スタイル、クラフトマンシップと最高級の音質を融合。 ヘッドホンの存在を忘れるフィット感を実現。 厳選された高品質な素材を使用し、スタイリッシュな見た目や快適なフィット感と同時に、高音質なサウンドエクスペリエンスが得られます。 こだわりの素材と加工 ハウジングは陽極処理を施した高純度アルミニウム製。ヘッドバンドはカウレザー、イヤーパッドにはラムスキンとどちらも最高品質の本革を使用しました。 厳選された素材を丁寧に加工しているため、時が経つにつれて味わい深い風合いが生まれ、美しい経年変化が楽しめます。 クリーンでパワフルなサウンド ドライバーは40mmカスタムデザインドライバーを採用。左右のユニットにはアングルをつけ、両耳に向かってドライバーが最適な角度となるように設計されています。 さらにハウジングにはポートを設け、音楽性に優れているだけでなく、聴きやすい低域を実現しました。 デンマークを代表するデザイナーとのコラボレーション BeoPlay H6はB&O PLAYとデンマークのインダストリアルデザイナー、ヤコブ・ワグナーとのコラボレーションによって実現しました。 ヤコブ・ワグナーは品質と機能に妥協することなく、緻密かつダイナミックなデザインを生み出すというデザインポリシーを持ち、メカエンジニア及びインダストリアルデザイナーという両方の実績から、デザインの全プロセスを通じて極めて高い能力を発揮しました。 BeoPlay H3 MK2 BeoPlay H3 ANC Earset […]

Read More

Bang & Olufsen ワイヤレススピーカー BeoPlay A1 Bluetooth/通話対応/防滴/連続24時間再生/2016年春夏コレクション サンドストーン【国内正規品/保証2年】

デザインが良く、バッテリーもusb充電で最大24時間使用可能とうたってあったので期待を込めて買いました。注文して24時間以内に到着したのでその点は大満足でした。しかし問題はこのスピーカーがモノラルスピーカーだった事です。確かに音は良いです。boseのsound link miniを持っていますが低音に関してはb&o a1が負けている感じです。a1は高音域が素晴らしくsound link miniに比べてこもらずクリアに聴こえ、全体的にバランスの取れたサウンドだと思います。ただやはりモノラルスピーカーなのがいただけない。ステレオなら本来聴こえるはずの音が聴こえてこない。これは音楽好きには致命傷だと思う。やはり自分は好きな音楽はステレオで聴きたい。モノラルスピーカーだと分かっていればこの商品を買ってはいなかった。高い買い物なのだからせめて詳細にモノラルスピーカーだと分かるように明記して欲しかったです。これからは売ろうと思っていたsound link miniをまだ使い続けてa1は通話専用スピーカーにしたいと思います。「追記」6/26こちらの要望が伝わり商品詳細にモノラルスピーカーとの表記がありました。それを評価して星を+1しました。ちなみに同商品が二つあればステレオになるみたいですが、ほぼ外部で使う自分には携帯性が悪くなり値段も高くつくのでやはり単品でステレオ高音質のusb充電対応スピーカーを探そうと思います。リサイクルショップでa1を即売りしたら15000円買取で妥協しました。. 洗練されたデザインとその携帯性。小さくてもかなりパワフルな音が出ます。野外で使うには最高のスピーカーです。bbq等で重宝します。ただし防水ではないのでそこだけは注意が必要です。. 今までにない独特なデザインで、さすがb&oって感じです。色はグリーンを買いました。ミリタリーっぽいのにとげとげしていない感じが気に入っています。丸いので部屋に置いておいてもおしゃれです。小さいのに音質も良く、パワフル。ヒップホップやedmのジャンルの音楽を比較的よく聞きますが、重低音もよく響いて気持ちいいです。設定も本体のボタンを押すだけのワンタッチで複雑な操作もなく、簡単に再生できました。全体的には満足で、サイズも小さく申し分ないですが、しいて言えば少し重いかもです。持ち運びにも便利ですが、カバンに入れると少し重たく感じるかも。今は自宅用に使っていますが、ほこりや水にも強い設計みたいなので、これからの季節はキャンプやbbqのときにもいいかなと。なんだか触りたくなる質感でバッテリーもちも最大24時間とのことなのでガンガン使いたいと思います。. 音質、音量、音の広がりはこのサイズにしてはかなり良いです。只、自分の使い方が悪いのかバッテリーが6時間しか持ちません。充電もankerのpowerport+6を使用して5時間はかかります。長時間の使用には向いていません。. 雑誌「pen」を見て、そのデザインが気に入り、衝動買いをしてしまいました。見た目がシンプルですっきりして、音もいいので、とても気に入って使っています。以前に購入した、boseのワイヤレス・モバイル・スピーカーは重くて、使い勝手が悪いので、残念ながらほとんど使っていません。b&o play beoplay a1 ワイヤレス・スピーカーは、音の抜けも広がりも良く、特に高音域がきれいです。キャンプ等アウトドアで使用することも考えて購入しましたが、コンパクトで持ち運びしやすいので、屋内でも頻繁に使用しています。買って後悔はないと思います。. 当方ずっとbose信者でした。sound dockから初まりsound linkやsound link miniも所有して、ハーマンカードンも所有しました。B&Oは初めての北欧メーカーですので少し抵抗はありましたが、届いて一日エージングを行い2日目にイコライザーにて調節した所正直感動しました。bose sound link miniを初めての聴いた時の感動を更に超えた形となりました。boseと比べるとb&oは音域の範囲が広いと思うので、高音から低音まで自然に再生出来ています。自然な低音なので長時間の視聴も疲れにくいです。sound link miniは置き場所によって音質が変わりますが、beoplay a1 は吊るしてもいいですし、テーブルに置いても良いですので気軽に音楽が楽しめます。吊るすより置いた方が音の広がり、低音の質感は良いと思います。お部屋の真ん中も音が広がって良いですが、自分のベストは椅子の上に置いて部屋の角に置くと低音の広がりが良いと思いました。箱はiphoneのようにしっかり密閉されたような質感、本体の質感もとても上質だと感じます。外に持ち出すときはヘッドホンのケースなどを汎用すると安心して持ち運べると思います。. 音質としては申し分ないが、就寝時のおやすみスピーカーとしては低音が強すぎる感がある(純正アプリのイコライザーにて調整は可能)音の広がり感に関しては、さすがは全方位を謳っているだけのことはあるオートパワーオフが付いているため無音状態での待受は出来ず、毎回視認しないと位置が分かりにくい電源ボタンを押すことになる. とにかく音質が良い!家電量販店での視聴時は周囲の雑音で分かりにくかった為、youtubeで海外のレビュー動画を参考にこちらの商品を購入。m3と迷ったが寝室、リビングの両方で使用出来るためこちらにしました。マンションでご近所に迷惑にならない音量で聴くには充分すぎる位パワーがあります。自宅で音量マックスにして聴く必要はまず無さそう。6〜7割の音量でもかなり大きい。jbl のcharge3、boseとも迷ったけれど、高音低音のバランスの良さや長時間聴いても耳が疲れない音質との評価は間違いない。低価格帯のプレーヤーとは音質が全く異なり、お値段なりの価値があると感じられる商品です。(追記)ジャズやr&bをb&oアプリを使用してエフェクト調整をかけると非常に良い音が出ます。価格面で万人ウケしないことから−☆1です。. 長所と短所 利点 商品レビューというか故障報告なので恐縮ですが 高いなりの価値あり! B&Oを手軽に楽しむにはいいかも 欠点 価格はそこそこ高いけれど、それに見合う音質音量があります。だだ一つ残念なのはデザイン重視の結果操作ボタン類が小さすぎて見にくいし押しづらいということ。. 素晴らしい。デザインも素敵です。特に気に入ってるのが高音です。透き通るようなハリのある高音を出すスピーカーはなかなか出会えません。低音でドンドコ鳴らして音の輪郭をぼやかしてしまうようなスピーカーが多いですが、こちらのスピーカーは音の形がハッキリとしています。低音で内臓を刺激するようなスピーカーを求めている人には向かないかもしれません。ただピアノ曲を聴いたり、繊細な構成の電子音楽を聴く方には向いてるかと思います。個人的にはかなり気に入っています。. 中古品を購入しました。10個以上のbluetooth スピーカー を買って聴き比べましたが、このシリーズの音質が一番てした。が、購入して1ヶ月ほどで電源ボタンが壊れて使用不可に。色々調べて店舗にも持って行きましたが、中古品のアフターサービスは一切不可。これでは今の時代、次のものを買う時に、フリマで売って、ということができません。新品を買って一生持っていろ、というメーカーのスタンスは時代遅れで全く共感出来ず、メーカーのアフターサービスが受けられないものをフリマに出すこともはばかれるし、日本のメーカーのものに比べて壊れやすい印象も持ってしまいました。音質は素晴らしかったので次は他のシリーズを新品で買おうと思っていただけに非常に残念ですが、今後このメーカーの商品は検討対象からは外れることになりそうです。. 3台目のbluetoothスピーカーです。jbl flip3が初期不良のため代替品を検討中、たまたまbeoplay a1を見つけ購入を検討。しかしflip3の3倍近い価格や新型のflip4の情報がありかなり迷いました。しかしflip3のホワイトノイズの五月蝿さflip4の発売まで待てないので購入に至りました。音質については個人差があるので一概には言えませんが中高音が出るものが好きな自分に中ではかなり良いです。はじめは低音が耳につくな思いましたがbeo playのイコライザで調整してあげると気にならなくなりましたこうしたイコライザアプリはスマートフォンでの接続時のみ操作できる場合が多いですが、beo playのイコライザはiphone以外にbeoplay a1を接続していてもiphoneから操作でき便利です。(自分はmacbookに接続してiphoneから操作しています)ホワイトノイズは静かな環境下なら聞こえますが、普段生活している程度で聞くなら全く気にならないかと。音量についてはかなりかなり小さな音量から大音量まで出せますがjblのように爆音は出せません、又小音量再生時でもオートオフになったりしないのが良いですね。地味に気に入っている点は電源ランプが接続してしばらくしていると明るさが落ちます。寝るときに枕元に置いておいても気になりません。flip3は電源ランプ、bluetoothランプがかなり眩しかったので不便な点はボタンのクリック感が浅く押せているのかわかりづらく、暗闇でのボタン操作が慣れるまでしづらい、曲の送り戻しが操作できないところでしょうか。価格がちょっと高いかな、もう一台買ってステレオにしたいけど、、、ね. ワイヤレススピーカーは初めての購入ですが、音質・音量申し分なくもっと早く購入すれば良かった!と強く思いました。キャンプなどアウトドアに持ち出せるのを楽しみにしています。. このサイズでは考えられないようなハイスペックスピーカー。bluetoothスピーカーでusb type-cを搭載しているの他に知りません。価格的にも内容的にも他社の製品とは比べものにならないという印象です。アルミのドーム型のデザインはシンプルでありながらスタイリッシュ。このデザイン性はさすがb&oとうならざるを得ません。アウトドアシーズンのこの季節に、買って良かったと心から言える1点です。. デスクトップではjbl-peblesを使用し、ポータブルではjblのontour(当時1万円で人気のやつ)とonkyoのwavioル・シータを所持しています。音質重視で出張にもpeblesを携行していたのですが、当然かさばります。やはりポータブルで、かつ良い音を楽しみたくてa1を購入しました。驚きのサウンドです。この小さな躯体からブックシェルフ型スピーカーを彷彿とさせる重低音が出てくるのは衝撃的です。重めのドラムに乗ってベースが明瞭に響きます。そして中高音は実に上品。刺さるような安っぽい高音とは無縁です。弦楽器とピアノのアンサンブルに重なる女性ボーカルの美しさは感動的です。モノラルということで少し心配していたのですが、まったくの杞憂でした。モノラルと割り切ることで、ここまで高音質を作り上げるという発想に敬服です。これはもうポータブルという範疇を超えた音です。製品としての美しさ、品格については、何も言うべきことはありません。bang&olfusenです。購入後すぐにファームウェアーを5. 1にアップデートしました。データ転送・充電コード(usb-c)が付属しますが、これは少し強めにカチンというまで本体に差し込む必要があります。当初遠慮して差し込んでいたため、パソコンからのアップデートができずに焦りました。. 思っていた通りの機能とプロダクトデザインで満足しています。spotifyにはバッチリです。. ボーズのスピーカーと迷いましたが、ナチュラルな外観と、以前B&Oのオーディオ機器からの音楽を聴いた時の感動をもとに、試し聴きせずに本品を購入しました。結果として期待外れの面と、期待通りの面があったものの、総合的には買ってよかったと思います。<外観>とてもおしゃれなデザインで、アルミの筐体、プラスティックの底面、皮ひものストラップは、唯一無二のデザインでしょう。多少アウトドアで傷つけたり、汚したりしても味のある外観になると思います。<持ち運び>約600グラムの本体は、徒歩のトレッキングでは持ち運びたくない重量です。自動車での旅行でアウトドアに持ち出すのが適切かと思います。電池は、公称24時間もつとのことですが、試したことはありません。<操作性>おしゃれな外観のせいで、ボタン類が感覚的に扱いづらいです。まずメイン電源の位置を探すのに苦労します。デザイン性を優先して明らかに操作性は悪化しています。ペアリングは1台のみ。専用ソフトを使うと、ファームウェアのアップデートや、2台をステレオ再生に用いることもできますが、あまり使いません。イコライザーは直感的に扱うことが前提になっていますが、意味(名称と音質との関係)がよくわかりません。<音>モノラルですが、指向性なく音が広がります。最近のトレンドでしょうか。好みがあるのでしょうが、低音が強調されすぎて、ボーカルやトランペット、サックスなどの音が弱くなる傾向があると思います。逆に、屋外で鳴らしても低音がしっかりと下腹部に響きます。このスピーカーは、広いアウトドア空間や、広いリビングのようなスペースで使うことが想定されていると思います。6畳程度の部屋、特にアパートで鳴らす際は、低音が騒音となり周囲に迷惑をかける可能性があります。音のことは詳しくありませんが、ボーズの低音とは質が違う気がします。ボーズとの違いとしては、ボーズのアウトドア用スピーカーは、ゴム素材を多用していますが、私には音がくぐもるような傾向があると感じました。本品はスピーカーのコーンの前はアルミ筐体なので、いい感じです。外に持ち出して聴くと、このスピーカーの本領が発揮される気がします。ニュアンスが難しいですが、晴れた日の冬の青空のような澄み加減です。ボーズに飽き足りた人、あるいはボーズが生理的にダメなひとに試してもらいたいと思います。視聴できる場所はほとんどないようですが。. […]

