翔荒牧のレビューとショッピングガイド

最良の選択から毎日の製品レビュー

Tag: ゼンハイザー(Sennheiser)

ゼンハイザー(Sennheiser) ゼンハイザー カナル型イヤホン 耳かけ式/低音域調整機能 【国内正規品】 Ie 80 S – IE80後継種の実力は如何に

長くie80を愛用してきて、このスタイルでこれ以上の改善はそれ程無かろうと思っていました。しかし店頭で視聴したところ、一撃ノックダウン。騒音・雑音だらけの家電量販店でほんの数十秒聞いただけでも違いは明らか。すぐに購入を決心しました。それくらい、前作ie80から進化を遂げています。中高域を含め、全域での解像度up。各帯域のバランスは大きく変わらないものの、音の輪郭が明らかに上がっています。baドライバーに比べてどうしてもこもる感じを拭えないのがddドライバーの限界(高級機を除く)だと思っていましたが、ここまですっきりと見通しの良い音が出せるんですね。2017年という発売時期に見合った今の音に、ちゃんと進化していて本当に驚きました。ie80+universe proを低音の量感はそのままに正常進化させたような音、といった印象です。ba特有の解像度の高さは大好きですが、やはり沈み込む低音の質感はddの方が好みで、解像度を取るか低域の深さを取るかでいつも悩んでいましたが、これで当面迷うことから解放されました。価格帯としても、自分の中ではある程度気軽に使えるラインであり、最近イヤホンは専らie80sばかり持ち出しています(北海道の冬は寒すぎて、外を歩く時はイヤーマフ代わりにヘッドホンですが)。シングルbaではやはり低音の質に満足できず、マルチbaでは無駄に音の圧迫感が増して気になり、ddではやはり音がこもり気味に感じたり。そんな不満をとりあえず一定のラインでクリアしてくれる、ステキな製品だと感じます。勿論、解像度自体はやはりbaには及ばないのですが、十分肉薄していると思います。最近は高解像度のdd機も随分増えましたが、頭一つ抜け出しています(高級機はとんでもないところに突き抜けちゃってますが。お値段も含め)。この書き込み時点で既に軽く200時間はまわしていると思いますが、エージングに伴う変化はあまり無いように感じています。シェルが少し小さくなったせいか、耳へのおさまりも良くなっています。寒い北海度の冬では、相変わらず付属のケーブルは硬くなりますが、ie80程ではありません(あれは寒いとカッチカチになりますね)。実用に支障は無いレベルです。惜しむらくは、コネクタがl字じゃなくなったことでしょうか。ストレートはやはり収まりが今ひとつ悪くて使いにくさを感じてしまいます。付属のケーブルで音質に満足してしまったため、ie80で使ってきた各種リケーブルの類は全く試しておらず、今後それらとの相性を色々試していきたいと思っています。バランス接続にする意味はあっても、もはや銀線にする意味は無いかも…、などと思っていますが、こればかりは実際に組み合わせてみないとわからないので、まだまだたくさん楽しめそうです。. ゼンハイザーのイヤホンです。しっかりとスポンジで内部をカバーされた箱の中にケースが入っています。箱の底の部分にも箱が入っており、説明書とイヤホン固定のパーツ、低音変化用のドライバー、イヤーパッドが数種類入っていて耳に合うサイズを選べます。ケースの中にはイヤホンとさらに替えのイヤーパッドが入っています。説明書は日本語が全部で35文字くらいしか無いので、使用する際は自分でネットなどで情報を入れてからのほうがいいと思います。耳への装着感は私はデフォルトのものでピッタリでしたが、慣れていない人だと少し違和感あると思います。低音調節機能ですが、付属の小さいドライバーで回して使います。リケーブル出来るので、自分に合わなければ好みに合わせて変えればいいと思います。軽くエージングした後、xdp300rで使用してみましたが、キンキンした感じが強いです。音楽でまず感じたのはロックであればドラムの表現力です。スネアからタムにかけてはしっかりと空間が出来上がっており、メイン以外に存在感があるようなサウンドです。その代わりボーカルや、ギターのディストーションなどの表現力が弱く、広がるような音作りをしているものは伸びが弱く苦手に感じました。どうしても普段使用しているfx750との比較になってしまいますが、解像度に関してははっきりと分かる感じで上がっています。バックコーラスやパンを回した時の左右の変化はしっかりと表現されています。変に色付けして無くとてもクリアなサウンドで素晴らしいと思うのですが、全体的に飛び抜けた部分がないためちょっと肩透かしを食らった感じです。肝心な低音ですが、低音調整機能を回しても全然強くないです。どちらかと言えば高音寄りで若い人や今時の音楽を聴いている人には少し物足りないように感じると思います。エージングで少しまろやかになるかと思いますが、プレーヤーの方でイコライジングすることで、万人に合うように作られているように感じました。. この手のイヤフォンはリケーブルするしないでは全然違うと思います。バランス接続可能なポータブルアンプで4. 4mm5極にリケーブルすると音の深み、臨場感が全然違います。i e80sをnobunaga labsの「水葵」にリケーブルしsonyのzxシリーズで聞いてますが、バランス良く鳴らしてくれます。ケーブルのタッチノイズ対策はしっかりすべきです。. 良いイヤホンだと思います。ie80を3年くらい使用してもう少し高音の伸びが欲しいと思って購入しました。ie80sの方が明らかに高音が豊かでボーカルもはっきり聞こえ、さらに聞こえていなかった音に気がつきます。ただダラダラ聴くには少し耳にささる。寝る前とかに聴くと辛いです。あまりやりたくはありませんがイコイライザで高音を落としたらまずまず良い感じ。同時に買ったse846も良い出来だとは思いますが好みに合わず。結局ie80を聴いていることが多いです。好みもあるけれど人に勧めるとしたら音の広さを感じるie80かな。試聴ではハッキリした音が出るイヤホンがいいと思いがちになるので注意が必要ですね。. Ie80を使用していたのですがこちらに変えてとても気に入っています. 豊富なスペアパーツで長く使えるイヤホンです。使い始めは高域のシャカシャカした感じが酷くなんじゃこりゃ状態でしたが、エージング後化けます。響き渡る低音、伸びのある高域に圧倒されます。カナル型よりもオープンイヤー型メインで使ってましたが、バランスが良く心地よい音質なので気に入りました。低域は付属のドライバーで調整出来ますが小さすぎて微調整が難しいです。. 今回、お年玉が入ったので、兄からのお下がりで使っていたイヤホンを卒業するために買いました。元々、ゼンハイザーのイヤホンは何個か聞いていたことがあり、その自然な音に惹かれていました。予算としては、イヤホンのほかにウォークマンも新調したいなと思っていたので、三万辺りのイヤホンを探していました。それなりの値段はしますが、前々からゼンハイザーの音は気に入っていたので即決。届いてまず最初に思ったのは、今までのものより、少々ケーブルが太かったです。音は最初は結構もっさりした音です。低音もそこまで響く訳でなく、高音も微妙。まあ、そんなことは最初から分かり切っていることなので、黙ってエージングをとりあえず100時間。聴いてびっくり、なんという事でしょう。あそこまでもっさりしていた音が、深みのある、心地の良い音に変わっているではありませんか。低音は結構強めだと思います。左右イヤホンに低音の調整ミキサーがあるので、そこでいじってみるといいでしょう。(最初の段階は1)低音が強めと言いましたが、下品な低音でないので、あまり気にならないと思います。高音も程よく響き、綺麗です。音の評価としては自分の中で今までの中で最高なのですが、ケーブルが太い所為なのかわかりませんが、寒いところに行くとすぐ固くなってしまうところです。ポケットに入れて歩いていたりすると、歩く際の足の移動に連動して、イヤホンがぽろっと耳から外れてしまうことが多々あります。基本室内で使うのをお勧めします。評価は4ですが、音に関しては評価5です。もしも、少し値段の張るイヤホンが欲しいと思っているのなら是非お勧めします。. Ie80でも最高の低音の上に伸びのあるクリアな高音が欲しくて銀系ケーブルを使用したりイヤーピースを何種類も試したりと努力したが惜しいとこまでは行くんだけどこれで満足というトコロまでは達せなかった。まさかそれをゼンハイザーさん自ら叶えてくれるとは夢にも思ってなかった。販売開始から毎日 装着感まで向上したこのie80sを耳に入れるのが楽しくてしょうがない。チープな丸っこいハウジングから出てくる高音質というギャップも周りを欺いてるようで気分がいいです。それとリケーブル否定派、低音さえ出てればいい、少しこもってるくらいが疲れなくていいという層は別としてie80と本機を比較検討するのであれば互いの純正ケーブルのまま比べるのではなく同一ケーブルで純粋にドライバーの性能を比較した方がいいでしょう。(80純正と80s純正は完全に別物なので)その上でie80を選択するいうのは稀なケースになると思います。どうやら店頭での単純比較でie80の圧勝と結論づけた方がいらっしゃるようですが気の毒でなりません。そうせっかくだから自分でも実践してみようとie80で使い慣れた社外ケーブルを当機にリケーブル。純正で感じた以上にその違いは大きく、まさにie80の力強い低音そのままに 解像度の向上、音場のスケールアップ、そしてなにより望んでた高音のクリアさと伸びは予想以上で大満足という結果になった。本体の音ヌケの良さ、進化したケーブル。この二点だけでも私的にはie80から買い増した価値は十二分にありました。. 利点と欠点 メリット 気持ちいい重低音だ。 音域のバランスが以前よりこうじょう 音质很棒 デメリット Ie80の後継機ということで某ショップでie80sを購入。店舗で聴いた時、ie80のばっちりとした低音とは打って変わって、締まりのある低音と中高音のバランスをとった音質傾向だと感じた。買ってみてまず音を聴いてみると店舗で聴いた音よりかなり籠って聞こえた、低音は全然心地よくなく、かなりボワついているように感じた。とりあえずポタアンに繋ぎエージングがてら音楽を聴き続けていると、少しずつ低音が出てきた。(ダイヤル調整で調整する事もできるが個人的には最小で十分、それ以上は歪む可能性あり)また、純正のイヤーピースが耳に合わなく,radiusのイヤーピースを購入し装着することより一層低音が豊かに感じられた。また、スパイラルドットを装着すると解像度が向上した。低音イヤホンと言えばie80というくらい人気のイヤホンである前機と比べ中高音を意識したバランス型であるie80sでは音質傾向がある程度変わっている、少なくとも低音メインで聞きたいのであればie80を買った方がいいだろう、ie80からsに変える必要性はあまり感じないのが正直なところではある。また、他のレビューにもあるように少し高音がマスキングされキラキラした高音が多い曲ではあまり真価発揮しないように感じる、得意不得意がはっきり出る機種なことは間違いない。女性ボーカルの歌うアニソンや高音域が多い邦楽や洋楽ではがっかりする人もいるかもしれない、買って損までとはいかないが用途をしっかり持った上で購入されることをおすすめする。あくまで低音や中高音が多いedmやジャズ、ロックなどで真価を発揮するイヤホンということだ。できることなら是非、レビューだけでなく店舗で聴いてみて購入を検討してみてほしい。※追記 この度、改めてリケーブルをしてみた。リケーブルに使ったケーブルは「nobunaga labs hybrid 睡蓮」というie用のケーブル。ie80sの得意な低音、中高音に加えて、苦手な高音をもう少し出せればと思い装着してみたところビンゴだった。解像度と高音域が向上し、音圧も膨らんだことにより更にギターやベース、ボーカルも分離して鳴っていることがより確実に実感できた。結果リケーブルをすることで更に素晴らしいイヤホンにすることができたが、本体に35k、リケーブルに15kだとするとコスパはいいとは言い難い。。。リケーブルを迷信だと思っている人にとって15k以上も出すというのはかなり抵抗があると思う。そこらへんも踏まえてやはりこのイヤホンの評価は個人的には星4が限界に感じる。更に上を目指したい人は試してみてほしい。. Ie80より音域全体のバランスが良くより聴きやすくなっていますね。 ケースは以前のモデルより1. 5倍程度大きいですが、ソフトケースで扱いやすいです. ヘッドホン派だった私が最近im04、x12i、dn2000、ie80sと立て続けに購入しイヤチップも推奨される方が多いスピンフィット、コンプライtsx200なども使用してみました。確かにどのイヤホンも高音質で良いイヤホンでした。ただ皆さんのレビューによく書いてある自分にフィットした好きな音質がある事がやっと分かりました。音の解像度だけではありませんでした。音の余裕、聴いてて妙に落ち着く安心感、読書していても心に染みる音。ie80s にはそれを感じました。高価だからといって必ずしも自分に合う音を得られるわけではないんですね。静寂の中で身体に浸透してく音楽。私にとってie80sは本当に素晴らしい出会いになりました。. Sennheiserは ie8と ie800 をもっていますが 、ie80s はその間の価格帯で結構いい音を出していると思います。ie80は持っていないので,どの位t改良されたのか、比較はできません。ただ気になるのは、低音のレベルを自分で調節できるようになっていますが、これはユーザーに選択させうのではなく、メーカー側でベストと思うレベルで固定してもらったほうがいいと思います。. IE80愛用者です。使用している音楽プレイヤーは、ウォークマンnw-zx100です。では、IE80と比較して、このIE80Sはどうなのか?1 本体が、若干小型化したため、耳に嵌めた時の違和感が軽減。2 ジャックのメッキが銀から金になり、L字型から、真っ直ぐになりました。3 イヤホンピースが、若干縦が短くなり、横幅が増しました。4 コードが太くなりました。  高級感・丈夫さがましたと思いますが、地味な武骨さが増してしまい、もっさり感が出ました。  夏の使用や、女性受けが、心配です。当然、耳にかけずらくなりました。5 解像度が良くなりました。低音のこもった感じが軽減されましたが、ガツンとくる低音が、おとなしくなりました。  初期設定だと、低音が、前面から奥に引っ込んでしまった感じです。  低音つまみで比較すると、IE80のレベル3の低音を得るには、IE80Sは、レベル4まで上げる感じです。コードタイプのイヤホンは、いずれ断線する運命にあります。メーカーによっては、保証期間が過ぎていれば、買った時とほぼ同額の修理代がかかることを、踏まえた上で、購入してください。. Ie80の後継として登場ということで、かなりお高めなカナル型イヤホン。スマホを考慮されてか、ストレートの差し込みになった。それでも、歩きながら使う場合は、純正ケーブルのままだと外れてしまいそう。音域も低音はもちろんのことながら、しっかりと拾っており、安心のクオリティかと。用途としては。椅子に座ってじっくり聴くスタイルでしょう。.  2017年10月26日に発売が開始される sennheiser ie 80 s の試聴を楽しみに(気に入ったら速攻で購入しようとクレジットカードも持って)、秋葉原へ出かけました。 秋葉原のイヤホン専門店の店内には 「今日発売されたばかりの ie 80 s」 と「旧型の ie 80」 とが並んで展示されていて自由に試聴出来ました。 両者を代わる代わる、高音・中音・低音・音場・解像度など、細部にわたり1時間以上聴き比べた結果 !! (他のお客様には 長時間ご迷惑をおかけしてごめんなさい) ハウジングは一回り小さくなり装着感は若干 良くなったように感じました(耳の形による個人差の問題?)、 亦、デザインは 旧型も値段の割に高級感や豪華さは無かったのですが、実物を手に取って見ると […]

