翔荒牧のレビューとショッピングガイド

最良の選択から毎日の製品レビュー

Category: モニタースピーカー

ニュマーク(Numark) Numark アンプ内蔵 DJモニタースピーカー LEDの光がビートで変化 N-Wave 580L

値段が安いので音質には期待してなかったのですが、バランスいい音出します、ダンスミュージックにあった音質。ledはかなり気分が盛り上がり暗い部屋ではクラブで聞いているような気分に浸れます。少し舐めてましたがかなり満足度の高い商品でした。. 息子の、クリスマスと、お年玉と、誕生日プレゼントとして、買ってあげましたすごく気に入ってましたね私は素人なので、音の事はわからないですけど、いい音出てるみたいです。光るスピーカーを見たのは、初めてだったので、感動しました!. 無償点検が終わり、無事帰って来ました。新品交換での対応となったようです。私と同じような現象が起こる方は一度電話し、無償点検を受けることをオススメします。以前までのレビュー↓届いてからしばらく使用し、現在はカスタマーサポートの方で無償点検中です。電話で連絡して、スピーカーの状態を説明すると無償で点検していただけるとのことです。発送は自分で行いましたが、かかる送料は全てあちらの方で負担していただけるようです。まだ結果は分かりませんが、音楽をかけていない状態であれば自動で電源が落ちるような仕様らしく、音楽をかけ続けている状態で電源が落ちるというのは元々の仕様では無いようですのでカスタマーサポートの方に連絡した方がよろしいかと思います。ちょうどタイムセールをしていたので即決。実際に使ってみての感想というと、イルミネーション機能はインテリアとしてもいい感じです。ledは十分な明るさです。音に関しては初めてモニタースピーカーというものを購入しましたのでよくわかりませんが、低音は十分出ますしdj用に購入しましたが悪くないといった感じです。ここまでで言うと良いことばかりだと思いますが実は少し、「ん?」となることがあります。他にレビューを書いてある方と同じで、ずっと音楽をかけているのに数秒間スリープモードになったかのようにledと音楽が消えます。何故だかはわかりませんが、5秒程音楽が鳴らないようになりまた鳴り出すという元々の機能とは思えないような現象が発生しております。また、ledのモードが勝手に変わる現象もこちらでも起こっています。(これに関しては初期不良かどうかはわかりません)ですので、ledはカッコいいですし、音も問題は無いですがこの評価ですね。さすがに音が途切れるのはビックリしましたし、djをやってて音が途切れるのはマズイので現在交換もしくは返品を考えております。. レビューでいろいろ悩みましたが 家用のdjスピーカーとして購入。軽量で 音質もまぁまぁです、あとでウーハーもつけてみようと思います。光かたも下品ではないので、購入してよかったです。保証もきちんとしていました。#amazonのある暮らし. Raggeeには、昔からnumark‼️ 又 又 numarkにやられました。文句無し 買いで決まり‼️. おそらく回路に欠陥があるのでしょう。LEDを点灯させるとノイズが入ったり、落ちたりします。改良されない限り買わないのが無難でしょう。. イベントや会場ではもちろんパワー不足かもしれませんが練習用としてはとても楽しい商品ですq(^-^q). Hako no naka wa keiburu wa arimasen-rca audio cable-audio interconnection cableled interconnection cable-power cablenai. Arimasenkontakuto mo muzukashii. 長所と短所 利点 とても楽しいスピーカー DJ用に購入 期待はずれ… 欠点 とてもいい。バスブーストの切り替えもできるのは低音強化にとても重宝する。. 不良品が来ました。ledが音楽と全く連動しないです。モードを切り替えても違いがわからない。音だけなら同じ値段でもっと良いモニタースピーカーが買えるのに、これだけ不良品ばかり出回ってるならこのスピーカーを買うのはオススメ出来ないですね。【追記】29. 14交換してもらったところ、また全く同じ症状の不良品が届きました。正常な品が来たらラッキーというレベルなんですかね。絶対買わない方がいいです。. 音に合わせてledの色が変わりますが、少しの遅延があります。dj用として、サブウーファーと併せて使用して居ますが、音質は文句なしです。. そもそも、大きな箱でやる人がこのスピーカーを使おうとするわけがなく、普通に小さな集まりで使うには十分です。numarkらしい遊び心のあるスピーカーだと思います。ただこの商品、面白いのが値段の乱高下です。どうするか考えてたこともあってしばらくアマゾンで見てたんですが17000円台からあるタイミング13000円台に下がり、また17000円台に戻る、、、というのを繰り返しています。このレビューを書こうと見てみると(5/21)19000円に!特に人気商品、品薄商品、という事でもないこのスピーカーがどうしてこんなにビットコインばりに上がったり下がったりするんでしょう?俺は下がった時を見計らって買ったので、なんだか得した気分です。購入を検討されてる方は、そういうところもよく見ながら買うといいかも。. 音連動ledスピーカーを探していて、いままで見つけたのはどれも安物でただ光るだけで音質が悪く、満足できませんでした。ですが、つい最近このスピーカーを見つけて、早速購入しました。届いてすぐ使ってみると、なかなかの音質で、ビート(低音)にledが連動して光り、とてもカッコイイです!!ledの点灯のパターンは3種類あり、少しずつ違う色に変化するモード、音楽に連動して変化するモード、普通のスピーカーと同じく、ledを点灯しないモードがあります。でも、一番は音楽に連動して変化するモードが気に入っています!ちなみに、音を出さないときは、自動的に少しずつ違う色に変化するモードに変わります。あと、bassブースト切り替えスイッチがスピーカーの後ろについていて、迫力のある低音にすることができます。. 初のモニタースピーカーを購入しましたが、ヌマークということでモニターというか低音に味付けされてる感じかと思っていたら結構ノイズは混ざるし…という感じです。エージングもかなりしているのですが改善されないのでこれ特有のものなんだと思います。また電源が切れてる入ってる関わらず「ミー」って音がしています。. Bassモードで重低音がすごくて満足。ledの3パターンのモードで、音に合わせて光るモードはとてもテンションが上がります。オススメします。. アマゾンを利用し始めて4年近く経ちましたが初の初期不良品に当たってしまいました. 購入後試しに音出しした当初、音にリンクしてledが変わるビートシンクモードは正常に機能していましたがセッティングを終えた後このモードがスローチェンジモードと同じ挙動になっていました. 初期不良がこれだけならマシですが、自分のスピーカーは一時間間隔に一回は音を出していても電源が数秒間落ちます. (仕様なのかは不明です)ledの光量はとても良いです、部屋に置いているだけで映えます。肝心の音ですが自分はモニタースピーカーを使用したことがないので音の寄りはわかりませんが低音は背面のスイッチでブーストできるので手軽に迫力のある音を出すことができます。交換をしようとしましたが手間がかかったり無駄な出費が増えるだけなので音が出るだけマシと思って使っています. メーカーより 精度の高いパワフルなサウンド コンパクトながらパワフルな音声出力を実現した、2ウェイ・パワードモニター。 1インチ・シルクドーム・ツィーターと5¼インチ・ウーファー、40Wのパワーアンプを搭載し、クリアでダイナミックなサウンドを提供。 LEDイルミネーション ウーファーとツィーター部分に、点灯モードを切り替え可能なマルチカラーLEDイルミネーションを装備。 パルス(ビートと同期)、スローサイクル、オフの3つのLEDイルミネーション・モードが設定可能。 場所を問わず対応 パワフルな低音を実現するBASS […]

Read More

Denon Professional (デノンプロ) Denon Professional アンプ内蔵 モニタースピーカー DN-304S – very good

