IK Multimedia(アイケーマルチメディア) IK Multimedia iLoud Micro Monitor コンパクト・リファレンス・モニター IP-ILOUD-MM-IN【国内正規品】 – Great sound, no regrets

メーカーサイトの周波数特性グラフは本当なのか?と疑いたくなります。(どういう条件で測定したんだろう?)値段や、サイズに比べて、音が大きくてローが下まで伸びているというだけで、これでリバーブの残響成分の設定をするとひどい目にあいます。dtmでミックスダウンには使えません。genericの8010と比較しましたが、お値段はあちらのほうが倍近くし、ローエンドも伸びていません。でも、中低域から最高域までの繋がりは流石に素直で質が良い、それと比べると甘々な特性です。男性ボーカル帯域からシンバルまでの特性は全く当てになりません。edm系でも、808系のロングキックをモニターすると、過大入力せず、パワーアンプもクリップしていないのに、バスレフポートからポート鳴りが「ボリボリ・・・・」とします。このスピーカーの使いみちはliveでのニアーモニターとか位でしょうか。後、これは自分の使用環境によりますが、低域が一番良く届くのはスピーカー面から1. 7m位なので、デスクに置いて近くで低域のバランスを取ると、全然違ったものになります。とは言っても値段と小ささを考えれば品切れは納得できますが、レコーディングのリファレンスには成り得ない音だと思います。それを狙って購入を考えている人は思いとどまったほうが良いと思います。なにせ自分は初期不良かと思ってメーカーに送りつけて調べてもらったくらいですから。《後日談》後日、キャリブレーションソフトウェアで大雑把ですが特性をとってみたので添付します。多少の凸凹は設置場所に左右されるので当然出てきますが、直線性の高い高域特性の落ち方はニアフィールドで測定しているので他の影響要因は少ないと思われこの製品のスペックでしょう。1キロヘルツから2キロヘルツ付近の多きな落ち込みは、設置場所の影響もありますが、低音域ならいざしらずこの辺りの音域でこれだけディップがあるのは、これも製品のスペックでしょう。オーディオインターフェイスの特性を差し引いて考えてもこれではそのままでミキシングには使えないのは当然だったと思います。キャリブレーションで特性はフラットにできても、ボリボリのポート鳴りは取れませんので無理な設計は勘弁してほしいなぁ。。.

Macpro late2013と使ってますが、bluetoothの接続が途切れてしまいます。pc再起動で復活したりしてましたが、最近それも今ひとつです。先日サポートに検品してもらいましたが、問題ないと帰ってきました。再度サポートへ動画を送りましたが、見てもらってないようでこのままスルーされそうな空気です。。。とても残念です。.

モニタースピーカーを探している時に友人から教えてもらい購入。サイズの割にはかなりパワーあり。コンパクトなので、スペースもとらずちょうど良いサイズに満足しています。bluetoothもついているので、意外とこれが便利で使っています。.

ブラックフライデーにて購入。フォルム、音質、申し分ないです。.

よくもまぁこの小さなサイズでここまでの音が出せるスピーカーを作れたものだなぁと感じます。dtm・ミキシングにおいて、どうしても設置スペースが制限される場所であったり、持ち運び用途で使用される方には現在最良の選択なんじゃ無いでしょうか?音質については、やはりボワつくギリギリ手前まで出している低音がやや強すぎるのを感じますが、ここまでのアピール感が無いと売れないから仕方ないかな。「こんなに小さいのにすごいね」ってパッと聴いた視聴の段階で思わせないと中々印象に残り難いですからね。。。個人的にはそこのアピールよりもう少し”フラット”を追求して欲しかったところですが、それでも設計した方々のセンスは非常に高いと思います。細かいところを言うと、低音から中音域の繋がりの不足感や、筐体が小さいから故に出てしまう「無理してる」感は否めませんが、他のモニタースピーカーでは置けない場所、動かせない場所に設置出来る事が大きな強みです。ただ、ちょっときつい言い方ですが、持ち運ぶ予定がなかったり設置スペースがあるなら、あと1〜2万円程足して他のモニターを使われた方が仕事ははかどるかと思います。もちろんクリエイティブな現場においてはmacbook proとこのスピーカーで、スッキリした環境で気持ちよく業務にあたる事も良い事だと思いますし、パソコンのディスプレイの横に圧迫感のあるモニターが鎮座していると爽やかではないので、これはこれで良いかな。発売から数年が経ちますが、bluetoothの規格も上がっている事ですし優秀なチップも出ていますので、そちらのアップデートと筐体の剛性や品質を少し上げて後継機を出して頂ければ、すぐにでも乗り換えますw.