Read More

ゼンハイザー(Sennheiser) ゼンハイザー カナル型イヤホン 耳かけ式 Ie 60【国内正規品】 – ゴキゲン

音のバランスがめちゃめちゃいい!付属品も充実していてコスパに関してもめちゃめちゃいい!あくまでも個人の感想ですが総合的にめちゃめちゃいい!このレビュー見てめちゃめちゃ良さそうやなー、ほんなら買ってみるか!って思ってくれたらめちゃめちゃいい!. 今まで3000円レベルのイヤホンを使っていました。早速届いた商品と今使っている商品を比べてみたところ、こんなに音域が広くて臨場感があり目を閉じているとコンサートホールにいるようです。もっと早く購入したかった。. Ie系は全て所持歴があり、800のサブとして購入。60、80、800と個性が異なりますが、プレイヤー直差しで気兼ね無く使えてコストパフォーマンスを考えると一番かもしれません。ゼンハイザーは聞くごとに熟成されていく感があり、使用する度に感動します。. 装着感がかなりよく、また音質も申し分ないので、長時間使用していると着けているのを忘れてしまうような心地よさを覚えます。デザインもとてもかっこいい!. 購入して1年経たない間に写真の通り付け根が切れてしまいました。1ヶ月ほどテープで補強はしたものの、遂に音が出なくなってしまいました。冬になるとケーブルが固まってしまい、そこからの断線なので寒さに弱いのかもしれません。この値段でたった1年しか使えない商品だったのなら初めからもっと耐久性があるものを買えばよかったと後悔しています。それと、どのイヤホンにも言えるかもしれませんが、衣服に擦れるときのノイズはなかなかのストレスです。音は普通の良さです。. いいの一言、ケースに収納するのがめんどくさいけど音はいいのでそんなんどうでもいい!って感じです。. 本当にこれに行き着くまで、何度も何度も買い直した。高音域から低音域までフルカバー出来ている逸品。sonyのN3も愛用しているけれど、ロックを聴くのならこれの方がしっくりくる。とても良い買い物をしました。. ウォークマン付属イヤホンからこちらに乗り換えました。シュア掛けを前提に作られていますので、慣れるまでは不快に感じるかもしれません。シュア掛けをサポートする部品が付属しているのですが、これが使ってて非常にイライラします。固定するためのシリコンが緩く、位置がずれたりすっぽ抜けたりが頻繁に発生しますので、付けたり外したりが頻繁な方は避けた方がいいかと思います。シュア掛けしないとなるとlrを逆につけることになります。音は中高域がクリアになり、ぬけの良さを感じることができました。その分低音域はかなりマイルドになるので、バスドラムやベース音をゴリゴリ楽しむというのは難しいです。このイヤホンを使った後にウォークマン付属品を使うと音全体がくぐもって聞こえ、非常に聴きにくく感じます。イヤホン、ヘッドホンの宿命とも言えますが、上位の物を使用したときの感動より、下位の物を使用したときのがっかり感の方が大きくなってしまうので、知らなきゃ幸せだったのかな…とも思います。. 利点と欠点 メリット 値段以上の音質、貧弱なケーブル 音は良い 遮音性能が頼りになりまする デメリット それまでに使用していたakgイヤホンが壊れた(本体の根元のコードが断線)ので購入。音は自分好みです。低温はそれなり。透明感のある温室です。星のマイナス1点は、シェア掛けする際の耳の後ろに通す樹脂のアダプタがしっくりこない時があるからです・. やはりゼンハイザーは期待を裏切りませんでした。音楽を聴く、ゲームをする、通話など全てにおいて抜群かつ正確な音を耳に届けてくれます。音をごまかさいイヤホン、コスパ的にも大変良い商品と思いました。mix作業では今まで聴こえなかった音に出会える事でしょう。. ゼンハイザーの製品は初めてですがかなり聞きやすく、ニューエイジ・ロック・ジャズ・クラッシックのジャンルにおいて今までjblの1万円ぐらいの製品で聞いてましたが、ステップアップには最適でおすすめです。. IE60は周波数特性で見ると高音側がいまいちのように思えますが、周波数軸で角がとれている分、逆に時間軸では素直な特性になっているように感じます。そのためインパルスレスポンスが微妙に異なる楽器を聞き分ける際に有利です。オーケストラのような多数の楽器で構成された音楽を分析的に聴かれる方に向いているのではないでしょうか?. かなり音の品質はいい逸品。ハイレゾ対応はしてないものの、かなりクリアな音と十分な低音を兼ね備えている。遮音性もあり周りのノイズはあまり気にならない。ただし、リケーブルできない点があり、消耗品感はある。2年保証付きなので少しは安心ですが、長くに渡り使い続けたい方にはゴリ押しはできません。5000円代のものを使っていた方のランク上げには十分なほどのものであると思います!. 音は流石にゼンハイザーだけあって中々良いと思いますただケースが猛烈に使いづらい格好良いケースなのですがしまう時にピッタリ納めるのが大変で、出す時も面倒臭い出しっ放しにするか、別のケース買った方が良いかと思います. 安心して購入できました。対応も良く、製品自体にも大満足です。娘も喜んで使っています。. ウォークマンsシリーズを購入したので一緒に購入しました。家電量販店でいくつかイヤホンを試聴したあとamazonで購入。低音が強すぎるわけでもなく耳に刺さるような高音でもない、バランスがいいというのが第一印象です。数時間使用しましたが疲れることもない自然な音です。見た目もよさげですし、期待通りということで☆5つです。. 中音から高音への伸びが綺麗低音もいい感じに出ているけどちゃんとハマってないとスカスカになります。ここだけ、注意ですね〜。あと、シュアがけをする際ですが、付属のイヤーフックが若干手間取りますね。慣れれば問題ないですが。. 特徴 ゼンハイザー カナル型イヤホン 耳かけ式 Ie 60【国内正規品】 モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 音の立体感と再現力が高評価のゼンハイザーIEシリーズイヤホン「IE60」 強力なNeodymium磁石を採用したダイナミックドライバーを採用しパワフルな高音質を実現。耳掛け式で豊富な付属品も同梱。 型式:ダイナミック・カナル型、周波数特性:10~18,000Hz、インピーダンス:16Ω、音圧レベル:115dB 質量:約14g、接続ケーブル:ケーブル長1.2m(Y型)、3.5mmステレオミニプラグ(L型) 付属品:イヤーアダプターセット(標準 S/M/L、ラメラ S/M/L)、キャリングケース、イヤーフック 、クリーニングツール ノイズキャンセリング機能無 メーカーより ゼンハイザーがこだわるダイナミック型イヤホンの決定版IEシリーズのエントリーモデル 強力なネオジウムマグネットを採用したダイナミックドライバーを採用今まで以上にパワフルな音質を実現 ゼンハイザーらしく、しなやかで繊細な表現力は軽快でハイレベルなサウンド 音質には穏やかなきらめきがあり、艶やかさと鮮やかさを描き出す 輪郭を強調せず、素直に出てくる音に心地良さを感じられる 他のイヤホンには類をみない、自然な空間表現と立体感を兼ね備える IE60だけがもつ美しい音色 中域の量感が豊かで、抜けの良い高域との相性が抜群 低音の拡がりも程よく、自然で心地良い長時間でも聴いていたい音質 低域から高域までバランスの良い再生が可能であり、完成度の高いナチュラルな音色 耳かけ式による快適な装着 イヤーチップによるサイズ調整により耳にしっかりとフィットする快適な装着感を実現 付属イヤーチップのラメラは二連式の為、遮音性が非常に高く、音漏れもない 今までにない新しい形で、使いやすさはそのままに総重量約14gとごく軽量で、心地の良いほどの装着性 […]

Read More

ゼンハイザー(Sennheiser) ゼンハイザー Bluetooth カナル型 イヤフォン MOMENTUM Free 左右一体型 apt-X/apt-X LL/AAC対応 【国内正規品】 M2 IEBT SW – 良い音は間違いない