素晴らしいスピーカーですね!レビューも一通り見てサイズやらなにやら調べて買ったんですが実物が想像より大きかったですwそれは全然問題ないので音のレビューをします!タイトル通り今まで聞いてきたスピーカーで一番いい音でした!今スピーカーは6個ほど持っており、2. 1chが1つ、モニタースピーカーが1つです。メーカーもyamahaやらsonyやら色々です。モニタースピーカーはmackieのcr3だけですが、個人的な感想ですがcr3より良いですね!まずイコライザーをイジらなくても高音と中音がしっかり出てることですね!イコライザー使ってたのですが、このスピーカーに変えたらイコライザーを使わなくなりました!低音ですが控えめです、それでもcr3よりは出てると思います^^一番驚いたのが、スピーカーを前じゃなく自分の方を向けて左右に置いてるのですが、音楽を流すとまるで前からも音が出ているのではないかってほど音の広がりがすごいです!ユニットも特に大きいわけではないのに、こんなに音が広がってくれると聞いててとても心地よいです!皆さんが高評価する気持ちも分かります!あとイヤホンとauxが前に付いてるのもとてもいいです!まだ使い始めたばかりなのでメリットしか感じてないのですが、もう少し使用して改めて追記でレビューしたいと思います!今回cr3が比べる対象になって、cr3が劣ってるようなレビューになってしまいましたが、cr3も癖のない素直な音ですのでオススメです!素敵な商品ありがとうございました!. 低音もそこそこでて、高音も文句無いと思います。前まではウハーも使ってましたが、これで十分なのでウハーは撤去しました。. 本体は単純で、高音低音を操作する必要がない程バランス良く、20ワットの出力は大きい。低音が十分。アンプ付き安価LPプレーヤーに繋いでも実用的でしたが、7,1チャンネルのデノンアンプとデノンスピーカーでLPを聴くと差があるので、パソコン専用とし大活躍しています。. プロジェクターでミュージックビデオを見るために購入しました。皆さんが書かれているように低音が凄く出ます。しかしちょっと出すぎてボリュームを上げると、本体が軽いため共振で中音と高音が濁ってしまいます。そこで置く台にコンクリートのタイルを敷き、上に鉛で重しをしました。こうすることで共振が抑えられ、中音と高音がアップし、低音にもキレが出ました。メインシステムではjblの4312xpを使用しているのですが、こんなキレの良い低音はでません。まさに今流行りのedmに最適です。この音はサブウーハーやboseのスピーカーのようにダクトから出てくる不明瞭な低音とはまるで違います。少しセッティングに工夫が必要ですがとても良い買い物でした。. テレビのスピーカーとして使ってます。迫力のある音になって満足です。やや低音が大きいかな~.  今朝届いて、同日午後4時頃からpcにつないでcdで音楽聴いています。pc用のスピーカーが古いのでその代わりに買いました。 今、聞いているのは1970~77年に録音されたジャズピアノの古い音ものなのですが、音がクリアで驚いています。もっとボリュームあげてみたいのですが、近所迷惑になりそうで、絞って聴いているのですが、それでも良い音です(私の耳がさほど洗練されていないこともありますが)。満足というより、ただただ今はこれが12,800円で買えるのかという感想です。20年前に自分としては精一杯奮発してビクターの1本8万円位したスピーカーを買ったのですが(ほとんど聴いていない)、ヤフオクに出してもたいした値段は付かないでしょうね。今は2本で1万円そこそこでこれだけの商品が手に入るのですから。ただただびっくりです。今日が初日であり耐久性はコメントできませんので、評点には含まれていません。 尚、スピーカーのオンオフのスイッチが背面にあるため、ホームセンターでスイッチ付の延長コードにつないで手元でオンオフできるようにしました。前のPC用スピーカーはオンにしておくとザーというノイズがするようになっていたためです。今回買ったdenonのスピーカーはオンにしておいてもそのようなノイズ音は発生していませんが。. 従来使ってきたカラオケプレーヤーのスピーカー出力が5W×2では物足りず、アンプ、スピーカー出力120W×2使って再生してきた。しかし、別室でもプレーヤーを使いたくて、みなさんのレビューを参考にして、アンプ内蔵型のスピーカーの本品を購入した。総合出力40W、高音、重低音のバランスもよく、耳に快い。これなら友人にも自信をもって紹介できる。接続も簡単であり、小柄ながら優れものだ。ただし、音量調整つまみの起点の表示やイヤホン、AUXの表示を見やすくしたい。説明書も日本語版を用意してほしいものだ。. 絶対に買わない方がイイですよ!!理由としては音がよく途切れ(プツプツ)って音が鳴ります!!おそらく、好評可を押している人達は「工作員」です!!騙されないで下さい!!. 利点と欠点 メリット コスパに優れたモニタースピーカー 小柄ながら優れもの キレのある低音でEDMに最適 デメリット コスパに優れてる。音もちゃんとしてる。さすがdenon最高です。dtmのモニターとして色々なメーカー使いましたが、このクラスのモニターで制作用に適してます。低音の鳴り方とかも分かるし、低くても音像が歪みません。10wクラスでこんな素晴らしいモニター新発売した事に、技術って進歩するんだなぁと、つくづく思いました。レビュー参考にして良かったです。おすすめです!. コストパフォーマンスに優れた期待通りの商品で、満足しています。. 音楽再生後の無音時、または、再生中の静かな部分で、「チューチュー」というノイズ音が入りました。再生機器を変えたり、部屋(コンセント)を変えたりしましたが、改善せず。所有している他のアクティブスピーカー、あるいは、アンプ+パッシブスピーカーでは、このようなノイズは入りません。返品しました。初期不良だったのかと思いますが、参考まで。製品検査の規格が甘いか、ノイズ試験をしていないのかと思われます。. 価格以上の音質だと思います。デザインも、いいです。高音も良く通りますし、低音の響きもいいです。大きさも、ちょうどいいぐらいの大きさです。ただ、電源on,offのスイッチが裏側に付いているのが不便です。前に付いているボリュームの、つまみが小さくて回しずらく、ちょっと安っぽく感じます。まあ、値段からすると、スイッチまでこだわるのも無理なことでしょうね。. 音の解像度が高い。普段はモニタースピーカーとして使っているが、大きい会場で映像の音を大音量で流すのにも重宝した。この値段にしては非常に良いスピーカー。. 値段なりの上級だと思います。midiピアノのモニター出力で使用する目的で購入しましたが、gainを上げると出力音量が制限されるし、また入力レベルを押さえると出力音量に不満が残ります。大音量でモニターしたい場合には不向きですが、小〜中音量であれば再現性も高く不満は殆どありません。あくまで家庭用のモニタースピーカーといった使用目的であれば、コストパフォーマンスも高く良くできた製品だと思います。. いい音です。ただ、電源を入れたり、音量調節するのに、できればリモコンがあるとなおいいですね。. 一昔前なら、ペアで何十万円もしたであろう音質です。私は解像度の高いスピーカーが好きですが、そういうスピーカーは概して音の線が細い傾向があります。このスピーカーは解像度が高く、音源の粗さもそのまま露にするようなモニター的な性格がありますが、一方、低音もよく出るので、音の本来の太さが維持されます。低音はあいまいではなく、明確です。ただし、棚の上に置いたりすると、棚などが共鳴して低音が誇張され、しかも低音の明確さが損なわれます。このスピーカーは、スピーカー台の上に設置するなど、設置の仕方に配慮しないと、その真価がわからないでしょう。壁との距離も考慮しなければならないでしょう。私はこのスピーカーをよい条件で設置できないので、グラフィックイコライザーを買い、音質を調整しました。そういう投資をしても構わないと思わせるほどに素晴らしいスピーカーです。. パソコンのモニタースピーカーとして使用しておりますが、流石、denonです。pc用のスピーカーとは比較になりません、pc用としては大きいのでスペースが確保できればお勧めします。. 特徴 Denon Professional アンプ内蔵 モニタースピーカー DN-304S モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 2ウェイ・デスクトップ・リファレンス・スピーカ(L/Rペア)。 メディア制作スタジオや教育、ビジネスの現場、施設などで活躍。 クラスA/Bアーキテクチャを採用した各チャンネル20Wのアンプ。 ゲーム・システム、DJ機材、ミキサー、アンプ、楽器等を接続するためのRCA入力端子装備。 オーディオ・ソースを接続するためのステレオAUX入力端子、ヘッドホン出力端子装備。 メーカーより サイズ(W x H x D): 約146 x 213 x 188mm 重量:約3.43kg 高音質高出力のパワード・スピーカー DN-304Sはコンパクトなボディからは想像ができない、コンパクトなパワード・スピーカーです。 この上なくクリアな高音から、深みのある豊かな低音まで、フルレンジで再生します。 限られたスペースでのメディア制作に適している他、CD、MP3、DVD、そしてゲームサウンドなど、想像を超える音響性能を提供します。 スタジオ・グレードのスピーカー オーディオ・マニアも認めるクラスA/Bアンプ構成、磁性流体冷却式の1インチドーム型シルク振動板ツィーターなど、プロフェッショナル・スタジオ・スピーカーと同等の素材と精密電子機器で製造されています。 […]

