BOSE(ボーズ) Bose QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones ノイズキャンセリングイヤホン QuietComfort20

地下鉄通勤でnexus 7に接続して使っています。音楽を聞く他、ゲームや英語学習にも使っています。ノイズキャンセリング機能をオンにすると、音を鳴らさない状態でも、主に中低音域の騒音が大幅にカットされます。例えば地下鉄では、エアコンのファンの音、車輪とレールが摩擦する「ゴー」という音、周りの人の話し声はほとんど聞こえなくなります。ドアがバタンとする音、レールの継ぎ目の「ガタンゴトン」という音、社内放送などは聞こえてきますが、それなりの音量で音楽を再生すると、そういった周囲の音もほとんど気にならなくなります。イヤーチップの材質、形状も完璧で、長時間の使用でも疲れたり外れたりすることはありません。非常に満足度の高い商品でした。.

友人の勧めで購入しました。ノイズキャンセルはかなり強力で、テレビの音がかろうじで聞こえるほどです。.

肝心のnc効果は低くshureやetymotic researchの3段耳栓の方が圧倒的に静かです.なおバッテリーが交換できず高額の有償修理になるでしょう..

お金を払う価値を見出だします。私の購入動機は音楽ではなく、録音したセミナー音声や、ポッドキャスト等を電車内で聴くためです。普通のイヤフォンでは、車内の騒音で、かなり音量を上げないと音声が聞き取れず、耳が痛くなりました。しかし、この、quietcomfortのノイズキャンセリング機能を使うと、小さい音量でもクリアに音声が聞こえます。満員電車で本も読めない時でもオーディオブックが聞けるので、この買い物はもとがとれます。.

家の隣でマンション建設が始まり、イヤーマフなど色々試しましたが、この製品が総合的に一番優れていると感じました。特にトラックのエンジン音や重機のうなりなどの低域〜中域のノイズキャンセリング能力はかなり高いと感じます。耳栓専用の商品も含めていろいろ使った中で、etymotic researchのhf5が一番遮音性が高いと感じましたが、それと同等の遮音性能があると思います。また、etymotic researchのhf5は耳が痛くなって2時間以上の使用はできませんでしたが、quietcomfort20は耳の奥まで押し込まないので長時間使用しても大丈夫でした。人の声も大人の男性〜中年の女性の音域はかなり軽減されます。ただ、高域の音域はほとんどカットされませんので、高い金属の衝撃音や、子供の声は全くカットされません。例えば近所で布団を叩く音をこのイヤホンを通すと「ボン、ボン」という音の低域分がカットされてが「パン、パン」と聞こえます。ハイパスフィルターを通しているような感じです。また、無音状態で聞くとだと「サー」というヒスノイズがかなり聞こえますので、人によっては気になると思います。ただ、周囲がうるさい環境だとノイズキャンセリングの恩恵の方が大きいのであまり気になりません。さらに完璧な遮音が必要なら、quietcomfort20の上からさらにイヤーマフのH540Aという製品をかぶせて使用すると、高い音域もカットされますので、ほとんど無音になります。音楽観賞用のイヤホンとしてはBOSEらしい普通のイヤホンです。好みにもよりますがetymotic researchのhf5のほうが音楽鑑賞用のイヤホンとしての性能は数段上のような気がします。ただ、ノイズキャンセリング能力は抜群に高いので3万円以上の価値は十分にあると思います。騒音に悩まされている方には非常にお薦めです。.

ヨドバシカメラでふと手にとって装着した瞬間、驚きの静けさ。大げさじゃなく、怖くなってすぐに外してしまいました。その後はまさに「衝動買い」です。結構うるさい環境(jr新快速と大阪地下鉄通勤)なので重宝しています。ピアノ曲でもほどよい音量でゆったり聴けます。もともと大きな音で聴くのが苦手なのでノイズキャンセリングの有り難さを強く実感しています。講演会の録音も充分聞き取れます。これなら急ぎのテープ起こしも場所を選びませんね。特に今、職場で大規模な改装工事をしているので、awareモードにして仕事中にも使えます。不満な点を述べれば、他の方が書いておられますが確かにコントローラーは大きいですね。それでもこの静粛性と天秤にかければ圧倒的に★5つです。少々高くても買って良かった。.