Iphoneとゲーム・テレビで使いたいと思い、aacとapt-x llに対応しているマグネット搭載左右一体型を探してみるとこれを発見。視聴してみたところ低音強めで気持ちいいキックが聴けたので購入しました。一万円以下からの買い替えでしたが買ってよかったです。. 音については、クッキリ、ハッキリと言う感じで、外で聴くのに向いていると思います。低音から高音までしっかり出ますが、高音が若干シャリシャリしている感じです。強めに音は出ますが、聴き疲れはしません。ただし、視聴は必須です。再生機によって音が全然変わるし、音が強いというのはかなり好みが分かれると思います。また、aptx hdにもldacにも対応していないので、この辺を重視する人には向いていません。. ワイヤレスイヤホンとして購入。今までゼンハイザーの製品をいくつか買っていたがこの製品はらしく無い製品です。これほど低音が強調されるとは思っていませんでした。別に嫌では無いが、少しbossに近くなった様な気がします。. 音質は文句無し!だが、マグネットが弱いので減点。イヤホンが思ってたよりも重かった。. アマゾンでの購入ではありません。レビューがないので少しでも参考になればと。ゼンハイザーは好きなメーカーです。視聴なしで購入しました。デザインはいいです。ハウジングは高級感あります。カラーリングもいいです。ケースもなかなかいいです。元の有線バージョンは視聴したことはありませんが、価格からしてそのワイヤレスだから期待はしていませんでしたが、これがいいです。有線イヤホンならデノンah-c820に似ています。あの感じが好みならお薦めです。音場は狭めですが、低音高音強めでクリアでシャープです。少し残念な点私に比較的イヤピースは合う方ですが、これは合いません。高音が減少するのでコンプライは好みません。結果、ファイナルeで聴いています。ただバッテリーがイヤホンに近いため重みで、緩みはしませんが、緩みそうな感じはします。またリモコンがプラスチックでチープで、ボタンも悪い意味のプラらしい軽さです。jblのe25btに似ています。この辺りはハウジング同様高級感が欲しかったです。またプラスチックでもrha750wirelessような感触なら良かったのですが。音質に差が無ければ、私はネックバンド型でも気にならないので、その辺りの感触が良ければmomentum in-ear wirelessの方が良かったかもしれません。少し要望はありますが、たくさんのwireless中、選択する価値はあると思います。追記momentum in-ear wirelessも購入しました。ネックバンドが高級感ありますし、デザインもいいです。 並べると価格が違うように見えます。同じハウジング、構造だと思いますが、以外に音質は違います。低音がより強く、ゆったり鳴り、高音はfreeよりは弱め。有線ならjvc fx1100に似た感じです(fx1100は高音もしっかり出ます)使い分けできます。操作はfreeのような軽い感じではなく、これもしっかり高級感あります。同じハウジング、イヤピースでも、freeのようにバッテリー、リモコンがないため、耳にしっかりフィットします。どちらを買っても後悔しませんが、音、装着感に好みはありますが、同じ価格で買えるとすれば、私はin-ear wirelessでしょうか。再追記音がよかっただけに余計なことは書かなかったのですが、この機種は1時間半で赤ランプが青ランプに変わり充電完了ですが、3時間しても赤ランプのままでした。問い合わせすると初期不良のため、販売店で交換して下さいと。交換品も同じでしたがそのまま使用し、新たにim in-ear wirelessも購入しましたが、同じ状況でした。問い合わせしましたが回答がないので催促。回答はショールームの製品も青ランプに変わり、私が返品したと思われる製品も青ランプに変わると。充電ケーブルを使用し、アダプターは5vdc、500ma以上と。してますよ。ワイヤレスイヤホン、ヘッドホン20機種所有しています。充電完了すれば全てランプが変わる、または消えます。ゼンハイザーだけが変わりません。私が嘘をついて交換して何の徳がありますか? ゼンハイザーは正当化するために嘘をついて徳があります。hd800、650、598、25、ie800、80を愛用してきた身としては残念です。さようなら。もうゼンハイザーの製品は買うことはありません。. 以前,ゼンハイザーのmomentum in-ear wireless を使っていましたが,こちらを店頭で試してみて買ってしまいました.momentum in-ear wirelessの音もかなり良いですが,さらに上という感じです.好みが分かれるところですが,高温も低温もやや乾いた感じの音で,長時間きいていても飽きません.これはゼンハイザー全体がそうなのだと思います(表現がかなり個人的です). ただ,momentum in-ear wireless は電話発信しやすかった…それだけが残念なところ.充電もmomentum in-ear wireless は10時間で,こちらは6時間ですが,今のとろこ困ったことはないです.結果,音が良いのでこちらを愛用しています.. 使用感について、「 momentum m2 iebt」との違いを中心に書きました。イヤホン部分(ハウジング)は、ネックバンドタイプの「m2 iebt」と同じに見えます。普段、高品質な音を聴いていないので、専門的な音質の違いは、私にはよくわかりません。どちらも、1万円以下のエントリークラスとは別次元の素晴らしい音がすることは確か!ただ何となく違う感じは、イヤーピースの装着感だけかもしれません。製造ロットの違いなのか、形状や大きさは同じなのですが柔らかさが明らかに違います。装着されていたものは、少し硬かったです。このクラスの高品質な音を聴く場合、耳の装着状態が重要だと認識しました。同梱でサイズや形の違うサンプルが付いてましたが、1個ずつなので試してから購入の必要があります。(写真参照)掲載写真とはネックバンドタイプの「m2 iebt」と異なる点は、左右のイヤホン下のケーブル途中にそれぞれ操作部分やバッテリー(?)があるため重量が増して、私の耳では落ちてしまうことが多い。歩いていても緩んできて装着し直しが必要です。イヤーピースが固めだからかもしれません。これは耳の形によって、千差万別でしょうね。操作は3つのボタン。電源オンオフと停止が真ん中のボタンで兼用、両側の2つで音量調節。電源をオンにすると青色の点滅、オフにするときは赤色の点滅になります。同時に英語音声でも教えてくれます。「m2 iet」では同時にバイブレーションがあるのですが、このモデルにはありません。装着していない時は、視覚での確認が必要。イヤホン部分を磁力でくっつけてネックレス状にできるのですが、磁力は弱めで大きく体を振ったりすると外れます。耳の中に入れるものなので強力だと磁力が体に及ぼす影響を考えているのかもしれません。ケーブルの表面がシリコンのような摩擦力がある材質で、服を滑り落ちにくいので落下の心配は少ないです。ケーブルもイヤホン部分から操作部までは「m2 iebt」と同じ、そこからもう片方の部分までは少し太目のケーブルとなってます。写真でケーブルの途中に輪っかが見えますが、この部分で全長の調節が可能。好きな長さに合わせたり、輪っかを利用して落下防止策を考えることもできますね。満充電で6時間使えるとのことですが、毎日充電しているわけでないので、思わぬところで「充電してください!(英語)」と言われます。(笑)充電しながら聴くことができますが、耳からは外れやすくなります。充電用のusbポート、これの蓋はヒンジ式ではないので、長持ちしそう。このあたりは、よく考えられていて、さすがと思いました。自宅使用、又はネックバンドを首に掛けたままでの外出が気にならないなら、「m2 iebt」をお勧め。(おしゃれ感もあります)外出して小さく収納したいなら、この製品の選択かも。聴くことだけに限れば、私は装着感の軽い「m2 iebt」のほうが気に入っています。. 音質と操作感は◎電源onとoffで「power on」「power off」、電池残量低下で「recharge headset」が流れるボタンのクリック感もわかりやすく、操作はしやすいとり回しは△写真をよく見ないとわからないが、バッテリー部(写真右側)がでかい。キー部分(左側)の1. 5倍はある。おもりの部分が耳に近い分、動きにつられるので運動向けには厳しいかと音質はノリを重視する人向けといった感じで、とにかく低音重視。質は良いので音量を上げても気にならない。唯一の欠点は中高音と思われる。サ行は刺さるし、艶があるとは言えないので静かな曲やボーカルメインには向かない気がする。一番残念だったのはキャリングケース。思っていたよりも高級感もあったし、イヤホン以外も入れられそうな大きさで嬉しかったんですが、ファスナー部分に塗装がしてあるらしく何度も開閉しているとこの塗装がポロポロとはがれてきます。。ファスナーの真鍮色がデザインとして合わないから塗装したんでしょうが、使っているうちにはがれるのであれば意味がないです。。キャリングケースがとにかく残念だったので三ツ星にしておきます. 利点と欠点 メリット MM200からの買い替え 高音質と高い遮音性 AAC、AptX LL両対応、BT-W2とセットでiPadなどにも活用 デメリット 今までは数千円のbluetoothイヤホンを何個か使っており、特に問題は感じていないところにこの商品に出会いました。ペアリンクや使い方は全く問題なく、いざ聞いてみると・・・ひとつひとつの音がクリアに聞くことが出来、これが高級ヘッドホンの品質なのかと唸ってしまいました。とはいえ、目隠しをしてどちらがどちらでしょうと言われても気づけ無いくらいの私の耳ですので、あまり信用しない方がいいかもしれません(笑)イヤーパッドによっては、すぐに落ちたりと不満があるのですが、私は一番大きいものを使って押し込むと、全く落ちること無く使えるのが嬉しいです。耳穴にシリコンがはまり込んで落下を防止しているので、4種類のパッドはありがたいです。. 以前からmomentum in-ear […]

Read More

ゼンハイザー(Sennheiser) ゼンハイザー ヘッドホン オープン型 Hd 599【国内正規品】 – 音質は満足.装着感は悪い!!!(帽子Mサイズ適正)

ゼンハイザーのgsx1000というアンプと一緒に購入しましたが、神です。はい、神です。耳で聴くのではなく身体で聴く、といった感じです。私はこの商品に出会ってからこの世界に神がいることを確信しました。. 1.一番気になったのは装着感の悪さ 多くのレビューにhd598,599ともに装着感がとても良いとあるが,,,強烈な側圧の強さに唖然とした.ヘッドバンドの屈伸運動500回でようやく緩くなった.私の頭はmサイズなのだが... イヤーパッドのスポンジが,固い.すごく固い.食器洗いのスポンジのような感じが適切かと思う.ふわふわとはとても言えない.しかし,イヤーパッド自体は大きいので,耳への干渉がほぼ無く,耳が痛くないのは良かった.2.音質 開放型ヘッドホンは初めてだが,音のこもりがないというか,耳元での反射がないような感じだ.また,加工されていない自然な音に感じた.そのためかライブ音源は,まるでその場にいるような感じがして最高に良い.とても満足した.音は外部にだだ漏れだが,室内で聞くなら開放型が最適と感じた.3.デザインはう~ん,携帯性は悪い 見た目は個人的には,チープに感じる.だが,室内で使うつもりなので問題無い.重さは気にならない.本体は折りたためないので,携帯性は非常に悪い.これも室内で使うので問題は無い.総評 多くのレビューで装着感の良さが前面に出ていたが,実際に使ってみて疑問に感じた.私の頭は大きすぎるのか? 開放型のヘッドホンは初めてだったが,密閉型では味わえない音質を感じられて良かった.. 今まで使っていたヘッドホンが長時間使用していると耳が痛くなるのでこの商品を購入しました。耳全体をおおうようになるので耳への負担が少ないと思います。また、音質も繊細ながら今まで聞こえていなかった音も聞こえ大変満足できるものでした。. 2m ショートケーブルと変換アダプターが付属」でしたポータブル音楽プレイヤーをクリアな音質で聴いてみたいという目的ですまたノートpcで音楽を聴く時にも使用しています3mのケーブルを使うと少しですが音質が劣化してるように思えるのでこの機種を選んで正解だったと思います長時間ヘッドフォンを使用すると耳が痛くなると思い込んでいたのですが、このヘッドフォンは付けてることを忘れてしまいそうになるほど快適です. アマゾン限定の598csとゲ―ムゼロからの乗り替えです。598は密閉型でとても良かったのですが開放型も聴いてみたくなり購入。とても良いですね。完全に耳に覆ってくれるので疲れません。低音もよく出ます。この音質、装着感でこのお値段。コスパ最高です。. Sennheiser hd599を購入して2週間程経ち、エージングもある程度進んだと思われるのでレビューを書かせて頂きました。実際にこのヘッドホンで曲を聴きながら今レビューを書いている(笑)まず総評はとても良い。私的にはとても満足出来る製品だと感じた。ヘッドホンに興味があり、少し良い製品が欲しいと思っている方には是非ともオススメしたい。まず全体的にこの価格の割に音の再現性がとても高い。コスパ最強全体的にとてもクリアで透明感があり落ち着いた音に再現されていて、かつ臨場感も感じとれる。曲によっては目を瞑りながら聴くとライブ会場にいるような感覚になると言っても大袈裟では無いくらいだ。高音域はとても透き通るような音でドラムなどの繊細な音もしっかりと再現されている。低音域は比較的良く鳴る方だとお思う。だからと言って強調し過ぎる低音でドンシャリな訳では無く、非常にバランスを取れた音で聴き疲れない上品な音で聴いていて非常に気持ちが良い。中音域は高音と低音に負けるわけでも無く、透明感がある声でしっかりと男女問わずボーカルの歌声を楽しませてくれる。例えるとトヨタ的なヘッドホンだと感じた。もちろんその中にも上記で述べたように他社には真似出来ないようなゼンハイザー の良さもしっかりと組み込まれている。高音域、中音域、低音域全てがバランスよくとても良くセッティングされた良い音だと思う。男女のシンガー問わずアイドルや洋楽からクラシックまで様々なジャンルの音楽を楽しませてくれる。ただロックもクリアーで透明感があり、比較的落ち着いた音に仕上げてくるので、そこに関しては好き嫌いが分かれそうだ。順のロック好きには向いていないかもしれないというのが率直な印象。(笑)私的にはこのクリアーで透明感あるロックもありだと思う。遮音性などに関してはほぼ無いと言って良いだろう。外の音も聞こえるし、音漏れもかなり激しい。言い換えればだからこそ、このライブ会場にいるようなクリアで自然な空気感を感じとれる程の音を再現出来ているのかも知れない。エージングは人により意見が様々だかこのヘッドホンに関しては効果があると思う。初期の頃よりもよりクリアな音になり、低音もさらに奥深さのある音になった気がする。専用の音源など準備せずとも今まで聞いていた曲をそのままただ聴いているだけで良い。自然とエージングがされ聴くたびに音の良さに感動出来るだろう。恐らく毎日家に帰ってから音楽を聴くのが楽しみになると思う。音楽は芸術だ。皆さんもこのヘッドホンで芸術の一部を一緒に楽しみませんか??本当に今まで買った中で一番おススメするヘッドホンです!!sennheiserさん、amazonさんありがとう!!. 軽くて、疲れません!素人の私には音質も十分です!. 耳にぴったりで優しいです。ゴワゴワせず重くも無く、音も気にっています。. 利点と欠点 メリット 最高のゲーミングヘッドホン 迷ったら買い!!イチ押しヘッドホン くせの無い自然な音質 デメリット このデザインにまず心奪われ、試聴して更に惚れ込み購入しました。試聴環境はwalkman nw-a16に直刺しです。【デザイン】私はこのデザインに一目惚れして買いました。ヘッドホンらしからぬデザインで気に入ってます。【高音の音質】スゥーッと気持ちよく伸びます。かつ耳に刺さる高音は全くないので満足です。【中音の音質】ボーカルが主役の音質です。女性ボーカルは耳元で囁かれてるような感じになり、ライブ感がすごいです。男性ボーカルももちろんいいのですが女性ボーカルがオススメです。特に広瀬香美やzardがピッタシです。【低音の音質】開放型なのにビックリするくらい低音が出てますがタイトで歯切れの良い低音のため、疲れることはほぼ皆無です。運命のルーレット回してなんか流すとベースの音をよく鳴らしてくれます。【フィット感】文句ナシです。オンイヤー型使ったことがあるのですが、おの締め付け具合と耳の痛さを考えるとなんて優しい包み心地なんだろうとただただ感心してしまいます。ただこれから夏になると厳しいでしょうね。まあこれは一般的なヘッドホン全てに言えることですので減点対象ではありません。【外音遮断性】開放型ですので【音漏れ防止】開放型ですので【携帯性】ホームユースなので評価は致しません。【総評】最後までオーディオテクニカのath-ws1100と迷いましたが、試聴して段違いの音質にビックリし、即決しましたし後悔はしていません。ath-ws1100はドンシャリ型で迫力はあるのですが低音で耳が疲れるのと高音の刺さりがキツかったのでやめました。このヘッドホン、30,000の価値はあります。まあこれからどんどん値がこなれていくのでしょうけど(^ω^;);););)エージングは70時間過ぎたところで化けました。それまでは膜1枚挟んだ感じの音質でしたが、エージング後上述のようなきらびやかな音質になりました。きらびやかかつどなたが聴いてもバランスの良いと感じる音質だと思います。特に欠点らしい欠点のないオススメのヘッドホンです。※価格. Comにも同様のレビューを投稿しております。. 休日15時間くらいつけてても耳が痛くならないヘッドホン音質もいいです!fpsで使えます!. 音のキレがとてもよく、輪郭がくっきりした音が聞こえます。装着感も悪くないと思います。. Sonyのmdr-1rからの乗り換えです初めての開放型ヘッドフォンなのですが、すごいですねこれ. 高音が綺麗なのは開放型のイメージからなんとなく想像できていましたが、低音がここまで素晴らしいとは思いませんでした ベースやバスドラムの音が篭らずに突き抜けていくというか、すごく気持ちのいい響き方をします 良い意味で裏切られた気分ですね笑ただ開放型ゆえに遮音性はほとんどないので、屋外や家の窓を開けた状態でのリスニングはお勧めしません(外の環境音がけっこう耳に入ってきます) まあ承知の上で購入したので評価のマイナスにはなりませんけどもあと、エイジング(特別なことはせず何日か好きな音楽を聴いてるだけでいいと思います)は多少なりとも必要なヘッドフォンだと感じました 買ったばかりの時よりも透き通った音になった気がします 耳が慣れただけかもしれませんが. いろいろ書きましたが、よーするに、おすすめです笑 ぜひ購入を検討してみてください!. 私が無知なのがだめでしたが、ゲームとしてもいいよっていうレビューがあったので買ってみましたが、開放型がこんなに漏れるのかと思いました。。一人でゲームをする方はいいかと思いますが、友達とかとしゃべりながら やる方にはおすすめできません。新しいヘッドホンを探します。二万円の損ですが自分の知識不足もあるので★4で音に関してはいいと思いました。. Hd-598を電気屋で視聴してずっとほしいなと思ってましたが生産停止していました。こちらのほうが新品で安価で音質が変わらないとのことだったので購入しました。音源、再生環境によると思いますが、うちはパソコンとヘッドフォンアンプでの視聴。音源はcdをwaveに取り込んだものをdssにアップコンバートしたものをflacに圧縮したアニソンなどです。音の重なる低音域1000hzぐらいがノイズっぽいですが定位調整などで抜けを良くして綺麗に聴けてます。弦楽器の鳴りと響きの色っぽさを凄い解像度で表現できてると思います。. これを買うまでは二千円ぐらいで買ったイヤホンを使っていたが、室内用に音がいいやつを使ってみたくて購入。 耳がいい方じゃないので音質の違いがわかるか心配だったがその必要は無かった。 音の表現域が広く、今まで聞こえてこなかった音が聞こえてきて新鮮な気持ちで聞いている。. 安物のヘッドホンを使ってましたが素人でも音の違いがはっきりわかるくらいいいものかもしれません。長時間使用しても頭痛も疲れもありませんでした。これからも映画やゲームなどに使用していきたいと思っています。. オープン型は他にakgのq701を所有しています。クールでドライなq701のモニターサウンドも一種の個性であり素晴らしいのですが、流石に近年のハイエンドやフラグシップと比べると大きく水を開けられてしまった気がします。能率が低いので旅先でふとオープン型のサウンドを鳴らしたいときにも使いづらく(そもそも持ち歩くようなモンじゃないですけれど)そんな折、ふらりと立ち寄ったお店でwalkman zx-2に挿してみてびっくり。部屋ではHP-A8にQ701がデフォルト。外ではB&W P7が主だったので、価格的にも出力的にも大きくランクダウンのハズ。なのに一発で騒音環境下でも煌めくような高音に虜になりました。音はオープンらしく横に広がり、柔らかいイヤーパッドは窮屈さを感じさせません。昔試聴した旧598はもう少しだけフラットな印象でしたが、低音の量感が増して感じられることで、リスニング用としては楽しい音に仕上がっています。ただ、ipadに接続してみたらちょっと細すぎる音に・・・好みの差もありますが、能率がよく、どんなプレイヤーでもそれなりに良い音を出してくれるヘッドフォンをお探しならB&WのP7を推します。HD599の新品を買う費用なら、十分にP7の中古が変えますヨ。より高級なHDシリーズはアンプの出力を確保するのも大変(HD800を導入するとなると、むしろdac/アンプの費用が嵩んじゃいますし。そもそも十分に条件が整った時はスピーカーで再生するので)なので、比較的気軽に高音質を味わえるHD599は、私にはベストの選択でした。. 特徴 ゼンハイザー ヘッドホン オープン型 Hd 599【国内正規品】 モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 型式:ダイナミック・開放型 周波数特性:12 ~ 38,500 Hz インピーダンス:50Ω 感度:106dB […]