Read More

FOSTEX かんすぴ スピーカーシステム ハイレゾ対応 P804-S

もう少し結線の長さが欲しい。後15センチあればもっと使い道広がる。. Denon m40という1万ほどのスピーカーから乗り換えパソコンからdac soundfort ds-200 アンプnfj fx1002jという構成です最初はパイオニアcn301を候補にしてたのですがこちらも何となく気になって視聴もせず買って聞き比べしましたまず一聴してm40とはレベルが違い一安心。最初は低音がボワボワしてたけどある程度鳴らしたら引締まりさらに鳴らしていくと高音も伸びてきましたそしてcn301との比較ですが高音 :cn301はよく伸び繊細さを感じる。p804はよく伸び刺さらずまろやか。籠った感じはしない中音(ヴォーカル) :ここがこのスピーカーのアドヴァンテージ。cn301は薄くカサついた感じでイマイチ。p804はヴォーカルが前に出てきてナチュラルで程よく厚みがあり滑らかで聴いてて心地いい。女性ヴォーカルが伸びやかで最高低音 :cn301はウーハーいらずでパワフル。p804はスペックの通り60hz以下は出ないがボワつきのない十分な量が出てる全体バランスはcn301はフラットな中高音+ブーストされた低音。p804は高~低音が滑らかに繋がったカマボコに感じる解像度はcn301の方が高いがp804も十分なレベルcn301がクリアーに良いも悪いも原音再生するモニターライクスピーカーなら、p804はクリアーかつマイルドに悪い音でもそれなりに補正してくれるリスニングスピーカー聴くジャンルがヴォーカル主体のポップスで、パソコンであまり音質の良くないyoutube、ストリーミングもよく聴く私にはp804のほうが好みでした。もちろん良い音源ならさらに最高に鳴らしてくれます*評価はデスク上で使える大きさ、価格を考慮したものです。追記:三カ月ほど鳴らし当初より高音も伸びるようになったのでちょっと編集しました重低音を聞きたい時以外はヘッドホンの出番はなくなりました. 手元にあるdaliのspektor1よりも音が全体的に柔らかく、聴き心地が良いです。spektor1だと高音がうるさく感じるような曲でも問題なく聴けます。底面バスレフのおかげで設置場所も選びませんし、買って良かったと思います。. ここ数ヶ月、これより少し大きいウーファーの口径12~13センチのスピーカーを5機種ほど手に入れてみましたが、どれも納得のいく音ではありませんでした。どれも評価の高い機種のはずなのに、どうしてなんだろう?と考え込んでしまったのですが、おそらく、作り手としてはスピーカーとの距離が1.5m~1.7mというニアフィールドは想定していなくて、少なくとも2.5メートルは離れて聴くことを想定して、音作りをしているのだろうな、と自分なりに結論づけることにしました。そこで、ニアフィールドでの評価の高い、かんすぴシリーズの中で一番大きな、この機種を聴いてみることにしました。見た目は、今まで使用していたスピーカー達の方がずっと高級感あります。筐体はもちろん、スピーカーユニットもかっこいい。でも、このスピーカーから出てきた音を聴いた瞬間、「あっ、これいい!」と感じ、昨日まで聴いていたスピーカー2機種を箱にしまいました。近いうち手放すことになると思います。鳴らし始めたばかりなのに、高音の耳障りがいいんです。鼓膜にまとわりつく嫌な周波数の歪んだ音を見事に抑え込みながら、こもりのない抜けのいい音を聴かせてくれます。しかも低音の鳴りっぷりも見事です。このサイズのこんなに軽いスピーカーから出てくる音とは思えません。地味なルックスから、なかなか食指が動かなかったのですが、ようやく自分好みのスピーカーを見つけることができました。やっぱりFOSTEXって、いいもの作りますね。. マンション住まいなので、その一室では十分すぎる位に音を鳴らすことができます。音質はフラットで癖が無いと思います。バスレフの構造も、理にかなっていて、スピーカ台が不要なコンパクトな設計はとても良いと思います。こだわりが特に無い方で、このサイズのスピーカをお求めであれば、おすすめです。. 今までケースの高さ60㎝、30㎝のウーファーsystemを使用していましたが、これが古かったので、fostexの製品はほとんど変わらない音が出ております。小さくてよい音です。. さすがフォステクスですね。比較対象が難しいですがとてもいい音しています。. S-cn301-lr、p803-sと比較ニアフィールドとして検討中、4つのスピーカーから選んだ。まずこのp804-sはボーカル表現が秀逸。聴き疲れしないというレベルではなく、前面にでてきてpcモニターから「面」で出てくる感じ。中音はピカイチ。低音もタップリと出てくるが、エージングしても若干ボワついていた。この点はニアフィールドと考えると、p803-sの方が引き締まっており、同じ音量で聞いた場合、p804-sはボワついている。s-cn301の方が引き締まって出ると感じる人もいるが、s-cn301は乾いた「バスレフ穴から空気が抜けた」音が出る。低音と重なって「バスレフ穴のフチに空気が引っかかった箱鳴り」の音が出る。またs-301nはあまりに高音が細く、女性ボーカルがか細く聞こえる。言うまでもないことだが、女性ボーカルは「中音」である。もっと言えば「中音の下」である。無理に出した低音と高音の狭間で女性ボーカルが完全に埋もれてしまっている。総合的にp803-sに軍配が上がる。. 長所と短所 利点 コンパクトで高品質 すぐれもん 小さいのに音がよい。 欠点  アマゾンecho dotというスマートスピーカーで「アレクサ、○○かけて。」でなるべくいい音で聴きたいと思い、 ap20dというミニアンプと同時に購入。目的は達成され、もちろんスマートスピーカー単独よりいいのだが、「なんだかなあ。」という感じ。amazon music自体の音質の問題もあるが、音が楽しくない。パイオニアのs-cn301-lrに音の傾向は似ている。若干こちらの方が抜けのいい感じではある。小口径で小さな箱で低能率、ソフトドーム。いくら1万円台でも、もっと鳴ってくれる楽しく聴けるスピーカーはできないものかな。まさか、こんなスピーカーに10万クラスのアンプあてがう訳にもいかないだろうに。ハイレゾ対応とか歌っていながら、何がどうなの?出てくる音は平板に聞こえるんだが。ボーカルのニュアンスや楽器の響き、ダイナミックさが、あんな低能率では表現できないんじゃないんだろうか。 . 今までonkyoの gx-d90を使っていてましたが、pcで音楽を聴くことが多く、usb dacをfostexのhpa4を使用していて、結構気に入っていたので、最近発売したこのスピーカーと、同じくハイレゾ対応ap20dのアンプをセットで買いました。お値段の割に、音場感が良く楽器の位置も分かるような鳴り方で、音も優しさ、温かみのある鳴り方で解像度も良いので、クラシックオンリーの自分にピッタリで気に入りました。 買ったばかりでの印象ですがヴァイオリンあたりの音域が得意なような気がします。 さすがにサイズが小型なので、やはりfostexの一番安価のサブウーファーを追加注文したところです。大音量で聴くこともなく、オーケストラよりソロ楽器や室内楽系を聴き疲れない音量で聞くので、その分にはとても表現力が高く、コストパフォーマンスはとても高いと思います。 生々しい音量で聞きたい場合は、やはりスピーカーで聞くのではなく、ホールへ聴きに行くのが良いのではないかと思います。 2,3年前に10~20万円台の海外のスピーカーを買いましたが、それと聴き比べても大差がないような表現力があるような気がします。 もしかしたら同社のアンプap20dとの相性も良いのかもしれません。 いろいろ気に入りました。追記(2017/05/26):サブウーファーのpm-submini2を足したところ(ウーファーのボリュームは、このスピーカーよりやや後ろ置きにしたのでmaxにあげました)、適度に低音が足されて、普段聴きには丁度良く聴けます。 重低音をお好みの方向きではないと思われます。. の特徴 Fostex かんすぴ スピーカーシステム ハイレゾ対応 P804-S モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 付属品 : スピーカーケーブル(1.5m)×2 形式 : 2ウェイバスレフ型 最大許容入力 : 60W インピーダンス : 4Ω 再生周波数帯域 : 60Hz~40kHz(-10dB) […]

Read More

MACKIE マッキー Bluetooth対応クリエイティブリファレンスモニター CR4BT ペア販売 国内正規品 – 発熱 故障

Jbl cas-33からの買い替え。不満はなかったのですが、音に飽きて新調。上から下(ちょい強め)までしっかり鳴るし、上記機からの確実なアップグレードを実感。大音量でも微音量でもちゃんと聞こえる、良い!追記:広い部屋に引っ越した途端ウーファーが欲しくなった、誰か相性の良い製品を教えて下さいw. Boseのcompanion20を購入したのですが、好みの音でなかったので急いで評価の良い商品を探しました。日本だけでなくアメリカでもかなり人気で評価も高い製品でした。(アメリカのamazonではレビューも1000件を超える人気商品です)モニタースピーカーというのを使うのは初めてで、モニター用途ではなく音楽や映画を楽しむような使い方ですが大変満足しています。そこそこ大きさがあるからかと思いますが、部屋の離れた場所でもしっかりと音が耳に届きます。夜中に小さな音にしても、大音量で音楽をかけてもいい音で鳴らしてくれます。丁度よくクリアでバランスの良いサウンドです。最初は長らくboseなどの強調された低音になれてしまったせいか低音が物足りなく感じましたが、しばらく使い、色んな曲を聴いて見直しました!安いスピーカーやイヤホンでは鳴らしきれない音域までしっかり鳴ってびっくりしました。手頃な価格で満足のいくスピーカーを手に入れたい方にはおすすめです!今はこれで満足しているので、pcスピーカーにこれ以上お金をかけようとは思いません。. Bluetooth対応でワイヤレスで音楽が楽しめます。しかもスタジオモニター並みのサウンドで高域から低域までしっかり再生されます。この価格でこの機能、高音質。自宅のオーディオ環境が一新します。. 箱を開封して5分で音楽が聞けるほどシンプルな作りになっていて便利。bluetoothの接続もサクサク。音質はそこそこ。低音がもう少し欲しいし、曲によっては稀にエレキギターやコーラスの音が割れる(?)事もあるが妥協。スピーカーに手を出してみたい人にはオススメかも。. イヤフォンジャック→スピーカーの接続用ケーブルも付属しています。スピーカーの音質も良し!デザインもgoodbluetooth接続機能も有るので設置場所の自由度は非常に高いと思いますよ!!. 某音楽系web通販サイト〇〇ハウスで購入しましたが電源onでコンセントに繋いだままだと発熱がすごく内部配線がショートしたのか音を出してる時にバンって破裂音がなったり最終的に電源がつかなくなりました。半年でこうゆう症状がでて2年で電源がつかなくなりました. 購入後しばらくは問題ありませんでしたが、1ヶ月ほど使用したところで片方のスピーカーから音が出なくなりました。r/lのメインを切り替えるスイッチを変えると、メインにしたスピーカーからのみ音が出る状態です。配線をつなぎ直すなど試したが改善されませんでした。他の機器にも有線でつなぎ確認しましたが、どの機器につないでも同じ現状が発生するのでスピーカー側の問題と思います。安い買い物ではないので買わなければ良かったと非常に後悔しています。追記:他サイトのレビューでも1ヶ月くらいで音が鳴らなくなったと評価が見受けられました。※商品の型番で検索すればすぐに見つかると思います…このことを踏まえてご購入されることをお勧めします。メーカー問い合わせで1年内であれば保証は効きそうなので、これから試して進展あればまたレビューします。. 思ったよりコンパクトでしたが、音量・音質とも問題ありません。一度設置すれば、あとはフロントで操作できるのも便利です。サイズ表記がないので、調べるのにちょっと手間がかかりました。. 利点と欠点 メリット ブルーツゥースでここまで分離がいいとは。 片方のスピーカーからしか音が出ません 大満足(追記あり) デメリット 昔はレコーディングスタジオで仕事してました。モニターのアンプ内蔵、ブルーツゥース対応で検索してたまたま見つけて海外のサイトでも評判良さげで騙されたつもりで買いました。iphone音からのブルーツゥースでもの音の解像度は良いので心地よくきけます。アンプ内蔵で複雑な配線が無いので、セッティングがラクラクです。ドンシャリではないので、低音が足らない人は一回り上のサイズを買った方がいいです。. 特徴 MACKIE マッキー Bluetooth対応クリエイティブリファレンスモニター CR4BT ペア販売 国内正規品 モデル番号を入力してください これが適合するか確認: Bluetoothでワイヤレスミュージックストリーミングが可能。スマートフォンやタブレットなどをペアリングし単に音楽を楽しむこともできますし、ミックス前、ミックス後の違いを聞き比べることも可能。 スタジオモニター並みのデザインと音質、パフォーマンスをマルチメディアモニタースピーカーで実現。最適なサウンドを作り出すためにプロフェッショナルグレードのパーツを採用。 クリーンで明瞭度の高いステレオサウンドを実現する50Wパワーアンプ。4インチポリプロピレンコートウーファー。0.75インチ磁性流体冷却式シルクドームツイーター。 フルレンジマルチメディア向けの超ワイド周波数特性(70Hz~20KHz)。アンプ内蔵スピーカーをL/Rどちらに設置しても大丈夫なようにスピーカーL/R切替スイッチを搭載。 オンオフボリュームコントロール、スマートホン等音源を接続できすぐに再生可能な入力端子、スピーカー出力をシャットダウンしヘッドホンボリュームコントロール可能なヘッドホン端子をフロントパネルに装備。 メーカーより 拡大表示 お手ごろ価格で プロフェッショナルサウンドクォリティーを実現 Mackie CR4BT ホームスタジオやマルチメディアモニター、音楽制作から放送局まで培ってきたMackieスタジオモニター技術を採用したCRマルチメディアモニタースピーカーは高額な予算を費やすことなく高品位なサウンドを実現しました。また使い勝手のよいフロントパネルコントロールを採用し、さらにワイヤレスミュージックストリーミングが可能なBluetoothを2モデルに採用。さまざまな用途に対応したデスクトップモニタースピーカー、それがMackie Creative Reference マルチメディアモニタースピーカーです。 拡大表示 仕事においても 遊びにおいても CRモニタースピーカーは典型的な高価なスタジオモニターでしかありえなかった高品位なパーツを採用し、プロフェッショナルな製造工程で生産していますが、手ごろな価格とコンパクトデザインを実現しました。マルチメディア制作作業を行っていたと思ったら、もう飽きてしまってストリーミング配信を見てしまってますね。Mackie CRモニタースピーカーは映像・音楽制作でも、ストリーミング配信視聴用としてもどちらでも使えるスタジオモニター並みのクォリティーを再現してくれるモニタースピーカーです。 CRシリーズマルチメディアモニターだけがなぜ映像音楽制作だけでなくエンターテーメント用途など柔軟でさまざまな用途で使用できる理由 拡大表示 拡大表示 拡大表示 拡大表示 ワイヤレスストリーミングBluetooth接続 CR4BTとCR5BTはBluetoothでワイヤレスミュージックストリーミングが可能です。スマートフォンやタブレット、その他Bluetooth対応デバイスをペアリングし単に音楽を楽しむこともできますし、ミックス前、ミックス後の違いを聞き比べるのにも役立つでしょう。 サウンド 高品位なパーツを採用 高出力のスピーカードライバーユニットとスタジオモニターで採用されているウェーブガイドシステム、木製キャビネットを採用したCRシリーズは真のプロフェッショナルモニターです。同価格帯のモニタースピーカーとは一線を画したモニタースピーカー。それがMackie […]

