Harman Kardon(ハーマンカードン) Akg Q701 ヘッドホン オープン型 ブラック Q701blk 【国内正規品】

【結論】 結論から言うと、非常に素晴らしい音を聴かせてくれる名器だ。 表題に有るとおり、q701は音源の音を非常に素直にあるがままに再生する。 音源の音に何か足したり、引いたりすること無く、そのまま伝えてくれる。 更にq701の素晴らしい所は、長時間聴いていても全く聴き疲れが起きないことである。 音が耳に刺さることは無く心地よく聴く事ができる。 装着感も良好であり(ヘッドバンドのこぶは全く気にならなかった。)、 長時間のリスニングには最適だと思う。 透明感のある心地よい高音については、他のレビューにあるとおり。 低音についても、不足は全く感じなかった。 むしろ、高音・低音のバランスが良く取れていると思う。【比較試聴】 私はq701を購入するにあたり、量販店で試聴を行った。 試聴環境は、walkmanに直挿し(ヘッドフォンアンプ無し)。 q701とath-ad2000xでそれぞれクラシックとpopsの曲を比較して聞いてみた。 q701のヘッドフォンアンプ無しの音は、非常に音が小さく、 walkmanのヴォリュームを最大にしなくてはいけなかった。 クラシックの音は非常に素直で好印象をもったが、 popsの音は、全く楽しくなかった。 比較して、ath-ad2000xである。 こちらは、ヘッドフォンアンプなしでも、十分に音量があった。 クラシックは普通。 ただし、popsの方は、q701より楽しいのである。 原因は、おそらく高音と低音を強調したチューニングだろう。 所謂、「ドンシャリ」だ。 特に、低音部分の強調が大きいと思われる。  popsやrockを聞くなら、「ドンシャリ」も悪くないが、 私は、クラシック用のヘッドフォンを購入するつもりだったので、 迷うことなく、q701を買った。 (クラシックに「ドンシャリ」は不要。)【留意点】 q701を購入するにあたっては、留意点がある。 それは、プレイヤー直挿しでは、q701の能力は半分も発揮させられないということだ。 上記の通り、q701それだけでは、音量が非常に小さくなってしまうこと。 それなりのヘッドフォンアンプが必要だ。 そして、エイジングも必要だ。 最初の数時間でも、かなり音がこなれるが、 気持ちの良い高音を楽しむ為には、100時間ほどかかるのではないだろうか。【聴取システム】 マランツsa8400(cdプレイヤ)⇒ラックスマンp-1u(ヘッドフォンアンプ)⇒q701 私は、このシステムで主にクラシックを聴いている。 当初は、オーディオテクニカのat-ha26dをヘッドフォンアンプにしていたが、 p-1uの評判を聞き、p-1uを購入した。 で、p-1u+q701で聴いてビックリ。 音が非常に艶やかになったのだ。 以前は乾いた音だったのが、しっとりした音、情報量が確実に増えた音になったのだ。 q701の能力を引き出したい、よりいい音で聴きたいと思っている方は、 ヘッドフォンアンプを替えてみることをお勧めする。【q701の適性】 個人的な意見であるが、q701の適性について述べる。 好適性  ・音源   :cd、sacd、ハイレゾ音源などの高音質なもの  ・ジャンル :クラシック、ジャズ等の生楽器を使用したもの  ・アンプ  :高品質なものを使用  非適性  ・音源   :圧縮音源 等の低音質なもの           多重録音されたもの(多重録音の不自然さがq701で聴くと極めて目立つ)  ・ジャンル :pops、rock等の電子楽器を使用 したもの  ・アンプ  :未使用 つまり、walkmanやipodに直挿しでヘッドフォンアンプを使用せず、 圧縮音源、多重録音されたpops、rockを聴くのは、q701には極めてめて向いてないと言える。【もう一度、結論】 音源、プレイヤやアンプの性能を上げれば上げるほど、q701はそれに応えて更にいい音を出してくれる。 良いものは良いままに、良くないものはそれなりに… q701とは、音源の音に何か足したり、引いたりする事をせず、 (低音が不足しているのではなく、「ドンシャリ」なチューニングをしていないだけ) 極めて素直にバランス良く、音を表現してくれるヘッドフォンだ。  音源の音をあるがままに再生する、とはこの事である。 尚、popsやrockを聴くなら、前述ath-ad2000xは悪くないと思う。 ヘッドフォンアンプ無しでも、結構楽しい音が聴けるのではないだろうか。.