予想以上のノイズキャンセリング能力で驚きました。バッテリーから本体までの距離が短いのが気になりましたが、フィット感もよかったです。.

デモ機が無かったのでサイズ感がカタログ値でしか分からないままでしたが、購入。カナル型は個人的に30分ほど装着すると耳が痛くなるのですが、これは1時間程度の装着では痛くならず。携帯からの再生で、通勤や出張で使うだけなので音質としては満足。所有イヤホンとの比較power beatsとの比較ではノイズキャンセルが効いているせいなのか、低音はqc20の方が良く感じました。audio-technica ec707+pha05btの組み合わせとの比較では中高音のクリア感はa-t、低音はこちらが圧倒的に良く感じます。ノイズキャンセルについては色々なレビューにある通り、かなり効果があります。自分の足音とか電車のアナウンスなど聞こえなくなります。その代わり、個人的には音なしでノイズキャンセルだけ掛かっているとき(曲間とか、操作中とか)は逆位相キャンセルによる振動のせいなのか、少し気持ち悪くなります。気圧差で聞こえにくい時のような感覚です。awareモードを押すと、外の音を拾ってスピーカーから出すため、普通のイヤホン装着よりも外の音が良く聞こえます。コントローラーをoffにすると普通のイヤホンと同じです。コントローラーが意外と大きく、取り外せないラインとして上下に出ているので収納性はとても悪く感じます。せめて同じ方向にラインが出ていれば・・・もっと言えばコントローラーがbluetooth対応で、有線は差し込み対応になっていれば最高だったのですが。装着感:痛くない音質:音源、出力がそれなりになってしまうので十分満足ノイズキャンセル:高性能だが個人差により不快感を持つ人も。ホワイトノイズ嫌いな人は×コントロールボックス:あるのは仕方ないが、ラインの出方が収納性悪くなるので気に入らないbluetooth接続で使用したいので相性のいいレシーバーを模索中です。.

長所と短所

利点

  • Good deal , good price, good quality

  • ノイズキャンセルはかなり強力

  • オーディオブックやポッドキャストを電車でクリアに聞ける

欠点

 ipodとソニーのウォークマンa867とを通勤中に使っており、地下鉄の騒音を低減するため、ノイズキャンセル能力の高いイヤホンが欲しくて購入しました。おおむね満足しています。 これまで使ってきたソニーのnc100dおよびnwnc33との比較です。まず、全体的に大きい!イヤホン部分だけでなく、コントロールユニットも大きいし、配線もかなり太い。ソニーのほうが全体に繊細な作りで、この製品はおおざっぱ(アメリカン?)な感じがします。音もそんな感じで、ソニーの方が細かい音がよく出ます。この製品はボーズらく、レンジをよくばらず、耳当たりのいい音に仕上げているようです。重心が低く厚みがあるというか、若干こもったようにも聞こえます。また、電源をオンにすると「サー」という音が聞こえます。音楽をかけると気になりませんが。ソニーとボーズ、音質的にどちらがいいかは好みの問題という感じです。 ノイズキャンセル効果はソニーより大きいと思います。ただ、期待したほどの静寂ではなかったです。電車のガタゴト音やアナウンスは聞こえます。暗騒音というのか、ゴーというような音はよくキャンセルするようです。最初に大阪の地下鉄に乗ったところ、それほど静かに感じませんでした。しかし、車内でソニーととっかえひっかえして比べてみたところ、ソニーよりは静かになることが確認できました。ソニーは、人の声の帯域はノイズキャンセルされないようですが、ボーズはかなり静かになります。大音量で耐え難い車内アナウンスがかなり小さな音になっただけでも買った甲斐がありました。 装着感は私の場合、若干異物感があり、長時間の装着ではすこし耳が痛くなるかもしれないと思いました。本体が大きめなせいかもしれません。また、慣れの問題かもしれませんが、耳にしっかり入っていないような感じがして、もっと押し込みたくなることがあります。 総論として、ノイズキャンセリング能力重視の場合には良いと思います。ノイズキャンセリング能力はそこそこでいいという場合は、ソニーのほうが安く、コンパクトで、音もボーズと同等(傾向は違うが)なのでオススメです。2013年10月22日追記先日、ドイツまでの飛行機で使ってみましたが、なかなか良かったです。無音というところまではいきませんがだいぶ楽でした。飛行機に乗っている間、ほぼつけっぱなしでしたが(10時間ぐらい)バッテリーは持ちました。また、何日か前、自宅の隣で重機を使った工事をしていてうるさかったので使ってみましたが非常に効果がありました。耳栓では遮断できなかった重低音をよくカットしてくれました。ひとつ気になっているのは、電源をオンオフするときに「ブツッ」とかなり大きな音がすることです。下手すると耳を痛めそうな感じなので、イヤホンを装着していない状態でオンオフするよう心がけています。2015年6月6日追記最近、ケーブル断線のため、修理に出しました。ジャケットの胸ポケットに入れたとき、気づかずにジッパーでケーブルを挟んでしまい、被覆が破れて中の銅線が切れたのです。ケーブルが太めなので丈夫かと思ったらそうでもなかったですね。購入したヨドバシカメラに持っていったところ、修理はできず、新品との交換で料金は約18000円とのこと。痛い出費でしたが約18000円を払って新品と交換してもらいました。交換した品にケースなどは付属しませんでしたが、イヤーピースは3種類付いていました。再故障に対する保証は1年間付くということでした。今後はもっと丁寧に扱おうと思います。2015年12月21日追記以前に書いたこの製品の欠点については、だいぶ慣れたので気にならなくなっています。毎日、通勤で使っており、消音効果にはほぼ満足しています。ただ最近、気づいたのですが、コントロールモジュールに近い部分のケーブルに若干の「しわ」というか、「折れ」のような跡が付いていました。ポケットなどに入れるとき、どうしてもコントロールモジュールの近くのケーブルが強く曲げられるためだと思いますが、そのうちケーブル皮膜が割れて,断線してしまいそうな不安があります。この6月に新品に交換したばかりなのに、ちょっと早すぎるように思います。こういうものは所詮、消耗品なのかもしれませんが、けっこうな値段がするのでもうすこし丈夫に作ってもらいたいです。.