Read More

PreSonus プリソーナス モニタースピーカー Eris E4

Presonusはdawもaudioifも評判いいし予算の関係で2万ぐらいと決めてたので購入。 前のスピーカーはhs50mだったのですが、特に劣るところがありません、むしろこちらの方が良い。コストパフォーマンスに優れています。時間があればスピーカーケーブルを変えてみて、音質が更に上がればいいなと楽しみにしています。. 以前使っていたスピーカーより、引き締まったモニターライクな音で、とてもいい音です。追記:変なノイズが頻繁になるようになったので、評価を下げました。いろいろ試しましたが、おそらくアンプが原因のノイズだと思います。再追記:ノイズの原因が分かりました。原因は「特定のスマホ(xperia)のwi-fiの電波」でした。iphoneやその他android機種で試してみたものの、xperiaでのみ変なノイズが確認できました。対処法として、xperiaを機内モードにするか、スピーカーから1m以上は離さないとノイズがでます。こんなことは初めての現象でしたので、発見が遅れました…別にxperiaを批判しようとしている訳ではないのですが、xperiaにはいい思い出がないので、まさかなと思った矢先に…. Eris シリーズは本製品の他にe5 とe8 があり数字が大きいほどサイズ、対応周波数などが大きいです。詳細は以下のurl に記載されています。 http://www. Com/products/eris/techspecs配置できる場所が限られている場合はe4. 5 を購入しても音質的に充分満足できると思います。使用用途はdtm からリスニングまで対応できるバランスを兼ね備えてます。説明書にスピーカの配置・設定例などが記載されているのもとても好感が持てました。aux in 用の両端が3. 5mm のケーブルが付属しているので本製品を購入するだけで、すぐに再生できます。. 良いと思います!確かに後面バスレフですので設置には気を付けなければ活けませんが、それにしても最初ベッドの上に置いて試しに聴いてみたら、上から下まで出音に癖が無く設置面を気にせず音が聴けるのは魅力です。今度はスタンドに置いて聴いて見ようかな と考えています。. メーカーの名前は前から知ってたんですけど、「この価格帯でどこまでの音が出せるんだろう?」と思って気になって購入しました。結果、大変満足です。音のひとつひとつが聴きやすかったり、音の広がりみたいな、そういうのに凄くビックリさせられたかな。近々、presonusのウーファーの購入も検討してるんで、一緒に鳴らした時にどうなるのか凄い楽しみです。追記:後日、presonusのtemblor t8とstudio 2|6(普通のusb版で、usb-cのじゃないやつ)を購入し繋いでみたところ、dtm(daw)だけではなく、音楽鑑賞にもdvdを視聴する際にも使用してますが、個人的には扱いやすいし、音が最高に良いのでオススメです。ただ一つだけ難点があって、前にはamazonでも取り扱ってたけどtemblor t8を取り扱ってるショップが少なく、mi7 storeからの購入とか、取り扱ってる楽器屋のサイトを探すしかないかもです。. モニタースピーカーとしては安価な部類で、あまり期待していなかったのですが設置してみてびっくり。コンパクトながら良い音、低音もしっかり出ます。音の分解能と言うか解像度がかなり向上して今まで聞こえなかった小さい音も聞こえるようになりました。壁の近くや部屋の隅等設置環境を考慮して低・中・高音をチューニング出来るのも良いと思います。. インターフェイスからモニアリングヘッドフォンと全てプリソーナスで統一して使ってます!サイズも音も満足しています。お気に入りのブランドがプリソーナスです。音の立体感にも満足してます。. サウンドハウスで買いましたが、右のスピーカーから度々音が出なくなることがあります。見た目はオシャレで好きなのですが、音が出たり出なかったり、頭きますよーもぉう. 長所と短所 利点 コスパ的に最高かもしれない 追記あり 全体的に良い!でも残念、、、 誰が聴いても、 欠点 の特徴 PreSonus プリソーナス モニタースピーカー Eris E4.5(ペア) モデル番号を入力してください これが適合するか確認: タイトなベース、クリアなアッパーエンド、極めて正確なレスポンス デザインに優れたKevlar 低域トランスデューサー、低質量シルクドーム・ツイーター レスポンシブなクラスA/Bアンプ、プロフェッショナルな音響調整コントロール メーカーより ■ミュージシャンのニーズに合わせて3つのモデルから選択が可能 プリソーナスが開発したErisはプロフェッショナルな音響調整コントロール、レスポンシブなクラスA/Bアンプ、低域のトランスデューサー、低質量のシルクドーム・ツイーターを搭載した高品質なモニター・スピーカーです。Erisは、タイトなベース、クリアなアッパーエンドを持ち、極めて自然で正確なレスポンスをもたらすことが可能となっています。また、ErisシリーズはE4.5、E5、E8という3モデルが用意されています。ミュージシャンのニーズに合わせて、ベストなモデルを選択可能です。 ■ErisE4.5はコンパクトながらも優秀な音響コントロール機能を搭載 ErisE4.5は163ミリ×241ミリ×180ミリというコンパクトなサイズのモニター・スピーカーです。また、アクティブ・ユニットとパシッブ・ユニットを含めた質量も5.9キログラムと軽量であり、持ち運びに大変便利となっています。スタジオに設置する際にも広いスペースを確保する必要がありません。また、ErisE4.5は25WクラスA/Bアンプが内蔵された4.5インチKevlar低域ドライバー、25mmのシルクドーム・ツイーターが搭載されているため、コンパクトな見た目に反してクリアでサウンドを生み出すことができます。ミッドレンジ、HF、ハイパス、AcousticSpaceなど、音響コントロール機能も充実しています。 ■バリエーションのスピーカーのサウンドを再現可能 モニター・スピーカーの基本は入力ゲインのコントロールですが、Erisでは、アコースティック・チューニング・セクションにHigh、Mid、LowCutoffという3つのEQコントロールが用意されています。これらのコントロールの組み合わせにより、カーステレオやポータブル・ラジオなど、さまざまなバリエーションのスピーカーのサウンドを再現することが可能です。また、Erisにはこれらのコントロールに加えて、3方向のアコースティック・スペース・スイッチがあり、800Hz未満の全ての帯域のレベルを指定量だけカットしたり、壁や隅の壁の近くに配置されているスピーカーの境界低域ブーストを補正する役割を持つ二次のローシェルビング・フィルターをコントロールする事が出来ます。Erisはさまざまなシーンで活躍する汎用性の高いモニター・スピーカーです。 Presented by 藤本健のDTMステーション DTM、デジタルレコーディング情報サイト『藤本健のDTMステーション』 (http://www.dtmstation.com) […]

Read More

IK Multimedia(アイケーマルチメディア) IK Multimedia iLoud Micro Monitor コンパクト・リファレンス・モニター IP-ILOUD-MM-IN【国内正規品】 – Great sound, no regrets