スピーカーに詳しくはないが、小型の割に色々な音が鳴る気がする。質感も悪くなく、性能・ビジュアルともにとてもコスパが高いと思う。.

Pcに接続する小さめのスピーカーを探していて、この製品を見つけました。たいがいのpc用スピーカーはサイズが小さいとチープな音ですが、これは小さなサイズなのに良い音が出ます。机上のスペースが狭くて大きなスピーカーを置けないが、ある程度良い音を聴きたいと思っている方にはおすすめです。価格はそれなりにしますが、価格相応の機能だと思います。.

コンパクトなスピーカーというのは通常、極端な高域や低域は出ないものですが、これはしっかり聞こえる。わかる人にはわかるが808のロングディケイのキックがコンプなしで「ブーン」と聞こえる。数千円の安物から買い替えれば、あまりの音の違いに、しばらくは耳が疲れるかもしれない。コンパクトなモニタースピーカーというと高価なものばかりなのですが、このサイズでこの価格は安い。省スペースを維持しつつ高音質で聞きたい人にはぴったりです。おまけのブルートゥースは音質は普通ですが、スマホでストリーミングを聴く程度なら手軽で十分です。.

利点と欠点

メリット

  • 迫力ある音だが

  • コンパクト

  • 音は良いがホワイトノイズが気になる

デメリット

本当にバランス良く、クリアな音で聴く事が出来ます。これからのスタンダードになり得る位の性能ではないでしょうか?この音質なら上位のmtmも非常に興味があります。bluetoothについては、始めからそんな物で聴く気がないので試していませんが…。ただ1点、何処かのレビューでもありましたが裏面の端子接続部の強度に難があります。接続するコードの重さに耐えられない位弱いので、環境によっては接続するコードを支える工夫が必要です。注意点はそこだけです。.

全く問題なし、安心で、これから利用しようと思います。.

I had come across very positive internet reviews of this product since longer and after (budget related) hesitating for more than a year, finally decided to purchase it. These speakers do showcase very well how innovation has incredibly advanced since, say, 30 years ago. I’m just a “bedroom producer”, doing almost everything on (calibrated) headphones but for final checks, i go and listen to the iloud micro monitors. Since i only need them occasionally, for greater benefit, they are now connected to the family tv in another room. Even the kids stated “whow, this sounds better than in the cinema” because they can now hear much more details than common household tvs do offer. Another benefit is: at my sound checking occasions, i actually come out of my cave, meet the family and everybody listens to my stuff as well 🙂 #winwinwithout a doubt, this is a great product, well made and even though tiny, appears to withstand some rough handling as well.

Dtmモニターとして購入。音質は他のレビューと同じく良好です。気になる点があります。起動時に「キィーン」というモスキート音の様なものが数十秒、私は中年なので高い音域に耳が鈍くなっているのですが、それでもかなり耳ざわりな音です。またボリューム0の状態でも割と大きいノイズ「サー+キーン」があります。個体差があるのか分かりませんが、自宅で小さめの音でモニター使用する場合、やや気になりました。大音量で使用する人には問題ないでしょう。左右を接続するケーブルが太いです。エレクトリックギターのケーブル以上?屋外でのライブ使用を想定しているかも知れませんが、丈夫そうな反面、邪魔に感じる事もあります。追伸2019/3/31一年半使ってみました。起動時のキーン音は相変わらずですが、慣れました。音はやはり価格以上に良いと思います。購入後の不具合ですが、使用後しばらくして片側から音が途切れることがしばしば発生しました。ケーブルが重く、端子部分に負荷がかかりぐらつきが発生したのが関係しているように思います。その不具合は、後日メーカー代理店にて調整してもらい現在は問題なしです。代理店の対応はとても丁寧で良かったです。現在の問題はpcとスピーカーを繋ぐケーブル皮膜が外れてしまったくらい(画像)です。丁寧に使っていたにもかかわらず、国産メーカーと比較し、そのあたりが弱い気がします。.