よく言われてる低音部分ですが、確かに控えめではあります。ただ、モニタ用としてはそれがかえって邪魔になるので、調度よいバランスに仕上がっていると思いました。重量はやや重め、大きさもそれなりに大きい。また、アンプもしっかりした物を選ばないといけないなど、色々と課題はあるが、それでも買ってよかったと思える品ではないでしょうか?.

一時期、あらぬ方向で有名になり、実力判断が難しいヘッドホンになってしまった、701の亜種。ああ、音質はですね…入力に対して素直な、超優等生ヘッドホンです。低音をブーストすればした分増加しますし、高音も然り。聴く音楽も、好きな音質も絞れてる上級者は、そちらに合ったモノのほうが満足出来ると思います。逆に、音楽は色々なジャンルを聴くし、ゲームにも映画にも使う…そんなマルチロールを探してる人には最適な一品です♪あと、アンプは「絶対に必要」です。ipod系直挿しでも「音量」はギリ確保出来ますが、「音質」は絶対に無理です。この商品に満足出来ない人は、上記の「上級者」か、直挿しor出力のないアンプで聴いている事に由来するものです。環境を整えて聴くなら、これ以上のマルチロールはそう多くないです。1〜2万円代のヘッドホンからワンランク上げたいと考えている方は、一度こちらを経由して、後に特化型に向かってみてはどうでしょう?値段含むマルチロール最高峰です。.

音の纏まりと質は想到以上なのは分かっています。私は昔からakgのマイクやヘッドフォンを使用しています、続に言うakgオタクに成るかもしれませんが?このq701には一つ不満が有りました。それはakgお得意の奇麗で底から責めて来る低域の音でしたがこのq701はそれが足りませんでした。これが良いと思う人達が大半では無いでしょうか。私は高も中も低もすべて欲しいと思いネットで色々と探していましたら、有りました、下記を開いて見てください。”. “改造とまでは行きませんが、費用は0円 元に戻す事も出来ますので、とても簡単に オオッ 低域がビックリしますよ。不満がお有りの方は、お試しあれ 私はもう戻しませんがね、一つ言って起きます保証が受けられなくなります。追記hpを書きましたが、消されてしまいましたので、akg k701/q701を低域を増強するを検索してください。.

かなりかっこいよく、音もいいです。ただ、クッションが少ないかもしれません。人によっては長時間つけると頭が痛くなります。.

素晴らしいです。akg サウンドは逸品です。高音域から中音域は最高に鳴らせて、低音域は必要十分、締まりがあります。classic、jazzを聴きますが最高です。ポップスは宇多田ヒカルを聴きますがボーカルが底なしです。akg フラッグシップモデル、本気の音造りです。.

高音質だが、評判どおり低音がやや弱いか。よく言われる頭バンドのごつごつはあまり気にならない。.

Akgですねって感じの刺さらない、滑らかで抜けのいい高域に、このモデル特有の広いレンジと詳細な低域スピーカーを鳴らせない深夜の友です使い始めはピーキーなので丸一日くらいは鳴らしこんだほうがいいかと思いますオープン型なんで音漏れはそれなりにあります.