Read More

ゼンハイザー(Sennheiser) ゼンハイザー ヘッドホン 密閉型 Hd 25 Plus【国内正規品】 – 音の情報量が多い

3000円の値札が付いても不思議ではない小さくてチープな見た目から出る音だとは思えないです。ロックや打ち込み音楽にはこれしか無いと思わせるほど相性抜群の音を鳴らします。解像度はモニターの割に高くないですし(低くはない)、音場もわりと狭めです。細かいことを抜きにして純粋に音楽を楽しめるヘッドホンだと思いました。音の傾向は低音寄りのフラットです。耳に痛い音を出さない高音と音圧が強く埋もれる程ではない低音がノリが良いヘッドホンだと呼ばれる理由ですかね?わりと幅広く鳴らしてくれるので音楽ジャンルを選ばない印象です。25年以上生産されている定番モデルだけあって交換パーツが豊富に出ているので安心感がありますね。装着感は正直良くはないですね。側圧が強烈でメガネ着用だとツルが押し付けられて1時間ほどで耳が痛くなります。. いつも開放型のヘッドホンakgのq701を愛用しており、そろそろ密閉型にも手を出したいなと考えた時に、お手頃価格になっているhd25を発見し購入。見た目はq701に比べてかなり小さく、安っぽい感じがし、本当にいい音出るのか不安になりました。しかし!音はとてもよく少しドンシャリが強いかな?って感じですが、しっかりと音は出ています。また、開放型では味わえない重圧な低音を感じることができ、とても音に関しては申し分ないです。【pcからfostexのhp-a3を付けての試聴】でも、1つ欠点を挙げるなら、他の人のレビューでも見かける装着感です。しっかりホールド過ぎて自分はですが、頬骨の辺りが数十分付けてるだけで、痛くてつけてられなくなり、外した後もなんか違和感感じています。誰かいい感じに付けられる方法を教えてもらいたいです。音が良いので5をつけたいところですが、やはり長時間聞くのに耐えられないため、装着感改善するまでは4の評価で今回はしておきます。. ずうっと前から検討していたのですが、思い切って買ってみました。若干クセのある音なのかもしれませんが、録音の良いところ、ウィークポイントを正直に表現してくれるという印象です。まだ買ったばかりのせいか、高音が少しキツイです。耳が痛いとか刺さるという感じではないので、使っていくうちに収まっていくかもしれません。リスニング用としては好みが分かれるかもしれませんが、この鮮烈な音は一聴の価値ありです。. ネジがバカになっているとの評で製品にケチを付けて☆1の評価を下していますが…写真を見る限りはトルクスネジで、リセスには何の問題も有りませんね。フィリップスだかヘックスだか分かりませんが、かんパパが変なのを突っ込んでこじったせいで片側のリセスを痛めてしまっていますが。これで不良品扱いで交換要求ですか?バカになっていて不良品なのはhd25ではなく、かんパパですよ。名誉毀損ならびに営業妨害で訴えられる前に件のレビューを削除した方が良いんじゃないですかね。. このヘッドホンは締め付けが強めですね長時間だと痛くなる人もいると思いますリケーブル可能なので壊れても直せるから1つ持っていてもいいと思うただ付属のケーブルが長すぎるかなぁって感じですね(^^; iphoneで使っているので邪魔になるかな. 非常に良い商品でした。高音は少し抜けが悪いですが、低音は程よく鳴らしてくれます。装着感も悪くないです。. 音質は良かったです。ただ、プラグの接触が悪く音量が小さくなったりします。. 厚みのある豊かなサウンドに新たな音楽との出会いがより楽しくなる側圧が強めとの評判だったが頭も脳みそも小さい自分には特に痛くは感じなかった、しかしそれでも側圧の強さというのは十分に感じ取れたので頭の大きい人はとても痛いはず. 利点と欠点 メリット DJ用としてもモニター用としても ロングセラーの理由を知りたくて 鮮烈なサウンド! デメリット 普段使いは開放型の同社のhd650、もしくはshureのe4c(古いやつ)を使用しています。本製品と同時購入でよく売れてるイヤーパッド(4000円位の)と換装済み。箱から開けたばかりなのでならし運転中のレビューです。※エージングが何十時間から何百時間なんて信じてはいません。せいぜい2、3時間程度で十分かと。低音がしっかりというのはこの製品の最大のウリっぽいですが、その他の音もバランス良く聞こえ、「鳴らしきってる感」はしっかりと感じます。耳あて部が小さいので圧力が気持ちかかりすぎ、ちょっと耳周りが痛いです。前述の鳴らしきってる感、と書きましたが、自然に耳に入りこんでくる、というよりは、密閉型の特徴とこの製品の味付を活かし、「音圧を利用してヘッドフォンが解像した音を鼓膜に押し込んでくる」ような感覚です。なのでいい音は確かですが、聞き疲れはすると思います。その代わり情報量が多いので、いつも聴いてる楽曲も更に細かい部分まで耳に届けてくれて、臨場感がアップします。すでにお気に入りの開放型を持っていて、セカンドでそこそこの密閉型を探している方には良いんじゃないでしょうか。というか私がそれ。最後に、頭頂部の頭あてが2個に割れますが、それでもちょっと圧を感じます。全体的に小ぶりだから、耳あても頭あてもこのくらいの圧にしないと装着ズレが激しくなっちゃうのか?. 二ヶ月ほど迷いに迷って、死ぬほどヨドバシにいって試聴機を聴き漁りました。こもりきった下品な低音やスッカスカな高音を鳴らすヘッドホンに唾を吐きながら辿り着いたのがhd25です。わかりやすく箇条書きで書きますね。・音モニタリングヘッドホンにありがちな細くてシャリシャリした音ではありません。一切の籠もりなく、太く締まったキレのある低音と、繊細で存在感たっぷりな高音を鳴らしてくれます。音の分離が明確で、どの音域の音も埋もれることはありません。おまけに音漏れもなく、外でも使えます。クラシックなどには不向きかもしれませんがロックやテクノ、edm好きな方には「これしかない!」と言わせられる一品です。・耐久性私はこのヘッドホンをpc、ゲーム、スマホなど幅広く酷使して一年ちょっとですが、全く問題ありません。本体がとても軽く、作りも簡素(悪く言えば安っぽい)なので雑に扱ってもピンピンしています。なによりこのヘッドホンの特徴は、「自分で修理できる」ことです。パーツさえあれば自分でパーツの交換や修理を容易に行なえます。長くお付き合いできる一品といえます。・不満点まず見た目です。とにかく安っぽい。1000円と言われても信じてしまいそうなレベルの見た目です。加えて、最初についているイヤーパッドは固く、最初の側圧が強い時期だと耳が痛くなります。我慢できない方はイヤーパッドの買い替えをオススメします。あと、このヘッドホンに慣れてしまうと、他のヘッドホンでは満足できない体にされてしまうので注意しましょう。. まだ、エイジングが進んでいないので回答に変化があるかもしれませんが良い商品だと思います。. 開放型579の音に感動して密閉型も欲しくなり購入しました選択肢に598csも有ったのですが評判もイマイチの為こちらに着け心地以外は満足のいく品でした後はオヤイデのケーブル&yaxiイヤーパッド変更で更に楽しめそうです普段はポスコア、メタルコア、djent、全般で聴いていますが中低音がガツンとクるんで相性抜群です大好きなerraを気持ち良く聴けました^^. Beats mixrがポッキリ折れてしまい、当機に買い替えて5ヶ月程。トップクラスのdj達も愛用しているので安心して買えた。dj目線でのmixrとの違いでいうと、◯ ケーブルを引っ張っても抜けない△ mixrと比べると面白みのない音(良く言えば着色のないクリア)✕ アームが360度回ってくれないため、嵩張って持ち運びには不便✕ アームが片方しか可動しないといった所。もちろん周りが大音量でもしっかり聞こえる。ただ、上記した通りアーム関係で不満が残る。beatsと違いファッション性は皆無に等しいが、当機の無骨な感じも悪くはない。. ビーツが壊れたので購入しました。それまで低音が強めのバランスが好きだったのですが、hd25は音がきめ細やかに聞こえます。しかも低音も充実して聞こえるのでもっと早く買えばよかったと思いました。クラシックやアンビエントとか聴きたくなる様な、前に聞こえなかった音があったかも!とそんな感じの聴きごごちです。ただし、メガネをかけながらですと1時間もしないうちに頭(特に耳の辺り)がズキズキしてきますのでdvdなど鑑賞するときは注意です。. 到着後早速コードの交換を試みるもネジ山がバカになってて外せない!せっかくプラスの方を選んだのにどう事?この商品はじつは再購入で気に入っています。どうすれば良い?交換してほしい連絡してください. 耐久性が細いけど満足しています。. 2007年に購入して約12年愛用してきました。hd25のおかげでオーディオ沼にどっぷり嵌まり、ヘッドホンイヤホンは20本程度持っていますが、hd25は今でも愛用しています。・頑丈だし修理も簡単・オンリーワンな音質・扱いやすいサイズ・シンプルなデザイン・豊富な社外パーツ・意外と上流の違いがわかる超高域と超低域が出なくてレンジが狭いのは事実。でも大音量でメタルやメロコアを聞けば直線的エネルギーと疾走感こそhd25の本質であり、レンジの狭さは大した問題じゃないと気づくでしょう。(…でも皆さんは耳を大切にしてくださいね). 特徴 ゼンハイザー ヘッドホン 密閉型 Hd 25 Plus【国内正規品】 モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 型式:ダイナミック・密閉型 周波数特性:16 ~ 22,000 Hz インピーダンス:70 Ω 感度:120db ケーブル形状:3.0 m カールコード(右側片出し ) プラグ形状:3.5 mm ステレオミニプラグ( ストレート型 ) […]

