翔荒牧のレビューとショッピングガイド

最良の選択から毎日の製品レビュー

Category: AVアンプ・AVレシーバー

デノン(Denon) DENON AVレシーバー 5 – 保証について

友達からの依頼で喫茶店で使うため任され代理購入 私は 15年前20万のヤマハavアンプ持っている それを譲ろうとしましたが故障の心配もあり新品検討 安ければ良いと言うことで購入 喫茶店で取付てやりましたが素晴らしい音を奏でてくれました spは昔のシスコン3ウェイ 多くを望まなければ十分ですよ 50年近くオーディオ泥沼 (家買える位使った)既成概念捨て聞いて見るとこれで決まり また最近安いテクニカのヘッドホン聞く機会あり2千円 🈂️行が鋭くなく かと言ってボケた音ではない心地よい音で びっくりしました 高額製品と比べてはいけない これしかないと思って使う事が幸せ 私を含め高齢マニアの方 何かあったら家族は整理大変 シンプルにしましょう 等々 私には考えさせられる今回のアンプでした追記昔のアンプ劣化してるからだと言われそうなので 全部わかったうえで投稿しています短い文章で伝える才能がないのですいません. Onkyoのアンプが壊れたので、評価コメントが良かったので、購入しました。取付配線に時間はかかりましたが、リモコンで操作してみたらなかなか良い音でした。10年くらいはもってほしいです。. オーディオアンプが調子が悪いため購入。avアンプを無理やりオーディオアンプで使ってみる。予想以上にいい音でびっくり。フロントスピーカー diatone ds-2000のみのほうがすっきり、はっきりとしている。多少低音よりな気がする。構成cdプレイヤー sansui cd-α717drプリメインアンプ sansui au-d907x decade<—フロントスピーカー diatone ds-2000サラウンドスピーカー yamaha ns-2000比較用のcd 杏里 16th summer breeze. 音質や操作性その他製品に関しての事は 値段も含め良い物だと思いますが・・購入して なにかと満足してるうちにオーディオへ対する興味が湧いてきて ちょろちょろ調べていくうちにアトモスの知識が入ってしまい 非対応なのが残念な心境です 正直買う時には5ch以上の物を聞くなんてそこまで多くないんじゃないか?→アトモスもまだそこまで必要ないだろうと踏んで 価格の安さで選んだのですが 物が良かったからこその副作用なのかなと 上位クラスに買い替えるのは何年先か分からないけれど 他社製に行く気は無く これの上位クラスを選ぶつもりです . スマフォ,pcの音楽(主にユーチューブ)を大きな音で聞きたくて、安価なアンプを購入しました。一応音楽は大音量で聞くことができて満足しています。価格的に仕方ないですが、曲名等日本語対応していないのが残念でした!一番安価なモデルなのでしかたないですけど. 10年近く前のonkyoのavアンプから買い替え。買い替えた原因は、hdmi端子の規格が古すぎたからとリモコンが壊れ細かい操作ができなくなったことなどなどとりあえず、5. 1環境で問題ない人であれば必要十分すぎる性能があると思います。付属リモコンの作りが簡素ですが、スマホアプリもあるので問題なし。大きさも意外とコンパクトで置き場所にも困りませんでした。何より、hdmi入力が5あるのがよいですね。ps4,ps3,pcx2を繋げてもまだあまりますので. Tvのサラウンドシステムとして使っていますが、以前のマランツと遜色がない程度にいい音を出してくれています。固めの音が好きなのですが、ちゃんと調整すれば期待に答えてくれました。. サブのアンプとして購入買い易い価格ですが、機能的には価格相応ただ単に5. 1ch構成・bluetooth再生が使用目的なら最低限okのレベルかと?スピーカー端子、リモコンも価格相応の造りですね. 利点と欠点 メリット 昔の高額アンプより良いかも 初AVアンプ エフェクトの加工ができないのが残念 デメリット これまで使っていたアンプが、片方音が出ない、ガリが出まくるなどの状態に陥ってしまったことで思い切って買い替えることにしました。ほかにも、サラウンドを実現するために光→5. 1アナログセパレータや後方スピーカー用アンプ、ミキサーやセレクターなど様々な機材を併用していましたが、それらすべてを撤廃してこれ一つになったのは、スペース的にはとてもうれしいことです。さすがにグラフィックイコライザを取り外してしまい、機器上どこにも挿入できないので音作りはできなくなりましたが、空いたスペースにサブウーファーを導入したりするなどで、低音の補填を行いました。※これまではグライコを使ってフロントスピーカーからは重低音再生もばっちりでした。お値段も手ごろですし、アンプ本体としてもかなり軽量です。あまり音作りにこだわらないのでしたら、これは良いものだと思います。. 国際的になったのかどうか知らないが、数か国語の説明書?付ではあるが、昔のような説明書をつけてほしい。20年余りオーデオ機器を買わなかったものにはわからん。全音は音が良いからと信じ切っていたが私の勝手な思い込みだったのか?それとも国際化の影響か?. 主に、apple tv の hdmi 端子 をつなぎ、iphone […]

Read More

ヤマハ(YAMAHA) ヤマハ AVレシーバー 5 – サラウンドシステムのアンプだけ取替え、とっても満足

電源連動の機能はお父さんとしてうれしい機能です。お母さんや子供たちが何も考えず、さらわなくて良いので便利機能です。. スピーカー端子があとひとつ欲しかったけど、値段以上のパフォーマンス。使いやすく、パワフルです。. アンプにtv、hddレコーダー、pc、sp(5. 1ch)つないで使用しています。音場設定も付属のマイクで自動で設定できるので便利です。もちろん細かな設定も任意で出来ます。. 複雑な操作不要で気に入りました。購入後数日で値下がりしたのにはがっくり。. 依然使っていたものがだめになり同じメーカーでさがしました一番安価なものをえらびましたが音量も問題なくいいです. マランツのavアンプの操作系の反応が悪くなったので、困っていました。ちょうど本機が登場したとの記事を見て、買う気になりました。アマゾンでは、2〜4週間の納期とのことでしたので、ゴールデンウイークあたりに配送かと思いましたが、意外にも4月18日に届きました。マランツのアンプでは、スピーカの大きさ位しかセッティング出来なかったのですが、本機は、付属ypao用マイクでセッティングができたので便利です。比較としては、本機の方がサラウンドスピーカが良く鳴っているようで、迫力感が増加しました。また、dspでさまざまなサラウンド効果が設定できるのも良いです。tvは、regza zg2ですが、arcに対応しているため、本機のhdmi出力をtvのhdmi1へ接続設定でtvと本機の電源連動やボリューム連動が出来るのは感動しました。残念な事は、2つあります。一つ目は、hdmiスタンバイスルー機能がついていないようなことです。電源切っていてブルーレイレコーダを中継することができないので、ブルーレイレコーダは、ダイレクトにtvに接続してます。二つ目は、電源連動のサービスコンセントが無い事です。マランツのアンプには、電源連動のサービスコンセントが有ったので、スーパーウーハーの電源を制御してました。仕方が無いので、サンワサプライの電流検出のテーブルタップで、スーパーウーハーの電源を制御しています。. 性能的には不満はありませんでしたが購入後一年半で映像が途切れる、映らない、画面が紫になる等の症状が頻発し使い物になりません。延長保障に入っておくべきだったとは思いますが天下のyamahaの製品がこの程度の耐久性とは予想外でした。以前買った安い中華アンプのほうがよほど長持ちしてるってのはどうなんだ。. 機能的には的には満足です簡単に取り替えられました。星マイナス1は本体が思ったより大きかった為。. 利点と欠点 メリット サラウンドシステムのアンプだけ取替え、とっても満足 まあよい程度 とてもよい。 デメリット あまり余計な機能がついていなく面倒くさくない。avアンプとしてはかなり良い。70w(6オーム)もあれば家では十分です。鳴れせません。バーチャルシネマdspはあまり効果がありません。ストレートデコードがいいです。. 突然、マランツレシーバーから音が鳴らなくなり、代機を検討した結果、ヤマハレシーバーに。レシーバーが壊れるのは始めての経験で、ヤマハなら長年愛用できると信じて購入。最下位機種ではあるが、必要なスペックは全て揃っている。この安さなら、万が一故障しても直ぐに買い直せる。. サラウンドシステムとしてヤマハのavx-s20を使っていましたが、hdmiに対応していないため、アンプだけをrx-v375(b)に変更しました。 ガタイの大きさは予想外でしたが、hdレコーダー2台、ps3、pc、dvdプレーヤーを接続しても、まったく問題なく、hdmiは自動で切り換るので、とても便利です。 特に映画の再生で台詞がくっきり聞き取れるので、重宝しています。dvdプレーヤーだけはhdmi端子が無いので、コアキシャル接続ですが、サラウンド効果は問題なく、以前に比べ配線もすっきりして、助かりました。使っているスピーカーシステムも使っている部屋が狭いので、これ以上高級なものを使う必要も無く、十分迫力のあるサウンドで、映画やミュージックビデオの再生で満足しております。. Pcとtvとps3とxbox360をhdmiで繋いでいます。以前はonkyoのネットワークアンプを使用していましたが、余計な機能が多くて動作もダルでした。この商品はアナログの操作性も大事にしたい私のような者にも満足のいくものです。. 30年以上昔そろえたフルコンポーネントでアンプは4代目の買い替え、以前のレシーバもヤマハだが7年でボリウムスイッチ系が駄目になり今回の買い替え。スイッチを入れてから音がでるまでにカチカチと三回ほど音がするのは気になる、フォノアンプが内臓されてないし(プレーヤー接続のため別途購入)安いからしょうがないか。高級機に買い替え予定。. Fm波が日により受信しないが、いまのところaquos、iphone との連係使用に支障はありません。. 今まで格安のアンプを使っていましたが今まで使っていたアンプが壊れてしまったのでこれを機に買変えました。テレビはpanasonicのvieraを使ってますがvieraリンクでアンプを登録出来ます。tvの電源連動やtvの外部接続切り替えで自動的にアンプが切り変わってくれるようになって感動しました。イコライザの設定も出来て音質もかなり向上しました。それとypaoは中々便利で、自動でスピーカーの設定をしてくれるのでカナリ楽です。4kの入力も対応しているので長く使えると思います。購入して良かったです!. 特徴 ヤマハ AVレシーバー 5.1ch ブラック RX-V375(B) モデル番号を入力してください これが適合するか確認: メーカー型番 : RX-V375B 外形寸法(幅×高さ×奥行) : 435W×151H×315Dmm 質量 : 7.5kg 定格出力 : 〔20Hz-20kHz、2ch駆動〕70W/ch (6Ω、0.09%THD) 実用最大出力(JEITA) : 〔1kHz、1ch駆動〕135W/ch (6Ω、10%THD) 内蔵パワーアンプ数 : 5 チューナー : FM/AMチューナー 付属品 […]