Ik multimediaの市場ニーズを汲み取る能力とそれを最高の品質で提供する技術力に驚かされました。端的に言えば5万円以下のモニタースピーカーが駆逐されるレベルの音です。ギターアンプにおけるline6等もそうですが、一般ユース市場において古参メーカーは彼等の商品開発力に太刀打ちできるのでしょうか。。。.

音の臨場感・定位ともに文句なしです。サブウーハーで低音は補強しています。通常使用ならサブウーハーはいりません。.

Djミキサーから直で繋いでますが、6畳の部屋では持て余すほどの爆音です。びっくりです。.

置き場がないからコンパクトに作業したい、夜間は少しでも音量を抑えたいそういう人には一番手ごろな製品だと思いますこの程度の低音の見通しがあれば、ヘッドフォンをつけっぱなしにする必要も大分減りそうですb2031と併用していますが、iloudも音量を上げれば十分に気持ちよく作業できますよ出力はニアフィールドとしては十分です.

普段は30wのモニタースピーカーを使っています。アップグレードにとiloud micro monitorを購入致しました。セッティングを決めて、いざ音を鳴らすと、流石は56-bit dsp。綿密に補正された、リニアな音が出ます。しかし疑問点もあります。本当に50wの出力があるかです。ビートの強い曲を、通常自宅スタジオで鳴らすであろう音量で鳴らすと、すぐにクリッピングledが点灯してしまいます。困ったので、メーカーサポートに連絡をしたところ、同等クラスのモニターより表現の幅は広く、通常の録音されたものであれば、問題なく鳴るはずとのこと。セッティングに問題がないので、修理か交換ということでしたが、テレビの音を大きめに鳴らす位ならクリッピングしないので、テレビ用で使うことにしました。普段30wクラスでお使いの方の参考になれば幸いです。.

特徴 IK Multimedia iLoud Micro Monitor コンパクト・リファレンス・モニター Black IP-ILOUD-MM-IN【国内正規品】

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • iLoud MTM / iLoud Micro Monitor ユーザーへメータリングソフトウェア「T-RackS Metering Suite」(124.99ユーロのバリュー)を無償提供!
  • リファレンス用モニター最小クラスの設置面積、持ち運びも容易な軽量でコンパクトな筐体
  • 超高能率のクラスDパワー・アンプ(50W RMS)を搭載
  • ハイエンド・システムにも匹敵するハイ・クォリティなウーファーとツィーターを搭載
  • リスニング用途としてBluetooth接続にも対応

メーカーより

iLoud MTM / iLoud Micro Monitorユーザーに、 T-RackS Metering Suiteを無償で提供開始。

 

リファレンス・モニター・スピーカーと音響解析メーターの組み合わせにより、 聴覚、視覚の両面でミックス、マスターを判断可能に。

2019年8月29日: IK Multimedia(イタリア・モデナ)は、同社のモニター・スピーカーiLoud MTM、iLoudMicro Monitorの購入/登録者に、Mac/PCで使える音響解析メーター・ソフトウェアT-RackS Metering Suiteを無償で提供開始しました。低域から高域までフラットな周波数特性、正確な音像、インパルス応答の速さにより、コンパクトなリファレンス・モニター・スピーカーとして高く評価されているiLoud MTM、iLoud Micro Monitorですが、詳細な特性を視覚的に確認できるT-RackS Metering Suiteと組み合わせることで、あらゆる環境のリスナーに通用するミックス、マスターを素早く、自信を持って仕上げることが可能になります。

■T-RackS Metering Suite T-RackS Metering Suiteは、Mac/PCのスタンド・アローン・アプリケーションおよびAAX/AU/VSTプラグインとして利用可能な、音響解析メーター・ソフトウェアです。放送、ストリーミングを問わず、ラウドネス規準に基づき音量が最適化されることが増えた今日の環境に対応し、T-RackS Metering SuiteにはLUFSラウドネス・メーターも装備されれいます。リファレンスとしてEBU R128、日本の放送局で採用されているARIB TR-B32等が選べる他、Apple Music、Others(主なストリーミング・サービス)にてサウンドチェックON時に適用される参照値も表示できるので、配信、再生時に強制レベル調整の対象となるマスターになっていないか事前に確認可能です。ピーク、RMS、ダイナミック・レンジ・メーターに加え、直感的に聴感ボリュームを把握できるVUメーターも用意されています。スペクトログラム、フェーズ・スコープ、コアレション・メーターなど、問題のある周波数帯域、位相を監視するメーターの他、M/Sメーターもあるので、ステレオ空間に広がりのあるマスター、目の前に迫ってくるようなマスターなど、求めるイメージになっているかを視覚的に確認することもできます。