ビックカメラでsonyのnc33、nc100dなどと比較してきました。結論から言うとかなりよさそうです!静音性が非常に優れていると思います。sonyのものだと、なんか静かになったかな、という感じでしたが、これははっきりと効果がわかります。確かにsonyのモデルでも、音楽は聞きとり安くなると思いますし、飛行機の騒音のような低音はある程度消えそうです。ただ、人の会話など中音域が消えない感じです。このモデルは、もちろん完璧ではないですが、明らかにすべての音が小さくなります。私の場合は喫茶店で勉強に集中したい場合とか、自宅が結構騒音があるので、そのために使おうと考えており、おそらくsonyのものでは不満に感じると思います。イヤープラグの装着感に関しても、sonyのは耳栓をしたような感じでつまった感じがするのですが、このモデルは程よい柔らかさで、詰め物をしてる感じがなく、非常に自然だと思いました。お値段がもう1万円やすければ、手が出しやすいですが。あと個人的には充電式よりも、電池式のほうが良いです。*** 2013/10/13 追記 ***結局買ってしまいました。良い所:・nc性能やはりnc性能については文句なしです。特に低音はほぼけしてくれる感じです。高音は消えにくいようで、カシャカシャ音は少し残る感じです。バイクや車の音に悩まされている人にもオススメできます。飛行機や、バス、新幹線のいどうで音楽を聞かなくてもこれしてれば静かなはず。・イヤーパット個人的には一番好きな部分です!いわゆるカナル型?だと耳が詰まった感じがしますが、これは非常にソフトな樹脂で出来ていて圧迫感がない!その分遮音性は無いと言えます。ただ、その分つけていても非常に自然で、長時間つけていても疲れません。耳栓タイプって体を動かすだけで、ゴゴゴっていう音がするので嫌いかも。・音質あんまり気にしてませんが、安物イヤホンより低音が出てると思います。そういう意味ではボーズっぽい?悪いところ:・コントロールユニット手触りがなんかヌルヌルしたゴム素材でできていて気持ち悪いです。テカってるし。色も悪い。。。これは多い意見ですね。ケーブルの接続部とかつくりが安っぽいです。ちょっと手抜きを感じますね。3万ならもう少し頑張って欲しかったですね。・ケーブルこれも多い意見ですが、コントロールユニットからプラグまでの長さが中途半端。どうせならもう少し長くして欲しかった。そして、ケーブルを脱着できるようにして欲しかった。好きな長さにできるのに。充電のケーブルも横なので、充電しながらだとケーブルが非常に邪魔。l型を買わなきゃ。・ケースケースがついてるのですが、コントロールユニットからのケーブルを収めようとすると、ケーブルの根本を折り曲げなければならず、もう少し余裕のあるサイズにして欲しかった。・航空機用のプラグがついてないたしかソニーはついてるらしいですが??飛行機ほどコイツで幸せになれる場所はないと思うのですが。これで喫茶店でtoeicの模試が出来ますね。nc目的の方は買いましょう。.