メーカーサイトの周波数特性グラフは本当なのか?と疑いたくなります。(どういう条件で測定したんだろう?)値段や、サイズに比べて、音が大きくてローが下まで伸びているというだけで、これでリバーブの残響成分の設定をするとひどい目にあいます。dtmでミックスダウンには使えません。genericの8010と比較しましたが、お値段はあちらのほうが倍近くし、ローエンドも伸びていません。でも、中低域から最高域までの繋がりは流石に素直で質が良い、それと比べると甘々な特性です。男性ボーカル帯域からシンバルまでの特性は全く当てになりません。edm系でも、808系のロングキックをモニターすると、過大入力せず、パワーアンプもクリップしていないのに、バスレフポートからポート鳴りが「ボリボリ・・・・」とします。このスピーカーの使いみちはliveでのニアーモニターとか位でしょうか。後、これは自分の使用環境によりますが、低域が一番良く届くのはスピーカー面から1. 7m位なので、デスクに置いて近くで低域のバランスを取ると、全然違ったものになります。とは言っても値段と小ささを考えれば品切れは納得できますが、レコーディングのリファレンスには成り得ない音だと思います。それを狙って購入を考えている人は思いとどまったほうが良いと思います。なにせ自分は初期不良かと思ってメーカーに送りつけて調べてもらったくらいですから。《後日談》後日、キャリブレーションソフトウェアで大雑把ですが特性をとってみたので添付します。多少の凸凹は設置場所に左右されるので当然出てきますが、直線性の高い高域特性の落ち方はニアフィールドで測定しているので他の影響要因は少ないと思われこの製品のスペックでしょう。1キロヘルツから2キロヘルツ付近の多きな落ち込みは、設置場所の影響もありますが、低音域ならいざしらずこの辺りの音域でこれだけディップがあるのは、これも製品のスペックでしょう。オーディオインターフェイスの特性を差し引いて考えてもこれではそのままでミキシングには使えないのは当然だったと思います。キャリブレーションで特性はフラットにできても、ボリボリのポート鳴りは取れませんので無理な設計は勘弁してほしいなぁ。。. Macpro late2013と使ってますが、bluetoothの接続が途切れてしまいます。pc再起動で復活したりしてましたが、最近それも今ひとつです。先日サポートに検品してもらいましたが、問題ないと帰ってきました。再度サポートへ動画を送りましたが、見てもらってないようでこのままスルーされそうな空気です。。。とても残念です。. モニタースピーカーを探している時に友人から教えてもらい購入。サイズの割にはかなりパワーあり。コンパクトなので、スペースもとらずちょうど良いサイズに満足しています。bluetoothもついているので、意外とこれが便利で使っています。. ブラックフライデーにて購入。フォルム、音質、申し分ないです。. よくもまぁこの小さなサイズでここまでの音が出せるスピーカーを作れたものだなぁと感じます。dtm・ミキシングにおいて、どうしても設置スペースが制限される場所であったり、持ち運び用途で使用される方には現在最良の選択なんじゃ無いでしょうか?音質については、やはりボワつくギリギリ手前まで出している低音がやや強すぎるのを感じますが、ここまでのアピール感が無いと売れないから仕方ないかな。「こんなに小さいのにすごいね」ってパッと聴いた視聴の段階で思わせないと中々印象に残り難いですからね。。。個人的にはそこのアピールよりもう少し”フラット”を追求して欲しかったところですが、それでも設計した方々のセンスは非常に高いと思います。細かいところを言うと、低音から中音域の繋がりの不足感や、筐体が小さいから故に出てしまう「無理してる」感は否めませんが、他のモニタースピーカーでは置けない場所、動かせない場所に設置出来る事が大きな強みです。ただ、ちょっときつい言い方ですが、持ち運ぶ予定がなかったり設置スペースがあるなら、あと1〜2万円程足して他のモニターを使われた方が仕事ははかどるかと思います。もちろんクリエイティブな現場においてはmacbook proとこのスピーカーで、スッキリした環境で気持ちよく業務にあたる事も良い事だと思いますし、パソコンのディスプレイの横に圧迫感のあるモニターが鎮座していると爽やかではないので、これはこれで良いかな。発売から数年が経ちますが、bluetoothの規格も上がっている事ですし優秀なチップも出ていますので、そちらのアップデートと筐体の剛性や品質を少し上げて後継機を出して頂ければ、すぐにでも乗り換えますw. スピーカーに詳しくはないが、小型の割に色々な音が鳴る気がする。質感も悪くなく、性能・ビジュアルともにとてもコスパが高いと思う。. Pcに接続する小さめのスピーカーを探していて、この製品を見つけました。たいがいのpc用スピーカーはサイズが小さいとチープな音ですが、これは小さなサイズなのに良い音が出ます。机上のスペースが狭くて大きなスピーカーを置けないが、ある程度良い音を聴きたいと思っている方にはおすすめです。価格はそれなりにしますが、価格相応の機能だと思います。. コンパクトなスピーカーというのは通常、極端な高域や低域は出ないものですが、これはしっかり聞こえる。わかる人にはわかるが808のロングディケイのキックがコンプなしで「ブーン」と聞こえる。数千円の安物から買い替えれば、あまりの音の違いに、しばらくは耳が疲れるかもしれない。コンパクトなモニタースピーカーというと高価なものばかりなのですが、このサイズでこの価格は安い。省スペースを維持しつつ高音質で聞きたい人にはぴったりです。おまけのブルートゥースは音質は普通ですが、スマホでストリーミングを聴く程度なら手軽で十分です。. 利点と欠点 メリット 迫力ある音だが コンパクト 音は良いがホワイトノイズが気になる デメリット 本当にバランス良く、クリアな音で聴く事が出来ます。これからのスタンダードになり得る位の性能ではないでしょうか?この音質なら上位のmtmも非常に興味があります。bluetoothについては、始めからそんな物で聴く気がないので試していませんが…。ただ1点、何処かのレビューでもありましたが裏面の端子接続部の強度に難があります。接続するコードの重さに耐えられない位弱いので、環境によっては接続するコードを支える工夫が必要です。注意点はそこだけです。. 全く問題なし、安心で、これから利用しようと思います。. I had come across very positive internet reviews of this product since longer and after (budget related) hesitating for more than a year, finally decided to purchase it. These speakers do showcase very well how innovation […]

Read More

JBL PROFESSIONAL 305P MkII パワードモニタースピーカー 1ペア(2本) – これが最近のモニターなんだ。

308p mkiiがお気に入りなので、dtm用としてデスクトップに置くために購入しました。最初に、床に置いたスピーカースタンドの上に置いて聞いてみたところ 308pより低音が弱い様子でした。次に、机の上に直置きするとバランスが改善されました。しかし今度は、少しだけ低音が強い感じになりました。机に置くかスタンドに置くか、自分の設置環境に合わせて低音の強さの調整が必要なようです。308p mkiiとほぼ同じ音質です。ある程度以上低い低音が出てないことに注目しないと両者を聞き分けるのは難しいと思います。jbl professional 308p mkii パワードモニタースピーカー 1ペア(2本). 今までonkyoやfostexやboseなど色々使ってきましたが、最終的にこれで落ち着きました。音のバランスはとても良く、jblらしい音の解像度と粒立ちと低音が良く出ます。しかし、良い意味でjblらしくない?繊細さが有ります。今までのスタジオモニターシリーズのドンシャリ系よりは現代音楽に良く合うかと思います。当方はjazzばかりですが、アコースティック系は小さい音から倍音まで良く表現してくれます。pcからはsound blaster x3(usbーdac)を使ってますがとても気に入ってます。. すごくいい音で気に入ってます。リスニング、モニタリング両方用途を考えて購入しました。スピーカーの理想的な設置スペースがなかった(正三角形)のですが、リスニングポイントが広いので、これでいいんじゃないかなー(定位が分かりやすいか?これからです。)と思ってます。高さの方は大事(位置合わせ必要)だと思います。スピーカーを設置をした上で書きます。音の解像度が高く、定位もわかりやすいモニタースピーカーです。とても気に入ってます。普段dawでモニターで使用してますが、pc用リスニングにも使ってます。リスニング時このスピーカーで聴くと音が分解されて見えるので、音のリバースエンジニアリングみたいなことが勉強になってます。. スピーカーキャリブレーションで計測しましたがとてもフラットです。スペック通りの数値が出ており嘘がありません。ペア10万円台の5インチ機種と比較すると、空間描写、奥行感、解像度等劣る部分もありますが、帯域特性、低域性、リスニングポイントの拡さ等、勝っている部分もあります。dtm初中級者の方はこのフラット特性はとても重要なので、これ一択で問題ありません。dtm上級者の方は、流石にペア10万円以上の6. 5インチ以上との比較では負けます。しかし、5インチを求め、音の傾向が好みであればお勧め出来ます。自分はスピーカーキャリブレーションで補正して使っています. Amazonでは購入していませんが、レビューが少ないので入れておきます。デスクトップ用pcスピーカーとして購入しました。このprofessionalシリーズは、低音がかなり潤沢です。低音厚めなusb dacだと、フィルターで低音を落とすぐらい出ています。(hp-a4使用で-1. 5dbの設定)studio 230を所有してたことがありますが、こちらはかなり小振りなのに同じ程度の低音の量感です。こちらを買うまでに色々買い換えましたが、直前はfostex p802-s+pm-submini2で、43インチモニターを購入したことから、サブウーファーが邪魔になり、studio 220も考えましたが、前機種lsr305の評判が良かったので305p mkiiを購入し正解でした。一時期fostex pa-3を使用していて気に入らなかったので(それでp802-sに変更)、パワードというのが心配でしたが、全く問題ありませんでした。左右ともにパワードなので音質・音量に左右の違いが出ません。(片方のみにアンプが入ってるのはやめたほうが良いと思います)というか、プリメインもあれこれ試しましたが、もうこれでアンプ買い換えに悩む必要もありません。p802-s+pm-submini2でもどんなに調整しても、中低音がちょっと薄っぺらいなと思っていましたが、305p mkiiはかなりの厚みで迫力があります。上手く調整できれば、ボワつくこともなく量感多めでもキレがあり弾むような低音でワクワクします。ただ、ハイ上がりが好きなんですが、明るめの高音でもちょっと甘く感じるので、equalizerapoで4khz以上を5~6dbぐらい上げています。ヘッドホンath-m50xが好きなのですが、聞き比べて同じぐらいの高音のセッティングにしています。実は今までイコライザーやトーンコントロールをいじるのは嫌いでセッティングでなんとかやってきたのですが、バーチャルサラウンドでequalizerapo+hesuviを使うようになり、パワードということもありたがが外れイコライザー補正には抵抗がなくなりましたw低音は、壁からの距離と薄いスポンジ布のような緩衝材を一巻き・二巻きとバスレフに入れて調整すれば量感や暴れを調整できます。スポンジでバスレフを全部潰してしまうと深さを失い軽い低音になるのでやめた方が良いです。この低音がちょっと出過ぎでは?ぐらいがすごく良く、低音が出ないスピーカーをセッティングやイコライザーで頑張っても出ないものは出ないし、無理矢理感でチープな低音になります。多めのものを少なくするのはいくらでも調整ができるので、そのほうが楽です。気に入って使用していましたが、残念ながら3カ月で片方の電源が入らなくなりました。2年保証なので新品に交換してもらいましたが、米amazonのレビューを読むとこの不具合に遭遇してる方がすごく多いようです。販売店サポートに故障品を送って戻ってくる間に、パッシブに戻そうかかなり迷いましたが、結局これに変わるスピーカーを見つけられず、このまま使用することにしました。故障が二度となければ良いのですが・・・と言うことで、故障さえなければほぼ完璧なスピーカーなので、上位の306p mkiiを新規に購入することにしました。150cm幅のデスクに43インチモニター、その両脇にスピーカーなので、308pは大きすぎて無理ですが、306pならなんとか収まりそうです。それで、305pはリアスピーカーに回し、4chサラウンド環境に移行します。306pはさらに重低音が出るようなので映画鑑賞でも満足しそうですが、もし足りなければサブウーファーを足下に追加する予定です。306pはamazonで注文したので、落ち着いたらレビューを入れます。. つくりはしっかりしてますし解像度も高いです。モニター用として使うにはとてもよいと思います。リスニング利用メインの方は同じ価格帯のトールボーイスピーカーを買ったほうが低音が豊かになるので聞いてて幸せになると思います。. 今までいろいろなスピーカーを試してみましたが、低音から高音までバランスよくなってくれるものにめぐりあえなくてこのスピーカーと出会って感動すらおぼえました。本当に低音から高音までバランスよく鳴ってくれて細かい音のニューアンスがはっきり聞き取れます。. 自宅スタジオのdaw環境にサブモニターとして導入しました(メインモニターはmusikelectronic rl901kを使っています)。まず、解像度・定位感はこの価格帯では考えられないほど素晴らしいです。周波数特性も味付けなくそこそこフラット(70-80hz周辺と100-120hz周辺がやや強めなくらい)ですし、クラブミュージックのサブベース(50-80hzあたり)が「見える」ので十分です。また、日本の住宅事情にはよくある「ゲイン上げると隣人に怒られる問題」にも対応します。音量を絞ってもちゃんとモニタリングできます(これ、実はすごいことなんです)。自宅環境でのミキシングは305p+モニターヘッドホン+sonarworksなどのキャリブレーションツールでいいんじゃないでしょうか。リスニングポイントもモニタースピーカーとは思えないほど広いですし、倍音の鳴りも濁らないのでリスニング用途にも素晴らしいです。この価格帯ではもちろん、5インチペア10万円クラスのモニタースピーカーとも戦えるくらいコストパフォーマンスに優れています。私と同じようにdaw環境での制作をしている方や、00年代以降の音楽を手軽に自宅で楽しみたい方にオススメです。. 利点と欠点 メリット これが最近のモニターなんだ。 音が見える デスクトップ用PCスピーカーとしてほぼ完璧 デメリット なんの不自由もなく、特別なセッティングもなく、アッサリとよい音が出ます。高温がどうの、低音がどうのではなく、ごくごく普通に解像度の高い音が出ます。こんなに簡単でいいんでしょうか?というくらいです。面白いのは、jbl4312aなど古いモニタースピーカーだと最近のアーティストの音作りは変だ、質が落ちたと感じるのですが、これで聞くと、素晴らしい録音に聞こえるんです!ああ、今はこの手のモニターでマスタリングしてるんだ、昔のモニタースピーカーは時代が違うんだ。ということを痛感させてくれるスピーカーです。「最近のcdはどうも好きになれない」というかた、一度お試しを。. 特徴 JBL PROFESSIONAL 305P MkII パワードモニタースピーカー 1ペア(2本) モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 5インチ 2Way パワードスタジオモニター 5インチ 2Way パワードスタジオモニター JBL PROFESSIONAL 305P MkII パワードモニタースピーカー […]