■iLoud MTM iLoud MTMは、40Hzから24kHzまでフラットな周波数特性、100W RMSのパワーを備えた、コンパクトな高解像度のスタジオ・モニターです。ミッドウーファー + ツイーター + ミッドウーファーを上下左右対称に配置することで、通常の2ウェイ・システムでは不可能なほど高精細で、焦点の合った音像を実現してます。あわせて、高度なDSP技術によるリニアな位相特性、自動音場補正キャリブレーション機能の組み合わせにより、かつて無いほど透明で、自然なサウンドと、正確な音像を実現し、ミックス時の判断が早く、より良い結果につながるよう設計されています。

■iLoud Micro Monitor iLoud Micro Monitorは、サイズを超えた低域から高域まで正確に再生する能力により、多くの作編曲家、プロデューサー、エンジニアに愛用されているコンパクトなスタジオ・リファレンス・モニター・システムです。ウーファー、トゥイーター間のタイム・アラインメントを制御する先進の56-bit DSP、ウーファー、トゥイーターそれぞれを独立したアンプで駆動するバイ・アンプ設計により、リニアな周波数特性を実現しています。

■T-RackS Metering Suiteの提供方法 iLoud MTM、iLoud Micro Monitorに同梱されたカードに記載されたシリアル・ナンバーをIK Multimediaウェブサイトにて登録した方全員に、IK Multimediaユーザー・エリア > My Products(登録製品)ページにて、T-RackS Metering Suiteのダウンロード・リンクおよびオーサライズするためのシリアル・ナンバーが提供されます。

拡大表示

驚くほど透明で明瞭なサウンド

iLoud Micro Monitorで音楽を再生すると、まずはそのサウンドの明瞭さに驚かされることでしょう。その秘密は、内蔵された56-bit DSPによる位相、周波数特性のコントロールにあります。長年に渡るIK Multimediaのフィルター開発において培われた技術を基に、入念にデザインされたクロスオーバーの設定、ウーファー、トゥイーター、それぞれから発せられるサウンドが聴く人の耳に届くタイミングをコントロールするタイムアライメントの処理が、このDSPテクノロジーで実現されています。これまで小さなスペースでは不可能と考えられていた正確な位相、定位と、リニアな周波数特性を実現したのです。

ホワイト・カラーもあります

iLoud Micro Monitorはブラックに加えて、モダンなホワイトもご用意しています。自宅やスタジオにマッチするカラーで、より心地のよいモニタリング環境を。

小規模スタジオに最適な リファレンス・モニター

世界最小クラスのリファレンス・モニターであるiLoud Micro Monitorは、限られた作業空間で、プロの厳しい要求にも応え得る妥協のないモニタリング環境を実現してくれる製品です。

大抵のプロジェクト・スタジオやホーム・スタジオは小規模です。典型的には、42立方メートル以下、床面積12平方メートル(3メートル × 4メートル)以下であることがほとんどです。そのような小さなスペースで音楽制作を行うには、部屋の反響、不自然な低域のレスポンスなどを考慮すると、大きなサイズのモニターよりもコンパクトなサイズのモニターの方が相応しいと言えるでしょう。適切に設計されたスモール・サイズのリファレンス・モニターなら、小規模スタジオで最良のサウンドを提供してくれるのです。

また、スモール・サイズのモニターなら、2つのモニターとリスナーを結ぶ線で正三角形を描くよう、理想的な位置に設置し正確なステレオ音像を得ることが可能です。典型的な例としてはデスクトップ / ラップトップ・コンピュータで作業している時に、大規模な(広い)プロ・スタジオのような「スイート・スポット」でモニタリングすることが可能なのです。

拡大表示

拡大表示

マイク・スタンドにも設置可能

iLoud Micro Monitorは、マイク・スタンド取り付け用のネジ穴(UNC 3/8”-16)を装備しており、最適な位置、高さに設置可能です。標準的なマイク・スタンドがお使いいただけますから、高価な壁面マウント用のオプションなどをご購入いただく必要はありません。