Read More

ソニー(SONY) ソニー SONY マルチチャンネルインテグレートAVアンプ 5 – 接続したブラビアもトラブル多くYoutubeが見れない・地デジが映らない・他 リセットすれば直るが面倒。

何十年も信頼していたソニーに対するイメージがこれで変わりました。ワクワクしてスピーカー線をつないでいざ電源という時にスイッチがオンになりません。期待しワクワクしていただけに残念でなりません。その後返品処理を行い今はdenonを購入し商品が届くのを心待ちにしています。ソニーには本当にガッカリしました。. 主にテレビ視聴とfmを楽しんでいますレコーダーとテレビを購入したところ、今まで使っていたonkyoのシステムがフリーズ頻発レコーダーと同じソニー製ならと思い購入しました、当初は音がおかしいと思っていましたが、中古のセンターspとサブウーファーを接続したら一気に改善、満点としたい所ですが2chではイマイチなのとfmの入力先が同軸では無い端子。こんな独自規格は止めて下さい. エントリーモデルとして発売された製品のようですが、まさに自分のような用途にピッタリの初心者向けavアンプで大満足です。近年家庭用ゲーム機も4kやらhdrやらに対応し、今まではmdr-hw700dsを使用していた身にはとにかくhdmiハブとしての機能に不満が募る一方。しかしリアル5.1chというのはどうしても場所と金銭面でのコスパと近所迷惑の件で面倒くさいというイメージが先行して今までは躊躇していました。サウンドバーシステム等の簡単設定接続で済むものしか使ってこなかった訳ですが、5. 1chくらいならまだ場所的にもなんとかできそうだし、イメージでべらぼうに高額だと思っていたavアンプも2万ちょいで買えるとは露知らず、私にとって必要最低限の機能(4khdr hdmiハブと5. 1ch対応)が詰め込まれてこの価格ならいけると思い一念発起してスピーカーとともに買ってしまいましたが、いやはやこれは思った以上に素晴らしいと言うか、所詮ヘッドホンのサラウンドなんてバーチャルでしかないと思い知らされました。私の環境では7. 1ch、ましてやdolby atmosなんてものはスペース的に実現不可能であるがゆえにこの製品を選んだのですがリアル5. 1chを経験したことのない私にとってはサウンド関係で初めて味わう感動です。5個のスピーカーは比較的お手頃のonkyoのd-109xシリーズで統一。私の環境ではこれくらいでも必要十分の性能です。スペースで断念したとはいえ、今までヘッドホンでは「定位”感”」だのなんだので必死に言い訳してバーチャルサラウンドヘッドホンを使ってきたのが馬鹿馬鹿しくなる程に別物。「7. 1chだろうが、バーチャルである以上リアル5. 1chにすら絶対に敵わない」と昔とあるレビューで見た一文ですが、一度味わってしまうと本当に納得です。サウンド面では初期設定も初心者に配慮された「自動音場補正機能」もお見事。avアンプビギナーにとっては、こうしたスピーカー個々の設定等が面倒くさいのも手を出すのを躊躇わせる一因だと思うのですが、ある程度までスピーカーから座席までの距離測定(これが結構正確)等を自動調整してくれて、後は気になる部分を微調整すれば終わりというのも実に初心者には有りがたい。4k hdrハブの機能はもちろん申し分なし。ゲーム機3機種とpc(nvidiaグラボに接続)で不自由なく使えています。ちょっとpcでは5. 1ch化設定で悩みましたが通常作業用の東芝z700x(4k60p)とゲーム用のmsi mag27cq(wqhd144hz)でそれぞれhdmiと光デジタル端子で5. 1ch化を実現できました。あくまでも人生で初めてavアンプを購入した輩の感想なのであまり深いところまで突っ込んだ感想は言えませんが、私のような興味はあるけど手を出さなかったというavアンプ初心者にとって、正にエントリーモデルに相応しい製品ではないでしょうか。pcで使うには個人差個体差で条件は変わるでしょうが、7. このアンプにヤマハのスピーカーを接続。いい商品だし思います、使いやすいし。. 説明書が解りにくい…電源の入る音が安っぽいしホーム画面は日本語表記なし一箇所usbで電源取れるのは良かったかな. 買って3日で音が途切れるのでソニーに電話したら引き取り修理と言われました。苦情したら購入店に返品しろとの事。リセットしてケーブル全て交換して使ってます。使い方複雑. テレビがarcのないhdmiなので、その辺の評価は差し控えます。私の耳にはいい音に聞こえていますしいい買い物をしたと思っています。以下は気になった点を書きます。アンプ本体、リモコンとも表示がわかりにくい。また、リモコンのサイズを大きくし操作性をよくしてほしい。もう少し本体の高さが低いと設置場所の選択肢が広がるんだけど・・・。. Sonyのアンプは3台目。1代目は4k買い替えに伴い交代、その後購入したアンプは不良品で1年で死亡。今回は部屋の模様替と共に買いました。購入し約1週間ですが、フラッシュして接続先が不明になる、音飛びなど不具合が出てます。そのうち故障するかなーとヒヤヒヤしながら使ってます。その他の機能は値段としては問題ないのに、もったいないです。. 利点と欠点 メリット 人生初のAVアンプの感想 デザインと価格で納得! 接続したブラビアもトラブル多くYoutubeが見れない・地デジが映らない・他 リセットすれば直るが面倒。 デメリット 特徴 ソニー SONY マルチチャンネルインテグレートAVアンプ 5.1ch HDCP2.2/4K HDR対応 2018年モデル STR-DH590 モデル番号を入力してください これが適合するか確認: HDCP 2.2や4K/60p 4:4:4(8bit)、HDR(HDR10、HLG、Dolby Vision(TM)) など最新の4Kコンテンツに対応 理想的なサラウンド空間を実現するソニー独自の自動音場補正機能「D.C.A.C.(Digital Cinema Auto Calibration)」搭載 ソニー独自の高精度なデジタル音場処理技術により、フロントスピーカーだけで仮想的にサラウンド音場を再現する「S-Force PROフロントサラウンド」を搭載 深夜の映画鑑賞時など、音量が小さい状態でも臨場感豊かなサラウンド音声で楽しめる「ナイトモード」を搭載 お持ちのスマートフォンなどを使い音楽再生ができるBluetooth(R)対応 業界標準規格のHDMI機器制御(CEC)に準拠。同規格を採用した他社製テレビやブルーレイ機器などとHDMIケーブルで本機を接続することで、テレビのリモコンで連動操作をすることも可能です。 HDMI入力は4系統を装備。新しくUSB給電を必要とするAV周辺機器に対応する「USB パワーサプライポート」を1系統装備 メーカーより […]