Read More

Bang & Olufsen ワイヤレスヘッドホン Beoplay H9 密閉型 オーバーイヤー ノイズキャンセリング Bluetooth aptX-LL AAC SBC対応 アルジッラグレイ – 欧州最高傑作

Mdr-1000xを持ってるけど、デザインに惹かれて購入。結果は、外でh9を使うことはないかも。音は悪くないけどボリュームをマックスにしても同じ曲で1000xより迫力が足りない。anc機能もいまいち。ただ付けっ心地は1000xより優れています。長時間付けても耳が痛くなりませんでした。マックスボリュームで1000xの2/3くらいでした。飛行機や新幹線で使おうとしたけど、ancを考えると1000xを続けて使うと思います。. タイトルにつきます。こういう高いヘッドホンは長いレビューを書かないと説得力に欠けるのかもしれませんが、ほんとうにこの点が問題なので。たぶん、だんだん高音から聞こえにくくなくなり始めた年配向けのチューニングなんだと思います。若い人にはきつい音です。高いヘッドホンは初めてだったので、オーディオの世界ってこういうものなのかと、がっかりしたのと同時に勉強になりました。デザインは市場に出てる中で一番好きで、これしかないぐらいに今でも思っています。イヤーパッドと電池が交換できるのも実直さに好感が持てます。ただ、音が無理でした。ガワが同じでもう少し普通の音を作ってくれたら買い直したいです。. 柔らかいつけ心地クリアな音で飽きさせないそして、高級感ある見た目でヘッドホンとは思えない。当分手放せないです。. ノイズキャンセラー機能を持つヘッドホンを探す中、皆周りが quietconfort 35とmdr-1000x を持っており、ぜひ違うものが欲しいという事でこれを見つけました。日本のレビューがどこにも無く、海外のレビューを参考に突撃しました。デザイン。チープな所がないです。特にフレーム部分が好み。所有欲を満たしてくれますし、何より同じものをつけている人がいません。音質。音楽は素人ですので、細かい事は表現できません。満足出来ました、という事で。ノイズキャンセル機能は十分に効果を感じる事が出来ました。何よりホワイトノイズがほぼ無いのが好評価です。装着感は硬めで、少々頭の締め付けを感じました。時間経過で柔らかくなるかも慣れるかもですが、人によっては注意が必要に思います。一方、散々文句を言われている右耳部分で行えるタッチ操作は、その通りダメダメです。オンオフぐらいしか使えません。ただ、タッチ操作で出来る事は全てiphone アプリで可能です。十分な応答性能ですし、タッチ操作でイライラするのは無駄ですので、アプリ経由での操作をお勧めします。というわけで、タッチ操作の部分は評価に値しませんが、それ以外で大変満足、という事で星4とさせて頂きました。. H9を使い始めて6ヶ月が経過しまして、レビューを書こうと思いました。一言で言うと高額を投資して購入した価値がありました。もちろん、すべてが一番というわけではないでしょう。他社のncの方が優れているのは事実です。ですが、ncに求める価値観でまた結果が変化してきます。外界の音を完璧に遮断することに重きを置くか、音質を優先しその次に耳障りな音を消し、高音域や繊細な音を保護し再生するか。このヘッドホン後者です。なによりこのヘッドホンを使って驚いたのがnc使用時の音の自然さです。全く変化がないとは言いませんがそれこそ、少々騒がしいところでは気になりません。音の変化よりも、ancによる効果の方が大きいのです。加えて、魂を揺さぶるとでも言えるくらいの音質。私は過去に低音が控えめで、中高音よりのヘッドホンを使っていました。私は低音が苦手だったのです。ですが、このヘッドホンは低音が控えめというわけでもないのに全く苦でないんです。自分なりに分析した結果、低音の役目、つまり低音とは何か?その考え方が、今世界中にある若手オーディオメーカーと違うのではないかと言う結論になりました。偏見かもしれませんが、若い人ほど重低音を好む人が多いと思います。現代のカジュアルオーディオブランドからキックスターターなどのクラウドファウンディングの企業まで、大半のマーケットは若者向けだと思われます。だから、低音が柱ではなく主人公の域までアピールしてきてそれが、私の耳にあわなかったのかもしれません。音質、原音、音を表現する言葉はたくさんありますが、その一つを使わせてもらうと、このヘッドホンは音の本質をついている。つまりこれこそが原音忠実だと思います。中には、周波数帯でヘッドホンを決める人がいると思います。間違ってはいませんが、このヘッドホンで確証が持てました。音質は周波数帯で決まるものではないと。まとめます。あくまで一人のユーザーの考えですが、トータルで観れば~6万円クラスまたはそれ以上の機器と比べても、頂点に君臨できるポテンシャルを持つヘッドホンであると思います。滅茶苦茶な言い回しですが参考になれば幸いです。. 音質は、柔らかくまろやかなのに解像度が高いです。低音も力強くしっかりと出ています。h8も所有していますが、h9の方が音場が広くなっていて空間のリアリティが増しています。映画視聴時も臨場感がより出ています。h8ではncオンオフで音質がかなり変わるのが残念でしたが、h9ではその変化がわずなのに驚きました。装着感は、やや側圧を感じますがオーバーイヤーのため不快感はありませんでした。h8を所有していましたので購入を躊躇していましたが、音質面や装着感でh8よりも高い満足度を得ています。ただ、夏場は断然h8の方が蒸れにくいので、クーラーの効いていない場所などではh8の出番が多くなりそうです。側面のタッチ操作は、コツが要りますが慣れると快適です。momentum wirelessも所有していましたが、個人的には物理ボタンよりも使いやすいです。bluetoothヘッドホンの中では、デザイン、音質共に唯一無二の価値があります。長く使っていく上で、バッテリー交換を出来る事とイヤーパッドに本皮を使用している事が非常に高い安心感を与えてくれます。nc性能では他メーカーに譲りますが、それ以外は他を凌駕する良さがあります。. 一回不良交換し2週間使用しました。以前最高との評価レヴューを投稿しましたが、1日での評価でした。交換品も全く使用には耐えませんでした。① アプリでノイズリダクションを動作させると、左右の音量、f特、位相に差異が生じる。②フラットでは全く問題有りませんでしたが、トーンコンを少しでもいじると前記の症状が現れる。③h4も使用していますが、明らかに劣っています。tv等では音量が取れないし、なんといっても前記症状にてセリフ等がセンター定位せず、又音場表現も全く狭く、使用には耐えず気持ちが悪くなります。このヘッドフォンにこの金額を出す事自体無駄です。2個の商品を聴き込みましたが、当メーカーの商品とは思えません。音、デザインで最高のヘッドフォンを購入したつもりでが、フラット時ではさすがb&oと思いますが❓. H9はノイズキャンセル機能付きブルートゥース接続のヘッドホンですが、まず、有線接続での評価について書かせてください。巷にはノイズキャンセルの常時使用を前提にdspで音を嬲りまくっているヘッドホンが横行していますが、beoplay h9は有線接続(ipod touch 6 + onkyo hf player +mojo)の際に、電源やノイズキャンセルをオン・オフしても音質の変化はごく僅かです。これは素のヘッドホンとしての基本性能の良さの証だと考えます。力強く、制御された低音がずんずん出てきます。ドラムスやベースが生っぽく響いて、聞き惚れてしまいます。密閉型で差が出やすい中音から高音にかけては、上品な大人の響きと言えばよいのでしょうか、刺さるような高音とは無縁です。高級スピーカーメーカーが作ったヘッドホンは、無理をしない自然な落ち着いた響きがします。ブルートゥース接続(ipod touch 6でのaac接続)では、静かな室内で聞くと音質は一歩後退します。まあ、当然ですね。私は、通勤や出張の機内ではケーブルレスの快適さを優先してブルートゥース接続をしています。ここは個人の趣味で選べば良いと思います。最後にノイズキャンセルですが、そもそもノイズキャンセルは原理的に騒音と同じ音を逆位相で発生させて消しているため、独特の音圧を感じますし、音質への悪影響もあります。外部からの騒音を打ち消しつつ逆位相音による悪影響を最小限に保つチューニングがメーカーの腕の見せ所となります。この点、h9のバランスは見事だと思います。音質を犠牲にしない最大限のノイズキャンセルのレベルだと思います。特に機内でのリスニングは快適そのものです。価格に見合った品質だと思います。