Read More

ゼンハイザー(Sennheiser) ゼンハイザー URBANITE XL WIRELESS ワイヤレスヘッドホン 密閉型/Bluetooth対応/aptX/折りたたみ式 URBANITE XL WIRELESS【国内正規品】

イヤーパットが外れやすいのが減点の理由です。 あとは、満足してます。. 今までma900を使用していましたが、プラグが少しイかれてしまったため思い切って当商品を購入。洗練されたデザイン、bluetoothなので煩わしいコードから解放される事、タッチパネルでの操作や、ps4,pc,スマホとストレスフリーで使用できる事、特に遅延などもなく非常に使い勝手がいいと思います。(音質に関してはよくわかりませんが)ただ、私の頭が大きいのか、或いは締め付けが強いのかはわかりませんが、使用していると頭が痛くなります。また、アラウンドイヤー型とのことですが、私の耳が大きいようでイヤーパッドが耳たぶに重なり、耳も痛くなります。眼鏡に多少干渉してしまうことも気になりました。. 何と言ってもコードレスは便利です。bluetoothもここまで進化したのかと驚きの音質で、手放せなくなります。. 友人に勧められて3年くらい前に購入し,1回イヤーパッドを交換しました.皆さんが言っているような,パッド外れはありません.右本体部分がリモコンになっていますが,うまく作動しないことがあります.また,有線のジャックがうまく入りにくいことがあり,何度がやり直したり.それでも★5なのは,音です.主にピアノ音楽を聞いていますが,低音から高音まで,まんべんなく聞き取れると思います.表現があっているか分かりませんが,乾いた感じで柔らかい感じなように思います.他にカナル式を2つ使用していますが,どれも同じように思います.好みですが,色々使ってきて最も長く使っているメーカーです.. Bluetoothでもこのクオリティーはなかなかだと思いましたが、自分には側圧が強すぎるので調教が必要でした。よって星3です。. 音は良いですがイヤーパッドがすぐ取れます。製品不良の類でなく、構造的欠陥です。交換性を重視してパッドにある樹脂製のカバーでヘッドフォンのスピーカー部分を覆うように引っ掛けるようになっているだけなので、ちょっと力を加えるとすぐ取れます。前に使ってたbeats soloは粘着テープでしっかりついてたのでこんなことはありませんでした。改良されることを強く求めます。. Iphone7からイヤホンジャックが無くなってしまったのでklipschのimage oneから乗り換えました。見た目とiphoneの操作対応で選んだ為音質等詳しい事は分からないので、他の部分で気になった事。※店舗が密集する繁華街や大きな駅での、音飛びが半端ないです。※イヤーパッドのタッチパネルは反応する面積が狭いため、誤操作してしまいます。曲の頭だしをしようとしてiphoneでリダイヤルをしてしまったり。※イヤーパッドをヘッドバンドで上から押さえて挟むようなデザインのため、 装着して正面から鏡をみると、ヘッドバンドと顔の間に妙な隙間を感じます。 まるでufoキャッチャーのアームに挟まれてるみたいです。 見た目で買おうとしてる人はまず、正面から装着している人の画像を検索してからの方がいいです。. タッチセンサー搭載で操作がしやすいです。装着感もよく、寝転がって使っても外れにくいです。aptx対応で遅延もなく音質もワイヤレスで比較すれば良い方です。有線ヘッドホンと比べれば音は結構籠もっています。. 長所と短所 利点 ゼンハイザーのワイヤレス iPhone7で使用 満足度高いです。お腹一杯。 欠点 コードが無いだけで、普通のイヤホンとかよりも利便性が圧倒的に良い。タッチセンサーで音量の上げ下げもipodを取り出さずに操作できて便利。ちょっと離れたりしても音切れもありません。満足です。. イヤホンコードがもう少し長ければ良かったが、それ以外は良かった。. 低音と高音のバランスが絶妙だと思います。よくある、低音重視のヘッドフォンだと、音が全体的にこもりがちですが、かなりクリアに聞こえます。モメンタムも持ってますが、こちらより、低音がきいてます。ただ、長時間使用すると、重さを感じます。その為か、耳も少し痛くなったりします。音は非常に、良いですがもう少し軽いと、満点でした。. 前はプリンを使用してましたが、ワイヤレスにしてみたかったのでこの商品を買ってみました。音質はゼンハイザーですから良いと思いますワイヤレス機能も接続してる本体から離れすぎなければ特に途切れたりとかも無いワイヤレス持続時間が長く持つので充電の心配がいりませんただ、兎に角パッドが外れやすい。ということで星、3つです個人的にはプリンの方が好きです. Ie8,80,800を持っていて、hd800と一緒に実物を視聴してきましたが3万円台にしては非常に解像度が高いです。ie8,80以上あると感じました。また、低音がie8,80,800以上に鳴りますので、ゼンハイザー好きな人は絶対満足出来る音だと思いますまた、sonyのbluetoothイヤホン mdr-as600btも持っていますが、こちらはapt-xに対応しているので音質が全然上です。しかも接続が簡単で早いas600btは壁一枚隔てて離れてしまうと聞こえなくなることが多かったですが、こちらは安定して接続されています連続使用可能時間も25時間と丸一日ずっと付けっぱなしにしても大丈夫だし軽く感じる上、側圧をかなり緩めに出来るため頭も痛くなりません非常に便利なので、他のイヤホンよりも活躍できそうです. デザインに惹かれて購入しましたゼンハイザーはhd598を所持してますが、アンプ無しならこちらの方が音質は良く感じます低音が心地良く、中音高音も綺麗に鳴りますaptx対応なので遅延も無く、10m圏内は壁越しでもしっかり鳴りますね着け心地はhd598より若干側圧が強めですが、着けて耳が痛くなる感覚は無いですイヤーパッドも598と似た様な感触で心地良いです半日着けてても疲れは無いですねただ一つ気になる点はヘッドバンドがデニム地なので汚れたら染みになりますそれも味、と捉えるかデメリットと捉えるかは人によると思います. 自分が思っていたより 良かったので、大満足です。難を言えば、使い始めの頃に1時間程試聴していると勝手に途切れてた時があった事が気になるけど今は、嘘みたいに良い音で鳴っている。. ワイヤレスヘッドホンが欲しくて買いました。サイズは女性には大きすぎる気がしますが、私はサイズに関しては不満はありません。バッテリーのもちも気になったことはありません。音質は言わずもがな。有線と比べるのは失礼でしょう。ただ、イヤーパフがすごい外れやすいです。こればかしは困った。仕方ないのでしょうか?. 単純に音質、付け心地共に良いです。有線のアーバナイトそのままでした。接続に不具合があり本来なら星を減らすところですが、ゼンハイザーの対応が素晴らしかったので減らしていません。初期不良は、どの製品・メーカーにおいても必ず存在します。特にこういう商品は、保証がしっかりしていて、なおかつ柔軟な対応が出来るメーカーが安心だと思いました。. の特徴 ゼンハイザー URBANITE XL WIRELESS ワイヤレスヘッドホン 密閉型/Bluetooth対応/aptX/折りたたみ式 URBANITE XL WIRELESS【国内正規品】 モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 保証期間 : 2年間 付属品 : キャリングケース、ユニバーサルケーブル、充電用USBケーブル 型式 : ダイナミック・密閉型 周波数特性 : 16~22,000Hz インピーダンス : 18Ω […]