Read More

ヤマハ(YAMAHA) ヤマハ AVレシーバー 5 – 初心者向けにも十分の音質。

Amazonに在庫がなかったので他社で購入。どこのavアンプを購入するか悩んだが、評価でこのavアンプを購入した。他社のavアンプでもこの価格帯ならそう機能面で違いはほぼないので、何を基準に選ぶかは購入者次第だろう。わたしの場合は、2chスピーカーでもサラウンドか出来るシネマdsp目的でyamahaを選んだ。sonyにもs-force proフロントサラウンドがあるが、sonyのavアンプ自体の評価が良くなかったので選ばなかった。使ってみて良かったのは、bluetooth出力が可能だったこと。sbc接続のみだったが、出力が可能だったので手持ちのwh-1000xm3を接続して、sbc+dsee hxで聴けば圧縮音源やラジオ、ストリーム音源、youtubeなどそこそこいい音で聴けるのが嬉しい。また、bluetooth出力中でもスピーカー出力も可能だった。圧縮フォーマットを厚みのある音で楽しむミュージックエンハンサーという機能があり、音源に厚みを持たせてくれる。これはsonyでいうdsee hxみたいなもんだろうか。シネマdspは7パターンほどの効果があり、シチュエーションや好みで選択が出来る。サラウンドに関しては好みがあると思うのでここでの評価は控えておきます。ソースをダイレクトに選択できるボタンはないが、sceneにボタンが4つあり、そこにソース、サラウンドなどの現在の状態を記憶させることが出来、よく使うソースと状態を記憶させすぐ呼び出せるのですごく便利です。定価では購入したくはないが、3万円弱で購入できるavアンプとしては十分満足できました。. 会社で使っております。普通に使う分には必要十分かと思います。音響にこだわる方には物足りないかもしれません。. 音の趣味もあるので、綺麗なヤマハサウンド聴いてますね。因みに、スピーカーは、boseです、単品で揃えてます。. 7年ほど前に購入したdenonのavr1612からの買い換えです。同じようなエントリークラスですが,購入価格はこのyamaha rx-v385の方がかなり安くなっていました。5. 1chスピーカの環境はそのままで,アンプの代替に選びました。部屋の広さからいってもこれ以上スピーカを設置する必要はないと考え,5. 1chの中から価格を考えて選択しました。最近はwifi対応のアンプなどいろいろありますが,CATVとBD鑑賞がほとんどなので必要ないと考えました。出てくる音については,この数年の進化を感じました。これまでと同じ古いスピーカ(denon  5. 1ch system-11r)から出しているにもかかわらず,格段によくなっていました。まず,音の定位です。その空間につつまれている感覚がより向上しました。また,高音域のシャープさが向上し,音楽や映画の劇中音楽の音色が明瞭になった感じがします。買ってよかった商品でした。. 新規新機種rx-v385の自動調整システムが素晴らしい。(yamafaのdsp-ax1200を10年間使用し後継機にrx-v385を購入しました)自動調整後以前機種と比べて、演奏会場の真ん中で聞いている様な、臨場感が何とも素晴らしい。音量調整も、レコダーやtvと連動しているのもqkです。購入して良かった、大変満足です。 有難う!!. この価格でスピーカーの自動調整が付いてるので購入しました。面倒くさがり屋の自分には大変便利な機能でした。. ブルートゥースで音を飛ばすのでいい音です。ラジオまで聴ける。せっかくだからボーズのスピーカーを買って聞いています。30年前に50万かけて作った音が10万足らずで出る。. 設定が色々あって正直わからないアンプとしては普通じゃないか?入門モデルだし機能が多いと考えるなら、お得かも. 利点と欠点 メリット アンプのみ交換で違いを実感 必要十分 満足してます!! デメリット 4kの映像が転送されるので、とても映像がきれいです。音質も高音、低音、さらにイコライザー、dspの機能がついているため、その場にいる空間ができました。とてもこの価額の安さで、ここまでのアンプはないです。. サブウーファー一体型のパイオニア製小型スピーカー付き入門機の電源部の調子が悪くなったので、とりあえずブルーレイとfire tvが刺さればいいやと、入出力端子の数だけ確認してえぃっと購入。最初の調整用マイクを使ってセッティングして以来、ボリューム以外触ってない・・・フロントは8インチのPAスピーカーに接続。サブウーファーのプレ出力ができるので、間に安いデジタルアンプを挟んで、冒頭のパイオニアのサブウーファー部に接続。きっと素人にはアンプなんて何でもいいんです、スピーカーに予算を割いたほうが幸せになれるんです、たぶん。. Yamahaのスピーカーセットにはやはりこれが良いですね。色々浮気しましたが、落ち着きました。最高です。リモコン・bluetooth・dvd何かにつけレスポンスいいです。ウーハーの下には黒曜石が敷いてあります。低音に締まりが出来、全てに満足です。. 良い意味で裏切られる素晴らしい音です。リモコン操作も簡単で昔の機器を思うと時の流れと進歩を感じさせられます。これに同じヤマハのお勧めのセンタースピーカーを追加してラインナップに加えたら、とても自然な音になりました。追加購入はお勧めです。安価なのに期待を裏切らない良い製品です。. Pioneerのvsx-820がバイワイヤリングがダメになったので、rx-v385を購入しました。denonのスピーカーを使用してるのですが、バイワイヤリング仕様なので、バイアンプ機能があるので特に低音が良く出るようになりました。イコライザー機能もあるので楽しめます。bluetooth付きなのでi podでいろんな音楽を楽しめます。. 旧5.1サラウンドのampが故障していたので 買い換えでこのampなのだが 安かったので心配でしたが満足しています。入力端子も少なめのようだが 組み合わせで多数の旧av機器(vhs・ld等)が接続でき お金のない私にとってはこれとないampです。。。. S社のavアンプが使用3年で右チャンネルが出力しなくなり、仕方なく買い替えました。名門s社はブルーレイプレーヤーも2年で故障したので、今回はオーディオ暦45 年目にして初のヤマハを。結果大満足♪本機は入門用よりもワンランク上と捉えておりますが、設定・調整項目の多さと幅が、今の私には丁度良いオモチャです。サラウンド使用での音の方向性、分離度、移動感が良い。音楽使用での高域のパンチ力、低域の芯の太さが共にイマイチですが、ソフトなんでしょうね。因みにスピーカーはデノンのトールボーイです。高域はイコライザーで追い込んでみますが、低域は接地を移動させてみようかと。とにかく楽しめます\(^o^)/. 付属のマイクで部屋に合わせた設定が簡単に出来ます。入力端子は制限がありますが、用途を割りきって考えればコストパフォーマンスの非常に使い勝手の良い製品です。. Amazonでは売り切れだったため、他店にて購入しました。始めは在庫が潤沢な旧製品のv383も視野に入れていたのですが、よく調べるとスタンバイインプットセレクト機能が付いていなかったため、v385を選択しました。ちなみにhdmi1~4に接続している機器は、bdレコーダー2台、スカパーチューナー2台です。当初はスタンバイ時にhdmi1~4に接続している入力に切り替えるためには最初に入力切替を行う必要があると思っていたのですが、本機を含め全ての機器のhdmiコントロールをonにしておけば、ソース機器の電源を入れる、もしくは電源on後に何か操作するだけで自動的に入力が切り替わってくれることがわかりました。(hdmiコントロールが付いていないソース機器の場合は、最初に入力切替を行う必要があります。)つまり、スタンバイ時でもhdmiコントロール付きソース機器ならば自動で入力が切り替わり信号をスルーしてくれ、アンプの電源を入れれば自動的にテレビの音声からアンプの音声に切り替わってくれるという理想的な環境が実現できました。私の場合、ほとんどのソース(ニュース、ドラマ、バラエティなど)はスルーでテレビのスピーカーで鳴らし、映画などのマルチチャンネルソースや音楽ライブ映像の時だけアンプの5. 1chで聞くという環境なので、スタンバイ時にセレクター同等以上の機能が使える本機はまさにベストでした。以前使っていたavアンプは複数あるhdmi端子の内、hdmiコントロールに対応している端子が1つしかなく、当然スタンバイ時に入力を切り替える機能も付いていなかったため、外部にセレクターを付けて使っていましたが、本機にしてからはセレクターが不要になりました。v385を購入前に他社のavアンプも調べたのですが、スタンバイスルーに対応していてもスルーできるのは最後に選択していた入力のみとか、スタンバイ時に入力切替ができると明記しているものがありませんでしたので、私的にはヤマハ一択でした。アンプメーカー的には「アンプ買うんだから全ての音はアンプから聞くのが当然」という論理なのかも知れませんが、ヤマハのようにアンプから音を出さない時でもユーザーにとって使いやすい機能を搭載するという企業姿勢はすばらしいと思います。最近のエントリークラスの他社アンプに関しては取説レベルで判断しましたので間違っているかも知れませんが、少なくともヤマハは一歩先に進んでいる感じがします。またテレビのhdmi端子には本機の他にfiretvとchromecastが繋がっているのですが、これらの音声もアンプの電源を入れるとarcにより自動でアンプの入力が切り替わりますので、何も考えずにアンプからの音に切り替えることができ、テレビ周りの環境が快適になりました。音に関してはエントリークラスのアンプですのでそれなりだとは思いますが、マルチチャンネルの映画ソースを再生する分には全く問題を感じることはなく、映画に没頭することができます。長々と書きましたが、本機は価格的にも機能的にもお勧めできるアンプだと思います。. 特徴 ヤマハ AVレシーバー 5.1ch Bluetooth HDR 4K映像伝送 ブラック RX-V385(B) モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 5chパワーアンプ内蔵 臨場感あふれるシアター空間を創出するシネマDSP 視聴環境に合わせて音を最適化するYPAO ミュージックエンハンサー&Bluetooth再生機能 Dolby Vision、Hybrid Log-Gammaに対応した4入力/1出力のHDMI端子 メーカーより オーディオ&シアターライフの質を高める その場面にいるような響きと広がり […]