Read More

JBL Lsr305 パワードモニタースピーカー 2本セット – 実際に使ってみて感じたこと

コンパクトなスピーカーであるが、jazz、ロックはパンチがあり、最高!部屋が大きくても、十分能力を発揮できる。. ペアでこの価格(3万2千円)であればこれ以上の選択肢はないのではないでしょうか。モニタースピーカーとしても使い勝手は良く、いい音源は気持ちよく、そうでない音源は微妙なまま再生してくれます。定位がとてもわかりやすいですね。よく比較対象で挙げられるヤマハmsp5がドライな音なのに比べ、こちらはウォームな感じと言えばいいでしょうか。モニタースピーカーではありますが、温かみもある印象です。我が家では壁との配置にあまり距離が取れていないため、highを+2dbにしてちょうどいい感じです。個人的にはデザインも好きなので、イチオシです。. プロジェクターの両サイド用に購入しました。イメージコントロールウェーブがとても斬新で唯一無二感があります。パッとしないプロジェクターのスタイルがこのスピーカーのおかげで様になりました。映画の効果音がリアルでいい感じです。しっとりとした音でないので音楽鑑賞には向いていないと思ってました、、真空管プリアンプを挟んでも効果無しでしたが数日視聴するうちに倍音たっぷりのスピーカーの音よりこちらの音が本物かもと思うようになり今ではこのストレートな怪音の虜です。高音質になる程今前聞いたことのない痺れる分厚いサウンドが満喫できます。白のモダンで華やいだ存在に満足できるハイセンスでカッコイイスピーカーだと思います。. Lsr305で色々な音源を聴いてみると、いわゆる音楽鑑賞用に開発されたスピーカーと比べて、人の声や管楽器、生ドラムのシンバル、自然な残響音に含まれる倍音などできらびやかな気持ちよさが乏しく、モニタースピーカー然とした素っ気なさを感じる。この辺りはもしかしたらいわゆる「エージング」が進むと印象が変わるのかもしれないが、それほど大きく変わることはないと予想される。lsr305で音楽を聴くという行為は、音楽鑑賞とはちょっと違ってまさに音源の状態をモニターするということ。dawのミックス作業において音の質感やポジショニングが正確に再生されることこそがプライオリティであり、そうした役割においてlsr305は価格以上の性能を発揮していると感じる。試しに、昔作った音源をdawで立ち上げてキックやベースのeqやコンプをいじってみたが、特に低音の調整が非常に判りやすいのは、このスピーカーを買って良かったと感じた。lsr305をお勧めなのは、dawで音源をいじる人、楽器演奏を各種音源から聞き取ってコピーしたい人など。逆に、音楽鑑賞だけの用途には音がシビアすぎて疲れるだろうから向いていないと思う。. メインモニターにeve sc207を使用していてサブモニターとして購入しました。sc207でデジタルアンプの印象がかなり良かったので試聴後購入しました。音はこの価格帯では群を抜いています。デジタルアンプの恩恵か、ワット数よりもかなり出力があります。ローエンドも5インチとは思えない程で、ハイもしっかりと出ています。解像度もとても高く5倍程高いsc207と比べてると流石に解像度は劣りますが歪みも無くかなりフラットな再生音です。8インチも試聴はしましたがローはしっかりと出る分、ミッドがやや弱くなる傾向がありました。5インチを自宅にて何処まで歪みなく再生出来るかを試しましたが相当な音量でも歪む事はありませんでした。msp5とよく比較されますがちょっとレベルが違う感じです。mspに比べ、ローエンドがしっかりと出る印象です。そして柔らかめの音なので長時間でも聴き疲れしません。値段を含め良いことづくめですが悪いところはデザインが少し安っぽい事と、かなり軽いので大音量だと共振は多少してしまうかもしれません。使っていて感じませんが。個人的にはペアで10万レベルのモニタースピーカーと同等レベルのポテンシャルを感じます。これからデジタルアンプの物が多数出てくるんだと思いますが、アナログアンプに比べポテンシャルが高いことを痛感しました。この機種に限っては試聴しないで買ってしまっても問題無いのでとてもオススメです。. ニアフィールドモニターはdynaudio acoustics bm15を使っていますが、違うタイプのモニターが欲しくなって、導入しました。かなり近くに置いたのですが、ちゃんとモニタリングできる!新鮮な驚きでした。特に小音量でも正確で、爆音を出さなくてもバランスが取りやすいです。jblは初めてでしたが、とても気に入りました。様々な環境での使用に耐えると思います。おススメです。ちなみに、スタンドではなく、机の上にインシュレーターを置いて、その上にセッティングしています。低域は-2dbにしています。距離は約70cm。. とても満足しています。これぞjblの音ですね。アンプ内蔵でこの価格は最高です。. 電源コードが1本すつアース付の3本ピンとは知らなかった。 すぐ処分した。 説明不足だ。. 利点と欠点 メリット コスパ最高 同価格帯で群を抜いた性能とCP 家で聞くには十分 デメリット 価格を考えると、他のものは比較にならないくらい優秀です。楽器店にヤマハのhs5を聞きに行ったところ、こちらを勧められて聞いてみたのですが、こちらの方がフラットで癖がなく、モニターとして正確だと感じ購入しました。hs5は1khzに大きなピークがあるらしく、ボーカルは気持ちよく聞けるが、モニターとしてはお勧めしないと言われ、その通りの印象でした。フラットなので安心して音作りができるのですが、それに加えて音がすごく元気に聞こえるスピーカーなので、自然と作曲中に気持ちをが上がりますね。. 所謂、オーディオマニアです。震災以降、少しでも電力を少なくしながら音の良いオーディオ環境を探していました。また、脱cdをしたかったこともあります。jblの4338を中心に、数百万円のオーディオを組んでいましたが、ほぼ電源を入れなくなりました。. つまり、このスピーカーは単純に趣味のオーディオ観賞用として使っています。音はペアで100万円を超える4338と同一線上にありながらも、金額はアンプ込み(しかも、バイアンプ!)で3万円以内。大きさなりに下も出ませんし、上も欲張ったらキリがありませんが、必要にして十分!アッテネータは上下0db設定で、後ろのスペースを調整してやるのが良いと思います。airmacexpressの音声出力からaudioquestの3. 5mm ->rcaケーブル + フォーン変換をかませて使用。電源ケーブルのみ余り物のluxmanのケーブルに変えました。振動が気になったので、インシュレータとしてaudiotechnicaのat6099をかませています。足元はしっかりしたスタンドに載せるなど必須です。電気もたったの30wしか食いませんし、これ以上の贅沢は申しません。但し、一般向けのスピーカーと違い、音が容赦なく階下や隣の部屋に抜けますので、その点だけは注意が必要かと思います。また、一回り大きいモデルとして308が存在しますが、6〜10畳程度の部屋で利用をするのであれば、305で十分だと思います。至って真っ当で正直な音でありながらも、中低音を少しだけ膨らまさせた音ですね。ヤマハみたいに神経質な音ではないので聴き疲れもしません。ちなみに、デジタルアンプくささもこのモデルに関してはないですね!さすがヒビノ扱いのプロモデルです。参りました。これで保証が2年も付くっていうんですから、もう文句ありません!2年ごとに買い換えても良いくらいです。新品を買った方は、最初の1週間は我慢をしましょう。1週間経った頃から音が落ち着いてきます。それまでは低域が膨らんだり随分と落ち着かないですから。. 技術の進化に耳から鱗です。一般的に自宅で出せる範囲の音量に限って言えば、旧世代の10万〜クラスのモニターと余裕で勝負できます。よく比較対象とされるyamaha msp5とでは、解像度でほんの僅かに劣るものの、音楽としての気持ち良さが別物です。msp5が、リスニングポジションの頭の位置ひとつずれるだけで定位が変わるシビアさがあるのに対し、lsrは解像度を損なわないまま指向生を広く取る事に成功している為、ストレスが無く、聴き疲れのしにくさにも影響し、結果として長時間の作業性の良さに繋がります。このあたりの性格が、リスニング向けと評される事もありますが、スタジオモニターとして必要な正解さを失っている訳ではありません。音の正確さと、音の心地よさのバランスが、高次元で保たれています。使い分けをするならば、木を描くか森を描くか。単体の「音色」を追い込むならmsp5、「音楽」を作り込むならlsrでしょうか。. Vxt4を数年間使っていましたがこちらのスピーカーに切り替えたので簡単に比較します。結論から言うと価格の高いvxt4より色々とクオリティが高く驚きました。特に出音がフラットかつバランスがよく、スイートスポットも広く、音が暖かいことが気に入りました。vxt4は低音がよく出たんですが、こちらのほうがより下まで出ており、レンジが広いです。またvxt4はミッドが少し引っ込んでいたんですが、こちらはミッドがしっかり前に出て聞こえて気持ちがいいです。モニターにもリスニングにも最適な気がします。聴いていて楽しいです。この価格でこの製品に勝てるスピーカーはないと思わされました。ただ一方で、気にならないレベルでですが解像度が僅かに落ちました。一番気になったのは他のレビューでもあったんですが残響成分が削られてると言いますか、あまり聞こえないことです。特に周波数帯域の高い方の残響成分がかなり聞こえないです。モニターとして使う際は最終的にヘッドホン等で残響の確認したほうがいいかもしれません。. 特徴 Jbl Lsr305 パワードモニタースピーカー 2本セット モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 音像の再現と細部の描写に優れたパワード・スタジオモニター スタジオモニターの最上位機種“M2″のために開発した“イメージコントロールウェーブガイド”を搭載 メーカーより JBL LSR305 パワードモニタースピーカー 2本セット 拡大表示 拡大表示 音像の再現と細部の描写に優れたパワード・スタジオモニター。 LSR305は、新開発の“イメージコントロールウェーブガイド”を搭載し、音像の再現と細部の描写能力をこれまでにないレベルに高めました。 ステレオやサラウンドで音響製作を行う音楽スタジオやポストプロダクションで、製作作品の品質を一段と引き上げることができます。 ・ネオジム磁石を使用した高域ドライバーはダンピング特性を最適化し、過渡特性と歪率が改善しました。耳障りな小音量時の歪みが低減したため聞き疲れが少なく、長時間の製作作業も快適に行えます。 ・設置する部屋の形状や容積が異なっても正確なモニター性能を発揮するため、独自のLSR(Linear Spatial Reference)設計を採用。スピーカーの周囲360度にわたり、直接音、反射音、残響音場に関する72もの測定を行い、出力性能を最適化しています。 ・LSR305は5インチの低域ドライバーを搭載しています。4次リンクウィッツ・ライリーのアクティブクロスオーバーと高効率のクラスDパワーアンプを組み合わせたバイアンプ構成。余裕ある出力パワーで各ドライバーを駆動します。 ・高域(4.4kHz)と低域(115Hz)のそれぞれにレベルを±2dB変更するTRIMスイッチを搭載し、設置環境や音源に応じて周波数特性を微調整できます。 ・電子バランスの入力は感度を+4dBuと-10dBVで切り替えでき、XLRと標準フォーンジャック(3P)の入力端子を利用できます。 ・各ドライバーには防磁対策を施し、周囲の機材への影響を抑えています。 商品の特徴 […]