長所と短所

利点

  • 愛機です

  • 性能もさることながら

  • 改造済みですが

欠点

購入後3か月でのレビューになります。q701の売りである高音域の表現はすばらしいです。ジャズ、クラシックと非常に高い表現力で、音の分離感も良いです。以前使っていたヘッドホンhd598との比較になりますが、低音域では負けるものの、けして弱いということはなく良いバランスで高音域を妨げることなく鳴っているといった感じです。k701と比べると、低音域が良いバランスになっていると思います。音の輪郭にエッジがかかったような感じでしょうか。レビューにもよく見かける、ヘッドホンバンドのコブ問題ですが、私の場合使っているうちにコブが柔らかくなってきて今では気にすることなく使えています。(1か月ほどで柔らかくなってきました)高音域を求めている方ならとても良いヘッドホンだと思います。.

素晴らしい akg サウンドです。高音域から中音域はクリアに鳴らせて、低音域は必要十分に締まりがあります。classic、jazzを聴きます。素晴らしい音質です。ポップスは、宇多田ヒカルを聴きますがボーカルの伸びが底なしです。再生環境は、60ワット×60ワットのコンポですが、十分に鳴らせてます。ミニコンポでも慣らせると思います。現在、エージング中ですが、音質の良さに驚かされました。さすがに akg フラッグシップモデル、本気の音造りです。.

オーディオに関しては初心者. ?です。通学にはer-4sをつかっているのですが、家庭での使用と思って購入しました。澪ホンことakgの傑作k701がありますが、あちらはケーブルの着脱ができないということで、着脱のできるq701を選びました。(k702という選択もありますね。)ケーブルは3mのものと6mのものがついてきます。音質は、定価59800円も出して買うと「ううん??」と思ってしまうかも。今なら30000円を切っている店がほとんどなのでとても満足できると思います。ipodやwalkmanなどに直挿しで使用すると出力不足で本来のパフォーマンスを発揮出来ていないな. と思われます。アンプを挟んでの使用をおすすめします。オープンエアタイプなのでいつもより大きめの音量でどうぞ。いままで気づかなかった音が聞こえてくるときは感動ものです。特にパーカッションや弦楽器、女声ボーカルの音の輪郭がはっきりとして聴くことがもっと楽しくなると思いますよ。低音に関しては量は感じられませんが、上品に鳴らしてくれるのでボンボコ鳴る低音好きでなければ満足できると思います。※音漏れが凄まじいので、使う場所と時間に注意ですつけ心地 イヤーパットは良好。ヘッドバンドの部分に山型のパッドがついていますが、少しだけ硬めでしょうか. デザイン 質量が軽いのはいいのですが、プラスチックな感じが出ていてカッコ悪いと思う人はいるかもしれません。ほとんどの人は高いお金を出して買っているのでカッコ良く見える補正がかかっているでしょう。このヘッドホンがあるだけで貴方のお部屋はきっと素敵なものになると思います。存在感があります おすすめのヘッドホンです。.

主にpcオーディオで使用しています.視聴環境:pc(usb) ->ud-501(xlr) ->jade casa japan ->q701大事に使っていたのですが左側の内部配線が断線したのを機に修理がてら改造しました.現在はケーブルをオヤイデのhpc-28-2uを2本,コネクタをミニキャノン4pinに付け替えて使用しています.またハウジングにスポンジの吸音材が入っていますが,これを薄いフェルトに交換しました.更にドライバユニットに貼られているシールも剥がしています.(詳細はbass port modで検索)音質はパッドが厚いおかげか音場がとても広く,余程質の悪い音源でない限り籠ったように聞こえることはありません.低域はどちらかと言うと控えめで,ゴリっとした感じではなくズゥーンと言う感じ.ほかの音域を邪魔せず上品に鳴ります.中域は一番得意とする部分で,少し乾いた感じがしますがボーカルがバッチリ前方定位し,とてもリアルで気持ちいい!高域は少しシャリついた感じで粒子感とでも言いましょうか,音の数がとても多く感じます.オーテクと違い聴き疲れしない滑らかな感じです.オーテクと言えばad1000prmを持っていますがq701をカスタムしてからはもう使っていませんw他にベイヤーのt90もありますが,性能では流石にt90のほうが全体的に上です.しかしq701の音場の広さ,聴き疲れしない優しい音は癖になるものがあり,使用頻度は半々,むしろq701で聴いた方が楽しい曲もあります.私が購入した時は並行輸入品で3万円くらいしましたが今では正規品が2万円です.掛かった改造費2000円程度で4万円超のヘッドホンにも劣らない音質になることを考えると,かなりのコストパフォーマンスだと思います..