Read More

ヤマハ(YAMAHA) ヤマハ AVレシーバー 5 – コストパフォーマンス良く、十分な性能です。

以前にこれよりはだいぶ高く購入したヤマハのAVアンプの代わりに購入しました。値段は当時よりずいぶん安くなりましたが,音や機能は技術の進展に合わせてかなり進化しています。液晶テレビやブルーレイレコーダーも最近揃えたので,HDMIで結び連動させながら使っています。音質的にはちゃんとしていますが,今一リモコンの操作がやりにくい気がします。自分の求める音にするのにどのボタンを押せばいいかが直感的にわかりにくい。説明書をちゃんと読めばいいのでしょうが,冒頭に書いた同社の以前のモデル付属のリモコンの方が使いやすかったように思います。ハイエンドモデルに比べると浅い音がするのかもしれませんが,レンタル映画を大音量で聞くには一般庶民には程よいモデルかと思います。コスパ的には十分ですが,リモコンの操作で-1です。. アンプ裏のアナログ音声出力端子(audio out)からは、アナログ音声入力からの音声のみ出力するようです。ですのでusbの音声や光音声ケーブルなどのデジタル音声は、出力されません。内蔵チューナーの音声は出力されますので、ローランドのua-3dを使い、パソコンにつないで、録音したりしています。usbメモリーにパソコンから音楽ファイル(mp3,wma,wav)を移して聞いていますが、アンプの表示が日本語に対応していないので、いちいち英語に名前の変更をするのが面倒です。日本語のままだと点線で表示されます。試しにusbメモリーに24bit48000hz2304bpsと24bit44100hz2116kbpsのwavファイルを入れてみましたが、再生できませんでした。ちなみに16bit44100hz1411bpsと16bit48000hz1536bpsは再生できました。「追記」音質は気に入らなくて設定をいろいろ変えたりスピーカーを替えたりしましたが良くならなかったので、あきらめていました。しかし最近何気なく設定項目をいじっていたら、いきなり音が良くなりました。どこをいじったかというと、optionのdsp/surroundのadaptive drcとenhancerです。ここが最初は両方ともonになっていました。それを両方ともoffにしたら、今まで気に入らなかった、高音域が強調されて潰れたような音が、きれいになくなったのです。ああ、もっと早く気づけばよかった。. 12年程前のオンキョウ製アンプから買い替えました。技術の進歩はすごいなと感じました。この価格でdspがついてサラウンドデコーダーやオリジナルチャンネルの切り替えなど様々な音響変更が楽しめます更にiphoneなどもusbでつなげば音楽も再生可能、usb機器に移しておけばいちいち繋がずに楽しめます。上位機種の473はdlnaに対応していますがそこまで必要性を感じません。また、初心者でも簡単に設定できるので入門用としては最適だと思います。今までyamahaには全く見向きもしなかったのですが今回こちら購入して良かったです。全く後悔はありません。. オーディオ関係に興味をもち最初の一台目として買いました他の方のレビューにあるように一台目としてとても使い勝手もよくオーディオにより興味をもつようになりました価格もそこそこなので購入して損はないかと. Sacdプレヤーと組み合わせて使っています。本来はテレビと接続して使用するのがメインのようですが、sacdと組み合わせることによって素晴らしいサウンドが生まれています。値段の割には上質な音が出ており、コストパフォーマンスは結構いいです。オススメです。. マニアではないので自宅での映画鑑賞には充分です。価格も安いのでお勧めです。. ボーズのウーハー付きのスピーカーを購入。テレビに繋ぎ試聴しています。特に野球、歌番組などが音の臨場感が出て価格の割、良い音です。. 対応が素晴らしく良かったですサイズもちょい度良く いい感じに満足しています。. 利点と欠点 メリット 安いのが良い お値段以上 コストパフォーマンス良く、十分な性能です。 デメリット 1ch対応で5チャンネルの各チャンネル100wの出力は十分です。アンプはこれにして、浮いた予算をスピーカーに回しましょう。予算があれば一つ上のrx-v473にすればスマホで操作できるのでより便利かもしれません。使ってみて思ったのは、アンプの上面は熱くなります。杞憂であればいいのですが、風通しの良いavラックでないと、夏場はちょっと心配な感じです。dvd、cdプレーヤとの接続はamazon basicsのオプティカルファイバーやhdmiケーブルを使っています。dspも入ってこの価格には驚きます。. 特徴 ヤマハ AVレシーバー 5.1ch HDMI対応 ブラック RX-V373(B) モデル番号を入力してください これが適合するか確認: AAC:対応 アプリコントロール:非対応 チャンネル数:5.1ch, DOLBYサラウンド:DOLBY TrueHD, DTSサラウンド:DTS-HD Master Audio, その他サラウンド:非対応 最大出力:135Wx5, 定格出力:100Wx5 デジタル音声入力:光x2/同軸x2, HDMI入力:4, HDMI出力:1, HDMIリンク:対応, デバイスポート:USB ベスト ヤマハ AVレシーバー 5.1ch HDMI対応 ブラック RX-V373(B) 買い取り

Read More

デノン(Denon) DENON AVサラウンドレシーバー 7 – DENON DBT-1713UDK ユニバーサルブルーレイディスクプレーヤーと併用しています。

注意すべきは、最初の設定。テレビなどモニターが必要です。これには少し面食らいました。設定後は快適。以前に使っていたオンキョー製品は、オンラインで使っていると頻繁にフリーズし、電源を切って、再起動しているうちに、とうとう音が出なくなって廃棄せざるを得ませんでした。この製品は、そうしたフリーズがまったくありません。同じネットワークにつないでいるパソコンの画面で、機器の設定を手軽にコントロールできるのも便利です。. 値段もお手頃で期待通りの音でした。非常に満足です。次もデノンにすると思います。. ワイヤレス環境が便利。スマホでもコントロール出来るのは良い。7. 1chでのサラウンドは心地よい。また、usbが使えるから音楽も楽しめる。. 音質を語れるほどの耳がありませんが、ちょっとこだわる程度の方なら充分すぎる音と思います。多機能低価格で驚いていましたが、bluetoothの接続に不具合があります(2015年3月23日現在)。サポートに電話したところ、すでに問題認識してファームのアップデートの準備中とのこと。これだけのコスパなので、多少の不具合は覚悟していましたが、ちゃんと対応してくれるなら文句ありません。問題改善されたら五つ星に修正したいと思います。2015/03/30追記本日、新しいファームにアップデートができました。bluetooth接続可能となりましたので、星五つに修正しました。. 今まで使っていたavアンプが急に故障、他のメーカーのavアンプも選択肢に入れましたが気に入ったものがなく困ってました。denonは今まで使っていたのでいいと思い選びました。さっそくつけたところ、音が復活しました。ついでにウーファーも新しいのを付けました。. コスパで考えるのなら充分以上だと思いました。avサラウンドレシーバーは2000年代に入って3台目ですが、最近のものはすごいですね。世界を相手に売りまくらないといけないので機能的にも音的にも充分以上のものになっていると感じました。大まかな機能だけじゃなく細かい使い勝手も考えられていて、リモコンのquickselectボタン、(入力ソース、音量、モードなんかを自分の設定をプリセットして使えるボタン)なのですが4つ付いています。便利です。大まかな機能でこれはと思ったのはaudyssey multeq xtとdynamic eqなんですがこれがいいです。multeq xtですが、付属マイクをつないで測定して調整してくれるものですが、その設定も決めうちじゃなくていくつかの設定値は自分で効き目をいじることができますし、dynamic eqは深夜の小音量時間帯にはとても助かる機能です。それから背面のスピーカー端子が横一列に並んでいるのも自分的にはケーブルの接続がとてもやりやすかったです。他詳細はdenonページの商品ページにオンラインマニュアルがありますのでご確認ください。. これは最高!おかげさまでGoodな気持ち。いい時代ですね!!貴重な買い物をしました。. 1年半で故障。1年保証が切れて買い換え検討中です。今まで買ったアンプで短命でした。5年保証のあるところで買うのがお勧めです。. 利点と欠点 メリット 不具合は対応中 これにして正解でした。 機能は充分、壊れてしまい不満足 デメリット Ipadminiとbluetooth接続で使っていますボリュームとの連動はタイムラグなく使えます、オンキョーのtx-nr636は1~2秒位遅れるのでこの違いは大きいです、接続の速さもオンキョーより早いです。. また 電源がすぐ落ちてしまいます‼️ 前に 一回修理お願いしましたが 不良品じゃないですか? 対応お願いします. 以外と大きい感じです。が、デザインが好きですね。まだ使いこなせてないので、頑張って使います。. デノンのブランドを信用して買ったのに初期不良に当たりクレーム処理して新品にこうかんしたがこれも・動作不良を起こしてトラブルが発生しましたもうデノンのモデルは買わない. 価格以上の音質だと思います。仕事部屋で小型ブックシェルフでフロント2チャンネル、センターとサブウーファーはdenon製品を使っています。サラウンドはonkyo製の小型スピーカーです。avルームは別の所にあるので、あくまでも仕事や読書をしながら視聴する為のシステムですが、価格以上の音質で喜んでいます。特に効果があったのはバーンスタイン指揮ウィーンフィルによるベートーヴェン第9、sacd盤。久しぶりに聞いて感動を覚えました。使ってみてちょっと不便だな、と思った点。hdmi経由で液晶ディスプレイなどに繋がないと初期設定が開始出来ない事。ピュアオーディオに使う人は稀かと思いますがご用心。また、同じく外部ディスプレイが本体同様にメニュー画面になりますが、一覧画面から選択しようとした際に、選択肢の色が変化をしないので結局本体のディスプレイ部を見ることになります。これは不便ですので是非改善して欲しいところです。2015年2月18日追記:本体のアッテネーター(ボリューム)ノブを回してその質感を楽しむような人には向きません。この製品は樹脂のノブです。そういう質感まで希望するならハイエンドの真鍮削り出しのノブを使っているアンプを選んだ方がよいでしょう。但し、この種類の機器は基本的にリモコンで操作するの事が90%以上だと思います。. 特徴 DENON AVサラウンドレシーバー 7.2ch Wi-Fi/Bluetoothワイヤレス/ハイレゾ音源対応 ブラック AVR-X1100W-K モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 定格出力 : 7ch全て80W(8Ω、20Hz-20kHz、THD 0.08%) 実用最大出力 : 175W(JEITA 1チャンネル駆動、6Ω、1kHz THD10%) 周波数特性 : 10Hz~100kHz(+1,-3dB、ダイレクトモード時) HDMI端子 : 入力×6、出力×1 映像入出力端子 […]