(ノイズキャンセリング能力)本製品のノイズキャンセリング能力は抜群です。列車の走行音は殆どゼロになります。人の声に対してもある程度はカットしてくれるので、音楽や英会話を聞いていれば列車の中で隣のカップルがしゃべっていてもほとんど気になりません。車内放送レベルになってくるとようやく認識できる程度です。(shureのカナル型との比較)shureが完全に「耳栓」であり、圧迫感や「熱が篭る」感覚、周囲の音が耳栓越しに「モゴモゴ」と聞こえる不快感があるのに対し、本製品はクリアにノイズをカットしてくれます。また、列車の走行音など一部の騒音については本製品の方がノイズをカットする能力が高いです。(耐久性の低さ)本製品の残念な点は、耐久性の低さにあります。満員列車のなかから降りる人のかばんにちょっと引っかかっただけで、バッテリーが入っている部分からイヤホンに向かうケーブルが根本から引っこ抜けます(経験談)。(ノイズキャンセル機能に関する問題の多さ)他のレビューやいくつかのブログでも書かれていますが、とにかく問題が多いです。1.音声を流していない間のノイズの多さ これは音源を再生する機器との相性によります。私の持っているものの場合、オリンパスのicレコーダーではノイズは皆無でしたが、panasonicではノイズがかなりうるさく、静かな部屋の中ではこれが気になってしまって使用に耐えませんでした。2.ノイズキャンセル機能の誤動作? よくわかりませんが、片耳だけ「ヴーン」というノイズが入ることがあります。叩いたりするとなおるので、多分、「ハウって」いるのではないかな、と推察されます。(総評)ノイズなどが気にならない(周囲のノイズと混ざって認識不可能になる)野外での使用専用。ノイズキャンセル能力はカナル型も含めて最高。.

 直前までsonyのウォークマンm505(ノイズキャンセル付き)を使っていた。 それまでも十年くらい前から色々とノイキャンを使ってきたが、qc20はピカイチのノイキャン度であるのは間違いない。 音質が悪いという重大な不満はあるがそれだけは言える。 ノイキャンでは初めてのawareモードは良い。トグルスイッチで一度押せばawareモードになり次に押すまでそれが続く。ノイキャンをオフにしても耳にイヤチップがあると声が聞こえづらい。それがはっきりと聞こえるようになる。 明らかにマイクから集音した音をミックスさせているのがわかるが、自然に聞こえる。使い方によっては重宝する人はたくさんいると思う。 しかし、騒々しい所でqc20を付けてawareモードにしたほうが裸より聴きやすいということはない。やはり声の周波数帯のみを通しているためか、その帯域の車の音もはっきりと聞こえてしまい、正直聞きづらくはなる。 が、qc20をつけたままならばawareモードのほうがはっきりと聞こえる。 ボーズ特有のイヤチップは最高だと思う。軽くはめるだけでピッタリ来る。ノイキャンのベストな位置に来る。しかも外れにくいのに、外そうお乏えば簡単に外せる。shureのような耳栓イヤフォンとは違って楽。軽いつけ心地 では不満とはなにか? それはqc2の様な音質に対する感動が全くないという事だ。低音も中途半端にしか出ないし、高音の伸びも無い。全体的に心を震わすような音を出してくれない。 一万円ちょっとで買ったsonyのm505はノイキャンのイヤフォン付きながら、とてもいい音を出した。おそらくイヤフォンだけでも4000円もしないだろう。それに全く及ばないくらいに残念な音しか出さない。どうイコライザーをいじっても到底及ばなかった。 さらにはいつも首の後ろにケーブルを回していた人からしてみても使いにくい。右耳左耳の分岐点が短いため、片方を後ろにすると通話のマイク部分が首の斜め後ろくらいになってしまう。仕方なく首の前に垂らすが、作業をする時などは本当に邪魔。なんで首の後ろを東司用にしなかったのか不思議。 なんにしても音楽では無く声を聞くためには良いものだと思う。とても聞き取りやすくなり、自分の部屋の音量で外も歩ける。声を聞くくらいならば聞き取りやすい音を出してくれる。.