ライン接続だけでなくBluetooth接続にも対応

iLoud Micro Monitorは、併せてお使いいただく機材を選びません。

iLoud Micro Monitorには、RCA、1/8インチ・ステレオ・ミニ端子を装備している他、Bluetooth接続にも対応しています。音楽制作、ビデオの編集などの作業時にはライン接続、日常のリスニング時にはワイヤレス接続と、さまざまなシーンでの使用目的に合わせてお使いいただけます。

ノートPCの最良のパートナー

近年、ノートPCの大幅な処理能力の向上に伴い、自宅でも、スタジオでも、一貫してノートPCで音楽制作を行う方が増えています。

180mm × 135mm × 90mm、ステレオ・ペアでも1.7kgと、機材用のバッグやバックパックなどにも容易に収納して持ち運びできるコンパクトな筐体のiLoud Micro MonitorとハイスペックのノートPCを持ち運ぶ。まるでフル装備のスタジオを持ち運んでいるかのようではありませんか?

購入までの3か月間、レビューしているところがここ以外はほぼないので、小型筐体で低音はどうだろう?とか、小音量でもクリップするとかのレビューをみて相当悩みましたが、デスク上を広く使いたいので思い切って購入しました。懸案事項だった低音は小型でもバリバリ出ていてむしろインシュレーターを噛まさないと輪郭がぼやけてしまうほどでした。音のクリップですが、どこかでオーディオインターフェイスのラインのレベルが合っていない事が原因であると見かけ、私の持っているタスカムUS-336もRCAからだとレベルが合わないそうで、ラインアウトから接続していますがクリップはありません。音量が小さいとのレビューもありましたが、当方の環境では音量を上げていくと私の耳の方が持ちませんでした。狙い通りに高音質かつ机が広く使えとても満足しています。値段が高いので購入までとても不安でしたが大変満足しています。.

素晴らしい!大きい音が好きな人向きです。音質がいい、オーディオインターフェース、とバランスを取るのが難しいでも中田さんも使っているらしいので、お勧めです!.

2017/8使用開始⇒◎グッド・ポイント・楽曲制作の最終チェック用、主に各楽器の音量バランス調整用に最適・パワフルな音量で、豊かな低音までハッキリクッキリとチェック出来る為、短時間でサウンド・クオリティのアップを果たせる。・日常のリスニング用途にも最適当スピーカーを常用し、amazon music unlimited等で世界の最先端の音を聞き続ける習慣が、音楽制作においてベストな結果に繋がる。▼マイナス・ポイント・アクセサリ品の不良品に当たる確率が高い!?acアダプターと共に、スピーカー同士を繋ぐケーブルの品質に問題があり、電源が入らなくなる不具合と、突如音が出なくなる不具合に長期に渡り悩まされる結果となった。しかし、カスタマーサービスの対応は素晴らしく、新たに届いたacアダプター&ケーブルに交換した後は、一切不具合は発生していない。.

セッティングし、余分なベース成分が出ないようにローカットのeqスイッチをポチポチし、いざ音源再生。映画館とかで感じる迫力のある音が出る。それだけで満足しそうだが、肝心な音がどこからどこまで出るのか自分の趣味の範囲でメタルやヒップホップをいろいろ聞き比べてみた。結果、ある特定のベース帯域がお世辞にもしっかり出ているといえなかった。ヘッドホンで聞いているとわかる音でもこのスピーカーからはバスドラムしか鳴っていない様に聞こえてしまう帯域がどうしてもあった。今後これで自分の曲のミックスマスタリングをする上でどうしようか非常に悩む…変にコンパクトさを追い求めず素直にもっと大きい上位スピーカーを買っておけば良かったかと後悔している。808系の超低域を気にする人には向かないでしょう.

デスクトップのモニターとして購入しました。第一印象はまず音がでかい。背面のボリュームが12時だとかなりの爆音です。それから机の上に置いて使う場合は、マニュアルのセッティングに従わないとローが出すぎてぼやけます。また付属のスピーカーケーブルは4ピンのごついものなので、取り回しも少し考える必要ありです。肝心の音質ですが、2ウェイによくあるミッドハイがくっきりキラキラしたワイドレンジな音を想像してると、いい意味で裏切られます。定位とか帯域のバランスはフルレンジに近い感じではないでしょうか。長らくbose m3を使っていたのですが、音の傾向はかなり似ていると思います。基本的にフラット、ローはかなり出てますが、ちゃんと設置すればタイトに鳴ります。解像度は良好で、下手なヘッドフォンよりいろいろ聞き取れます。音圧稼ぎのリミッターの具合なんかもわかりやすく、むりに稼いでる音源はちゃんとそういう音に聞こえます。音量はかなり出ますが、歪みもなく、きれいに大きくなります。bluetoothはやっぱりあまり音はよくありません。寝っ転がってiphoneから流すにはいい感じです。総じてコスパが高い、というかクオリティが高いです。サイズもコンパクトだし。モニター用途以上の魅力があります。.