Read More

ヤマハ(YAMAHA) ヤマハ AVレシーバー 5 – 満足です。

入力機器が少なく、お手軽にホームシアター構築したい方には良い製品だと思いました。当方は、プロジェクタ:epson eh-tw5200スピーカー:onkyo d-077eサブウーファー:yamaha yst-fsw050ソース:apple tvの2. 1ch構成です。※外観的にこの機種とあわせるなら、サブウーファーはyst-fsw150をチョイスすべきでしたが…スピーカー配置して、配線して、タブレットのアプリでちょちょいと設定してソースを入力してみたところ、もう大満足。手動で設定したのは念のため低音のカットオフ周波数をスピーカーのスペック値にあわせただけです。ypaoは使ってません。それでもここまで迫力のある音響環境が整うなんて。あとは機能面と外観だけですね。avコントローラアプリが使えない、bluetoothがsbcのみ、usb入力が無い、wifi無し、ネットワークオーディオ非対応。上記の面に不満があるなら、価格差が小さいので上位機種のrx-v479を購入することをオススメします。全て必要なく、入力ソースが足りるなら本機で充分なハズです。私の構成だと、スピーカー+サブウーファー+アンプで50000円弱で組めました。それが何より嬉しいですね。. リビングのテレビを大型液晶に買い替えたのを機にオーディオ機器を一新することにしました。25~30年前に買いそろえたオーディオ機器ですがどれも時代遅れになって場所ばかりとっており家内から廃棄指示が出ておりましたので、メインアンプ・dsp・fmチューナー・カセットデッキ・レーザーディスクプレイヤー・avセレクター・(すでに使用できなくなった)アナログ衛星放送チューナーとこれらすべてがフルサイズの仕様だった為一気に捨てるとリビングのラックがガラーンとしてさみしくなってしまいました。代わりに購入したのが本製品です。もう少し高級なavシステムを購入したかったのですが、テレビの方で散財してしまった為、コストパフォーマンス重視となりました。本製品は、メインアンプ・セレクター・チューナー・dspの機能を一台で合わせ持つタイプです。選んだもうひとつの理由はypaoという機能でした。ypaoは付属されたマイクを視聴位置に設置して調整モードを実行することで、自動でスピーカーの前後左右のスピーカーとセンタースピーカーのレベルを調整してくれる機能です。以前のdspではテストパターンが再生されて自分で全てのスピーカーのレベル調整を行わなくてはならなかったのですが、この機能を使えば全てお任せです。あっという間に快適環境が設定されました。これまで使ってみた感想ですが、再生された音も自然で作ったような音になっていないのが気に入っています。1点困っているのはテレビの音声が時々「ブツ・ブツ」と途切れることです。本製品とテレビをhdmiケーブルで接続すると、テレビの電源をonすると自動的に本製品の電源がonしてテレビ側のボリュームをミュートしてオーディオスピーカーから音声が出力されるのですが、その音声がブツ・ブツと時々途切れてしまうのです。hdmiケーブルを買い替えたりいろいろとトライはしているのですが改善出来ていません。いまのところ原因がテレビ側にあるのか本製品側にあるのかがつかめずお手上げ状態です。ということで、音の途切れる問題は評価外として☆4つとさせていただきます。. 最初の製品に不具合があり二台目もとりあえず同じメーカーにしましたが、残念不具合が出ました、ですがさすがamazonさん快く返品を受け付けて下さいました。次を考えます。. ワイヤレスマイクセットををつけたところあまり期待した結果ではなく、ミキシングアンプを追加しまだ満足とはいえないがなんとか使用しています。. SPもすべてヤマハにして5. 1chを構成しました。機能は有り余るぐらいで、自分好みの音場・音質を作ることができます。以前は他メーカーのサウンドバーを使用していました。好みによると思いますが、SPをそれぞれ独立して好きな場所に配置できることもあり、音の広がりも良く大変気に入りました。新機種が発売されていますが、私としては、金額的にも性能面でも充分満足できる機種だと思います。. 1chデビューとして購入しました.一般的に5. 1chは映画を迫力のある音で楽しむためのものであって,高性能な音楽再生機器(ハイファイオーディオ)とは別物というのがオーディオ通の認識かと思います.(そもそも,cd作製自体が5. 1chを想定して作られていないので) ただ,個人的にはハイファイオーディオとして結構いいのではないかと思います.というか面白いと思います.部屋全体が音に包まれる感じは5. 1chだからこそ出せる物があります.また,純粋に2chのスピーカーでも高音域の鮮明さや中〜低音の立ち上がりの良さを感じることが出来ます.ただ,気をつけたいのはディバイス(再生機器)とアンプ(本体)のつなぎ方です.ディバイスとアンプのつなぎ方には3通りあります.1) ピンジャックでつなぐ2) hdmiでつなぐ3) bluetoothでつなぐ結論からいうと音質はhdmi→bluetooth→ピンジャックの順にいいという印象です.私の使い方として,imac/ipodからアンプにつないでいます.ピンジャックで繋いだ場合,ディバイス側のd/aコンバーターを使用するため,どうしても音がチープになってしまいます.そのため,アンプ内のd/aコンバーターを活用するために2)と3)のつなぎ方がオススメです. bluetoothでの接続は音やせするかと思いきや,ピンジャックの接続より出力が大きく,且つ音の立ち上がりがよくなります.エンハンサーやアンプ側のd/aコンバーターの性能の良さを感じます.難点はimacでテレビや映画を見ると転送速度が追いつかず,はじめの数秒音が出るだけで後は音がでなくなります. やむなくhdmi/thunderboltケーブルを購入し高音質で音楽やdvdを楽しむことが可能になりました.がテレビアプリの音源には対応せず.要検討.bluetoothの通信速度に限界があるので,無線で繋ぎたい!という方はwi-fi接続のできる上のグレードrx-v479の方がいいでしょう.有線でも別にいいということであれば本機で十分かと思います.当方の設定センタースピーカー:yamaha ns-c210フロントスピーカー:yamaha  ns-bp200リアスピーカー:yamaha  nx-e150サブウファー:yamaha  yst-sw015リアスピーカー,ウファーは以前からの使い回しですので,35000円で5. 1chが組めました.費用対効果で言えば大満足です.上のグレードにしておけばよかったかなぁとどこかで思ってしいまってるので星4つです.追記1 h28. 12 imacとhdmiケーブルで接続していましたが,結構気難しさを感じます.接続が認識される時とされない時があります.以下の手順で音楽再生が可能でした.1) imacと本機を接続しておく2) imacの起動3) 本機の電源on4) imac側で出力の選択(hdmiに) でokですまた,当方はimacでテレビや録画を視聴します.station tvを使っていますが,hdmiの出力に対応していないようです.(tvアプリ側が著作権保護のガードがかかっているのかも)セッティングも気難しいので,更に調べたところ,imacのピンジャック出力(rca端子)は光ケープル(s/pdif)にも対応しているとのことで,光ケープルで接続することに.これで上記の問題はすべてクリア出来ました. この製品を使えませえ。電源に入えれない。更に形状が歪んだ. 40型のアクオス液晶tv及びBDレコーダーを5.1ch化するために購入しました。HDMI入出力できる最近の機器なら極力HDMIで接続すれば問題なく動きます。欲張って他のアナログオーディオも接続したいとなると苦戦するかもしれません。スピーカーはヤマハのNS-P40と組み合わせましたが、フロントの左右はヤマハNS-F210、サラウンドの左右は手持ちのオンキョーD-308Mに変えて使っています。マニアではないのでYPAOの自動調整のままですが、そこそこの音質だと満足しています。. 利点と欠点 メリット 必要十分 我が家のオーディオ機器を一新しました おススメです デメリット ずいぶん古い、trio、sharp、denonのスピーカーを使っています。 アンプを新しいものに交換しようかと思い、購入しました。 5~60年代のjazz(ピアノ・サックス)、7~80年代のフージョンなどを主に聞いています。 購入前は古いスピーカーとの相性など心配したのですが、まったく問題ありませんでした。. 家で仕事する機会が多くbgmが欲しく買いました。スマホやタブレットからbluetoothで音楽を流せるので便利です。設定も簡単だし今まで聞こえなかった音も聞こえるようになって満足です。. 特徴 ヤマハ AVレシーバー 5.1ch/4K対応/Bluetooth内蔵 ブラック RX-V379(B) モデル番号を入力してください これが適合するか確認: HDCP2.2、および4K/60p映像信号に対応したHDMI端子 スマートフォンなどからワイヤレス再生できるBluetoothオーディオ機能を内蔵、専用に新開発したミュージックエンハンサ―を搭載 ディスクリート構成パワーアンプ、バーブラウン192kHz/24bit D/Aコンバーターを採用した高音質設計 独創の音場創生技術=シネマDSP 低音の躍動感をより手軽に味わえるExtra Bassを搭載 SCENE、ECOモードなど高性能を快適に使いこなせる便利な機能群 AM難聴取・災害対策のためのFM補完放送を受信できるワイドFM/AMチューナー メーカーより […]