ノイズキャンセルの効果は確かに実感できます。ただ買って半年もたたないのに、いきなりonoffのボタンが壊れた。.

個人的に使用。スイッチオン状態で気になる点。・リモコン → イヤフォンの配線が少し短い。・配線同士がぶつかるノイズ音はかなり拾う。・そこそこ静かな場所で使用すると、『サー』という微弱なノイズが入る。・蛍光灯の多い地下街などで、蛍光灯の動作波?の様な定期的なノイズを拾う。・周りの音が低く抑えられる為、音楽の音量を下げるけど、音量を上げても味付けの部分で?音の伸びるべき部分が無い。・イヤフォンの仕様なので外で使うのを前提として造られていると思う。完全な遮音でも極低音と高周波は割と拾い、事故などに遭わないように味付けされていると思う。人の良く聞こえる部分をかなり消音する味付けのイヤフォン。これはboseの味付けと思う。・音源から電源スイッチ部までは短い為、スマホを胸のポケットに入れるとboseのスイッチ部はポケットの外でブラブラします。あと10㎜でも長ければ2つまとめて収められるのでしょうが短すぎで配線抵抗を考えるとかなり慎重に曲げなければならず、そんな暇が無い時はぶら下がります。時間に余裕が有れば胸ポケットに一緒に収められますがスマホを触るとまた同じ状況になるので気にしなくなります。それと電源スイッチ部分には初めの折り目のクセで緑ランプが前方を向く格好になります。外にぶら下げて緑ランプが周りに見られるのは嫌いなので配線のクセを直さなければなりません。硬い配線なので時間がかかりそうです。かなり耳の良い自分だけかも知れない部分。・『全く気付かない』かき消し音ヘルツでの音圧の為?軽く頭痛がする。・同上の内容の為?、平衡感覚がやや狂い歩行時少しフワフワする。・気圧が少し高くなるような耳部への圧迫感がややある(可聴音ではない)。価格は高価。効果は静かです。慣れかも知れないけど 音に敏感な方は、こういう細かい点にも気付く方は多いかと思います。私も今後メーカーサイトの人間にこの内容を聞いてみるつもりです。.

私は、小型重機を運転する際に「単に耳栓」を使っていたのですが、これならスマホでラジオを聞きながらの方が楽しいなぁと思い、わりと高級な密閉型インイヤーヘッドホンを購入して試しました。スマホのボリュームを80%ぐらいまで上げるとパッチリ聞こえて満足していたのですが、スマホが表示する音量過大の警告が気になってました。ノイズキャンセルってのがあるなぁとは知っていたのですが、高価なわりに本当に効果があるのか(シャレ笑い)不安で購入は躊躇していました。今般、会社で購入してくれる事になったので購入しましたが、スマホのボリュームは5%程度で十分となり、騒音が数十メートル遠くに聞こえます。ただ、話しかけられてもクラクションがなっても気づかないので使用には注意が必要ですけど。.

Quietcomfort 15を使っていましたが暑くて、こちらを購入しました。駅ホームで停車中の電車がいる状態でoffからonにすると、中低音は、よくキャンセルしてくれますが、電車のモーター騒音の高域が、明らかに増強されて強烈なヒスノイズとなって聴こえてるようになり、音楽に浸れるという状況からは程遠いです。かなり気になります。quietcomfort 15の方がバランス良いです。静かなところで付けるとホワイトノイズが結構気になります。あと、マイク部分が、安っぽいプラスチックでスイッチの反応が悪くなかなか切り替わりません。タイピンもコードから外れやすくすぐ無くしそうです。金額考えると、もうちょっと高級感あっても良いのでは・・・。余談ですが、冬場は、qc20の上からqc15を着けて両方キャンセルして使用しています。.