曲をmixdownする時いつも低域が少々多すぎてheadphoneが欠かせなかった(event20/20)ですが、このスピーカーは素直なmixでどのdeviceで聴いても安定した音質が出せるようになった。音量もかなり出ます。blootooth接続でも思ったほど遅延がないので編集作業もそこそここなせます(cubasis+ipad)。今では外せない製品で、自分的には良い買い物だったと思います。.

従来何十万円もかけて構築したモニターシステムよりも、遥かに見通しの良い音がする。残響用のアンビエントマイクの位置が適切か、メインマイクの高さは十分か、などが手に取るようにわかる。マイクスタンドがそのままスピーカースタンドになるという発想も素晴らしい。.

現場作業での持ち出し用で使ってますが、軽量コンパクトで音が見やすくて便利です。特に、アンプのリミッターが入ってるのはとても助かります。ボーカルなどのモニターの時、聴感上はさほどでもないけど実際は過大入力となってる事が多く、その時にランプが赤色になり分かり易く、さらにそれを越えると自動的に音が切れる(しばらくすると復旧)機能は、通常のPAアンプと同じで機材保護の面でとても助かります。音質としては、構造的なものからか、削ぎ落とした明瞭さではなくて、多少クセのついた感じの音ですが、それを考慮すれば十分モニターとして使えます。.

初期不良品にぶちあたりました。ツイーター部分からしか音が鳴らず即返品交換。そんなこともあるのか、、と。でもメーカー直接連絡ですぐ対応してくれたのでよかったです。交換後は問題なく使えてます。小さいのにかなりパワーあります。.

サポートがダメです、他のコメントにあるように品質に村があるようで購入1週間で音が出なくなりました。販売店も代理店もメーカーサイトでサポート受けてくれということですが一瞬間たっても返事が来ません、途中再度送ってもだめ。流石に気分よくないですよね。高いガチャを引いてゴミを引くそんな気分にさせてくれます。このメーカの機材の購入は考え直した方がいいです。.

手のひらに乗るような小型スピーカーでしたので「これで良い音が鳴るのか?」と半信半疑でしたが物は試しと購入しました。実際に再生してみますと低音不足で中高音が張り出すことなく見事に各帯域のバランスが良く整っていて定位もピタリと安定しています。初めて購入したモニタースピーカーでしたが能力の高さに驚きました。価格も3万円台でしたので尚更です。愛聴盤の”richard chartier”の”incidence”1曲目を再生してみると、地上から湧き出るように深く沈み込む低音や目の前に広大な音の壁が現われ、普段使用しているベイヤーダイナミックのt1で視聴した時とはまた違った意味で緻密な再生音に唸らされました。私は普段b&w 805 diamondとアキュフェーズのセパレートアンプの組み合わせで様々なジャンルの音楽を聞いているのですが、それと比較すると音の解像度や空気感、低音の深みなど及ばないところがあるものの、ブラインドでiloud micro monitorとb&w 805 diamondの両方で同じ音源を再生したならば、すべてb&wに軍配が上がるわけではなくiloud micro monitorで聴きたいと思わせる曲が何曲もありました。価格が何十倍のオーディオシステムを凌駕するほど手軽にして高音質で音楽を楽しませてくれる能力の高さには脱帽しました。今年発売予定のバーチカルツインがどのような音なのか注目したいと思います。私のiloud micro monitorのセッティングですが10畳の部屋で使用していまして、壁から1メートル離れた所にテーブルを設置しiloud micro monitorをカメラ用スタンドを使って耳の高さとツイーターの高さを揃えるのに35cmほど浮かして設置しています。スピーカーの周りには何も置きません。テーブルの上に置いただけでは、角度を調整しても満足する再生音とならなかったためこのようなセッティングにしています。音質についてはいうことはありませんが、不満な点はいくつかあります。1. 電源をオンにしてから聞こえるノイズ音2. バックグラウンドで継続的に聞こえるノイズ音 [特にbluetooth接続時]3. 左右のスピーカーを結ぶケーブルの太さ4. 新品を購入したにも関わらず、本体にスレ傷、汚れが付いていました。また箱の方も潰れていたり裂けていました。結局交換していただいたのですが、交換品も同様に傷がついていましたので検品が完全ではないことは間違い無いと思います。品質管理は日本の製品のように高く無いと言えます。以上の点を改善していただくとありがたいです。.