Read More

marantz(マランツ) marantz AVレシーバー 7 – オーディオではない

初めてのavアンプでした。今まではpcをミニコンポに繋いで音楽だけ聞いていました。主にpc出力で音楽と映画を見る目的です。今まで使ってた2つのブックシェルフスピーカーを使って3ch構成にしました。音楽も映画も期待どおりで満足です。pcとアンプがmiracastなどで直接連結できたり、スマホでsetup調整が出来ないのは残念です。. Peppers50周年を購入し 、いい環境で聴きたくなり20年ぶりに、アンプ、スピーカーを買いました。avアンプにするかプリメインアンプにするかしばらく悩みましたが、リビングでの利用を考えて、ちょうど先週発売のこの機種にしました。(若い頃から高嶺の花だったマランツが数十万、数百万ではなく数万円で買える衝撃もマランツに決定の大きな要因です。)●デザインリビングに最適●操作性自分にはびっくりするくらいいいです特に初期設定がスピーカーの配線にまで及ぶ丁寧さで、初心者でも簡単に設定できます。●音質●パワーオーディオマニアではないので詳しい比較はできませんがリビングで聴くには満点です。●機能性●入出力端子●サイズ多分相当研究して機能的にされてると思います。今の所不自由な点が見当たりません。今後何かあれば追加します。. ひと昔前は高級オーディオブランドというイメージのマランツのアンプが買えるなんて時代も変わりましたが、安くても音はシッカリとしたものでマランツサウンドとはこういう音なのかと聞き惚れています。cdの設定では色々試してみて「ダイレクト」がいい音だと感じました。使うヒトの事を考えている多機能なアンプです。. 全体的には良いですがリモコンの反応が良くない感じがします。それ以外は概ね満足してます‼. 外箱汚損、新品未使用という事で通常の最安値より、更に1万円程安く購入しました。中の商品は未開封の状態で、付属品や保証等なんの問題もありません。これまで、denonのthx対応のavアンプにフロントだけ、別途パワーアンプを使っていたのですが、この製品は華奢な見た目に反して、パワーアンプを別途用意しなくても十分なドライブ能力があると思います。天井にスピーカーの設置等、手間は掛かりますが、dolby atmosでの使用がお勧めです。. ネット上での評判の高さから購入に至った者です。nr-1608のavアンプとしての性能(特に音質方面)に関しては、皆さんが書かれている通り概ね満足していますので特にここでは書く必要はないと思います。一方、ネットワークレシーバーとして見た場合、その操作性、不具合の多さ等、お世辞にもその完成度は高いとは言い難く、期待して購入した身からするとちょっとガッカリしている現状です。ただ、その不具合の数々はハードというよりソフト(ファームウェア)の問題が大きいような気もするので、今後アップデートによって改善する可能性があるとは思います。具体的にどういう現象が出るのかと言いますと、まずairplay関連の不具合が多すぎです。「デジタルデバイスから飛ばして鳴らす」というネットワークレシーバーの代表的な機能がままならない。起動したり、しなかったり、音が出たり出なかったり、特に本体の設定を変えているわけでもないのにこの不安定さ。加えてスマホで操作する専用アプリのバグの多さ。アプリ上で各種設定を行い、設定変更を行わないようにしていてもなぜかリセットされていたり、逆に設定自体がまったく効かなかったり(グレーアウトして本来出るべきインジケーター等が出てこない等)。そして、ウチではarc対応tvとnr-1608をhdmiケーブルで繋いでいるのですが、tv視聴中に突然音声が出なくなる現象もほぼ毎日発動します。他の入力機器(nr-1608とhdmiで繋いでいるbdプレーヤーやappletvなど)の音声ではその現象が出ませんので、これはきっとnr-1608側の何らかの原因によるものだと思われますが、メーカー側のサポートからは「tvとnr-1608を繋いでいるhdmiケーブルの問題かもしれないので交換してみてください」とズレたご回答をいただく始末(これもファームウェアのアップデートで解決してくれるのを期待してます)。音質への拘りは十分感じますし、メーカーとしての力量も伝わるいい商品だとは思いますが、音質云々の前に、メインアンプとして「電源を入れてスピーカーから音を出す」ことすらちゃんとできない商品ってことを、まずは、ちゃんとクリアして欲しいです。その上で、音質がどうだ、操作性がどうだ、とレビューしたいものです。(※現状の不具合は全てメーカー側に提供をしていますし、他にも似たような現象の報告もあるらしいので、対応を進めてらっしゃるとは思います。)今後、nr-1608を購入しようと考えつつ、ネットワークレシーバーとしてデジタルデバイスを色々と絡めて使用したいとお思いの方はご注意された方がいいかもしれません。何かの参考にでもなれば幸いです。(2017年11月9日現在)【2018年2月18日追記】2018年2月15日に行われたアップデートによって、今まで全ての不具合が全て解消されました。https://www. Aspxこちらの改善内容に表記されている以外にも多数の点が修正対応されているようです。結果、とても使い勝手良く音質もgoodなavネットワークレシーバーに生まれ変わりました!時間が掛かりましたが、本内容で購入を躊躇されていた方がいるならばもう心配はいりませんよ。メーカーさんもお疲れさまでした。. Avレシーバー nr-1608フロント     ss-cs3センター ss-cs8リア ss-sr-7700リアバック sc-en10◎なところ・サイズが小さくテレビラックに入る。・悩むことなく操作できる。・hdmi入力が多くtvのarcに繋ぐだけで対応できる。?なところ・wifiがつながらなくなり、初期化で回復・右フロントスピーカーがノイズ(音割れ)?が発生、初期化で回復とりあえず初期化に手回復しています。おおむね満足しています。. 良くできたavアンプで数多くの機能を持っていますが、多機能ゆえに音質はあまり期待できません。低高音等の調整で好みの音を作ることができれば★5つでした。パワーも不足義気です。. 利点と欠点 メリット 使いやすい システム入替 お値段以上 デメリット 映画鑑賞とかのサラウンドでしたら、とても良く出来たavアンプだと思います。私の要求が厳しいのか、2chでのピュアオーディオとして音楽鑑賞する場合は、アンプ部分に不満が出ると思います。本機の最大のウリである、プリアウトを使って、パワーアンプ(プリメインアンプでも可)を使用すると、ピュアでもイケるアンプです。と、色々とネガティブな評価をしましたが、このavアンプは、設定で大化けするんです。それは、「dynamic volume 」の設定です。2chのステレオに設定して、この、「dynamic volume 」を「 light 」に設定してみてください。ホーン+ドライバーを彷彿とさせるほど、ボーカルが前に出てきます。もう、ホログラムのように、目の前で唄ってくれます。ホーン+ドライバーだと、クロスオーバーをどんなに低く設定(チャンデバ)しても、低温部分のウーハー音域がホーンのようには前に出てきません。しかも、ホーン+ドライバーは耳に刺さる音質ですが、この設定で、ホーンの悪いところが無くなって、低温部分も前に出てきて、本当にホログラムのように音像が立ちます。ぜひ、お試しください。【11月9日追記】プリアウトから信号をもらって駆動させるアンプをデジタルアンプにしました。すると、「dynamic volume 」は「off」で、音像がフォログラムのように浮かび上がりました。7,000円もしないfx202j というデジタルアンプで驚くほど音質がアップしました。驚きです。fx202j は、鉛蓄電池でバッテリー駆動しています。あと、「m-dax」は、「強」に設定すると、mp3 音源がとてもしなやかに奏でてくれます。【2019年1月5日追記】スピーカーを「 jbl stage a130 」に変更しました。このjblのスピーカーですと、m-daxは「 弱 」がとても良くマッチします。スピーカーで設定を色々と変えてみることができて、とても楽しいavアンプです。ますます、このavアンプが好きになりました。★は5個に変更させていただきます。プリアウト付きで超ハイ・コストパフォーマンス機です。. スピーカー配線壁埋め込みで7. 1chですが、そもそも部屋の環境が理想からは程遠いので細かい音質などはあまり気にしていません。音質には満足しています。十分だと思います。映画なども満足しています。今時のavアンプを使ったことが無い方には、アンプを使うとと電源を別に点けるたり音量を別々に調整したり面倒、と思っている方が多い(?)ようです。今だと、tvとアンプはhdmiケーブル1本で済みます。普通にtvとアンプの電源は連動してon/off、音量もtvリモコンで変えれます。tvからの音声出力は自動的にoffになります。tv側で入力を切り換えると他のhdmi入力(pcなど)に自動で切り換えられます。要するにavアンプを使うことで手間は増えません。tvの音は貧弱すぎて話にならないので何とかしたい、でも大きなavアンプをリビングに置きたくない。この場合これは非常によい選択肢だと思います。というより薄型avアンプで7. 1chにしたい場合、これしか無いですね。. Hdmiが無い時代のavアンプを使ってきましたが、流石に古くなったのでこれに買い換えました。スピーカの配線は繋ぎかえるだけだったので特に問題なく、その他の配線がhdmiに纏められたので、余計な線が減ってスッキリ纏まりました。セットアップもマニュアルを見る必要もなく、画面の指示通りに進めれば終わり、7. 1chを楽しめます。リモコンはhdmi連動で、tvのリモコンでボリュームを変化させるとこのアンプのボリュームが変わり、tvの電源を切ればampの電源も切れるのでとても便利。tv台の下の狭いスペースにもキッチリ収まってくれて、今の所は言うことなしです。. YAMAHA製SR301+センター、フロントBOSE+サラウンドYAMAHAからこちらのアンプ+センターONKYO+フロントBOSE+サラウンドYAMAHA+サブウーファーDENONに入替ました。最初は自動調整しましたが、サラウンド感は良かったがセンターのセリフがこもりぎみ。そこであれこれ設定を工夫したところかなり明瞭になり満足できました。自動調整でもう少し明瞭であれば良かったかな。総じて良い買い物ができました。. テレビ画面を見ながらセッテイングが出来るので初心者でも使える。スピーカーは映画館みたいに天井前面、前面、中央、横、後ろ、低音と9本まで付けられるが、さすがに、そんな広さの部屋を持っている人間はなかなかいないだろう。FM・AMラジオチューナーも付いている。ただし、音のチェック用のマイクとそのコードの差し込み穴はあるが、音声用のマイクは付けられない。機能があまり多数なので、使い方がよく理解できないほどである。当方のスピーカーのせいか、音はおとなし目である。. Hdmiの切替え機能、airplay対応、音のよいdac,アナログ出力でプリアンプにつなげられるということで、この製品を選びました。とにかく機能が多くて、よくここまでの製品をこの値段で作れるなと。そこらの2-3000円のbluetooth、airplayのdacと音質は歴然とした差があります。唯一hdmiの出力音声をパススルーするためには、電源を切り待機状態にしないといけないことです。スピーカーの音声は手持ちのアンプの方がいいですが、この価格にしてはそこそこの音も出ます。とにかく音は俺が出すという設計なのでしょうか。2chしか使用しないのでアナログでアンプにつないでいます。あと、zone1,2という意味不明の機能がついてますが、そもそもzone2までアナログでケーブルを引張る人もいないでしょうに. 音質は価格相応。簡単設定だが、マニュアルがwebのみとかやや不便を感じた。. 「耳が腐っているのでは?」と笑われそうだが jbl4425 のアンプを20年前からずっと不満だったdenon dma-s10(22万円)を止めてこれに替えたら実に気持ちよく鳴るようになった。サラウンドは試していないが、私的には満点である。しかし困るのは画面上で行う各種設定、操作が呆れるほど遅いこと。一体、何で書くとこんなに遅くなるのか2-3時間問いただしたい。. 特徴 marantz AVレシーバー 7.2chフルディスクリート/Dolby […]