Read More

ヤマハ(YAMAHA) ヤマハ パワードモニタースピーカー Msp3 ペア – 高音が微妙

Dtmで使用するモニタリングスピーカーが欲しかったので購入。学生の時期でmsp5が入手できなかったので、我慢してこちらにしました。うーーーーん!値段相応!!というかんじ。モニタリングスピーカーとしてはまぁまぁです。悪くないのですが音が若干後ろに来てる印象です。音がひろがりやすいので後ろのほうから聞こえてくるのかな・・・・???dtm仲間がmsp5を使用していたのでそちらと聞き比べをしましたが、断然msp5のほうがよいです。msp5は音がぐいぐい前に来ますし、パンもきちんと分離されて聞こえます。このmsp3は値段相応の性能という感じでしたね。ミキシング→マスタリングまでは、当然モニタヘッドフォンとモニタスピーカーを併用させて音源を完成させるわけで、ヘッドフォンでいいやつを使っているならばモニタスピーカーはまあmsp3でもという感じです。趣味でdtmやるには一応最低限度の性能はあるとおもいます。プロ思考、上級者思考のひとには向かないかも。いろいろ書きましたが、商品自体に悪いところはありません。不都合もないです。ほぼ毎日電源入れっぱなし(1ヶ月に1回電源切るかどうか)で、かれこれ5年使っていますが故障無し(2009年4月購入)。流石はmade in japanです。流石はyamahaです。(現在は収入もちゃんとあるので、これが故障したらmsp5に乗り換えだろうなーなんて個人的に思ってます). 同じヤマハのhs50mからの乗り換えです。こっちの方が早くから出ていて、hs50mにあるルームコントロールやhigh/mid/lowのトリムもありません。見た目は低音と高音だけの調整と、二系統の入力をミックスできる、よくあるpcスピーカーのようです。そんな見かけと違って、高音はもちろん、低音も意外と出てバランスの取れた、偏りのない出音です。最大20wの出力ですが、ボリューム6、7分目にまで上げれば6〜8畳のホームスタジオには十分な音量で、この位置で調整されている製品のようです。hs50mで同じくらいにボリュームを上げればすごい大音量(笑)です。同じクラスのサブウーファーも追加してみましたが、低音がやたら響いてしまい、映画などのリスニングにはともかく曲のモニタリングには無用と感じました。hs50mで感じたホワイトノイズもないのがうれしいです。難点は電源コード。着脱可能なhs50mと違ってスピーカーの後ろから直接出ていて意外と長くない。無理な配線をしてコンセントプラグを曲げると修復は難しいので気を付ける点です。. 性能については他の方にお任せして、一本当たりのお値段ですので、「ステレオ」で聞くには 2本 必要です。底面にネジ穴が有り、yamaha スピーカー用フリーアングルクランプ [bas-10]が嵌るようになっています。. 映像編集のモニタ用に購入しました。2系統入力出来る物をさがしていたので、私の用途にはぴったりでした。音質はあまり余裕が無いというか、一生懸命出しているという感じ。まぁちいさいのでしょうがないのかも。中低音は適当なインシュレーターを噛ますとはっきりしてきたが、高音はあまり余裕が無い。. Ms101を長年使用してきていたが、こちらの音は低音までキッチリ出て、輪郭もしっかりしている。メーカー生産完了なのが、痛ましい。. 2年前にmsp3を1本購入。パソコンスピーカーとして愛用しています。購入後から価格が高くなり、買うのを躊躇していました。しかし、遂に価格が2年前購入時の価格に!嬉し過ぎて、3本購入してしまいました。. Dtm用にモニタースピーカーを探していて、値段、サイズ、評判などから選びました。ミニコンポのスピーカーくらいのサイズで自分の机にはこれ以外ないくらいフィットしています。やはり音は味付けのない音という感じで、非常に使いやすいです。現在dtm用よりかはpc、楽器用のスピーカーとして使うことが多いです。楽器も部屋で弾くには十分な音量が出るので重宝しています。他のレビューにもありますが、配置などしっかり調整するともっとよく聴こえると思うのでいろいろと試してみようと思います。あと僕が買った時は単品で買う方がポイントが多くつくみたいでした。(1%だけですが). Dtm作業を行うならベスト・サイズではないでしょうか?そのサイズ故に重低音は望めませんが、癖の少ない音質・お手頃な価格等、買って損はないスピーカーだと思います。. 利点と欠点 メリット 初めてにはオススメ! すごくナチュラル♬ 最初からペアで購入すれば良かった。 デメリット あまり広くない部屋で使用するにはちょうどいいサイズかと思います。普通に音楽を聴くのはもちろん、dtm等のモニター用にも十分使えます!定位が若干わかりずらい気がするのですが・・・。自宅スタジオ用、一台目のモニタースピーカーとしてまず買ってみては?. Yamaha cp-4 stage モニター用に1台を購入。その相性と音質が気に入ったので追加でもう一台を購入しました。左右に設置しました。小さいながら少し強めの低音も許容内で良い感じです。. 最初DENONのモニターを使用していましたが、低音が強すぎてモニタするには厳しかったのでこのMSP3に買い換えました。とにかくフラットなサウンドが気に入りました。最初からMSP3にしておけばよかった・・・と今更ながら思っています。. 自宅録音などでは定番と言って良い機種です。音を小さくしても変にバランスが悪くなることもなく繋いでいるミキサーのパンポットやeqのつまみを動かすとその通りに気持ち良く変化します。定位も綺麗に見え、モニターらしく生真面目でフラットな音だと思います。アンプ内蔵モニターの場合、安価な小型機ほど妙な色づけをされていることが多く『オンキョーのミニコンポにつなぐほうがマシ』と思うことは多々ありますが、これはそういった心配がありません。余計な響きもなく、雑なミックスや下手な生楽器もそのまま鳴るので、あら探しをしやすい優秀なリファレンス機です。その分、セッティングをちゃんとする必要性は感じます。2穴の前面バスレフで無造作に机に直置きなどすると良くありません。倍音が少ない電子的につくったベース、大きいアコースティック楽器など低音が不得手なのはサイズ的に仕方なく、これをメインにするのであれば、ヘッドフォンはそれなりに良いものを手元に置きたいところです。防磁処理済み、入力端子が豊富でコントールも前面にあり使い勝手は最高。. 値段もお手頃ですし、音も特別良いとも言えませんが十分使えて楽しめます。買って良かったと思います。. 24bitクラスの音源だとツィーターが小さい為か、使い方ですぐに高音が割れます。ビビるとでも言うか・・。こらえ性がありません。これからdtm用途で買おうかという人は多少無理をしてでも、もう少しちゃんとしたモニターを揃えた方が後々にも良いですよ。逆に物のクセを理解した上で使いこなせるような方にはこれ以上ないくらいコスパ良いです。. 特徴 ヤマハ パワードモニタースピーカー Msp3 ペア モデル番号を入力してください これが適合するか確認: ヤマハMSP3 ペアとお手入れ用クロスのセット 20Wのパワーアンプを内蔵したホームスタジオに最適なリファレンスモニター コンパクトなサイズながらMSP直系の高音質サウンドを実現 あらゆるユースに応える充実の入力端子、操作子 ブラケット用M5ネジ穴を装備し様々なアプリケーションに対応 ベスト ヤマハ パワードモニタースピーカー Msp3 ペア 買い取り