Dtm用モニタスピーカーとして購入しましたが、音質音量音圧すべてにおいて大満足です。小さくて軽いのでmacとこのスピーカーを持って行けば、バンドメンバー宅で音源ミックスダウンするのにも便利です。普段はtv用、bluetooth接続でのiphone用スピーカーとして大活躍です。.

かつて音楽制作用にkrkのvxt4を所有していましたが、置き場所の問題などから手放してしまい、最近は音楽制作からもやや離れ、boseのm2でもっぱら鑑賞を中心に楽しんでいました。しかしまた音楽熱が再燃し、そろそろきちんとした(でもサイズは小さめな)モニターを買い直したいと思っていた矢先にこの商品に出会いました。ルックス的には、そつなく綺麗にまとまっている感じで、やはり音楽制作用のモニターを構えると制作意欲もそそられますね。音は、すでに各誌のレビューでもあるようにサイズに対して十分すぎるほどのパワーがあります。そもそも、普通の集合住宅レベルでは半分の音量も出せないと思います。付属分のコード類もかなり太くしっかりしていて、信頼感があります。そしてタイトルにも書いたのですが、本機はbluetooth接続に対応しており、それがなんとline入力と同時発音可能なのですね。とっさに用途として思いつきませんが、たとえばpcとipadでの作業を並行していて、どちらかをoffにしなければいけないみたいなストレスと無縁に作業ができる点は大きいと思います。デスクトップ環境で使われることを考慮し、「dsek」といったモードのキャリブレーション機能が用意されている点も感動です。今のところ、まだ完全なチューニングには至っていないのですが…とにかく、時代のニーズをきちんと読んでくれている商品だなと思いました。かなり長く付き合っていける相棒になりそうです。.

小さいからってなめてはいけない!とてもパワフルです。15〜6畳のスペースで聞いていますが、音量はかなり抑え気味。とてもクリアな音質で、もう安物スピーカーには戻れません。bluetoothの接続も大変簡単でした。.

本日届き、windows pc → da310usb → 本機でrca接続して音を出してみましたが、小音からすべて音割れして普通に再生できませんでした。止むを得ず返品としましたが、もし音割れがなかったらレベルの高い再生ができたのでは?と感じられるもので、とても残念です。何か方策があれば再度購入してもよいと思いますが、これまでレビューされてきた方を含めて知ってらっしゃる方おられますか。質問の場所ではないですが、この点はとても大事なことと思い、レビューしてみました。.

音質に関しては他の人もレビューしているように,このサイズ感からは到底信じられないくらい素晴らしいです.高音も低音もバランス良く鳴っているように感じます.ただ一点,気になる所としては,それなりの音量でホワイトノイズが常時発生しているため,曲自体の音量が小さいとホワイトノイズが気になって曲に集中できません.スピーカー内のアンプの問題なのかどうかはわかりませんが,モニタースピーカーとしてホワイトノイズが常時発生しているのは気になります.サポートに問い合わせたところ,「仕様です」という回答が得られたため,今はそういうものだと納得しています.一時期はどうしても気になってしまい,返品も考えましたが,ほかに良さそうなスピーカーが見つからなかったため,しばらくはこのまま様子を見て使いたいと思います.私のように無音時のホワイトノイズが気になる方は別のスピーカーを買ったほうがいいかもしれません..

スピーカーにはあまり詳しくないのですが、この製品はステレオケーブルからの入力、racケーブルからの入力、bluetoothからの入力を同時に再生できます。私は電子ピアノをracケーブル、ipadをステレオケーブルで繋げて練習用に使用しています。とても便利です。.

Bluetoothではつないでいないので、そこは未評価です。音質はこのコンパクトさからは信じられないほど驚くほど良いです。低域から広域までフラットに色付け無く出ます。まるでモニターヘッドホンで聞いているかのようです。dtmなどするなら、絶対オススメです。.