バッテリーも簡単に交換できますので、末永く使っていきたいと思います。. 利点と欠点 メリット 素晴らしいデザインと質感 素晴らしい完成度 PlayStation VRと干渉しません デメリット これまでbluetoothイヤホンを使用していましたが、海外出張が多いのと、夜に寝てる家族に迷惑をかけず海外ドラマを見たかったのでノイズキャンセリング付きのbluetoothヘッドホンを物色。h9以外ではオンイヤー型のh8、ゼンハイザーのmomentum wireless、akgのn60ncbtあたりも検討しました。音質は違いますがいずれも満足できるレベルでしたし、nc性能やコンパクトさではakgが一歩リードしていたのですが、b&oがデザインや質感で飛び抜けていました。思いっきり物欲を刺激されました(笑)また、いずれ確実に劣化するバッテリーを交換できるというのもポイントが大きいです。バッテリー以外で劣化するとしたらイヤーパッドですが、こちらも交換可能です。b&oの店舗で購入可能とのこと。ペアーで8,000円とお高いですが、、、h8とh9は最後まで悩みました。h8の良いところ・装着しても大げさにならない程よいサイズ・首にかけても違和感がないh8の気になるところ・長く装着していると耳が痛くなりそうh9の良いところ・長時間装着しても耳の痛みはなさそう・atpx ll対応だから動画で有利そうh9の気になるところ・暑い時期はつける自信がない・装着時も首にかけても存在感が凄い私の場合、見た目重視のh8か、実用性重視のh9か、という選択になりました。ちなみにh8でncオンにすると音質/音量が変化するというレビューが見受けられます。私も同じように感じました。角が取れて引っ込む感じとなります。ただ、これは設計者の意図したものだと思いました。ボリュームを変えたくなるくらい明らかな差があったので。騒音が大きいところでは自然とボリュームを大きくしがちだから、ncオンにした時は、敢えて音質/音量を変えているのかなと。ただ、それが「ncオンで音質悪化」というような評価を受けてしまったので、h9では差を感じさせない設定にしたのではなかろうかと、、、違うかもしれません(笑)いずれにせよ、私はncオン/オフを頻繁にすることはないので気になりませんでした。それでもh9にした一番の理由は、h8を長時間つけていたら耳が痛くなるかもしれないという不安です。こればかりは短時間視聴しただけではわかりませんので。オンイヤーに慣れていて不安がなかったならh8を選んだかもしれません。h9で一番気になった暑い時期の利用ですが、、、汗かきの自分にはh9はもとよりオンイヤーのh8でも辛いだろうと諦めました。夏は自宅&飛行機専用にして、通勤時は素直にイヤホンを使います^^;h8もh9も所有していて嬉しくなる素晴らしい製品だと思います。バッテリー、イヤーパッドを交換して長く大切に使います。【追記 2017/9/2】beoplayアプリにh9を登録したところ最新ファームver5. 1があると表示され、そのままの流れでアプリからアップデートできました。15分ほどかかります。内容はマイナーバグフィックスなどのようです。b&oのファームアップデートはusbケーブルでpcに繋ぎ、pcにダウンロードしたアップデート用プログラムから行うしかないと思っていましたが、アプリから行えるのは嬉しいですね。ユーザーの方はアプリをインストールされることをオススメします!. 専門店の在庫処分セールで購入しました。使用中のh8に購入時から不満があったので各種レビューを見て不満点が改善されていると踏んで注文しました。h8の不満点は側圧が強く1時間も連続使用すると苦痛であることancを作動させると位相が反転したかのように痩せたシャリシャリした音になり、音場が狭いどころではないく頭にへばり付くような不快感がある利点としてはsonyやbose等の他メーカーの製品に比べ音漏れが少ないと言ったところでした。買い増したh9では装着感はかなり改善されましたが、その分オンイヤーのh8よりもヘッドパッドが前後にズレ易くなりましたancオンでの音質もオフとの差は少なくなりましたが先の2社に比べればon-offするとまだ違和感を感じるくらいの差はありますまたNC機特有の気圧が変わったような閉塞感もqc35よりも強いですそしてここからが本題のアンプの貧弱さに関する話になりますよくレビューで音場が広いと書かれていますがこの広さは例えるなら20畳くらいの響きの強い部屋で掌に乗るくらいのアクティブスピーカーを目一杯鳴らしたようなような感じの鳴り方ですようはアンプの力貧弱すぎてヘッドホンユニットを鳴らしきれていないためクラシック等では音が遠かったりもともと広がりのない音源ではレンジが狭く芯がないので音量を上げてもただジャリジャリした不快な音になってしまいます。そもそも黎明期のcdソースやクラシックなどではほとんど音量が取れませんh8も他社と比べるとその傾向はありましたが聴感上、最大音量がそのh8の8割くらいしか出せない感じです更に悪いことにh8の利点であった音漏れの少なさは逆に酷くなっていますb&oも持ち上げられることが増えて来ていますが、実際のところ為替や代理店の差分を引いた本来の価格の半分以上はデザインと外観パーツの値段と考えた方がいいと思います。有線においても無線と癖はそんなに変わりませんので甘めに見て、一般的なオーディオメーカーの実売1万5千未満の音質と思っておけばいいのではないかと思います. 多目的な用途で購入しました。基本的には室内で使用。bluetoothでも有線でも両方とも使います。再生するコンテンツは、音楽と映画とアニメとゲームです。音質的にはこれら様々なジャンルのコンテンツに無理なく対応できます。私の好みとしては、beyerdynamic社のt1 2ndやamiron home、akg社のk701あたりで、低音が量的には比較的少ないものが好みなのですが、それらの製品と比べると、h9は低音の量は多い感じです。全体的なバランスは良く、低音の量がすこし多め、という感じ。(あくまでも「少し」です。例えばbeatsのような大量の低音とは全く方向性は違います)以下はゲーム用として見たときのレビューです。まず有線でも使用できることから、bluetoothオーディオ非対応のゲーム機でも問題ありません。有線のケーブルは付属していますが短いため、手元で使うポータブルゲーム機や、playstation4のコントローラーくらいまでしか届きません。そこで私はamazonベーシックのステレオミニケーブルを購入してそちらを使用しています。playstation vr(cuh-zvr2)用として、まず物理的な干渉の問題がありますが、結論から言えば干渉しません。ただこれは個人差もあるかとは思いますが…私の頭のサイズは帽子でいうと59cmくらいが丁度良いくらい。psvrはかなり深くかぶり、その上からこのヘッドホンを装着します。付けるときと外すときはイヤーパッドのフチとpsvrのフレームが少し引っかかりますが、装着状態では干渉していません。(イヤーパッド上部をpsvrのバンド部分にくぐらせるように装着する)psvrでは有線で接続することになりますが、付属のケーブルが短めなため、この使い方ではかえって邪魔にならないです。重量の面でも比較的軽いため、psvrと合わせても、私としてはまぁ許容範囲です。. 最初、ソニーやboseのもう少し安いノイズキャンセリングbluetoothヘッドホンを考えてました。しかし、h9の音を聞いて、その上質さに惚れて、思い切って購入。結論としては大正解でした。ノイズキャンセリングの効きが悪いという言い方をする人もいますが、適度なノイズキャンセリングは、耳に負担なく、また、原音の自然さを打ち消すことなく音楽を楽しむことができます。素晴らしいヘッドホンですね。. メーカーより B&O Playが誇るフラッグシップモデル B&O PLAYについて B&O PLAYはハイエンドのオーディオ/ビジュアル製品やソリューションの販売を世界中で展開するBang&Olufsenのカジュアルブランドとして2012年に誕生しました。 Bang&Olufsen製品の持つ高いデザイン性、88年の歴史や経験といったコアバリューは共有しつつ、分かりやすくシンプルな操作で、単独でご使用いただける製品のみを取扱います。直感的に操作できるポータブル製品を通じて、お客様の暮らしに楽しみをもたらし、質の高い音楽体験をお届けします。 革新的なインターフェイスとデザインを兼ね備えた次世代のワイヤレスヘッドフォン Beoplay H9 Beoplay H9は革新的なインターフェイスとデザインを兼ね備えた次世代のワイヤレスヘッドフォンです。 […]