Read More

デノン(Denon) DENON AVサラウンドレシーバー 7

まず、評価の低い点を先に書きます。 * ネットラジオの設定ができるのですが、4chしかセットできない。      何かのボタンと0から9の数字を組み合わせてpre-setできると良いのに。 * 電源オフの時にパススルー機能でblurayrecorderの画像や受信内容がtvに出るのは良いのですが、x4000kが電源onの時にその接続にしていないと(ネットラジオで電源を切ると)電源をonにして接続設定をbluray-tv(表示器動作)にする必要がある。     、regza linkと組み合わせて何とかできるとありがたいという印象。良いと思った点: * 世界中の多くのネットラジオ(音楽)が高音質で聞ける、欧米のニュースは日本とは違った鮮明な説明。 * pc(パソコン、hdmi付)でネットから音楽や画像をtv経由でx4000kに入れて高音質の音を映像と共に楽しめる * スピーカーの再生音域が広ければ、スーパーウーファー無しで良好な音を再生できる       (低温の誇張やクロスオーバー周波数付近の音の不自然さ無く聴く事ができる). Dbt-3313udkと一緒に購入。avc-a11srからの買い替えです。若干、ダウングレードにはなりましたが、決め手はdenon link hdです。それと懐事情ですね・・。今まではbiu-rayに関してはレコーダーで90インチに投影し見ていましたが、ホームシアターのシステムリニューアルに伴い、3d対応に変えるべく色々店頭にて視聴。denon link hdだと、hdmiケーブル1本とdenon linkケーブルだけでシステムが認識してくれるので設定もとても簡単でした。背面のスピーカー端子の配列なども以前とはリニュールされており、設置が簡単になっています。私はパワーアンプでフロントを駆動させるので、外部入力端子も必要でしたが、当然こちらの製品も付いています。音に関してはやはり新機種という事もあり良いのですが、どちらかというとピュアオーディオファンにも納得の音つくりとなっているようです。(ただしプリメインアンプとプレーヤーの接続と比較するとやはり音の厚みが欠けるかなという印象もあるので好みが分かれるところだと思います。)ハイエンドクラスにまでは及ばないものの、ミドルクラスの製品としては全体のバランスも良いと思います。そして、denon link hd。これ、素晴らしいですね。hdmiのみとdenon link hdを使用した場合では明らかに音の圧力が違います。更に、denon linkを使用すると、音声用と映像用にhdmiを分割できるため、音声用をアンプに接続し、映像用hdmiをプロジェクタに直接接続できるのでロスが減り映像も綺麗です。(denon linkを使用しなくてもこの方法はできますが、アンプには映像信号と音声信号が行くので情報量的なロスがあるようです)今後購入を検討されているのであれば、是非denon link hd対応機種をお奨めします。.  これまでは、10年ほど前に購入した5,6万円くらいのonkyo製5. 1chのシアターシステムを使っていましたが、昨年なんとなく音がもの足りなくなって、フロントスピーカーだけをkenwood製のトールスピーカー(amazonで購入)に交換しました。これまではフロントspもリアspも手に乗る程度の大きさだったので大変期待したのですが、音質、迫力あまり変化がなかったため、今回思い切ってを大グレードアップすることにしました。 普段の電気製品購入は近くにあるヤマダ電機なのですが、今回は横浜のヨドバシカメラマルチメディア館まで出向きました。オーディオのことはほとんどわからないため担当の店員さんに相談し、おすすめのこのアンプを紹介してもらいました。スピーカーも、長年名前だけにあこがれていたjbl(f:ls80、sw:es150pch、センター:studio520chセンターのみ後日amazonで購入、)に買換え(rは前述のkenwood製ls530)。 大グレードアップの甲斐があり、今まで聞いていいたのは何だったんだと思えるほど、大迫力で大満足です。(アンプとスピーカー両方の効果だと思いますが。) 普段は、録画した映画がメインですが、インストのcdも聞いています。これまではリアspからは、戦争映画の爆撃音、自動車のエンジン音、反響音が1点から聞こえてくるという感じでしたが、グレードアップしてからは音に囲まれている感じで、本当のサラウンドとはこういうものか、まったく違うものを聞いている感じです。 それともう一つ感激したのは、オーディオマニアにとっては当たり前のことかもしれませんが、このアンプには、アップスケーリング機能があって、アナログビデオなどの画質を改善することができることです。 80~90年代に購入したvhsの音楽ソフトは、大画面テレビになってからは、ほとんど見られた画質ではなく、見る気にもならなかったのですが、このアンプを通すと、やや画質の悪いdvdソフト程度まで改善されます。(60型液晶テレビで、2. 5mほど離れてみています)。gクレフ、elo、アバ等dvd化されてない音楽ソフトは、2000年頃以降プラズマや液晶テレビを購入してからは、もう見ることをあきらめていましたが、10数年以上ぶりに見られて大感激です。. もう大変昔のデノンのavアンプを使用していました。こんなに音が良くなったのか、今までの音は何だったのかと思いました。今まで5. 1chで再生できなかった音が出てきます。年数が立っとこんなに進化するのか!と。でも、設定するまではとても不親切かなと思います。合理化だと思うけど説明書は紙で頂きたいですね。この点だけはマイナスです。. 通常のav機器のほかネットラジオを楽しめます。でも、7.2ch分のスピーカーをそろえるのは難しいので今は2chのみですが十分です。. 既ユーザーがコメントする通り、紙の取説が無いこと、スマホアプリの操作性、機能性が今一歩なことを除けば、概ね満足。メーカーは、これら欠点を分かっているはずなので、改善して欲しいですね。あと一つ、前面の二つの操作つまみの質感というか操作感を改善してもらえると、より高級感が出ますね。ちょっとしたコストアップにはなると思うが、ユーザーの満足度向上はそれ以上と思う。でも、買って良かったと思えるavアンプでした。. ピュアアンプを探していたら、設置スペースの問題で断念しました。仕方なしに、このAVアンプを購入しました。思っていたよりも好みの音です、フロントスピーカーがほしくなりました。ただ、ピュアアンプの音質を求めてはいけません。あくまでBGMとして、お聞きください。. Sonyのハイエンドavアンプ(da5000番代es)を3年使い、定価ベースでは半額程度のダウングレードでしたが、今まで「モッサリ」鳴っていたb&w 804sが高音・低音区別なくキレキレに音が出るようになり、スピーカー・ユニットのマグネット自体が変わったのかと思うほどです。デノンさん、素晴らしい製品をありがとうございました。. 長所と短所 利点 アンプとしての基本性能に満足 素晴らしい音質、良好な使い勝手 驚きました 欠点 このクラスで奥行が400’oを切っている物は他にありませんので、それが決め手となり購入しました。正直な感想は「アンプを変えるとここまで音が変わるのか!」でした。今まで聞こえてなかった音が聞こえてきてビックリしました。音質はクリアでピュアオーディオ寄りだと思います。音質は問題無いこのアンプですが、ことネットワーク機能に関してはonkyo等の他国産メーカーに遅れを取っているとしか言わざるを得ません。スマートフォンアプリの使い勝手は非常に悪く、ブラウザでの操作もイマイチ。onkyoでは当たり前に出来ていたスマホ内のメディアファイル再生も出来ません。nas内のhdオーディオファイル再生も未対応の形式が多いです。この辺は是非アップデートをお願いしたい。. の特徴 DENON AVサラウンドレシーバー 7.2ch AirPlay/ネットワーク 4K対応 ブラック AVR-X4000-K モデル番号を入力してください これが適合するか確認: メーカー型番 : AVR-X4000K 本体サイズ : 幅434×奥行き379×高さ167mm 本体重量 : 12.3kg 定格出力 : 7ch全て125W(8Ω […]