色々な方の評価を見て、静かさを評価する人から、たいしたこと無いという意見まであったのでどんな物かと思いましたが、3ヶ月使用しての感想を記載します。まず、私の使用状況は仕事柄出張が多いので、電車や飛行機での使用、車の助手席や後部座席での使用です。ソニーのウォークマンで使用しています。概ねどんな環境でも満足ですが、特に低音のノイズが多い飛行機や、ディーゼル車のエンジン音等には最初驚く程の効果があります。ただし、だんだん慣れてくると、あまりに自然にノイズを消しているので「キャンセル効果きいてるのかな?」となりますが、イヤホンを外した時、外のノイズの多さに「ああ、やっぱりすごいわ。」となります。このイヤホンのすばらしい所は、ノイズキャンセルしているときのこの「あれ?効いてるのかな?」の自然な音です。楽曲により得意不得意な音はあるようですが、不満を感じるレベルではありません。ノイズキャンセルメインですから、静かな環境で使う物場合は、これで無くとも良いでしょう。ノイズキャンセルは、外部の音にあわせて音質も自動で補正されているようですから、静かな環境で聞いた場合、低音が弱く感じます。周りがある程度ノイズのある環境で聞いた方が音が良くなるように感じました。また、静かな環境だとヒスノイズが気になります。これは、曲が流れている時は全く気になりませんけど。これのノイズキャンセルがいまいちだと言う方は、いったい何を求めているのでしょう??無音にしたいという事かな?私には必要に十分な内容です。.


メーカーより

拡大表示

音楽に没頭できる圧倒的な消音性能

Bose QuietComfort20 の圧倒的な消音性能は、2つの小型高性能マイクで騒音を検知することから始まります。ハウジング外側に配置されたマイクで外部からの騒音を、内側のマイクで耳に侵入してくる騒音をそれぞれ正確にモニタリング。モニターされた騒音はケーブルの途中にあるコントロールモジュールが受け取り、独自のデジタル回路で演算されます。瞬時に、騒音とは逆位相(逆向き)の音波を再生し、騒音を相殺。ボーズだけの、劇的なノイズキャンセリング性能を発揮します。

また、新開発の「StayHear+(ステイヒア・プラス)チップ」が、耳の穴にやさしく密着し、物理的な高い遮音性能を実現します。

拡大表示

独創的な「Awareモード」

Bose QuietComfort20 には、騒音を低減しながらも周囲の音が聞き取りやすい状態を創り出す「Awareモード」を搭載。マイク付きリモコン部分のボタンを押せば、通常のノイズキャンセリングモードから「Awareモード」へ切り替わります。すると、音楽が再生されたまま、不快な騒音だけが抑えられ、周囲の必要な音を同時に聞き取ることができます。

警笛の音やお店に入って会話するとき、駅や空港でアナウンスを聞くときなど、これまではヘッドホンを外さなければならないシーンでも、ずっと着けたまま音楽と過ごすことができます。

*周囲の音が聞こえないと危険な場所(車や自転車の通る道など)では、十分に注意してヘッドホンをご使用ください。また、Awareモードは周囲の音を聞き取りやすくする機能ですが、すべての音を聞き取れるようにする機能ではありません。周囲の状況や音楽再生音量によって聞き取れない場合もありますので、ヘッドホンをお使いになる場合は、安全に十分注意してご使用ください。

優れたオーディオパフォーマンス

ボーズ独自の「TriPortテクノロジー」が、イヤーカップ内の空気質量を緻密にコントロール。さらにアクティブ・イコライジング技術により音質を電気的に補正して最適化し、インイヤータイプとは思えない豊かで臨場感あふれる本格サウンドを再生します。

拡大表示

高い利便性と汎用性

約2時間の満充電で約16時間の連続使用が可能。充電は付属のUSBケーブルで簡単に行えます。バッテリーの残量がなくなった場合でも、通常のヘッドホンとして使用できます(バッテリー未使用時は、アクティブ・イコライザーによる音質補正は行われません)。

また、使用しないときは付属のケースに収納できるので、旅先や外出先での携帯性にも優れています。

従来から外部ノイズ消去タイプのイヤホンを使用しているが、今回のものは従来のものと比較して、ノイズキャンセル性能が格段に優れている。ちょっと、価格敵には他のものと比較して高い、この性能であれば納得できる。大変良い買い物をしたと思います。.