Read More

Bang & Olufsen セミオープン型ヘッドホン Form 2i 軽量/有線 グリーン【国内正規品/保証2年】

目立つ笑。音は聴きやすい音質で、周囲の音も聴こえる。b&oファンならほしい商品。. Bang & olufsenは大好きなメーカーで、h2、h3も使っています。音、デザイン、つけ心地、使いやすさすべてにとってもオシャレだと思います。リラックスして音楽を楽しむ大人のヘッドホン。. 山下達郎さんの『for you』を気持ちよく聴いています。ベースのフレーズが最高に気持ち良いです。今までもう30年くらいこのアルバムを聴いてきましたが、ユーチューブにアップされている『for you』を聴いてもベースが心地よく聴けます。ベースだけではなく、「music book」という曲ではギターのカッティング音、玉のようにコロコロ転がるシンセ、バイオリンなどの弦楽器の音も美しい。このヘッドフォンは見かけが良いだけでなく、音のバランスも良いです。. デザインが良いから買ったのですが、なかなかよかったです。使用環境はiphone6 plus直刺しです。リモコンもついていて気楽に使えるのが良さだと思うので、dacもアンプも入れてません。色はグレー。某カメラ店の通販では全色そろっていて、ポイント入れて実売1万弱で買えます。質感はプラスチッキーです。それほど安っぽくはないのですが、1万って感じではちょっとないかな…低音はユニット形の割に意外と出ます。そんなに強くはないですが、籠もったり緩んだりしていません。中音も中抜けしないで十分にでてます。癖もありません。よいと思ったのは高音で、イヤホンとの比較になりますが、eme-audio t-peos h-300に質感が似ています。繊細さでちょっと負けますが、量的にはh-300よりもきつくないです。音域バランスはドンシャリでもかまぼこでもなく中庸です。あえて言えば少しだけハイより。ソースを選びにくい良いバランスです。音場はだだっぴろいです。普通の開放型とは比較になりません。装着感は人によるとは思いますが、あまりよくありません。使っているとずれます。パッドとか入ってませんし、バンドの形状が特殊なので頭のてっぺんにしか当たりません。でも軽いので使っていて苦にはなりませんじ、ずれなければ使っているのを忘れるほど軽快です。バンドの長さは不足ありません。h&kのclをデザインで買って失敗しているので、あんまり期待してなかったのですが、(某ヘッドフォンムックにはclはラウンジトーンとありますが、ハイ落ちで分解能が悪いだけでした)よい買い物をしました。他のヘッドフォンとデザインが違いすぎるので、並べておくと浮いてしまうのが難です。あと、折りたためるともっとよかったのですが…薄いですが、意外と平面的には大きいです。. 期待通りの音質でした。派手さはありませんが、繊細で明瞭な音像が印象的で、クラシック、特に室内楽では微細なニュアンスをうまく伝えてくれます。長時間聴いていても疲れが少ないので、休みの日などはゆっくり音楽に浸れそうです。. 音も以前友人に聴かせて貰って気に入っていたが、なんといっても素敵なこのデザイン!form 2と一体となった自分が、間違いなく上がる!聞こえる音が、普段より色気を増す’そんな、音楽の本質を高めてくれる究極の逸品だと感じます。form 2を頭や首に掛けて、出掛けよう。ただ、購入に際しては、保証の有無に気をつけて。並行輸入品だと保証がつかないそうです。bang & olufsenは厚い保証が見逃せませんから。出来れば、正規店で購入されることをおすすめします。お店でbangの他の製品を生で見るのもいいですよ。. 普段、自宅ではヘッドホンは、beyerdynamic dt 1990 proかsony mdr-1a、電車での通勤ではe700mかe1001などのイヤホンを使用していましたが最近イヤホンでは耳が痛くなる、ヘッドホンでは暑さが. ということで気軽に使えるヘッドホンを探してきました。ちょうどサブパソコンとしてhp spectre x360を購入。b&oのデュアルスピーカーの音が気に入りヘッドホンも購入してみようかと. 。それでこちらを購入してみました。最初、手持ちのdap何種類かに接続しましたが、いまいち. なんかもっさり、音が篭る感じ。うーん、失敗したかと思いましたが、試しにスマホに直差し。耳のポジションを合わせ. 悪くない、透き通るような音が出てきました。低音も私には悪くない。中音もよい。女性ボーカルが前に出てきます。ポジショニングが狭いのかな。きちんと合わせると良い音です。また耳付近で押さえると聴こえない音もきちんと鳴っています、開放型だから仕方ないのかな. 。なんだろ、なんか懐かしい音、80年代、90年代のシステムコンポの音かします。エージング後にdap+dacで聴いてみようと思います、化けるかも笑。質感は値段なりです、もう少し頑張って欲しかったですが、ま、シンプルでよいのかもしれません。この値段でここまで鳴らすなら、今度はb&oの密閉型を購入してみようかと思いました。. 思ったよりも頭にフィットせず、ずり落ちることが残念です。音は普通だと思います。. 長所と短所 利点 あくまでデザイン優先、音質は二の次。 さすがに名器の片鱗あり。 ブランドにあこがれて 欠点 ここのレビューに「低音が出る」との書き込みありますが、ダンスミュージック系の深い低音は出ません。それと、この外見の通り高音寄りです。解像度はそこそこありますし、音は悪くないのですが、タイトルに書いたとおり、デザインが優先されたヘッドホンには間違いないと思います。ただ、イヤパッドをめくってドライバを目視しましたが、振動板表面にエンボスのような加工がされており、音に気を使ってる節は見受けられます。見た目で買っても、割と損をしないヘッドホンではあると思います。テクノでも曲によっては低音出ます。ですから、「サイズ的に限界の音は出てる」とも解釈できるかもしれません。. コンパクトで持ち運び良好、サウンド良いです。長時間で少々耳が痛くなる時があるけど慣れでなんとか解消?. 正直b&oについては食わず嫌いをしていました。(※デザイン重視系の中では辛うじて聴ける音を出す、という偏見持ちでした)ただ、食わず嫌いし続けるのもどうかと思うし、だからと言って定価で買って失敗するのもなあ…。という中で偶然見かけた完実電気のアウトレットで限定モデルを10000円以下で購入。10000円以下なら失敗でも許せるか、という位だったのですが。結果から言えば(定価ベースだとちょっと後悔したかもしれないけど)1万円台前半なら十分いいと言える機種でした。【美点】・とにかく装着感がかなり快適⇒軽くて痛くない。首にぶら下げられる…といった要素は思った以上に大事なんだなと。 ヘッドホンとして仰々しくならなくて非常に使い勝手が良いです。・ちゃんと低音が出る⇒開放型の耳のせタイプ、となると低音の量が不足するイメージがあったのですが、 これが結構ちゃんと出ています。(過多というほどではない)・定位がかなり優秀⇒見た目以上に空間表現が巧みです。奥行方向が結構広いし、前方定位気味なのもいい感じです。・解像度が悪くない⇒決して「良い」わけではないので要注意。とはいえ最低限欲しいレベルには達しています。・デザインが良い⇒なんだかんだ所有欲を満たしてくれますね。・プレーヤー側を過度に求めない⇒pcのオーディオインターフェース辺りでも不満ない音が出ます。【欠点】・ヘッドバンドが短い⇒私の頭が大きいのも問題ですが、「耳の良い位置」にギリギリ届いている…という感じです。 人によっては長さが足りない、ということは十分あり得ます。(女性にはちょうどいいかも)・ケーブルに不安感⇒結構華奢なので…いつ断線してもおかしくないなと。・一部スマホでは使えない⇒リモコンが使えない、あるいはそもそも挿していると認識すらしない…なんてことも。 iphoneなら大丈夫なんでしょうけど。・音漏れが大きい⇒ポタ環境向きじゃないなあと。・意外と指紋が目立つ⇒つや消し部分は結構脂に弱いです。多分定価購入だと後悔していた気がしないでもないですが、現在の12000円前後であれば妥当~アリ辺りに落ち着くと思います。音質を追い求める向きの機種ではないですが、不満がないレベルの音質ですし、何より気楽に使える。ヘッドバンドの長さの問題があるので試聴をお勧めしますが、割とお勧めできる機種です。. サイクリングと畑仕事で使用してみました。音質に不満はありませんが装着力が弱くスポーツや作業時には向きません。. 酷評されてはいますが、ショールームで試聴した感じでは自然な音でした。低音域は不足しますが、ドンシャリを求めなければ問題なしでしょうレコード世代であればdenonのカートリッジdl-103のようなリファレンス機との位置づけと言えば、判って頂けるでしょうか。私が購入した理由は、1。聴き疲れしない自然な音2。疲れない軽い装着感3。ロングセラー(長年売れ続けている)4。国際保証3年(コード・パッドを除く)5。価格なりでしょうか(直営店で¥11,800)ここにある2万近くならa8を買います。. バング&オルフセンを安く手に入れられる唯一の選択肢。洒落てます。. 聴力の衰えもあり音を大きくしないと聴きづらいと感じていた。高級スピーカー、高級スピーカーケーブルなど問題じゃないくらい鮮明に聴こえる。近所迷惑もない。まあ、高級オーディオに凝るなら、その前に家を買わんとね。. 軽量で装着感もいいのですが、ヘッドバンド表面の摩擦が低いためすぐにズレ落ちます。また、かなりの音漏れがするので、通勤用には見いていません。. まずデザインが素敵です。某家電量販店で見て気に入り購入しました。音質ですがボーカルがとても心地よく聴こえます。曇っているとは少し違うのですが、全体的に柔らかい音に聴こえます。本体がとても軽いこともあり、ゆったりと音楽を聴くことに向いていると思います。. の特徴 Bang & Olufsen セミオープン型ヘッドホン Form 2i 軽量/有線 グリーン【国内正規品/保証2年】 […]

Read More

Bang & Olufsen ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン Beoplay H9i Bluetooth/AAC対応/通話対応 ブラック 【国内正規品/保証2年】 – YouTubeやゲームなどの遅延が気にならないレベル!