Read More

FOSTEX アクティブ・スピーカーpm0 – 電源が裏でさえなければ

サブウーファー付きのロジクールのスピーカーを使っていましたが左右の音量が違いすぎるのでこちらに買い換えました。mackieさんのcr4とこちらで迷っていましたが見た目のシンプルなのでこちらにしました。低音に関しては別途サブウーファーを買おうと思っていますが、普通のpcスピーカーとしては問題ありません。十分です。自分の耳では悪いところが高温,低音ともに感じられません。付属のケーブルもしっかりしているしそれなりの長さがあって良いです。よく確認しないで別途に3. 5㎜~rcaコードを買いましたが付属されていました。(笑)音へのこだわりがあったり音質を気にする人にはわかりませんが、そこまで気にしない人にはお勧めです。見た目もシンプルで大きさも大きすぎずカッコいいです。唯一、音量調節のつまみが裏にあるのがちょっとというくらいです。わかってて買ったので問題ありませんが。fostexさんの2500円くらいのボリュームコントローラーを買おうかと思います。全体としてかなり満足しています。買ったばかりなのでまた何かあったら追記したいと思います。. 普通に良いと思います小さい音だと全然ダメですがそれなりの音量に上げないとって感じですただホワイトノイズが入る時があります. 今まではjblのpebblesを使用していました。pebblesは紙のようにうすいデジタルな音に比べ、pm0. 3hはやわらかい楽器を鳴らすようなアナログに近い音の感覚を受けました。他商品との比較が乏しいため☆4ですが、音の向上が感じられ値段的にも満足しています。. わたしにとっては最高のスピーカーとなりました。音が気持ちいい。!!ウーハーつなぐとさらによい。. 以前はonkyoのseー90pci→小型レシバ→zennsor picoと言う構成でしたがwin10用のドライバーが出ないので、pcーusb100→本スピーカーに変更しました。小さいのにとてもバランス良く、とても気にいりました。RCAケーブルを2000円くらいのモガミかベルデンに変えると劇的に音質が良くなります。. 安売りセールで購入パソコン用スピーカーとして1万は高いな。とか思いつつもピュアオーディオ視点で見れば、安すぎという矛盾がありますが家電量販店の1万程度のものよりは、十分に鳴ると思います。. スピーカー同士を繋げる「スピーカーケーブル(1. 5m)」が接触が悪いのか音が出たり出なかったりと不良品でした1,000円ほどで別途ケーブルを購入したところ問題なく使えるようになりました追記かなり改善されましたが同じ症状が時々おきます、気になるようなら処分することになると思います. 今まで使っていたスピーカーが壊れたのでとりあえずで購入。まず気になったのは低音の強さ。かなり強くてボンボン鳴り、初めは壊れてるのかと思ってしまった。調整もできないのでけっこうきつい・・・プレイヤーで聴く分にはイコライザーで調整すれば(なんとか)我慢できますが、youtubeなどで人の声を聴く時には聞きとりづらいと感じることも。見た目は良く、小さいので筐体的には悪くない。値段も安いので音質気にしない人や低音強めが好みの人にはいいと思います。. 利点と欠点 メリット 半年で壊れてサポートも対応良くないです 購入3ヶ月程で調子が悪くなりました。 5年前くらいに買った安物と交換 デメリット マイルドな音ですcreative t15から乗り換えですが、hip hopを聞く私からしたら高音のキレがよろしくないかと思います。しかしながら女性ボーカルを聞くと前者との価格差を感じる表現力があるかなとは思います。中音重視のジャンルならマッチするのではないでしょうか、しかし低音が圧倒的に足りないのでウーファーの購入は必須な気がします。買ってわかったことは。creativeのスピーカーはなかなかにレベルが高いこと(). 1000円台のロジからこちらへ変えました音がクリアになり、聞こえる音が増えた印象。1000円ロジは中音域、声ははっきりと聞こえ他はこもったような音だと再認識。こちらは音が声と楽器で分離されていることがわかる。音の広がりも格段によくなった低音が弱いとは思うがイコライザである程度調整かければ高音との音域差でより低音が感じられ多少改善される. カタログをよく見ていなかったので、届いてあまりの小さなサイズにびっくり!!大丈夫か〜??と思って接続。いやしつかりとスタジオモニターの音がする。色々なスタジオモニターを持って来ているが音の澄みぐあいはこいつが一番。情報量はそれなりかな?こんなに小さいのに、各楽器をしっかり描き分けている。低音もこのサイズとしては十分。音に魅力がある。物によっては情報量ばかり多くて、聞いていて楽しく無いものがあるが、こいつは聞いていて清々しい。一万円とは思えない。あれから二週間聞きまくった。エージングが終わった様だ。情報量が増えた。かなり。ハイレゾ対応と言うだけある。高音が弱めのスピーカーなんだ〜と納得していたが、違った。エージングが終わってなかっただけだった。フォステクスはむかし手作りスピーカーで随分お世話になつたが、好印象でなかった。理屈が先行して音にそれが、反映されていない印象が強かった。例えば、ウハー。磁石を強烈に強くして。表現力のあるウハー。48000円??と思いベイマの13000円に変えたらよっぽど表現力があり強い低音がした…とか、コーン紙にカーボンをまぜ情報量の増加を図った??中国製のフルレインジの方が全然いい音とか…頭でっかちの企業と言うイメージが強かった。正直好きではなかった。しかしネットの評価がやたらと良いし、まあ安いからダメ元と思っていたが、考えが覆された。さすが日本人とお持った。ヤマハもそうだ。リスニング用のスピーカーを国外のものと比べると、面白味が無い。真面目すぎ。楽しく無いと思っていたが。hs5を購入してみたらいい感じ。高いeveより全然良い。癖のなさが逆に、心地良かった。日本のスピーカーが40年かけてやっと分かった。素晴らしい!!. L側スピーカーの音が小さいなぁと思ってたんですが、pc側の問題に気づきサウンドの設定のバランスを調整したら、l側も出るようになりました。その後ですが変わったので報告です。pc起動するとl側からしか音が出なくなったり、ケーブル抜き差しすると、今度はr側から音が出たりと、やはり改善しませんでした。構成としてはスピーカーとボリュームコントローラーpc100usb-hr2 とpm-submini2をデスクトップに接続してたんですが…イヤホン接続にするとデスクトップからも再生したら音が出ます。(スピーカーが壊れてるわけじゃなさそう)それで、pc100usb-hr2のusbをグリグリ触ってみたら、音が両方から出るようになった。結論からしてpc100usb-hr2のusb接触が悪くて、片方から音が出なかったりと不具合が出てたようです。ノイズに関しては、pc起動時に音がでますね…音は、pm-submini2を購入した方が、まだ良くなります。. 購入から約1年ほど接続が悪いのは元々だったが、定期的に抜き差しすれば改善したのでそのまま放置していた久しぶりに場所を移動して再度acアダプタをつないだところ火花が散るようになったこわい. 左右のスピーカーユニットを繋ぐモノラルのケーブルの品質が悪く、左が小さく聞こえます。代わりのものを買いました。. 以前logicool製の3000円台の2. 1chのスピーカーを使っていましたが、飼い猫にコードを断線されてしまいました。また、以前の価格帯では少し物足りなさを感じていたというのもあり、ややハードル上げて新しくこちらの商品を購入しました。以前のスピーカーより、ウーファーが小さいので若干心配していましたがコンパクトながらも良い低音を出してくれます。音量を変えても低音域・高音域・中音域がなかなかのバランスを保てていると感じました。見た目のデザインも非常に好みでした。. Dtm作業用として なるべくフラットに近いアクティブスピーカーを、と購入しましたマンション住まいな為、騒音を気にしておりましてヘッドフォンのみでしばらく作業していたのですが、やはり耳が疲れるのと 定位が解り辛いので こちらを購入しました今まで買い揃えて来た家電や小物全て、部屋に置くのだからと、見た目にもこだわってきましたなので、レビューに「見た目が思ったよりちゃちい」と書かれていた某スピーカーや、緑色の線が入った某スピーカーを どうしても置く気になれずかといって、予算は1万円程で済ませたかったので選択肢はこちらしかありませんでした結果的に満足です電源が裏に付いているのが非常に使い辛いですが、この価格でこの音が出れば文句は言えませんただ、インターフェースに接続する使い方を考えている方はメスがヘッドフォンジャックで、オスがシールドプラグ の変換プラグがないと使用出来ません一緒に購入した方が世話なくて宜しいと思います私は、慌てて電気屋まで買いに出掛けた手間が 非常に煩わしかったです. デスクトップPC用に買いました。動画、tv、映画、音楽、すべてこの商品で満足に聞き取れます。新品状態から3日位鳴らすと徐々に良くなってきます。スピーカーは色々と購入してますがこの商品が一番バランスが良くクリアな音質だと思います。. 特徴 Fostex アクティブ・スピーカーpm0.3h(w)+hp-A3(w)セット モデル番号を入力してください これが適合するか確認: ハイレゾ対応アクティブスピーカーとDACのホワイトモデルセット ハイレゾ仕様のPM0.3H(W)にハイレゾ対応DACのHP-A3(W)を接続することで、高音質ヘッドホンアンプも搭載したワンランク上のコンパクトなPCオーディオシステムを実現 面倒なPCへのドライバーのインストールなどはいっさい不要 流石ベストセラーなだけあって文句なしの高品質なスピーカーでした。当方音楽は基本itunesに取り込んで聴くのですが、高音域も低音域もバランスが良く、どちらかが足りないと思うことも無ければ逆に偏りすぎているということもない、まさにバランス型といった感じでした。スピーカーの事なんてよく分からない、けど良いやつが欲しい!!みたいな方はこちらを買えば間違いないと思いますね。テレビ用でも音量を上げれば全く問題なく使えるかと。. 安物買いはしたくないと思って買ったものの、結局安物買いになってしまいました。5万円程度のノートPCで使うにはこれ以上の予算はかけられませんでした。クラシック音楽を聞こうと思ったのが間違いだったんでしょうか。安物のCDラジカセの方がはるかに良い音がします。値段なり・・・ということなんでしょうね。. 学生時代にオーディオマニアだったという父にプレゼントしました。大満足なようで、非常に喜んでくれました。私も聴いてみましたが、低音が響いて気持ち良いです。(逆に高音は控えめかも). I promise you won’t regret about it. Amazonのセット売りで「pm0. […]

Read More