音質に関しては言うことなし、大型のマルチアンプドライブのモニターと比べてもスケール感が若干小さくなる程度で、驚くほどの高音質、boseなんぞと比べるのも阿呆らしいくらい、こういうスピーカーはオーディオ市場にはありません、ご自分の耳で音の良し悪しを判別出来るミュージシャンとかを相手にする楽器の市場でしか商品化されないと言うのも嘆かわしい、iloudも所有していて素晴らしいと思っていましたが、こいつは別格です、普段レビューなど滅多に書きませんがこいつは感動したのでついレビューを書いてしまいました、bluetoothでの接続も他の子供だましのbluetoothスピーカーと比べたら素晴らしいのですが、有線では鳥肌モノです、それにしてもapple推奨のbelkinあたりのケーブルはフラットで優れものですね〜appleさんは判ってらっしゃる!macbook airのイヤホンジャックから機器セットモードでbelkinケーブルだけでパーフェクトバランス、メモリーが8ギガあればもっと良いだろうなあー。唯一欠点があります、ポータブルを謳い文句にしているのに左右のスピーカーをつなぐケーブルが信じられないくらい太い、アンプの電源も送っているのだろうけど持ち運ぶには致命的、他が文句ないくらい素晴らしいのだから、今後是非共改善してほしい所です、出来れば互換性を持たせて、別売してikさんよろしくお願いします。.

確かにこのサイズでこの音が出ることには価値があると思いますが、その価値の比重としては“このサイズで”という部分がとても大きいです。まず全体的に作りが安っぽい。とても。この値段でこのサイズなのにと。新品で箱から出したばかりの状態で、若干汚れがついていたり、マイクスタンド取り付け用のネジ穴が若干曲がっていたりと、作りが雑です。肝心の音は“このサイズ”ながら広がりのある音場で、出すぎなぐらいに下も出ます。しかし、この製品のポテンシャルを発揮するにはそれなりの工夫が必須です。まず、色々なレビューで目にするライン入力時の音割れ。かなりセンシティブなので、入力前の段階で、出力側のレベルを下げる必要があります。出力側が出力レベルの調整が出来ない場合はアッテネーターをかます等の処置が必要。そして可搬性を優先したためかボディが樹脂製でとても軽いので、出すぎるぐらいに出る低音で、ボディが相当振動します。よって、設置環境も割とシビアです。アイソレーション必須。様々な設置環境に対応出来るようにdspで調整は出来るのですが、正直個人的にはあまりいい結果にはならないかと思います。抽象的な表現になりますが、dspくさい音になります。まとめると. ■良い点・サイズが小さく、重量も軽い。そのため可搬性に優れる・サイズが小さいのに低音が出る(全体の解像度もそこそこ見通しが良い)■悪い点・価格の割に作りが雑(お世辞にも品質が高いとは言えない。)・入力や、設置環境にってはポテンシャルを発揮出来ない・この製品の電源を入れたまま出力側の電源を入り切りすると「ボンッ」と音がする上記理由から、個人的にはサイズ優先でなければ、このクラスのモニタースピーカーであればyamahaのmsp3をお勧めします。この製品より、重量もありサイズもアップしますが、同じ3インチクラスのモニタースピーカーで、使いがっても音も上だと思います。.

ネット検索で、「プロがおすすめするスピーカー」という条件で検索したところ、こちらの商品を含めて数種類の商品が出てきました。こちらにしたきっかけは、まずコンパクト。そのコンパクトさに負けない音。さすがはプロがおすすめする商品だ!と思いました。あっ!私、かなりの耳音痴です・・・。追記です。音はよかったです。しかし、よく見たら細かい傷が・・・。箱も外箱の中にまた箱があるのですが、それが普通に破れてる!新品で購入したはずなのに?破れに最初気付かなかったのは、こういう箱だ!という感じの破れだったので気付きませんでした。。。最初に気付いていればよかった・・・。今まで色々と購入してきて、出品者の購入は避けたほうがいいとわかりました。.

Ns-0m時代から「リスナーが聞く環境での検証」という役割を担ってきたのがニアフィールド。ラジカセで鳴らしたらどうなるかな?とかの検証用で、かわいい色のラジカセなども使ってきました。結果、ミキシングの方針を変えた経験者からの意見。音良すぎ。.

ベスト IK Multimedia iLoud Micro Monitor コンパクト・リファレンス・モニター Black IP-ILOUD-MM-IN【国内正規品】 レビュー