自分はそこまで音楽の知識があるわけではないので、音質については語りません。本品でとても気に入っているのは着け心地の良さです。まあまあの重量がありますが、付けている間は全く重さを感じませんし、3,4時間の装着で疲れを感じたことがありません。何かの拍子で音楽を止めた後も、そのまま付けたまま作業に没頭してしまうことが何度かあるほどです。ヘッドホンとして割と高額ですが満足しています。. さすが一流メーカーの高級品と言うだけあって、音質は、素晴らしいです。この価格でこの音質はマストバイだと思います。素晴らしい商品をありがとうございました。デザインも超カッコいいですね。インパクトのあるデザインだと思います。. Bluetoothのほか、オーディオケーブルによる有線接続にも対応しているので、バッテリー切れの心配をする必要がない。bluetoothはaacに対応しているが、所詮は有線に敵うものではないので、状況が許す限りは有線で使うだろう。とは言え、18時間連続稼働が可能なので、フルタイムで無線運用する事も可能ではある。イヤーパッドは簡単に外せるので手入れもし易く、バッテリーも自分で簡単に交換できる仕組みなのは嬉しい。モデルチェンジを重ねる中で、万一バッテリーの入手が困難になっても、前述のように有線タイプとしては使い続けることが可能。クラシカルとも言えるデザインとも相まって、末永く使えそうだ。. 昨年夏にh9を購入して下記レビューを書いた者です。https://www. Jp/gp/customer-reviews/ravrvctqe6f6o/諸事情によりh9iに交換になりました。h9は既に手元にはないのですが、半年間利用した記憶を頼りにh9とh9iを比較します。まず外観ですがデザインはh9を踏襲しているもののハウジングが一回り大きく厚くなりました。そのためイヤーパッドは逆に薄くなっているのですが、私にはh9の厚みのあるイヤーパッドの方がしっくりきました。h9iも決して付け心地は悪くないのですが、h9と比べると少し窮屈に感じます。まあ、じきに慣れるとは思いますが。また、デザイン的にもh9のコンパクトなハウジングと厚みのあるイヤーパッドのバランスの方が好きです。h9iはハウジングがごつくなったため上品さが損なわれたように感じます。ただ存在感はh9iの方がありますね。若い人ではh9iの方が好きという方も多いかもしれません。h9 → h9iでメーカーが謳っている機能向上についてコメントします。【より自然でパワフルな低音】よくわかりません(笑)ヘッドホンマニアではありませんし、h9でも充分満足していましたので!【ノイズキャンセリングの性能向上】良くなった気がします!静寂さが増したと強く実感したわけではないのですが、地下鉄でノイズキャンセリングをoffにした時に耳に飛び込んでくる騒音がh9より増したのは感じました。ということでノイズキャンセリングがより効いているのではなかろうかと。【音声通話の音質向上】h9でも1回くらいしか使ったことがないので、差がわかりませんでした。【transparency mode】一時的に再生を止めて外部の音を取り込む機能です。電車のアナウンスを聞きたい時やコンビニのレジなどで便利かな。まあ、h9でも1タップで再生を停止することで事足りてましたが、この機能は使うでしょう。【インテリジェンスセンサー】ヘッドホンを外すと再生が止まり、頭に装着すると再開する機能。うーん、この機能はなくてもいいかな。何回か意図せず再生が停止したのですが、この機能のための近接センサーが誤作動してるのではないかと疑っています。ーーーーーー【3/12追記】その後も、タッチパッドに触れていないのに再生が勝手に停止する症状が何回か発生したので、この機能を停止してみました。今のところ再発はしていません。同様の症状が出ているかたは試してみてください。(マニュアルのp. 21に載っています)ーーーーーー【マルチポイント機能】同時に2台の機器とbluetooth接続ができます。これは便利です。私は音楽はiphone、動画はタブレットを使っていますが、h9では片方のbluetooth接続を解除してから、他方を手動で接続しなおす必要がありました。h9iは 両方同時に接続状態にできるので、片方の再生を停止して、他方の再生を開始すれば勝手に音も切り替わります。(あくまで同時接続です。同時に再生できるわけではないです。)【バッテリーの持ちが伸びた】これは素直に嬉しいです!特に長時間フライトでは14時間→18時間(bt/anc利用時)の差は大きいです。リリース記事などではあまり触れられていませんが、h9では対応していたコーデックaptx llがh9iでは対応していません。少し心配しましたが、今のところ動画を見ていても音の遅延は気になりません。あと充電がusb-cに変わっています。私の持ち歩いている機器はusb-bばかりなのでケーブルを1つ余計に持ち歩く必要がありますが、過渡期なのでやむを得ないですね。h9同様に音質には満足しておりますが、デザインがh9より悪化(個人的な意見)したことと、h9を初めて手にした時のような感動はないので☆4という評価です。とはいえ、h9とh9iとどちらを買うべきかといえばバッテリーやancの向上、2台同時接続の利点を考えれば新機種のh9iだと思います。既にh9をお持ちの方であれば、買い替えるほどのものではないという感想です。ちなみにh9iを受け取った時点でのファームは5. 1beoplay appに登録したところ、さっそくファームアップがあり5. ブルートゥースはよく切れるが、音質と質感が良い。ノイズキャンセラーはまずまず。. ノイズキャンセルや、音の状態はとても良い。しかし、他の方のレビューにもあるが、ワイヤレスコントロール(右側をタッチすると再生・早送り等ができる)の感度が強過ぎてすぐに止まったり、すぐ次の曲に移ったりする。じっとして使わないといけない時が多く、多少使いずらい。. 冬ごろにh9を購入しました。店頭で視聴した際の比較になります。あくまで個人の意見であることを了承の上お読みください。音質についてh9と比べると低音の量感は抑えられて居ます。h9ではやや強めで、ホールやクラブなんかのスピーカーから出るような、若干モヤっとした低音の印象でしたが、h9iではそのモヤが解消されたように感じます。その分中高音がh9より抜け出て居て、爽やかな印象です。どんな曲でも無難に聴ける点はh9でもそうでしたが、h9iは、更にオールマイティになった感じです。この点に関しては好みの差はあるかと思われます。私は低音が極端に好きと言うわけではないのでh9iの方が良かったです。また、低音を聴かせるよう作られた曲についてはh9の方が迫力があって面白いかもしれません。ノイズキャンセリングについてこちらは圧倒的にh9iです。店頭で交互に比べて観たのですが、騒がしさが違いました。sonyほどではないかもしれませんが、良い勝負してると思います。その他h9はやや圧迫感があり、頭皮が痛くなるなど、使い始めは大変でした。今でもちょっと窮屈です。その点h9iは解消されています。重量も軽くなった気がする。イアーパッドも柔らかくなった感じで、つけ心地は俄然h9iがいいと思います。端子がusb type-cになっています。これも時代の流れ的には嬉しいですね。まとめ全体的にh9iがいいと思います。断定はできませんが。自分は今回の視聴で買い換えを決意しました。後3ヶ月発売が早かったらな、、、. いままでは中間くらいの価格帯のヘッドフォンを使ってきましたが、それらが調子悪くなったのでこの商品を買いました。ネットや音楽系の電化製品に詳しい友人の情報を頼りにこのメーカーのものにしました。他にもこのメーカーのヘッドフォンはありますが、やはり最新機が良いと思い(友人からの熱い推しもあり)この商品にしました。どんなに良いものでも生の音には到底及ばないと思っていたので、奮発しちゃったなあと感じながらも購入しましたがとても良いもので驚きました。生音源にはやはり敵いませんが、今まで使っていたものより上の音質音域でした。ノイズキャンセリング機能もとてもよく、音楽を聞かなくても着けてるだけで耳栓がわりにもなるほどです。bluetoothもまた強力で人混みの中でも音切れしないです。電池も長持ちで、一回充電すれば、かなり使うときでも2日ほど、移動のみに使うときなら一週間ほどは充電せずに使えます。また、充電が切れても付属されているイヤホンジャックを使えばミュージックプレイヤーが充電切れするまで使えます。ただ一つ問題があるとすれば、初期設定の振動探知式の音楽停止機能です。説明書によると、ヘッドフォンを置くことで音楽が自動停止する機能らしいのですが、センサーが敏感すぎて立っただけで止まっちゃいます。この機能は無効化するのがお勧めです。この問題点を含めてもとても良い買い物をしたと思います。これからも大事に使います。. 利点と欠点 メリット 音質も質感も上品で満足度めちゃ高いです! 最高です! ワイヤレスヘッドホンの究極体 デメリット Iphonexrとペアリングして使ってますとても上質なヘッドホンだと思いました!音質、質感、見た目共に全て素晴らしい!お値段お高いですがそれ相応それ以上に価値のある品物です!ただノイズキャンセリング機能については標準的でそこまで秀でた物では無いかも知れませんがちゃんと雑音カットしてくれますよ!音質に関しては私が音音痴なので評価出来ないですが有線で使った方が明らかに音が良いと思いました音ゲーやる時は有線移動しながら使う時や羽根を伸ばしたい時はワイヤレスと使い分けてます私的な事ですが購入してから3週間くらいで右のイヤーパッドが少し空気が抜けたような感じになってしまい悲しいです…私なりに大切に使っていたつもりですが使い方が少し雑だったかも😓完全に私の自己責任だと思うので耐久性の評価は下げませんそれでも素晴らしいヘッドホンである事には変わりないので今まで以上に大切に使って行こうと思います😊追記イヤーパッド別売りしてるんですね!完実電気のオンラインで購入しました!助かりました!長文乱文失礼しましたm(_ _)m最後まで読んでくださりありがとうございました!. 2ヶ月ほど使ってtouch pad反応できなくなった。交換中。. H9から乗り換えです。blutooth ヘッドフォンを複数台(sony、bose、sennheiser、jbl、beats、b&w等、8基程)所持しておりますが、装着感はパッドが薄く、重量が軽くなった分、連続装着しても苦にならないレベルになりました。一番自分に合っているのは、mdr-950n1です。低音の響きは、それ程期待した物ではなかったですが充分満足出来るレベルで中高音は他メーカーのヘッドフォンと比べ、1,2を争う高評価です。新しく採用した機能で便利と思われたのは、blutoothの切り替えがしなくても、2台音楽が聴ける事でしょうか。正常進化したと感じますが、h9を既に所持している方は買い替えは必要ないかも知れませんね。. Bluetooth接続でノイズキャンセリング機能付きのヘッドホンを探していたところ、デザインに一目惚れで買いました。結論から言うと、デザインにお金を払ってもいいと思えるのであれば買っても良いかなと思います。10日ほど使った感想などです。音質についてはbluetoothということを考えれば十分な音質だと思います。充電が無くなった場合に有線に切り替えられるのも良いです。どうしても音質が気に入らなければ、有線接続のままノイズキャンセリングをonという選択肢もあります。タッチセンサーでplay/pauseを操作できるのですが、触った際に意図せず止まることが多かったため、こちらはoffにしました。できればその他のジェスチャー操作も個別にon/off設定できるようになると良いですが、いまはできません。ノイズキャンセリング性能については、競合他社と比べると物足りなさを感じます。店頭でチェックできるのであれば、他社の性能と比較して納得できるのであれば良いと思いますが、電車内の雑音、車のロードノイズ、街中の人の声については「軽減できる」レベルと考えておいたほうが良いです。周りの音が聞こえなくて危険という心配は全くない程度のノイズキャンセリングです。最後にbluetooth接続ですが、これはかなり難があります。xperia xzpと接続して使っているのですが、相性が悪いのか、一度接続が切れると自動復帰しません。(他のbluetoothドングル、イヤホンではそんなことなかったのですが・・・)電源を入れる順番などいろいろ試しましたが、結果として使用する際に毎回ペアリングを最初から行う必要があります。このためスマホ側のbluetoothを常時onにし、使いたいときにヘッドホンの電源をonにしても接続されないため、このような使い方を考えている場合は考え直したほうがよいです。使うためには毎回このペアリング設定を一からやり直す必要があり、あまり気軽に使えない点が問題です。xperia以外の端末では試していないのでわかりませんが、少なくともxperiaで使用を考えている場合、毎回初回からペアリング設定を行う覚悟がなければ買うのは考えたほうが良いと思います。デザインは非常に気に入っていますが、bluetooth接続に致命的な問題があることから★2としています。. B&oらしい音でとても聴きやすい。低音は強すぎず、ボワつかずに締りのある低音。そして高音はとても伸びやか。だけどサ行は刺さらないので聴き疲れも少ないと思う。携帯性は低いけどオシャレなデザインで所有感に満たされる。キャリングケースがハードケースではないので今後はヘッドホンが折りたためてハードケースに入れられるようにしてくれると携帯性も上がってどんな場面でも使いたくなると思う。boseやsonyの製品がこの製品と比べられることが多いと思うけど、ノイズキャンセリングは必要十分、音質はh9iが長けていると思う。. 結構な数のヘッドホンを断線や不注意のケーブル損傷でダメにしてきた身としてはワイヤレスは大変ありがたい。見た目もかっこいいし、接続が途切れることも滅多にはない。好みの音質に公式のアプリでイコライジングできるので何も不満がない。ただ、当方とても頭が小さいのでもうちょっとバンド部分が短くできれば良いな・・・とは思った。ライムストーンは画像より明るめの色味で上品な色だった。. 音質やノイズキャンセリング機能については申し分なく値段相応に良いものだと思います。自分の中で一番驚いたことは、bluetooth接続でiphone8plusと繋げて聴いてもyoutubeやゲームの遅延が全然気にならないレベルだったことです。現在このヘッドホンと併用して他社製のbluetoothイヤホンも使ってるのですが、そちらは遅延が気になってyoutubeもゲームもできないレベルだったので、結局有線イヤホンになってしまい、そうなると充電しながらできなく不満だったのですが、このヘッドホンでそれらが一気に解決しました!その点だけでも買ってよかったって思ってます。. ノイキャンはwh-1000xm3には及ばないものの、新幹線などの重低音ノイズなどはほぼ全て除去してくれます。古い電車の高音ノイズは少しスルーしてきます。いやもうこれホントに音質良すぎます。t1 2ndを愛用している自分でも十分満足できます。高音と低音のバランスが凄く良い。高音域は刺さる一歩手前でシャキッと鳴ってくれます。k3003というakgのフラッグシップイヤホンがありますが、それに近いです。. これとairpodsさえあれば他にイヤホンヘッドホンを買い増す必要がありません。bang & olufsenの音にしては低音が少し強めですが「とりあえず鳴らしとけ!」と下品な低音ではないので良いです。belkin lightning to 3. 5mm オーディオケーブル [国内正規品] 1. 8m ブラック av10172bt06-blk-a av10172bt06-blk-a https://www. Jp/dp/b07fgmxdr7/ref=cm_sw_r_cp_api_1cyvbb0kagzhj と一緒に使えば無遅延ヘッドホンに化けます。iphoneで音ゲーをやっている方は一緒に買うことをお勧めします。. 特徴 […]