性能の方は皆様がお書きになっているので割愛させていただきます。一言で言うと、フラットで音が広がる印象を受けました。注意点をあげるとするならば、インピーダンスが高いのでアンプは必須かと思われます。さて、今回私がお伝えしたいのは「アフターサービスの良さ」です。この製品にはハーマンの2年保証がついています。購入から1年6ヶ月、突然右側のスピーカーから音が出なくなってしまい、販売元であるハーマン様に連絡を差し上げたところ、非常に丁寧に対応してくださいました。amazonの納品書と本体パッケージに付属している保証書を郵送したところ、5日程で修理されたものが自宅に届きました。また、ヘッドホンのイヤーパッドの部分もサービスで清掃して下さったようで、感謝の気持ちでいっぱいです。これからはまた音楽漬けの日々になりそうですw.

国内正規品とありますが、amazonの出品者の大半は並行輸入のものを売っているのでしょうかハーマンの保証書なしのものは、国内正規品とは言えないのでは?.

リファレンスヘッドホンが hd650 なアマチュアギタリストです。このヘッドホン、大変良いものなのですが、頭の大きな人はちょっと試着してから購入することをお勧めします。私はshure srh840, dt880, roland rh300 あたりでヘッドバンドを最長に伸ばしてぎりぎり頭が入る人間でして帽子のサイズでいつも困っているのですが、このq701は相当厳しかったです。音は大変気に入ったため、結局ヘッドバンド調節機構の一部を改良(引っかかる部分を切り取った)して使っています。 音はすばらしいですね。akgのヘッドホンは、senn. と比べると低音が出ないと思い込んでいたのですが、これはそんなこともなく、店頭で試聴したときの女性ボーカルのリアルさにやられてしまいました。 音の傾向をhd650と比べるとするなら、hd650の帯域を全体に少し高域側にシフトして、hd650では出せてないような重低音(量は多くないですが)をプラスした音がq701のように思います。音像の高さでいうと、鼻と口の間あたりに音像がくるのがhd650、鼻と目の間あたりにくるのがq701でしょうか。 どちらも基本性能は遜色なくすばらしいもので、あとは好みで選べると思います。私は曲、バンドによってこの二つを(実際にはdt880も加えた3つを)使い分けて楽しんでいます。 皆さんおっしゃるようにヘッドホンアンプは必須かもしれません。q701は ps audio の gcha との相性が非常に良いと思います。お互いの良いところを生かし合って、気持ちよく、明るい音が頭の周りに広がる様子が楽しめます。.

Dtmでのmix用と音楽鑑賞のどっちも使えそうなので購入。アンプがない人は買わない方が良い。直挿しだと全然本来の力を発揮できないと思います。また私は、beldenにリケーブルしましたが、しなくても問題ないです。好みの環境にしてください。弱いといわれてる低音ですが、全然弱くないです。普通に聴き取れますし、問題ないです。密閉型や低音重視のヘッドホンを使っていた方が聴いたらまぁ弱く感じると思いますが開放型でこれだけ出てて弱いってのはないです。高音は素晴らしいと思います。環境によってはmp3を聴くと今までごまかせてた部分が、不満足に感じるかもしれません。wavやflac、ロスレスなどの音源は満足して聴くことができました!すべて100点とは言えませんが、価格を考えると十分です。.