Read More

ゼンハイザー(Sennheiser) 【Amazon – 頭頂部が痛すぎて無理

サイバーマンデーセールで13400円で購入した。この値段ならとてつもなくお買得な商品だ。ゼンハイザー品質で bluetooth ノイズキャンセルだもの。. Bluetooth、ノイズキャンセリングの全部入り。ノイズキャンセリングの効き目は自然な感じ。効いてないようで、実は効いてる。音質は、クラシック向き。これまでゼンハイザーpx210bt、akg y45btを使ってきた。音質は、鮮度の良いakgの方が好み。ただしオンイヤーでメガネのツルが押されて、痛かったのがakgの問題点。ゼンハイザーは、px210bt同様、落ち着いた音質。bluetoothのキーンという高周波音が減って、音楽に集中できる。オーバーイヤーで遮音性も快適性も良いが、夏の暑さに耐えられるかどうか?. ———–追記———–・慣らした後慣らしを10時間ほどの短時間ではありますが行いました。その結果、中音域の定位・音場が分かるようになってきました。・公式アプリについてcaptuneというアプリですが、sdカードの再生ができなかったため普段使いはできなさそうです。soundcheckという機能があり、実際に再生されている音に対して自動的にeqがかけられてその音が好きか嫌いかで自動的に自分に合ったeqラインを設定してくれる機能です。こちらについてはなかなかいい感じでした。設定されたラインを別のアプリのeqで設定して使っていますが聞きやすい音になりました。————————-以下ノイズキャンセリングをncと表記しています。タイトル通りですが、前提として充電しながら使えるということです。また、充電中でもncを入り切りできます。当方はpcで充電しているのですが音源と電源が同じ場合は充電するときの電源側からノイズが乗ります。pcだからかすさまじいノイズが聞こえました。まだノイズといえるレベルなので再生すれば聞こえないですが、音源によると思います。以下はソニーのmdr-7506、wh-1000xm2、boseのquietcomfort 35を比較対象としています。主な使用用途・移動中に走行音等を気にせずに聞きたいため。音質について・普段はソニーのmdr-7506を使っています。これ、モニターヘッドホンです(笑)やっぱり、定位・音場がしっかりあることや解像度が高いので、きめ細かい音まで意識してしまいます。また周波数特性はできるだけ平均になるように作られています。これに似た音の物がないかと探したところ、これに行きつきました。音質的にはmdr-7506に似たり寄ったりですが一歩及ばぬといったところです。具体的には低音域強い、高音域の伸びが足らず、定位がはっきりしない、中音域は埋もれずによく聞こえる、と言ってところです。それにしても音はmdr-7506によく似ています。ncオンオフ時の音の差が大きいです。ncオフにすると高音域の伸びはよくなります。nc性能について・sonyやboseのほうがより強く掛かって静寂になります。逆に言うと自然な感じにncしてくれます。長時間つけていてもストレスになりにくいように感じます。装着感について・軽いと思います。パッド類がすごいもちもちしている素材なので将来べたつかないか心配です。肌触りはすごくいいですし。側圧は若干強めです。操作について・ボタン類は軽い力で押せるので操作しやすいです。マルチファンクションボタンがあるのはありがたいです。その他キャンリングケースは安っぽいものですので期待なさらずに。総合的評価最近は低音域を出そうと頑張っていますが自然な音(作曲者の意図、考え)を聞かせてほしいと私は思っていますので変な味付けをしないヘッドホンということですごく気に入る音でした。またnc機能やbtもあるので利便性が高くいつも持ち歩きたくなるような製品です。購入に至った経緯普段はソニーのmdr-7506を使っています。これ、モニターヘッドホンです(笑)やっぱり、定位・音場がしっかりあることや解像度が高いのできめ細かい音まで意識してしまいます。また周波数特性はできるだけ平均になるように作られています。それを踏まえてネットで調べたところ候補にはソニーのwh-1000xm2やboseのquietcomfort 35があったので早速近所の家電量販店へ行き試聴したところ低音域強すぎという印象を持ちました。そのあとにふらっとゼンハイザーの6万くらいするヘッドホンを試聴したところ普段使っているmdr-7506にそっくりな音だったためにゼンハイザーのncヘッドホンを探したところhd4. 50にたどり着きました。. ノイズキャンセリング 目当てならソニーの方がいいと思いました安く手に入れたいならこれも一つの選択肢だと思います. ヘッドバンドにクッション性がないので、通勤時の1日計2時間弱の利用で頭頂部がかなり痛みます。仕事でもヘッドセットを使用するので、業務に支障が出るほどの痛みでどうしようもなく使用をやめました。ゼンハイザーに問い合わせましたが、こちらの製品用のヘッドバンドクッションはないそうです。ワイヤレスやノイズキャンセリング搭載のヘッドホンを初めて使ったので、その快適性には感動しましたし、気に入っていたのですが、痛みに負けました。残念です。ノイズキャンセリングは通勤時だと周囲の音が聞こえなくて危険ですし、自宅でゆっくり音楽を聴くのに向いているのかもしれませんね。頭の形が合えば…。. Bt接続&nc機能があるちゃんとしたヘッドフォンが欲しいものの、ちゃんとしたのは当然お高いということで二の足を踏みつづけてましたがプライムセールでこちらを発見!ゼンハイザーのbt&ncが、あり得ないお値段で手に入りました!とはいえ機能面が残念だとどうしようもないのですが、そこは必要にして充分な感じです。これまでboseの qc15を使ってましたが比較しても音質はバランスが良く、音は遜色はないです。一方で、nc機能は古いboseの方が少し優秀ですかね…まぁ、ここらへんは好みもあるので。あとは簡易梱包だったり説明書が分かりにくいなど細々としたところでのコストダウンは見受けられますが、なんせ破格な値段でこれだけの製品をゲット出来たので、文句無しで星5つです!. マニアに言わせれば高いうちに入らないと思うけど、jblの廉価版よりいい音でした。心が落ち着きました。bluetoothも接続が簡単です。ボリューム調節がどこか解りません。インターネットで調べると各部の名称が解ります。フィット感もいいです。一万円後半を投資するなら、これをお勧めします。. サイバーマンデーセールでかなりお買い得な価格になっていたので予定外でしたがうっかり購入してしまいました。いつも使用しているヘッドホンは2~3倍の価格帯の有線のもので、それらと比較してレビューになります。bt接続のみで有線接続では使っていません。〇音質もう少し抜けが良ければと思いますが、価格を考慮すると贅沢な要望かなと思います。低域が少し強めでフラットではない印象ですが、音楽を楽しめる音質だと思います。ゼンハイザーの音が好きな方であれば大きな不満は出ないかと思います。〇ノイズキャンセリングboseやsonyと比較するとonの時でも聞こえてくる音は大きいですが個人的にはこちらの方が好みです。boseやsonyも試しましたが、室外で使用する際にノイズキャンセルが効きすぎる印象でかえって不安になりました。この製品はノイズキャンセリングの効きは劣りますが、外部の音が消されすぎて不安になることはないです。駅の構内の放送や人の声はそれなりに聞こえてきますが、電車や車の走行音で音楽を聴く際に邪魔になる部分はカットされている印象です。聞こえてくる音もoffの時の半分くらいには抑えられる感じです。無音の時はそれなりに外部の音が聞こえますが、音楽を再生している時はさほど気になりません。屋外で使用する際の安全性も考慮した絶妙な加減かなと思いました。〇見た目 質感不満はありません。usbケーブルと有線接続用のミニプラグケーブル、キャリングポーチが付属していました。キャリングポーチはクッション性はありませんが、内側にケーブルを収納するメッシュポケットが付いており、必要十分です。本体は黒一色ですが、個人的にはカタログ品のシルバーが入ったものよりもこちらのほうが好みです。高級感はありませんが、チープという印象も無いです。〇機能・操作性などbtの接続に関しては接続先の機器によるところが大きいと思うので割愛しますが途切れるときは途切れます。マルチポイント接続は便利です。本体ボタンに関しては特に不満は無いです。電源のon、offやbtの接続に関しては女性の英語の音声でガイダンスが入ります。付け心地は側圧が若干強めですが本体重量が軽く不快感はありません。ハウジングがオーバーイヤーとしては小さめですので耳の大きな方は長時間つけていると痛くなる可能性はあるかもしれません。細かな気になる箇所はありますが、価格を考慮すればかなり満足しています。. 利点と欠点 メリット 購入一日目のレビュー&追記(長文) 充電中に聞くと電源側からノイズが乗ってきます。 価格を考慮すれば大満足です。 デメリット メガネをかけていますが、全く耳が痛くない!でも、たまに音飛びがする、、、有線化はコツがいるっぽい少しずれると音がこもる。. 音については私のようなそこまで音にこだわりの無い人であれば十分満足いくと思います。何よりよかったのは、デバイスと複数同時接続出来る事です。現在pcとiphoneと同時接続して利用していますが、二つのデバイスからの音を同時に聞く事が出来るので、pcで音楽を聴いている状態でスマホから電話がかかってきてもそのまま受け取り会話することが出来ます(マイクがついています)これが私としては一番満足しました。他にも同じような機能のヘッドフォンはあるでしょうがノイズキャンセル機能もついて1万円前半でこれだけ満足できる商品は少ないのではないのでしょうか。ということでお勧めです。. 手持ちのsound blaster evo zxと比較してみました。使用環境はwindows10にlogitechnlbt-uan04c1bkです。evo zxと比較して全体的にナチュラルな音、低音は非常に弱い。evo zxが耳が振動するほどの低音を出すことが可能なのに対し、hd 4. 50 btncは「低音がある」程度しか感じません。正直これで低音が出ていると言われると苦笑いしか出てきませんよ。高音は問題なく透き通っています。特に褒められる程良いわけではないですが。ノイズ除去は働いてると思います。扇風機でのノイズが「ザーーーー…」となっていたものが電源を入れた瞬間に「サーー……」くらいには変化しましたから。装着感は耳周辺は楽なのですが、締め付けが異常に強すぎて顎骨が圧迫されて口が半開きになり力を入れる羽目になりました。長時間何かに挟んでゆるくなるかどうか試してみましたが中途半端に高品質なせいか緩みませんね…。操作ボタンもすべてが近く似たような突起なのでブラインドで操作するには違いがわかりにくく、ファンクションキーなのか電源なのか音量なのか分かりづらく、ファンクションキーに至ってはスライドしているかどうかの判断もつきません。日常的に点字を使っている人であれば問題ないでしょう。ゲーム用ヘッドセット「evo zx」はゲームやちょっと激しい音楽、hd 4. 50 btncは静かな音楽に向いているようですね。因みにwindows7ではevo zxはまともに動かなかったので、おそらくbluetoothである限りhd 4. 50 btncもwindows7ではあまり上手く動作しないでしょう。. この価格ではお買い得と思います。音質を求めるならばboseの高価なものを購入した方が良いでしょうが、そこまで求めなければ十分かと思います。及第点は付けれるかと。ノイズ除去もそこそこ効いてます。締め付けはキツめで長時間は辛いかも。ポーチは安っぽい。バッテリーの持ちは実際わかりませんが、カタログ値くらい持てば十分かと思います。iphone7で使ってますが、毎回ペアリングさせて接続してます。ボタン長押しして電源投入だけで接続できないのですが、やり方間違ってる?他のイアホンは簡単につながるのに。. 有線イヤホンでゼンハイザーを使用していて、同社の実力は分かっておりましたので、ノイズキャンセリングとワイヤレスが両立した本品を迷わず購入しました。音質はさすがですし、ノイズキャンセリングも程よく効いてくれます。apt-xのみ対応ですので、iphoneとの相性が心配されるかもしれませんが、全く気になりません。もちろんapt-xプレーヤーでしたら更に良いのかもしれませんが、正直よほど敏感聴力の人でない限りそこまで聞き分けられるの?って感じです。コストに見合うだけの実力があると思います。. 本来ならお高いのですが、amazonエディションで格安でした。頭にもフィットして、装着感は良いです。エスカレーターに乗りながら着けたら、ビックリ!エスカレーターの音が消えた‼️沢山のヘッドホンを買ってきましたが、1、2を争う感じです。. ・音質手持ちのakg y50btとsony mdr-1aとの比較になりますが、高音はとてもクリアで中音域はそこそこ低音は弱め(手持ちのヘッドホンが低音強めなのでもしかしたらこれくらいが自然な低音なのかもしれません)のように感じました。音質に関しては自分はそこまで耳が肥えていないので他の方のレビューの方が参考になるかと思います。・使用感他の方も仰られていますが側圧がきつめです。私はメガネを使用しているのもあって1時間以上つけているとメガネのツルの部分が締め付けで痛くなって来ます。私は通勤で使用するくらいなのでそこまで気になりませんが家や室内で長時間使うのはしんどいかもしれません。・ノイズキャンセリング人の声や突発的な音に対してはそこまで機能しませんが継続的に聞こえるような音(空調や人混みのガヤガヤ等)に対してはかなりシャットアウトしてくれます。電車内での使用ですと多少外部の音が聞こえますが音楽をかけてしまえばそれも気になりませんでした。また、これはノイズキャンセリングの仕組み的にしょうがない部分なのですが人によってはノイズキャンセリングをonにすると圧迫感や車酔いのような症状があるようなのでノイズキャンセリング機が初めての方は実店舗等で視聴をしてみた方がいいかもしれません。また他の方が仰っている「動いた際にガチャガチャと音がする」という事象については私の個体に限って言えば確認できませんでした。側圧きつめな点が唯一きになる点ですが、それを踏まえた上で総合的にオススメできるヘッドホンだと思います。. Ipone7にしてから色々bluetoothで繋がるイヤホンを試してきましたが、このゼンハイザーはヘッドフォン型で、頭の大きな私でも余裕でセットでき、締め付けも痛くありませんでした。ノイズキャンセリング機能もついて密閉型でとても音が聞きやすいです。通勤に使用してみましたが、とても快適に過ごせました。. 側圧ちょっと強めです。耳ピッタリ覆うサイズのオーバーイヤーです。できれば一度試着した方がいいですね。有線接続のケーブルは、本体側が2. 5mmの4極プラグで右側片出しです。リモコン付いてません(ヘッドホンのコントロールボタンはbluetooth接続でしか使えません)。プレイヤー側が3. 5mmの3極l型プラグです。1. 4mノイズガードを効かせると、強調されて音が近くなったように聞こえます。騒がしい環境で使うための機能だからか、ノイキャンの影響かわかりませんが。bluetoothはケーブルのストレスから解放されていいですね。ノイズガードもあり出先で快適につかえます。音も十分良いです。ゼンハイザーさんは安心ですね。味があっても変に偏ったのは作らない好きなメーカーです。(同価格帯のmdr-xb950ncにはガッカリしました)いい音なのが一番ですが(私の場合)どうせ出先では集中して音を聞けないので、このヘッドホンのようなスタイルはアリですね。bluetoothノイキャンを色々と、mdr1000x,pxc550,boseの35など高いのも視聴した上で、これを買いましたが一番気に入ってます。. 特徴 【Amazon.co.jp限定】ゼンハイザー ワイヤレス […]

Read More

ゼンハイザー(Sennheiser) ゼンハイザー ワイヤレス Bluetooth 密閉型ヘッドフォン HD 4

アマゾンプライムにて購入しました。当方アイホン7で使用していますが最大音量でも音が若干小さく柔らかく感じられます。視聴時間がたてばまた変化すると思いますが。耳当て部のサイズが大きく外出時の装着は目立ちますけど許せる範囲でないかと思います。不要な方もいらっしゃるかもしれませんがアイホン7での使用を考えるとヘッドセット機能もほしい処です。価格comで最低価格が15000円ちょっとで出品されていましたのでプライムよりも3000円安かったので★3としました。. ゼンハイザーのヘッドホンに興味があり、数ある中でも安かったので購入しました。音が凄く良いです!クリアな音で、今まで使っていたイヤホン、ヘッドホンとは違って微細な音まで聴こえます。空気の振動なども伝わってくる感じです。低音の音圧がよく伝わって、音が分離して聴こえてくるためedmやpopなどをメインに聴く人にぴったりです。コードを繋いでps4に接続してゲームも楽しんでいます。マイクはついていないので、チャットは非対応です。対応周波数帯は普通ですが、それ以上のものがあります。この音で1万円は私には安いと思えます。私的に「音がいい」というのはこのヘッドホンのチューニングのようなものだろうと思いました。パッドの柔らかさも耳の収まり具合も、私には丁度良いです。さすがに4時間ほど着けたりきつくし過ぎていたりすると耳が痛くなりますけど…。パッドの交換品が無く、社外品でも良いので欲しいです。ゼンハイザーのヘッドホン、hd598プリンやhd599、momentum-wireless、hd25が欲しくなってきました。この製品はずっと使うつもりですけど笑. 自分の小遣いで購入したバカですけどこの商品に満足しています。以上. Pros:-good lows, mids and highs for this price point. If you love bass and haven’t used high-end sony or bose headphones before, you’ll be more than happy. I used them here and there under 50% volume and it lasted for a whole month.It provides the battery backup it promises on the package. […]