ノイズキャンセル入りで、音楽を聴くと周囲の音で聞こえなかった音まで聞こえて素晴らしいと思います。ですが、右側だけ数分おきに音楽を掻き消すほどんのガリノイズが発生します。耳がおかしくなります。とても使えたものではありませんでした。再生機器との相性もあるかもしれませんが、手持ち機器すべてで発生しました。◼︎2013/10/04追記右側は接着不良のようで、真っ二つになってしまいました。おそらくノイズの原因でしょう。サポートに連絡したら初期不良として交換してもらえることになりました。とても売れているらしく交換品は、1ヶ月以上先に届くらしいです。交換品が届き次第、再度追加レビューさせていただきます。ただし、ノイズキャンセルというノイズ源が追加されているので、ピュアオーディオで使う様な物ではありません。バッテリーを内蔵したポータブル向きです。過度な期待は、失望するだけでしょう。.

ノイズ除去能力は最強一応カナル式ではあるが耳栓のようにぐいっと差し込むわけでもないのでoffのままでは外部の騒音は一切カットされない、onにすると外部の騒音が消え失せプロスポーツ選手のゾーンに入ったような感覚を得られる。他の製品は危なすぎるという理由でnc機能の性能を控えめに作ってあるケースが多いが、この製品は本気を出しすぎている為、外で着けると何も聞こえない。徒歩なら兎も角、自転車やバイク、車の運転中は決して着用してはならない。音質周りに関してはいつものbose製品、低音が強いのでそこを気に入るか否かで評価が分かれるだろう。nc機能をoffにして普通のイヤホンとしての運用は出来るが、音量が全体的に小さくなる上、ただでさえ小さい高音が蚊の鳴くような声になるので視聴体験が大幅に劣化してしまう。あくまでnc機能offは充電が切れた際の非常手段。長時間持つとはいえ充電はこまめにしよう。使用開始から3年半、nc機能をonにすると「ブーン」というハムノイズが入るようになってしまった。抵抗入りジャックなどを試したが無駄だったのでイヤホンの不具合という結論に至り公式サイトにメールで問い合わせた。数度のやり取りの後に商品をboseサポートに送付すると、定価の半額の代引きでこの商品が新品になって帰ってきた。他の高級イヤホンも数年すれば断線する事もある。リケーブル代1. 5万だと思えば、使い続けて高いという印象は無くなった。しかし断線以外のケース(電源周りがイカれる)で故障するという可能性はあるので買うなら新品をオススメする。.

ノイズキャンセル力はすごいと思います。後ろからプリウスがちかずいてきても気がつかないですね。電車などで使用した方がいいと言うか、安全だと思います使用中に電池がなくなっても、スマホと同じくモバイルバッテリーからusbで充電できるので、不便はありません本体部分は軽いですがチョット邪魔です次世代機ではもっと小さくなる事を期待しています。本体をうまく格納出来るジャケットがあればもっと便利ですねぇあえて欠点を書くとすれば、3万円という価格でしょうか数週間使用して見てノイズキャンセリングを作動させたり停止させたりする時に、ボツッと音がします。ノイズなのかな?この音がなければもっと高級感があろと思います3万円もするのだから、次世代機ではこの辺も改良されるといいのかなぁと思います.

雑音がシャットアウトされます。飛行機や地下鉄、騒々しいカフェなどで大活躍です。.

1年半ほど、毎日かばんにいれて持ち歩いたら、この状態に。毎日大事にケースに入れて持って歩かないとこうなります。ノイズキャンセリングユニットのラバーはべろべろにはがれ、ケーブルはつなぎ目から断線、いろいろ持っていますが、他のヘッドフォンはこのようにはなりません。修理は15000円とのこと。音はいいのに耐久性悪すぎ。。修理に出すか、b&oに買い換えるか検討中。 ご参考になれば。.