の特徴 Akg Q701 ヘッドホン オープン型 ブラック Q701blk 【国内正規品】

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • メーカー型番 : Q701BLK
  • カラー : ブラック
  • ノイズキャンセリング:非対応
  • サラウンド:非対応
  • 重量:235 g

メーカーより

アメリカを代表する音楽プロデューサー クインシー・ジョーンズとAKGがコラボレーション。 AKGクインシー・ジョーンズ・シグネチャー・ラインの登場です。

レコーディング・スタジオなどで要求される解像度、再現性を高いレベルで実現したリファレンスクラス・ヘッドホンQ701。

リファレンスと呼ぶに相応しい最高峰の音質。

AKG リファレンスヘッドホン「K701」をベースに、オープンエアならではのナチュラルかつ、より洗練されたサウンドで音楽をお楽しみいただけます。

Two-layer(二層)ダイアフラム

1つの層がダイアフラムの動きを最適化し、もう1つの層がダイアフラムの不要な動きをダンピングすることで、入力信号に対し正確なレスポンスと低歪みを実現。

バリモーションシステム(Varimotion System)

ダイアフラムを重低域から超高域までを再生するサウンド・ゾーンと、このサウンド・ゾーンの動きを支えるムーブメント・ゾーンの2つの部分で構成。それぞれに最適な厚みを持たせることで、よりスムーズな動作を実現。

厳選された素材を投入

扁平リボン形状に加工されたボイスコイルを縦長方向に密集させて巻き上げるフラットワイヤーボイスコイルを採用。強力なネオジウム磁気回路と合わせて微小レベルの信号もクリアに再生。周波数レスポンスも拡大させ、超ワイドレンジ再生を実現しています。

快適な装着感を実現

人間工学を考慮してデザインされた“3D-Form”イヤパッドを装備。セルフアジャスト機能付き本革製ヘッドバンドと併せて、長時間のリスニングでも聴き疲れしません。

ケーブルは着脱可能

ケーブルはハウジングの部分で取り外し可能。高純度OFC(無酸素銅)ケーブルの採用により、信号のロスや歪みなどを抑えた純度の高い伝送を可能にします。

入念なる出荷検査を実施

AKG 独自の厳しい品質検査をクリアしたことを証明するシリアルナンバー入り。

Presented by Phile-web

AV/オーディオ/ガジェット情報サイト『Phile-web(ファイル・ウェブ)』(http://www.phileweb.com)による商品レビュー。

Phile-web(ファイル・ウェブ) プロによる商品レビュー

クインシー・ジョーンズとのコラボモデル

iBasso Audio「HDP-R10」と接続して試聴を行ったが、レヴァイン指揮/シカゴ交響楽団『惑星』~「木星」(CDリッピング:44.1kHz/16bit・WAV)では管弦楽器はきめ細やかでハーモニーは緻密に展開。ティンパニの皮のハリも良く、ボディの響きも適度にダンピングが効いている。低域は程よく膨らみ、バランス良く融合。余韻の階調も細やかで奥行き感もナチュラルだ。

ハイレゾ音源として『Pure2-Ultimate Cool Japan Jazz-』~「届かない恋」「夢であるように」(192kHz/24bit・WAV)も聴いてみたが、カウントから臨場感があふれ、ホーンやシンバルはクリアでディティール細やかに描かれる。厚みや定位感もリアルで、ウッドベースやキックドラムは引き締まり良く、輪郭もくっきり。ピアノの存在もリアルでキレ良く余韻はクリア。アンビエントは自然な浮き上がりで響き良く拡散してゆく。ギターのクリーントーンもふくよかに響き、爪弾きのエッジもくっきりとしている。一方ボーカルは鮮度良く浮き立ち、ボトムも肉付きナチュラルで瑞々しくしなやかなタッチでまとめられている。リヴァーブの有機的な響きも見事で空間性を緻密に表現してくれる。

  • このレビューはPhile-web所収記事を短くまとめたものです。記事全文や写真は以下の元記事でご覧いただけます。
  • 元記事:http://www.phileweb.com/review/article/201405/23/1189.html
  • 文:岩井 喬
  • 執筆日:2014年05月23日

最高Akg Q701 ヘッドホン オープン型 ブラック Q701blk 【国内正規品】 レビュー