Read More

Bang & Olufsen ワイヤレス耳掛けイヤホン Earset Bluetooth/AAC 対応/通話対応 ブラック【国内正規品/保証2年】

耳の中に差し込むタイプを使って来ましたが、こちらのイヤホンは、耳にあてるタイプ。差し込むタイプは、耳から少しずつずれてしまう事がありましたが、これにしてからは気にしなくて良くなりました。音漏れはかなりしますし、外の音も聞こえます。電車の中では音を少し小さくして、周りに迷惑掛けないようにしてます。音質は、流石のb&o。本当に満足する音です。メガネ(老眼鏡)とフックが当たって、ダメかと思ってましたが、意外に気になりません。リモコンボタンは、全部一緒の形でちょっと使い辛さがあります。. 試聴してその音質の良さに驚きました。今まで有線のsure535 ltdを使用していましたが、iphone8に変更したことで、ライトニング変換ケーブルの品質の問題もありその良さが発揮されなくなってしまいました。そこで、せっかくなのでbluetoothイヤホンを探していたのですが、良いものもあるのですが、なかなか有線接続の音質に迫るものがなく、なかば「今のところではこんなものか、、、」と多少あきらめて割り切って買おうとしていました。たまたま某電気店でこれを試聴したところ、正直その音質のレベルに驚きました。bluetoothイヤホンとは思えないレベルで、即決してしまいました。高音はクリアに上品に抜け、中音域も楽器、ボーカルの存在感をクリアにはっきりと存在感を持たせ、つぶされがちな低音域も非常に輪郭と音質がはっきりした、繊細な音からダイナミックな音も全てその音源、表現者に忠実にクリアに聞き取ることができます。いわゆる「ドンシャリ」した迫力系イヤホンではなく、まるでライブを生で聞いているような、そんなイヤホンです。音のバランスには、好き嫌い、好みなどもあるかと思いますが、iphone用アプリ(たぶんandroid用もある)「beoplay」を利用するとイコライザー的な調整を「excited」「bright」「relaxed」「warm」の4種のプリセットを無段階で調整できるので、自分の好みに合わせて微調整ができます。自分はb&o h5(これもかなり高音質)と比較たのですが、earset + beoplayで微調整の方が、高音から低音域までバランスが取れて、どの音域でも輪郭、位相がはっきりしているように感じてこちらにしました。aacコーデック対応でもあり、iphoneとの相性はかなり良いですね。ただ、音質は良いのですが、防水とかスポーツ対応とかでもないbluetoothイヤホンにしてはかなりでかく重さある(powerbeatとほぼ同じ大きさでもう少し重い)、今どきのbluetoothイヤホンにしては最長5時間しかバッテリーが持たない、、、ってところはややいまいちなのですが、「それよりも音質!」という方にはお勧めです。あと、密閉式ではないので、外部の音は遮音されず、うるさい環境とかではその音質の良さがなかなか実感できないかもです。色々と一長一短がありますが、少なくとも「長」である音質は有線イヤホンを含めた中でも最高レベルです。. Android機種を3台、iphone1台持っていますが、androidでは接続できず、使い物になりません。アプリ上では接続された事になっているにも関わらず、実際には接続されず、スマホ本体から音が出てしまいます。買って損しました。今回は完全な人柱でした。. A8を20年(その間断線5回、ハンダで自力修理2回)使い倒した者です。earset、何やらレビューが良くない為、繋ぎで買ったjblを割と気に入って愛用してましたが、いよいよ我慢できずに購入。一言で言うと、惜しい、残念!です。【良い点】・デザイン。見ての通り。・音。a8に近い、広がりと高音の幅。とてもよい。【悪い点】・バッテリー持たなすぎ。通勤で1日1時間程軽く使うだけで、2〜3日で切れる。分かってたけど、jblに慣れてたので、他社製品の方が余程保つ事を痛感します。・着け心地がイマイチ。a8と基本構造は一緒なのに、、取れやすい。・ケーブルが引っかかる。他の方も書いている長さも然りですが、マットなケーブルなので、肌や服に引っかかるのが根本理由かと。・バッテリー切れのアラートビープ音がしつこい。これも他の方が書いてます。・ボタンの反応が悪い。思いっきり強く押してようやく反応する。個体差あるかもですが、他の方も書いているので、ある程度は基本仕様なのでしょう。・電源オフのボタン長押しに、siriの起動(同じく長押し)が毎回反応する。つまり、長押しして、siriが起動しても更に長押しして、やっと切れる。これは不便。・・・なんだかユーザー置いてきぼりな作りなんです。コードのマットな質感とか、高級感はありますが、少し使えば誰でも「引っかかるからツルツルにしたほうがいいな」とか気付くはず。. Beoplay h5が壊れたため急遽購入しました。ドライバー径:14. 2mmとワイヤレスイヤホンの中でも大きいため低音も良く鳴ります。バスドラムもスピーカーで聞いているような感じ。弱点はコードが短いため首の後ろを通すと首をまわすと引っ掛かり、自分は前に垂らして使用しています。使用上の注意としてはbeoplayアプリで調整すること。でないと聞くに堪えない音質です。なので購入2ヶ月はこんなもの聞けるかと5分くらい聞いて箱にしまっていました。再生時間は4時間が限度で、外で聞いているとポケモンゴーを拾いトントントントンとうるさいです。すると間もなく電源offです。. カナル型イヤホンでは、作業時に耳の圧迫感が気になってしまうので音質の良さそうな本製品を購入しました。遮音性は皆無ですが、長時間つけても耳への圧迫感が無いのが良いです。同社の他のイヤホン、ヘッドホンと比較して低音が非常に強いので、スマホアプリを使って調整して使っています。. 音質だけをとれば、ワイヤレス最高峰なのは間違いないかと思います。カナルとは単純比較は出来ませんが、ドライバの大きさがいい方向に働き、余裕のある鳴りがはっきり分かります。イヤホンなのに1. 5万クラスのヘッドホンよりは明らかに上です。ただしそれ以外の部分が…、バッテリー持ちが最新のチップを搭載したtws単体に負ける始末。ケーブルが短いのも良し悪しで、着込んでる冬場は取り回し最悪。リモコンに3つ並んだボタンが全部同じなのもダメね。値段はバングなんで、デザイン料とでも思うしかないでしょう。. デザインは存在感があり機械的で近未来なsf感ただようサイバーな感じで個人的にツボ。音も意外と低音も効いていて尚且つクリアなサウンドで厚みがある。マイクがついていて通話も可能とのことだったのですが 音量maxでも相手の声がめっちゃ小さいです。これは構造上仕方ない事だと思うのですがちょっとでも小声になるとまるで聞こえません、それとも何か設定があるのでしょうか? わかりませんが通話にはまるで適していないと思います。左右で有線で繋がっていながらバッテリーは最長5時間、定価3万オーバー、デザインが良いのと開放型にしては音が良いだけで他は今の所しょーもないです、実用性はあまりないオススメは出来ない商品です、個人的には好きですが。. 長所と短所 利点 懐古厨と言われればそれまでですが… 自分にぴったりなイヤホンに出会えた 通勤時間が楽しくなりました。 欠点 まず言いたいのは、商品を購入する際はよく吟味してから買いなさいという事です。この製品は耳の穴に突っ込むタイプでは有りませんし、密閉型でも無いので音漏れもします。ですが、公式hpなどを見れば判りますが、それらは商品のコンセプトどおりなので欠陥ではありません。外の音も聞こえる様にする事で、歩きながらの使用の際の安全性を考慮しているのですから。私は耳穴に突っ込むタイプは、耳穴が痛くなるので困っていましたが、この製品なら長時間付けていても平気なので、大変重宝しています。マイクについては、確かに認識が…これは改善して欲しいですね。すぐ壊れたいう人も居るようですが、かばんなどに直接適当につっこんでしまうのは避けた方が良いと思います。ソフトシェルのケースなどに入れて持ち歩いた方が良いですね。高い製品なので、ケースも付けて欲しかったですね。. 購入前は充電の持続時間が心配でしたが、デザインがとにかくかっこいいです!いいパートナーとなりそうです。. デザイン、音質等は抜群で、流石B&Oの商品です。イヤーネットを装着すると私の耳には少し大きい様で最良の位置に装着できないような気がします。少し小さなピースが有ると良いと思うのですが。. 3ヶ月近く使用してみてのレビューです。音質は以前から変わらず耳に優しいのですが…何より装着感がせっかくの音質の良さを台無しにしている気がします。イヤホンにカバーを付けて装着すると明らかに耳の穴に対して大きすぎるa8を土台として作ったと書いてはあるのですが、あまりの付け心地の良さに15年間a8を愛用していた者からするとカバーを付けて収まる設計ではないように思いますし、あのデザインや付け心地にこだわったとは到底思えません。そしてそれ以上に気になるのがケーブルの長さあれ、使用してる皆さん大丈夫ですか?未だに何回か辺りを見回すように首を動かすと必ずケーブルに引っ張られてイヤホンがずれるので歩きながらケーブルやイヤホンのポジションを常に直すのが癖になりました。もう当たり前と慣れましたが、リモコンもすこぶる操作性が悪く、ほとんど真ん中のボタンばかり使用せざるを得ないのにボタン自体の触れ心地がボタンのない角のところと似てるんで、サッと感覚的に触れられないんですよね。。購入時から各ジョイントの固さが全然違うし結局見た目もbeatsとそんなに変わらないし。。。音楽聴くならbang & olufsenじゃなきゃ絶対嫌だと買い続けてましたが、beo playシリーズになってからは(正確にはサムスン電子のプレーヤーを出したあたりから)各プロダクトのこだわりが薄れてるような気がしてなりません。それでもここの製品は大好きだし所有している喜びも与えてくれるので今後も使い続けたいと思っている馬鹿な自分もいるのですが、僭越ながら音質だけでなくプロダクトに対するこだわりに昔みたいにもっとエッジが欲しいなんて思います。——————19. 17追記ケーブルの長さについて前にも触れましたが、冬場マフラーをすると、ケーブルと干渉して付けていられないので首の後ろに回さず前に垂らして使用しています。それであれば使用していてなんの問題もありません。。バッテリーが残り10%以下になった時のビープ音、こちらとしては数回鳴らせば認識できるのに、何度も何度も鳴るので非常に不快です。バッテリーの持ちはそもそも良くないわけなのであそこまで鳴らさなくて良いのではと思います。あと、今更なのですがa8のようにイヤフォンケースが革などではないので、できれば同じ仕様にして欲しかったです。. 従来のイヤフォンと違い、耳の奥に突っ込まないので周りの音が完全に遮断されることなく、まるでスピーカーから聴いている感じです。だからと言って音漏れは最小限で、隣にいた友達も気にならないレベルだと言っていました。多少浮いている感じにはなりますが、フックのおかげで外れたりしませんし、耳の穴に入れないので痒くもなりません。この聞こえ方に慣れると従来の物には戻れません。. 見た目良し、音質良しで最高です。家電量販店で聴いてみて一目惚れし、衝動買いで買いました。なので下調べなしの買い物で更に高額、ということもあり不安でしたが良かったです。しかし初期不良かわかりませんが音量調節ボタンが2/3で反応しません。前使っていた1万ほどのワイヤレスイヤホンだと正確に反応してたのに。多分初期不良かなんかだと思います。電源をつけるときも何回かトライしてからつく感じです。そのため-2☆してます。それ以外はロマンの塊で良いと思います。. とても良い音質です。皆さんのレビューにある「低音不足」は感じません。しっかり耳にフィットさせればとても癖が無く正しい音だと思います。本日届いたばかりなのでバッテリーの持ちはわかりませんが、今回半額だったので思わず買ってしまいました。インナー型の最後の絶滅危惧種だと思いますよ!. A8の頃からb&oのお世話になっており、待望のモデルです。音質、デザインともに素晴らしく、特に音の解像度の高さはかなりワクワクします。ただ問題がいくつかあります。まずバッテリーが持たない。5時間はただでさえ短いのに体感では4時間程度しか持たない気がします。次、コードが引っかかる。コードが首の皮膚にまとわりつき、首を動かすと耳から外れそうになることもしばしば。最後に音が途切れがち。私はiphoneseで使用していますが特に電車に乗るとき電車がホームに近づくときなどに音が途切れます。私だけでしょうか。普段は気になりませんが出かけるときは気になってしまいます。素晴らしいイヤホンですが、長距離移動の時は有線イヤホンも呼びに持ち歩いている始末です。. メーカーより Bang & Olufsen Bang & Olufsenは、1925年にデンマークのストローアで、Peter Bangと Svend Olufsen によって設立された世界的な高級オーディオブランドです。すべての Bang & Olufsen の製品は、優れたサウンドとタイムレスなデザイン、比類なきクラフツマンシップの独自の組み合わせによって、特徴づけられています。 その革新的でラグジュアリーなオーディオ製品は世界中の Bang & Olufsen のストアやオンライン、取扱店にて販売されています。 […]

Read More

Bang & Olufsen ワイヤレスネットワークスピーカー Beoplay M3 省スペース/AirPlay/Wi-Fi /Bluetooth /各種ストリーミング対応/アナログ入力対応 ブラック【国内正規品/保証2年】