Read More

ゼンハイザー(Sennheiser) ゼンハイザー AMPERIOR 密閉型ヘッドホン シルバー AMPERIOR 【国内正規品】

んですが、sennheiser adidas originals hd 25 hd25 originalsとイヤー部・ヘッド部の素材が違います。sennheiser adidas originals hd 25 hd25 originalsは何て言うのか知りませんが、フェイクレザーの様な感じですが、この機種は起毛タイプです。自分は、起毛タイプは汚れが気になるので、それだけが少し不満でした。ですが、こちらは高級感もあり、実物を手にした時感激しましたね。音は迫力ある音がします。繊細さも残しつつダイナミックな音を鳴らしてくれます。向いてるジャンルはやっぱりロックとかポップとか現代音楽向きでしょうか。クラシックを聴くには空間感を表現するタイプではないと思います。(クラシックはオーテクって思ってるからかもしれませんが)しかし本当に、見た目良し、ホールド良し、音良しで、購入の損は無いでしょう。. 無骨な見た目からは想像もできない、華やかな音を出してくれますアニソンなど、ノリのいい曲はいっそう煌びやかな音で聞いていて気持ちがよいです日々、音楽から元気を貰っている陽気でノリのいい音楽で気分を盛り上げたいでも、音楽にウン万円もかけたくはないそういう人にピッタリなのがこのアンペリアだと思います普段の音楽をちょっぴりリッチに、自分へのささやかなご褒美に、ぜひ!. こいつを視聴する前は、ビーツが欲しかったのですが文句無しに現金で買いました。 何よりゼンハイザーらしい音の忠実さや解像度、低音から高音まで、ポタアン無しでもその曲を楽しませてくれる友です。 ちなみにステマではなく、冬は耳あてにもなるすぐれものです(夏はイヤホンにしてます). Amperiorのブルーにオヤイデのケーブル、ウォークマンfシリーズに直挿しで使用しています。まず、デザインですが、基本的にhd25の系統を受け継ぎ、皆様がおっしゃる通り安っぽいです(笑)しかし、音楽を聴いているとそんなことはどうでもいいくらい素晴らしい音を奏でます。hd25のイメージが強いためロック一本と思われがちですが、全くそんなことはありません。hd25より中音が出て高音が煌びやかで、よく伸びますので女性ボーカルでも気持ちよく聴けます。また、低音は若干減ったような気がしますが充分すぎます。よっぽど低音が好きでない限りは、ほぼ全てamperiorが勝っていると思います。ウォークマンで聴いていてもamperiorのチューニングが素晴らしいのでイコライザで弄る必要がありません。ipod、ウォークマン直挿しの方には、これがゴールと言っても過言ではない素晴らしいヘッドホンだと思います。. Hd25-1も持っていますが気になっていてタイムセールであったので速攻で購入しました。アルミハウジングのためちょっと重い感じはしますがつけた感じも慣れたhd25シリーズで問題ありません。ベロアのパッドは耳触りも良く良いです。ヘッドのパッドもよくhd25-1にもつけたくなるので別売してもらえないかな?リモコンケーブルと延長ケーブルの両方が付いていますが、延長ケーブルはヒョロヒョロで非常に不安です。hd25-1のケーブルのように丈夫だとは思えないですし、不安なので変えてしましました。音質はhd25-1と似ていますが、こちらの方が高音、中音がきっちり聞こえるような気がします。良い買い物でした。. 低音タイプではなく、高音が綺麗に響くタイプのヘッドフォンだと感じました頭に合わせる時の調整は、ほんの少しだけしにくいですが、気になるほどではないですし、見た目もかっこよくて、最高だと思います!. シュアのse846を昨年末に買って、それまでのse535,se535ltdより細い音が出ると感心してました。だだし、baユニット数が535シリーズで3個,846で4個と増えるに従って、何か女性ボーカルが後ろに下がっていく様な気がしてました。それでも、se846はamazonでも10万円以上するだけあって、ゴリゴリした低音から、澄み切った高音迄本当に凄い音が聞けます。 本当は、クリプッシュの1baユニットのx11の音色が好きで、これが正当進化しないかなと思っていましたが、6回も断線して買い直したので常用にならずシュア派になったので、方向性が間違ってるのは百も承知です。 アナログ時代に、yamahaのB1というパワーアンプ(v-fet)とjbl4343wx(4スピーカー)で完結したはずが、yamahaのアンプを10000版になる迄買い直してて満足出来なくなってたのに似ています。 ちなみに、その頃の常用カートリッジはシュアのv15シリーズでした。音色的には、エラックとかエンパイアのカートリッジが好きだったんですが、シュアの方が丈夫で… 今の旅回りには、クリプッシュだと断線に備え、予備のイヤホンが必要になります。シュアの方が丈夫でse535は一回しか断線していませんし、se535ltdは、リケーブルしたケーブルトラブル以外問題はありません。se846は、まだまだ新品ですから問題は無いはずです。 今年に入って、気紛れにシュアのダイナミック型イヤホンse215 special editionをamazonで購入してみました。と、これが意外に良い音聴かせるのです。さすがに、se846程の広帯域さもダイナミックさもありませんが、音楽を聴かせるのです。 アナログ時代には、外ではゼンハイザーのオープンエア型オンイヤーイヤホンを使ってました。その耳当ては、まるで台所の青いスポンジ、ヘッドバンドはワンパーツのプラスチックを曲げただけ。ヘッドバンドとハウジングは、今のamperiorと同じで、ヘッドバンドの切れ目をハウジングに刺してカチカチと位置を調整するだけと、簡素なものでした。それでも、様々なヘッドホンを聞いてきて、音色だけは今までで一番です。 amperior、これはハウジングがブルーで、パッドが黒のマイクロファイバー素材です。かつてのオープンエア型のゼンハイザーは、スポンジの耳当てがブルーでした。白いプラスチックだったヘッドバンドも、パーツが増えています。 え、何が言いたいかって?ゼンハイザー amperior 密閉型ヘッドホン ブルー amperior blueを買ったら、音楽を聴きなさい。音を聞くんだったら、検診用の聴力計の赤と青のヘッドホンで十分だし、音楽を楽しみたいなら、ゼンハイザー amperiorで充分だということ。 久しぶりに電車の中で音楽を聴きました。予備も買い足してますが、アマゾンには中古しかなく、それでも買いましたが、今日届いたのは欠品品で予備の新品買ってて良かったと(-. Philipsのfidelio l2bo を購入して、中域の張りのなさにガッカリ。(レビュー済)頭に来た勢いで、こちらの商品を購入です。音場はそれほど広くないです。ほぼフラットな音質で力強いスネア、ボーカル、ギター! 満足しました。ただ、それでもイコライザで中域をほんの少~し強調する必要があったのと、音場でマイナス1。ポータブルとして屋外で聴くのなら、低音の体感が減る分、このままのバランスで良いのかもしれません。充分満足できる商品でした。. 長所と短所 利点 華やかな音! 高音ヘッドフォン 満足のいく音質。 欠点 いままでヘッドホンの使用はノイズキャンセリングのmdr-nc600dのみでしたが、一年前から入門モニターイヤホンを買いオーディオ沼へ入りました。オーディオ歴が長くないのでレビューとして至らないところありますがよろしくお願いします。<環境>iphone→pha-1→amperior        又はimac→pha-1→amperior総合的再生時間数 30時間<音>アルミハウジングのおかげか、高音がよく伸びきれいな音が出ます。私の場合女性ボーカルの曲をよく再生しますので気に入ってます。また管楽器等を使用した曲につきましても管楽器の音が高く再現されていると思います。しかし管楽器はよく鳴らされていますが、弦楽器や打楽器の低音についてはやや弱いと思います。ですが低温もそこそこなりますのでフュージョン等の音楽も楽しめるかと思います。<装着>これは少し圧迫感があると言えます。私はメガネをかけていますのでこの部分については不満点ですが、イヤーパッドをhd25-Ⅱシリーズのものに換装し変える事によって軽減との記事もありますので改善可能だと思います。ヘッドアームは2つに分裂しすごくフィット感が有りますのでgood!<デザイン>ゼンハイザーのhd25シリーズならではのデザインでgoodです。私はブルーを使用していますがブラックとブルーが相まってマッチしています。<携帯性>これについてポータブルとしては折りたためないので如何なものかという声もありますが、私は首にかけても軽いので良しとしています。<遮音性>遮音性についてはオンイヤーヘッドホンとして標準的です。<音漏れ>これはアルミハウジングならではでそこそこ漏れます。私は外で大きい音で音楽を聞かないので困ってはいませんが、この点は人にもよるかと…<総括>非常に高解像度で女性ボーカルが響くヘッドホンです。ノリよく聞けるので音楽聴くのが楽しくなります。おすすめです。. 評判通りの確かな音です。素晴らしいと思います。ただ側圧も評判通りの強さで、特に眼鏡使用者には辛いです。そのうちに何とかなるといいかな。. 自分好みの再生音がするポータブル用途のヘッドホンを探していた所で、試聴してみての購入です。同時期に発売が開始されているmomentumとの比較試聴をしたのですが、momentum側はかなり使い込みが必要とみて、こちらを選択。箱開け時のmomentumは中低域は悪くないのに高域が伸びきらない。これに対して、amperiorの全帯域にわたる再生能力はエージングが必要なのか?と思わずにいられない程、最初から良く鳴ってくれます。rsaのp51アンプで聞いたみたいに音場は近いんですが、違和感はありません。ライブ録音など聴くとその臨場感のある再生音に圧倒されます。低域ばかりが強いどこぞのヘッドホンとは訳が違いますね。ポータブル用途のヘッドホンとしては、個人的には最大評価をしています。この製品の悪いところと言えば、近くで見ると安っぽさが半端ないんですね。遠目には恰好良いのに近くに寄るとあまりのしょぼさにがっくり。折角、ハウジングがアルミなのにヘッドバンド調整部分が凄くちゃっちい。左右のハウジングに突き刺さるような恰好のケーブルも高級機の感じが全くしません。例えば左右を判別するための右の赤色のケーブル。その辺の500円もしないラインケーブルを買ってきて突っ込みました感が大有り。スタイルをボロ糞にこき下ろすようですが、そうなんだから仕方がない。ただ、これが軍用っぽく使うシチュエーションというか、軍用品と考えれば、俄然株が上がります。まさに軍系の汎用機っぽさがにじみ出て、ベレー帽でも被ってこいつ付け、トークスイッチ付のマイクでも片手にすると、もう気分は通信兵。ああやっぱり、質実剛健のドイツ製なんだなと考えさせられる逸品ですね。. 今までイヤホンを多用してきた私ですが、今回初めてヘッドホンの購入に踏み切りました。フランクフルト空港で乗り継ぎ待ちの時間を費やすために、ゼンハイザーのお店に足を運んだのがきっかけ。店員のおじさんに良いヘッドホンはないかと訪ねたところ、このヘッドホンを紹介されました。耳のせタイプでは最高峰だと言われて早速視聴。そこでは買いませんでしたが、我慢できずに到着先のオーディオショップで即購入。それほど第一印象の良いヘッドホンでした。<音>まずは高音。非常に伸びやかで解像度も高いと感じました。ボーカルも中央付近で安定しています。刺さる一歩手前くらいの解像度ですばらしいチューニングだと思います。そこからさらに驚かされたのが低音です。非常に迫力のある、それでいてボワッとしていない、引き締まった低温を奏でてくれます。高音同様解像度が高く、おなかに響くような低音までしっかりと表現されていると思います。私自身低音に対するこだわりの用なものをイヤホン仕様時から持っていますので、この点大満足です!総合的に見てかなり完成度の高い音質ではないでしょうか。エージングをしていない開封時からこれだけ鳴ってくれるのは驚きです。ドイツ人のおじさんが良いと言っていたから当然かもしれませんが(笑)dap直刺しでも全く問題なく、臨場感のある音をたのしめます。ほとんどのジャンルで楽しめると思いますが、クラシックは他ジャンルと比較するとやや苦手かな?<デザイン>アルミのハウジングがヒンヤリと冷たくて何とも言えない高級感を出しています。ヘッドバンドの一部など、プラスチック丸出しな部分もあるので、その辺は少し残念に思います。しかしハウジングアルミ化による重量増(hd25-1:2比較)を考えると、それも仕方ないと感じます。気になる方は購入前にお店で一度確認する事をお勧めします。apple製品で使用できるリモートコントローラ付き延長ケーブルもついてきますので、ipod, iphone使用者にはありがたい。<装着感>側圧がちょうどいいと感じます。耳にあたる部分も毛の短いスエード?の用な触り心地。柔らかくてつけ心地はなかなかだと思います。また、ヘッドバンド部を二つに分ける事ができるので、安定しており、頭への負担も少ないと思います。まだ超長時間の使用はしていませんが、こちらも試してみて追記に加えたいと思います。<携帯性>折りたたみ機能はありませんが、全体的にコンパクトにまとまっているので、家でも外でもおしゃれに使えるのではないでしょうか。鞄によっては持ち歩くのが大変かも?<遮音性/音漏れ>遮音性はかなり高いと思います。テレビの音、通行人の話し声レベルの音ならばほとんど遮断できると思います。音漏れは、通常の場所であればほとんど心配する必要はないと思います。ですが、静かな場所(図書館とか)では少し気になるかもしれません。シーンとしている場面では注意が必要です。<まとめ>いろいろ書いてみましたが、満足度は文句なしの5つ星!みなさんにも是非視聴してほしい、おすすめの一品です。. 今までイヤホンばかり使っていたのですが、耳への負担を減らすためにヘッドホンを検討、というしょうもない理由でヘッドホンを探していました。店頭で色々と試聴はしてみたのですがイマイチよいものに巡り会えず、アマゾンのレビューを見て価格とレビューのバランスのよいもの、というのでこのゼンハイザーのamperiorを購入しました。(ゼンハイザーをtwitterで教えてもらったのが結構大きな購買動機かも。。。)ということで、まぁ外れはないだろうと思ってあまり期待せずに使っているのですが、予想以上の良さに一気に気に入ってしまいました。(ステマではありません)簡単に気に入った点を挙げてみると:1. 音質がかなり良く、エージングがなくても聴ける程度の音質です。以前買ったイヤホンはどれもエージングしないとまともな音が出ませんでしたが、これは普通に聴ける音が低音から高音まで出てきます。しかも、分解能がよいというのをこれを使って初めて実感しました。私のような貧乏耳でも良さが実感できています。2. ヘッドアームが2つに分かれるので、フィットします。過去に何度かヘッドホンを試してみたのですが、長く続かなかった理由がヘッドアームが浮いてしまうような感覚でした。この2つに分かれる構造による安定感は予想以上に快適です。ただ、側圧が強いので、長時間はどうかよく分かりません。今度長時間移動の出張があるので、試してみたいと思います。密封性がいいので、オフィスで集中したい時に重宝しています。3. […]