Read More

パイオニア(Pioneer) パイオニア Pioneer AVレシーバー 5 – 低価格高機能の代償か

20年ぐらい前に買った 5. 1chavレシーバーを引っ張り出し、tvまわりにセッティングしました。あまりの音の悪さにがっかり・・・・・サブウーハーを買って低音補強、しかし・・・・・思い切ってavレシーバー買ったらこれが大当たり 最後にセンタースピーカーも買い替えて完璧。音質も良くなり大満足です。センタースピーカーで全体の雰囲気がかなり変わりました。. 2対応でdts xにも対応する、このvsx-832をやっと買いました。本当はvsx-834も考えましたがこちらが2万円ほど安いです。サイズよりあまり重くないです。tvはパナソニックdx850で、4kウルトラhdもbdレコーダーも同メーカーです。arcの反応はプレミアムhdmiで問題なく作動しました。lan接続でwebのラジオが聴けるのにはおどろきます。 スピーカーはデノンsc-7lのmax160wですが、定格が130wなのにスピーカーに負荷がかかりません。バランス良いです。リモコンのボタン、背面は昔のようにrca端子やoptなどが少なく、メニュー画面も見やすく表示されます。ただ、他のレビュー通り説明書が無く、ノートpcでダウンロードした説明書を見ながら初期設定をしました。これは説明書が絶対必要です。 アナログrcaとoptも活用しています。一度アップデートしてから4kウルトラhdを楽しんでいますが、dts xが表示された瞬間に感動しました。ぜひお勧めの1台です。. Amzon キャンセル理由によって 可否つけてるのですか??. よく解りません製品については コスパ的には よろしいのではただし usb接続のメモリーでのmp3再生の際 早送り等の機能が無いのが とてつもなく 不便です⇒有るのなら ぜひご教授願えれば 幸いです⇒他メーカー同機種にあっても 無いのであれば avアンプ レシーバーではそのような機能は存在しない ということなら まあしょうがないのですが. Iphone xはどうやら認識してくれないようです。古い機種なら可能なのかなぁ?それとも自分のやつだけおかしいのか。ブルートゥースやair playだめでした。. 2002年に買ったavより透明感、帯域は広がりいい音だと思います。減反対象は1:リモコンの反応が遅い(1秒以上掛かる) 2:紙の取説がついてこない(avは設定が多いのでwebだけでは不便)以上で星は3ですね.  ステレオアンプとしては、エントリークラスモデルであり音質には過大な期待は抱かずに購入したのですが、4kテレビで、アマゾンプライムの4k対応サービスなどを良い音響で楽しむには十分な製品だと思いますし、 pure-directのステレオ音響に切り替えてクラシックを聴いても満足の行く音響です。5. 1chの音響は、人工的とはいうものの、それなりの臨場感を提供してくれます、特にサブウーファーによる低音の補強効果は驚きで、映画視聴での迫力は、テレビ装置のスピーカーでは得られないものにて、買って良かったと思います。 以下は、ご参考までのメモです:1.価格低下で値頃になったと思い4k対応テレビを購入した処、永年使っていたステレオアンプ(sansui製)が故障してしまったので、この際avアンプを試そうとアマゾンでいろいろ比較検討し、pioneer製で値段が手頃だったので本機を購入しました。注文翌日に届き、ウキウキと設定しましたが、初期設定がまともに出来ずpioneerのカスタマーサポートに電話し相談すると問題があるので、返品交換してくれとの事、早速アマゾンに手続き。これは慣れているので、いつも通りスムーズに手続きが流れ、約1週間後に代品が届き、今度は、すいすいと初期設定を終え、使い始めました。2.接続機器は下記の通りです:パソコン->fostex hp a8 (usb-dac) (アマゾンで購入)->aux端子テレビはsony bravia kj-438000e (量販店で購入)hdmi尚、テレビにはamazon fire tv 4k用を付けておりテレビをパススルーして本機に接続bd プレーヤーはsony bdp-s6200 (5年前にリサイクル店で購入)hdmi録画用には sony nasne (アマゾンで購入)有線lan接続フロントスピーカー denon sc-r55(10年前にリサイクル店で購入)センタースピカー yamaha nx-c120 (最近リサイクル店で購入)リアスピカー pioneer s-dv33 (最近リサイクル店で購入)サブウーファー denon usw-710 (最近リサイクル店で購入)5. 1chの効果については半信半疑だったので、最初から新品を買うのを避け、上記の通りスピーカーはリサイクル店を漁って買い集めて揃えました。3.初期設定での注意点は本機とテレビをhdmi arc(オーディオリターンチャンネル)で接続し、電源オンオフや音声のリモコン連動を行う場合、sony braviaの場合はhdmi ポートの#2と#3のいずれかでなければならない点です。初期設定作業自体は、本機の電源を入れると、最初に「see tv」とパネルに表示が出るので、テレビのリモコンで入力をhdmiの#2(又は#3)に切り替えてから、本機のリモコンで画面の案内で設定を進め、mcacc(pioneer社の自動音場補正システム)で専用マイクを使い5. 1chの設定を行い、設定結果を保存して完了です。4.使い勝手については、本製品の様にavアンプがhdmi arcに対応していることが円滑な利用の為には、必要不可欠だと思います。arcの機能で、基本的な操作はテレビのリモコンでできますし、アマゾンのprime videoへの切り替えは、リモコンを持ち替えてfire tvのリモコン・ホームボタンを押せば直ぐ画面が切り替わり、cdやbdの再生もプレーヤーのリモコンで電源をオンすれば自動的にビデオに切り替わります。これらからテレビの視聴に戻る場合は、テレビのリモコンでテレビのボタンを押すだけです。リモコンを3つ置く場所の確保が要るとはいえ、一々スイッチをいじる必要が無いのは有り難い限りです。. 1chながらairplayのみならずchrome castにも対応し、radikoも聴ける高機能ぶりです。おまけにこの価格帯で4k/60pのパススルーとアップスケーリングにも対応し、dolby atmosも対応です。なんという高コスパでしょうか。素直に驚きです。しかし、低価格で機能が豊富ということは他が削られているということになりそうです。箱を開けて驚いたのが、取説がついていません。薄っぺらなスタートガイドはありますが大事なことは書かれていません。正面についているツマミは一見高級そうですが触ってみるとプラスチックのような材質で、つつけば回るような軽さです。初期不良にも当たり、この先5年は付き合っていこうと思いましたが、無理だと判断しました。音質は、普通にいいですが感動はありませんでした。繰り返しますが、機能は多くお買い得なエントリー機種なのは間違いありません。店頭などでも見つつ慎重に選ぶことをお勧めします。. 20年ぶりに山水のアンプをから今回購入しましたが、WIFIやNET周りの連携がすごく充実していますが、説明書もNET配信となり以前と比べ時代の進化が改めて感じさせられます。音質も良く、TVなどの音とは比べ物にならないほど広がりや質の差が感じられます。今は、今回購入したリサイクルのスピーカで映画などを楽しんでいます。買ってよかったです。しかし、購入後すぐにパイオニアの経営不振の記事があり、日本の老舗の音響メーカーは元気がない。おじさん世代にとっては残念です。 音響メーカーがんばれ. 利点と欠点 […]

Read More