<大きさなど>500mlペットボトル3~4本くらいの大きさの据え置きスピーカーです。バッテリーは内蔵されていませんのでご注意ください。コンセントにつなぎっぱなしで使うスピーカーです。なかなかずっしりとした重さです。2年間の日本販売代理店の保証がつきます。(保証書はありません。購入履歴を印刷したもので対応いただくことになります。)電源がacアダプタではなく普通の電源ケーブルなのでコンセントの場所を取らない点は好印象です。スピーカーの底の部分をあけると電源端子・ライン入力端子・電源ボタン・リセットボタン・microusb端子(メンテナンス用でしょうか。使うことはありません。)があります。説明書の小冊子は多言語で書かれていますが、実に読みにくい!日本の販売代理店のサイトにa4サイズ2枚でまとめられた説明書pdfがありますので、そちらをお読みいただくことをおススメします。(もしかしたら箱に入っていたのを見落としたのかもしれませんが)<bluetooth接続>電源を入れると側面のランプが点滅します。1分ほどでビープ音が鳴りますので、あとはスマホなどのbluetooth設定画面からこのスピーカーを選択すれば接続完了です。bluetooth接続だけであれば特に難しい話はありません。<wifi(airplay)接続>問題はwifi接続(自分はiphonex)でして、beoplayというアプリをダウンロードし設定するのですが、全て英語です。説明書の解説も簡素でしたので、自分がやった手順を記します。1. アプリを立ち上げるとスピーカーの選択が求められるので、beoplay m3_(数字)を選択。2. 自分が使用しているwifiのアクセスポイントを選択し、パスワードを入力してから「connect」ボタンをタップ。3. 接続ができたら自動的にファームウェアのダウンロード&適用がされるので待つ。ファームウェアの適用はダウンロード時間を除いて6分程度かかりました。4. 問題なく進めば、スピーカーの設置場所を聞かれますので、一番近いパターンを選択。(あとでアプリの設定画面から変更することも可能です)★うまくいかない場合はアプリをいったん「終了」してからもう一度アプリを立ち上げ直す。5. スピーカーの色を聞かれますので自分のスピーカーの色を選択。(別の色を選択しても問題ありません。アプリで表示されるスピーカーの色が変わるだけです。)6. Finalizingの画面が表示されるのでしばし待つ…が、自分の場合はさっぱり進まなかったので、5分ほどたってからアプリをいったん終了し立ち上げ直しました。7. スピーカーの写真をタッチすると、音質を変更することが出来ます。8. あとはiphone側でairplayとなる音声出力を選択すれば音が出ます。こちらのほうが音がちょっぴり良く聞こえるような気がしますが、wifiが安定しない場合はbluetooth接続のほうがおススメです。wifiスピーカーではありますが、このスピーカー単体でネットラジオを聞けたりという機能はありません。<音質>低音が良く出ます。重低音というほどではありませんがかなり出てます。個人的にはこれ以上強いとかえって良くないと思います。それでいて中音域や高音域もしっかり出ていますので過不足は感じません。これって何気にすごい。モノラルスピーカーではありますが、音の広がりも悪くありません。コンパクトなスピーカーではありますが6~10畳くらいの部屋のbgm用途であれば十分過ぎると感じました。<気になった点>電源ボタンがスピーカーの底の部分のふたを開けて操作する形になりますので操作しにくいです。(電源を入れっぱなしで使うことが前提のスピーカーということでしょうか). 購入して約半年ですが、airplayで使用していると非常に不安定です。airplayで楽曲の再生を試みても無音のままで、数秒したらスタンバイモードに戻ってしまいます。特に何もしなくても一晩経てば正常に戻ってしまうことも多いのが謎です。bluetoothだとそもそもそんなことはないのですが…。購入した当初はそんなことなかったのに、使い始めて2-3ヶ月したらこのような症状が出始めました。ソフトウェアの関係なのでしょうか?少し不安定なようです。. 6畳程度の自室でairplayで聴いています。とても安定していて、音質も申し分なし。音の分離の良さ、引き締まった低音に、品の良さも感じます。いつも聴いている音楽のはずが、聴こえていなかった音までクリアに聴こえてきます。(いつもあまり音に反応しない猫がじっとスピーカーに注目しているので、もしかしたら今までのスピーカーとは違うことに気づいているのかも。人が聞き取れない音も再生しているのかも。)セッティングも簡単。あらかじめアプリ(beoplay)をダウンロードしておき、スピーカーの電源を入れ、アプリを起動。本体の登録、wi-fi接続、ファームウェアアップデート、イコライジングまで、アプリが促す通りにすればスグにできました。据え置きで電源付けっぱなしにできるので、スピーカー本体操作の必要がなく、とても楽です。ストリーミングサービスも試してみたくなりました。これから色々な音楽を聴くのが楽しみです。. 音の響きが素晴らしい。映画、様々な、音楽、海外のラジオやテレビ色々試しましたが、奥行きのある音と迫力。低音が特にきにいりました。映画を見ている画面はpcなのに音だけはホームシアターみたいな映画館のよう。また、インテリアの邪魔にならないさすがのデザイン。無印良品の回し者といってよいくらい無印にかこまれていますが、驚くほどぴったりです。もちろんどんなインテリアでも合うでしょう。暖かみのあるカバーとシンプルな筐体。素晴らしい。余談ですがケーブルが3つついていました。外国のコンセントですね。取説が大変解りづらいのでネット検索おすすめします。. 普通に使えますが もう少し音質が欲しくなり上位機種が気になり出しました。. オーディオを趣味にして長いのですが、このスピーカーを使って約1ヶ月、こんな値段で、こんな音を出されると、正直、音楽が本当に楽しめるユーザーがますます増えるだろう嬉しさと、こんなに簡単に良い音が得られてよいのか!という複雑な気持ちに、驚かざるを得ません。b&oは、マニアの間では昔から有名ではありましたが、知る人ぞ知るメーカーで、マニアにとっては、デザイン重視の意匠から、お洒落な製品を作るけど、高音質というイメージは、さほどありませんでした。そう、まるでお金持ちのお医者さんが、お洒落な待合室にでも置いていそうな製品といったイメージでしょうか。それがなんとも!?このスピーカーは、しっかり存在価値があり、高価という声もありますが、はっきり言って、他の一般的なオーディオセットで、これくらいの音を出そうと思ったら、数十万円クラスのセットを揃えて、しっかり音調整をする必要がある。そう思わせるような音がスマホでポンとつないで容易に出せるのですから、コストパフォーマンスははるかに大きい。わずか数個の小口径のユニットなのに、個々の楽器の音が、本当にそのように聞こえて、自然に近い帯域バランス。これが、どれほど難しいことなのか。これはコストのかかるマルチアンプ方式と、優れたエンジニアの音作りの技術が、功を奏していることは明らかでしょう。試しに一度、音量を生楽器と同じくらい一気に上げてみて下さい。お気に入りの音楽の中に、ハッとするような発見が、きっとあると思います。本機の特長は、特に250hzを中心としたアコースティック楽器が最もリアルに感じる帯域の厚みと、音にしっかり「押しと引き」が感じられる所ですが、調整しだいで、さらなるポテンシャルも秘めています。ポイントとなる低域は、まずは全ての音調整を無効にして、できるだけしっかりした台に置くこと。台と本体との間に、何かを挟ませても良いでしょう。それから、高音から低音まで全ての楽器の音が、できるだけ同じ音量バランス、距離感、一体感で聴こえること。音色で言えば、ジャズのビッグバンドのブラスやリード群が、厚く、かつ柔らかに聴こえるか?ベースソロのピチカートでは、鉄の弦が、軽く、かつ弾むように聴こえるのか?などに集中するとよいでしょう。場所と置き方で、どうしても調整が難しい場合にのみ、beoplay アプリで調整します。優れたオーディオ製品は、本来は買ってからがスタート。理想の音楽をイメージしながら、手間と時間をかけて調整していく。これが趣味のオーディオの醍醐味ですが、こうした製品も、時代の流れなのでしょうか。ともあれ、複雑な気持ちと嬉しさの共存する、素晴らしいスピーカーだと思います。. 評判が良いので買ったのですが、がっかりです。しかも評価者を見ると「vineメンバー」などばかりですから、評価の高さはamazon特有のステマっぽさを感じますので、全幅の信頼はおかないほうが良いと思います。日常使用で使っていない人もいらっしゃると思います。確かに音は良いです。最初に聞いたときに「おっ」と思いました。しかし、値段も高いほうですから、相応と言えると思います。問題なのは何も音楽をかけていないときの「サー」というノイズがひどいことです。3〜4メートル離れていても気になるレベル。しかも次の曲に切り替わる時に無音と「サー」というノイズが切り替わり「ブツ」「ブツ」という音がします。airplay、bluetoothのどちらもノイズの大きさは変わりません。使用サービスはamazon music(iphone)ですが、windows10で聞くときも同様の現象が発生するようです。amazon music(iphone)を使用している人は使用を避けたほうが良いかもしれません。また、最小の音量にしてもそこそこ大きいですから寝室では使いにくいです。jblの最小音量の大きさほどではないですが・・。アマゾンエコーは音がいまいちでしたが、このような基本的な部分はきちんと作られていました。寝室で使う用途には適していないと思います。ノイズが大きくて寝れません。音は良いですが、音楽以前の基本的な部分がだめでがっかりです。音以外の技術がないのかなあ。やっぱりboseにすれば良かった。良いスピーカーはなかなかないですねえ。. 小さいのですが、見た目と違い音はすごくいいです。クラッシック音楽を聴く方にはとてもいいと思います。b&oは静かに音楽を聴く方に良いと思います。重低音が好みの方はboseの方がいいと思います。. 長所と短所 利点 曲の切り替えで「ぶつぶつ」音がする。ノイズがひどいので返品予定です。 Wi-Fiは5GHz対応。 設定次第で楽しくなる! 欠点 外観・音質共にとても良かったです。アプリでイコライザを弄れる点もよきです👌パワーも一人暮らしの狭い部屋には十分過ぎるものでした。まだ少ししか使ってませんが激しい音楽よりはジャズとかクラシックの方が得意かなという印象です. 女性ボーカルの音楽を良く聴きます。高音と低音のバランスがいいです。購入当初は低音が効きすぎて失敗したと思いましたが、画像のとおりの設定で自分好みの音になりました。airplayで聴いていますが、接続も安定していて綺麗に再生してくれます。家で音楽を聴く頻度が格段に増えました。. 職歴25年のサウンドエンジニアです。キッチンに置けるようなwifiスピーカーを家族が欲しいというので、3万前後のものをほぼ全て視聴してみたところ、率直に言ってほぼ全ての機種でがっかりさせられました。いくら民生機とはいえ酷すぎる・・・。同じ価格帯の業務機と比べると別次元ですよ。そんな燦々たる状況の中、業務機に匹敵する様なサウンドが出るのはこの機種だけでした。低域もしっかり出ながらも音のキレも良く、それぞれの楽器の音がはっきり出ます。しかしながら聞いて疲れる感じではなく、むしろ楽しくなってくる。大雑把に言うとカッコいいサウンドです。音の飛びもいいので、さほど大きい音を出さなくても家全体に聞こえますよ。もう少し高価格帯ならnaimaudioも良かったですね。b&w、jblも悪くなかった。民生機は外観がカッコいいものは音もカッコいいですね。何も外国のブランド。国産メーカーはどうしちゃったんでしょうか…。. 低域から高域まで広い音域をバランスよくカバーしてくれるので、とても自然に音が聴こえます。日本の大手メーカーのスピーカーと聴き比べると、beoplayの方が音が豊かに感じられました。一方でbluetoothと接続するときの「ビー」という音が大きすぎるのはなんとかならないかなと思います。それ以外はとても満足しています!. サウンドリンクは比較の対象でないかもしれませんし、m3はそもそもバッテリー内臓ではありません。音場の広がり、自然な感じはこちらのほうがいいと思いました。サウンドリンクもいいですが。いずれにしても、パナソニックのcdステレオなどと比較するとiphoneと連携した本製品のほうが断然いいです。ボーカルやクラシック楽器の「輝き」が違うんですよ。バカ耳の私でも同じ曲で驚きと感動があります。買って失敗ということはないでしょう。. この手のスピーカーは何個か所有しているのですが、ピカ一です。デザインもシンプルで高級感があり、とても満足して使用しています。重低音が強いスピーカーと同程度の性能がありながらこれは更に高音域まで素晴らしいです。65~22000Hzの周波はホンモノです。自分のような音に拘らない人でもハッキリと凄さが実感できるのが本当に凄いと思います。大きさ重さをシッカリと用途に合わせて購入した方がいいと思います。このスピーカーは場所を決めて設置しておくようなタイプです。更に、バッテリーも内臓されていません。スマホからブルーツースで飛ばしてこれだけの音が楽しめるのは本当に素晴らしいと思います。. M5と悩みましたが、m5は低音がかなり強く、m3の方がバランスが良いとb&oの店舗でアドバイスをいただき、m3を購入しました。13畳程度のリビングで使用していますが、音のパランスや音量、すべて満足です。マンションなのでm5を購入していたら近隣に響いたかも、と思います。. 全体的にバランスが良い!boseは低音が強すぎるのでこちらの商品の方が好きです!. 大変気に入って居ります。でも、今の所、満足ですが、m5も気になります。. の特徴 Bang & Olufsen ワイヤレスネットワークスピーカー Beoplay M3 省スペース/AirPlay/Wi-Fi /Bluetooth /各種ストリーミング対応/アナログ入力対応 ブラック【国内正規品/保証2年】 モデル番号を入力してください これが適合するか確認: Beoplay M3は、高級オーディオブランドBang & Olufsenが手掛けるワイヤレススピーカーです Bang & […]