Read More

ゼンハイザー(Sennheiser) ゼンハイザー MOMENTUM On-Ear Wireless ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン 密閉型/オンイヤー/NFC・Bluetooth対応/aptX/折りたたみ式 アイボリー M2 OEBT IVORY【国内正規品】 – NC弱め=圧迫感無し=快適

音がとても自然で繊細な音がします。 オンイヤータイプなの長時間では耳たぶが痛くなりますがもう少し大きめのタイプがよかったとも思いますが移動の時の一時間ほどの使用では気になりません。 このヘッドホンをかってから バイオリンの曲を良く聞くようになりました。. Nc初なので比較対象がないレビューです。電車通勤時の使用感。音質は開封初期は酷すぎてまともに聞けるものじゃなかったですが、エージングである程度音は良くなりましたが一部の音域の異音は治らなかったから仕様なのだろうか・・・ノイズキャンセリングはそこまでとは知っていたけどやっぱり微妙。カナル型よりやや環境音がシャットアウトされてるかなくらいでその割にホワイトノイズはそれなりに出てるのでもどかしい。自動車の音は聞こえて来るし電車の音も気になるくらいには入ってきます。また締め付けがわりと強めなので頭が大きめの人や眼鏡使用者は耳に結構な圧がかかるので気を付けた方がいいかもしれません。通勤で使用してたら頭痛がするようになったので箱に挟んで矯正中です。bluetoothですが手持ちのdapだと電車で座ってる間は安定しますが歩行中だと音が飛ぶことが多いのも不満点。スマホ運用はしていないのでそちらの相性は分かりません。移動用に購入してみたものの不満点が目立つ。追記wh-1000xm2を後日購入したが不満に感じていたnc・ワイヤレス接続安定度・装着感全てあちらの方が上回っていたため移動用目的であれば3000円程度の差なのであちらを購入しておいた方が無難かと思います。. 【 デザイン】かっこいいの一言【 携帯性】とにかく軽い、首にかけてもオシャレ【音質 】とにかく音が良いです。ワイヤレスとは思えません、sonyと迷いましたが、デザイン性でこちらを選択【 音漏れ】それなりに漏れます【 総評】買って大満足、末永く愛用します. お店で聴き比べてゼンハイザーを選びました。他のヘッドホンに比べ、中、高音域が一番クリアに聴こえ好きな音だったので購入しました。ノイズキャンセリングはかなり効いていると思います。デザインもシンプルでオシャレで気に入っています。この値段のヘッドホンは初めてだったのですが、大満足です。気になるところと言えば、耳に乗せるタイプなので慣れるまで少々違和感がありました。慣れてしまえばこっちのもんです。. ブラックかアイボリーか・・ 悩みまくって、結局カジュアルな服に合うアイボリーを選択しました。黒のダウンジャケットとかアウトドアコートに合わせるとすごく良い感じです。側圧は強めですが、使ってるうちにだんだん馴染んできました。でも屋内で使ってると側圧の強さはあいかわらず気になるけど、屋外だとなぜか側圧の強さが気にならなくなります。・・気が散るせいでしょうかね(笑)低音はやや強めです。ただ、これも室内で聞くとそう感じる・・という程度で、外で聞くと低音の強さは心地良く耳に響きます。高中低音がバランス良く鳴って、街の風景と音が上手にミックスされます。momentum on-ear wirelessはアウトドアでの使用を考えて全設計されてるのかな・・。もしかしたら屋内でじっくり聞くタイプのヘッドホンじゃないのかもしれませんね。そんなふうに割り切ってmomentum on-ear wirelessと付き合ってみると楽しさ倍増です。とにかくカッコいい。買って良かったです。. Iphone7に変えてから、hd25にbluetooth受信機を使いつつ誤魔化しておりましたが、連続駆動時間と音に惹かれはじめてのワイヤレスながら購入しました。【主な使用用途】・スマホ(iphone7)とのペアリング→動画や音楽、スマホゲームアプリなど・pcにapt-x対応の送信機を使用し接続→動画や音楽、fpsなどのアクションゲーム【音質】hd25と比較してかなり低音が強いです。スマホ再生時にはアプリも有るので、イコライザを使用する事が可能です。その為音楽に関しては迫力の低音から空気感と湿度のある高音が気持ち良いです。(ヘッドホン本体の設定と言うよりもプレイヤーのイコライザかと思われます)イコライザを使用出来ない環境でも、低音が強めとはいえ慣れてしまえば歯切れが良くもしっとりめなサウンドが、映画からゲームまで楽しめます。【ワイヤレス、ペアリング】bluetooth接続に関しても音声ガイドが分かりやすく、ペアリングがとてもスムーズです。スマホと送信機の行き来をしても簡単に切り替えられる点がかなり楽。また初のワイヤレスでしたがケーブルから解き放たれ、しかも22時間も保つので1日中付けていられるのがかなり快適。(小型のbluetooth受信機は駆動時間8時間とか短い)【ノイズキャンセリング】店頭で視聴はちょくちょくしてたものの、あの独特の圧迫感から避けていました。外遮音性の高いカナルイヤホン等も使用しておりましたが、ケーブルが断線したりと結局ヘッドホンに戻ってしまい、更に地下鉄の騒音が気になり出した為購入に至りました。ノイズキャンセリングの強さはbose等強めの機種には及びませんが、地下鉄で音楽や映画を楽しむ際には不足は感じません。圧迫感もほぼ感じない為、トレードオフかなって感じです。あの地下鉄の金切り音やコンプレッサーの音から解放されて楽になりました。オフィスや自宅で集中したい時などは充分すぎるくらい。【装着感や音漏れ】側圧は強い。長時間付けていると耳が痛くなりますが、ヘッドバンドの調整やイヤーカップの角度次第でかなり側圧はある程度分散可能です。使い込めば緩くなると思うので、あまり気にしておりません。音漏れに関しては、ノイズキャンセリングのおかげと低音の強化のおかげで音量を上げすぎず済むので、オフィスや電車でも気にする事なく使用出来ています。【まとめ】はじめてのワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンでしたが、買ってよかったと思える製品でした。ノイズキャンセリングとワイヤレスの生活が快適で音も良く、ケーブル有りのヘッドホン使い続けていたのは何だったのかと言うレベルです。音だけでなく、地下鉄やオフィスや家での騒音対策にもオススメです。. Sony xperia z5で使用したところ、ガサガサとノイズが入り、z5側の操作や動作(メール着信など)では更に酷いノイズが入るため、ゼンハイザージャパンに相談の上、販売店で別個体に取り替えてもらうも症状変わらず。最初の個体も、店員氏のiphoneやwalkmanでは問題ないため、相性の問題との結論に至りましたが、ネットを検索していると、xperia zシリーズにおけるbluetooth接続時のノイズ対処法が見つかりました。1 「設定」→「bluetooth」→bluetooth機器名横の設定(歯車)→「切断」を選択2 再起動3 「設定」→「機器接続」→「throw」→「throwについて」→「ヘッドホン」を選択4 ペアリングこれで問題が解決したと思ったのですが、頻度は低下すれど現象は治りません。特に電車内では聞くに耐えないノイズや音飛びが発生します。これは、床下にインバータやモータのない車両でも発生します。結果的に、古いwalkmanを引っ張り出して使っています。この組み合わせでは殆ど問題ないため、原因はxperia側でしょう。xperiaユーザーの方はご注意ください。ノイズキャンセル機能は、boseのような強制感はないのですが、聴き疲れしない程度なので個人的には好きです。但し、高速バス車内のような低周波振動には追従できず、むしろ増幅されることがあります。夏場の汗対策や、低音の好みから on ear にしましたが、気に入っています。バッテリーも片道約2時間の通勤で週末の充電だけで済みます。. 主にmac bookで使用していますが、毎回の接続はスムーズです。h8も所有していますがh8は頭頂部の固定が弱く前屈姿勢でズレ落ちそうなので、皿洗いや洗濯干しの活動用にこちらを購入しました。側圧が強めなので、購入前に確認した方が良いと思います。音質は有線のmomentum on-earそのものです。好みになりますが、h8の方がオーディオ的に「いい音」の感動がありました。momentum wirelessの購入と迷いましたが、これから夏場になるためon-earの方を選びました。物理ボタンは使いやすく、バッテリーが長持ち(22h)、そしてバッテリー残量(目安)も音声でわかるので使い勝手は非常に良いです。音質、品質ともにワイヤレスヘッドホンの中では高いレベルにありますが、値段設定もちょっと高いですね。ノイズキャンセルは弱いですが、私はあの圧迫感が嫌いなのでちょうど良い感じです。. 利点と欠点 メリット NC弱め=圧迫感無し=快適 すべてがアウトドア仕様で うんちゃん デメリット 2017年の正月に自分へのご褒美として、どうせ長く使うのだからと思い切って購入しました。今のところの感想は購入して大正解といった感じです。ワイヤレスの音質に不安がありましたが、自分の耳では有線と全く遜色ない高音質で聴けてます。そこまでインパクトのある音ではないですが素直に「綺麗な音」と思える聴き疲れしない音質です。ノイズキャンセリング具合も他社製を試した時の「むーん」みたいな威圧感がなく柔らかな印象です。昔持っていたヘッドホンは小一時間で耳が痛くなりましたが、こちらは装着感も収まりよく、3時間程度では全く問題ありませんでした。ペアリングはpowerボタンを数秒長押しして「pairing」の音声の後、待つだけで自動接続してくれるのであっさり繋がりました。当方、mac、iphone、androidタブレットへ接続しておりますが、どうも同時接続は2台のようです。3台目が繋がらないなぁと思い説明書(hpから日本語版ダウンロード)を見てみると、8台までは記憶してくれて、2台までのデバイスへ接続の自動試行が行われるそうです。にしてもあれです、バッテリーの保ちがいいです。4、5時間聴いても8割くらい残ってます…ってまあ再生時間22時間(3時間充電)なので当たり前なんですが。個人的に勝手に2日おきくらいの充電は必要かと思い込んでいたので、かなり得した気分です。これだけ保つと自分の使い方なら1週間に1度くらい充電すればokです。こと細かに英語音声で知らせてくれるところも何か所有満足度を満たしてくれるものがあります。ボリュームボタンを3回押すことで残り電池容量を音声で知らせてくれます。recharge headset(容充電)below 3 hours play time(再生時間3時間未満)between 3 and 5 hours play time(再生時間3〜5時間)between 5 and 11 hours play time(再生時間5〜11時間)between 11 […]

Read More