Read More

Bang & Olufsen ワイヤレスヘッドホン Beoplay H4 Bluetooth/AAC 対応/通話対応 チャコールグレー【国内正規品/保証2年】 – ワイヤレスって素敵です

今まで使用していたオーディオテクニカのヘッドホンの調子が悪くなってきた&ハイエンドなヘッドホンにも手を出してみたいと思い、購入しました。もうランクを落とすことができないと思う程、素晴らしいです。低音の音質の調整がしっかりできていてキレが良く、音に厚みがあってlive感が凄くあります。もちろん音漏れもしませんし、付け心地もとても良いです。値段は少々張りますが、それ以上の価値があると思います。. なんか評価をみると☆5ばかりで逆に買うのが抵抗ありましたが、充分満足するものでした。bang & olufsenのディフュージョンブランドって事ですよねb&oってbang自体は超高級オーディオブランドのとしか、私の中では認知していませんでした。実際の家庭用オーディオの音もしっかり聞いたことはないですけど、少ない経験からいうと繊細だけど高すぎて値段に合ってない気がしてました。実際、アストンマーティンやメルセデスの上位車種にはカーオーディオとして採用されてますね。カーオーディオは聞いたことがあって、音のイメージは繊細なところは一緒だけどパワー感がなくてつまらない印象でしたね。コレまではイヤフォンでmonsterのturbineを使ってましたが、スポーツするときはjbl ua sport wireless heart rateを使用しておりbluetoothの楽さに感化され、ある程度の音質を求めたヘッドフォンを色々物色しておりました。ヘッドフォンであれば質を求めていくととんでもなく高くなるので、ある程度スタイリッシュでメーカー的に安心できるブランド力で検討。音質はboseほど低音の味付けは強くなく、jblほどシャリシャリしてない事ですかね。そこで色々探してると、b&o play h4を発見。あまり期待はしてなかったけどあまり見たことないのと価格もそこそこ。なによりbang & olufsenの名前はいいのでミーハーな気持ちで買ってみました。で、私なりの評価ですが音の解像度はしっかり再現されて、高音から低音まで私の好みに非常に近くて充分満足。高音は高解像度も手伝ってかキンキン、シャリシャリしすぎず、低音も原音再生しようとしてる感じ、ちょっとホール感をつくってるので好みはわかれるかな?でもその恩恵で少し音量を絞り目でも充分に楽しめます。音漏れに関してはまぁ普通かな?でも、シャリシャリした音漏れはしにくいので、電車の中でも少し音量を絞れば迷惑になったり恥ずかしい思いはしなくてすみそうです。私の聴く音楽は、ジャズ、ロック、pop、アイドルですね。音源はcdのwavファイルから圧縮mp4、ストリーミングまで色々ききます。そこで思うことは、再現性がそれなりに有るため、音源が悪いと結構聞くにたえません。シャリッシャリ、ボワンボワンです。まぁ、そんな音源しか聞いていない人は最初から気づかないくらいいい音に聞こえるから関係ないですね。それでbluetoothなのにそこまで出来てるのはまぁ良いことかな?長くなりましたが、良い買い物でした。ps思わずb&oのbluetoothスピーカーも買ってしまった(^_^;). H4の最大の魅力は極上のつけ心地、フィット感です。他の追随を許さない、ものすごいヘッドホンが出たなと驚愕しました。密閉と重量感のせめぎあいはなかなか決着しなかったのですが、h4が私の中の答えを出してくれました。密閉は保たれていますが、重いと感じたことはありません。ラムスキン製ということで、この肌触りがとても良いです。私は肌に何かがくっついている状態が苦手ですが、h4であれば解決。密閉型のヘッドホンでも疲れが少なく、長時間使用することができます。音質は非常にクリア。ナチュナルで臨場感があります。変に誇張した感じがないので耳障りがよく、このことも長時間の使用による疲れを軽減する一因になっています。基本的にどんなジャンルにも対応できると思います。邪魔をせず、素材の良さを引き出すことに優れています。曲によって気になる部分が出た場合でも、アプリでイコライジングできるので多少の調整は可能です。デザインはシンプルで高級感が漂っています。これだけのスッペックで、いかにもって主張する感じがないのが気に入っています。ゴツいヘッドフォンを着けて外を歩くのに抵抗がある方にオススメ。むしろファションアイテムとして成り立ってしまう程スタイリッシュです。ようやく理想とするヘッドホンに出会えたので、このまま販売し続けて欲しいです。. とっても気に入って購入しましたが、日本国内ではアプリがdlできないとのこと、結局返品させていただきました。残念でなりません。. 音質もよく、周囲の音がちょうどいいレベルで聞こえる密閉感です。bluetooth接続も場所に寄っては安定しませんが概ね問題なく接続できました。製品自体はすごく良いものだと思います。私の手元に届いたものは右耳側のヘッドホンがうまく動かず(90度動かすときに引っかかる)そのまま我慢して使っていたのですが私の使い方が悪かったのか購入して10日ほどで右側が外れてしまいました。. 今回初めてワイヤレスヘッドフォンを購入したのですが、音良いです。音の輪郭がしっかりしていて、高中低音のバランスも良く聞こえます。イヤーパッドの質が程よい柔らかさで耳にフィットするので、低音もしっかり聞き取れます。アプリでの音質調整も視覚的にわかりやすく、狙った音にすぐ辿り着けました。着け心地もストレス無く自然なフィット感です。まだ連続で1時間ぐらいしか使用していませんが、動きながらでも疲れが無いので、長時間使用出来ると思います。ワイヤレスということでコードの煩わしさがなく、且つ音も良くスタイリッシュで、とても気に入っています。. 思ったより電池が持つ思ったより軽い筐体は写真よりチープな気がした. 購入したばかりのh4はあまり良いと思えませんでしたが、アプリをダウンロードして調整しながら聴いている内にだんだんこなれてきたのか非常に心地良い音質になってきました。ずっと聴いていても疲れないし耳も痛くなりません。ジャンルは問いませんが特にボーカルが良い感じです。所有しているソニー1000xm2とbose qc35 と聴き比べしてみましたが、高音域も低音域も、その中間に位置する音質に感じます。その自然な中庸な音質は長く聴いていても飽きない感じです。なかなかの優れものです。. 利点と欠点 メリット 製品はすごく良いです。 良い〇 つけ心地が最高 デメリット 音のいいヘッドホンがずっと欲しかったので、ネットで色々検索しては、何度も販売店へ足を運んで試聴していました。やはり購入して本当に良かったです!音はもう本当に素晴らしく、とてもクリアで自然で、クラッシック、ジャズ、ロック、、、まるでその場で聞いているようです。同価格帯の他の製品とは比べものにならないと思います。そして付け心地がとても良いです。耳が痛くならないので毎日使ってます。デザインもおしゃれでかっこいいですし充電が長時間持つので、ありがたいです。. 着け心地が良く、すぐに耳に馴染みました。音質も気に入ってます。. ワイヤレスってコードが無いだけでしょ?と思い、あまり興味が無かったのですが、その快適さを舐めてました!快適です!長い時間 使用していても疲れ難いと思いました。クリアに聴こえるので耳コピするのにも最適で買ってよかったと満足してます。これなら外出時に使用してもファッションのアクセントにもなって良い感じです。. 長時間つけても全く聞き疲れしない音作りと耳周りが全く痛くならない形状は素晴らしいの一言。しかもbeoplayアプリを使ってイコライジング機能も楽しめるので、アプリのインストールをお勧めします。. 音のバランスが良いため、高低音の混ざった曲を聞くのに適していると思います。聞いてる感じは少し軽めで低音の重厚感は感じ難い、かと思いきやアプリでの調整が可能。今まで1万未満のヘッドフォンを使っていたので音の細やかさに感動しましたね。この音楽ってこんなに音あったんか!って感じです笑しかし問題が一つ。結構音漏れします汗. これ以上何を望みましょう?. 音質やデザインに不満があった国産ワイヤレスヘッドフォンからの買い替えです。目を付けたポイントはまずデザイン。どんな服装やシーンにもマッチするシンプルかつ上品なデザイン。装着感はこれまでにないくらい心地よい肌触りでしっかりフィットするけど頭痛や耳の痛みもなく感動しました。主に電車移動中やカフェでのpc作業中に使用するのですが、以前使用していたヘッドフォンとは比較にならないくらいクリアで心地よいサウンドですね。周囲の雑音もしっかりカットされて作業に集中できるし、低音でも疲れない、bluetoothも非常に安定していて快適です。決して安くはない買い物でしたが、イヤホンやヘッドホンを購入してここまで満足できた製品は初めてでした。. B&oのh4と言えばアップルの推奨アクセサリーでまさに最高峰なのでたとえブルートゥース接続でもそこそこ高音質だろうと思い購入しました。買って大正解!そこそこどころかとんでもなく高音質なヘッドフォンでした。【音飛びについて】現状まったくありません。電車で混雑時、また駅でも一瞬たりとも音飛びしません。【遮音性能】そこまで高くありません。音量を上げなければ音漏れしません。音量を上げれば自分の世界に入れますが、少し下げれば外部の音を聞き取ることができます。あまり遮音性が高いと逆に危険なので、ポータブル性を考えるとこれは良いと思います【音の遅延】iphone7で再生しておりますがaac コーデックに対応しているので高音質なのは当然として、ゲームや映画で音が遅れる感じはありません。実際にはあるんでしょうけど私にはわかりません。他社のブルートゥース製品は遅延がひどかったのであえて書きました。【つけ心地】個人差があると思いますが私の場合は長い時間付けても耳が痛くなりません。かなり快適です。【デザイン】これも好き好きですが、高級感がありエレガントだと思います。近未来的でゴツイ感じのヘッドフォンも好きですが、これはオシャレでスタイリッシュと言った感じです。写真もupしておきますが、スピーカー部分を横に倒すことが出来るため持ち運びにも便利です。. 元来、お手軽さを重視してイヤホン派でしたが、ここ最近、使用後の外した時の外耳部分のむず痒さと疲れが気になってきたので、思い切ってヘッドフォンタイプの購入を検討。イヤホン型よりも目立つものなので、デザインも重視したく候補の一つに。このロゴとカラーのバランスが決め手となり購入を決めましたが、もうデザイン以外も想像以上に色々いい!ヘッドフォンに変えるだけでこんなに音楽の世界観に入り込めるほど、クリアに耳に音が届くとは驚きでした。大音量が苦手なので音は小さめにして聴いていますが、それでもクリアな音だと感じます。そして着け心地はもう言うことなし! 軽さやフィット感が本当にナチュラル。重くて首が凝る、ズレてくる、締め付けるといったヘッドフォンへ抵抗のあった自分のイメージがすべて払拭されました。何より外した後の鼓膜の違和感や疲れがゼロ。長時間の電車移動の時など、音楽を聴く以外に動画を観るときにも重宝しています。やはりいいものはいい! かけたお金以上の価値を感じられる使い心地です。. 特徴 Bang & Olufsen ワイヤレスヘッドホン Beoplay H4 Bluetooth/AAC 対応/通話対応 チャコールグレー【国内正規品/保証2年】 モデル番号を入力してください これが適合するか確認: BeoPlay H4は、高級オーディオブランドBang & Olufsenが手掛けるワイヤレスヘッドホンです 【ワイヤレスでも高音質】Bang […]

Read More