久しぶりに電車移動で、これまた久しぶりにウォークマンを引っ張り出して普通の(とは言っても、それなりに吟味したつもりの)イヤホンをして出かけたのですが・・・電車の走行音やら様々なノイズのせいで、ボリュームを上げないとまともに音楽が聴こえない。音漏れも気になるし、耳も傷めそうだし・・・7年くらい前に15のヘッドフォンを購入し、特に新幹線に乗るときなんかは必需品だったのですが、帽子が好きなので、そういう場合はヘッドフォンは無理。ついに買ってしまいました。例えば、静かな環境であれば、純粋にオーディオ機器としての性能を云々すると1級品ではありませんが、現実的なイヤホンの使用環境を考えると、理想的な商品だと思います。少々嵩張りますが、そこは少しの工夫で何とかなります。因みに、ウォークマンだと、手元のリモコンは全く反応しませんね。まぁ、別にそれは構わないけど。.

最初使ってて「そうでもないなぁ・・・」 や 「少し後悔したかな・・・」と思っていました・・・が電車に乗って使うと一変!!周りの音が消えます! sonyのncなど使ってきましたが一番効果的に消えます!awareでしたっけ?静かな歌の時に使うとよくわかるんですがncをオフにしたくらいに聞こえ 駅などで使うといいと思います!!.

I bought this a few days ago. No box but no problem to use. But the quality and function no problem. I think you can order wothout doubt.

ま・・・この価格ですから良くなくてはねコンパクトでノイズが消える感は最高です・・・消えすぎるんで歩行中には軽くカットにすると適度に周りの音がきこえるs〇nyのように・・・もし、改善といううとイヤーパッドがもうすこしやわらかいとおいらの耳にはあうかな.

 音楽を聴くためでなく、騒音カットを期待して買ったが、その効果に感激した。 マンションに住んでおり、隣りや下からの物音、原因不明の重低音に悩まされ、カーペットやら、壁一面覆う本箱など買ったがそれでもダメで、耳栓ならと購入してみたものの効果がない。そんな折、インターネットで「デジタル耳栓」なるものを見つけ、5000円ぐらいで高いと思ったが「背に腹は」と買ったものの、「何だこれは!」というくらい効き目がなく、腹が立った。こうなったら引っ越すしかないと考えていた矢先、この製品の存在を知ったのである。 早速、直営店に足を運び、いろいろ試してみた所、完全に音が消えるわけではない(高い音は残る)が効果があることが確認できた。 しかし、値段が3万円以上ということもあり、即決せず、よく考えた末、再び店で実験、BOSEの店員さんが親切でさまざまな問いにていねいに答えて下さり、思い切って買ったが、家で試すと悩んでいた音の9割は消え、救われる思いがした。睡眠中も、つけたままぐっすり寝られる。 この製品は音楽プレイヤーなどに接続しなくても耳栓として使うことができる優れもので、スマホで会話できるマイクもついており、言うことなし。ただ、内臓電池が切れた時どうなるのか気になるところだが、天下のBOSEが何とかしてくれるだろう(期待)。 3万円が高いか安いか、私の場合、引っ越すことを考えたら、大変安い買い物だった。.

うるさいjrや飛行機内が無音になります。そんなに静かにならんでもいいんじゃないの、と思うくらいです。3つの光る場所の意味がよくわからないところがマイナスです。どれくらい充電が持つかもしりたいところです。.

まず、通勤電車とタクシー利用時に使用してみて、びっくりした。ノイズキャンセリング機能の効果が絶大であること。電車や車での「ゴ~」っといった音が一切しない。人の会話もほとんど聞こえない。そして、イヤホンから聞こえる音はクリアー。このイヤホンをして通勤することが非常に楽しみになりました。なぜ、もっと早くこの商品を購入しなかったのかと反省。値段は高いですが、十分恩恵は得られます。これからは、このイヤホンを使って電車で、英会話学習をすることが、楽しくなりそうです!.

今までこんな高いイヤホンを買おうなんて、思ったことなんて夢にも思いませんでした。音質もそんなに、こだわりも無いのでしたが、ちょっと気になり、いろんなレビューを読んでいると非常に欲しくなり、試したこともないのに買いました。やっぱりノイズキャンセリング機能は凄い力を発揮してくれます。どんな場所にいようと、ノイズキャンセリングをすることによりどこでも自分の世界に入れる。本当にこの例えが当てはまりますね。電車で往復3時間毎日通っていて、今までカナル式イヤホンずっとつけていましたが、このイヤホンにしてから疲れを全く感じなく、非常に楽です。電車では、大きな声で喋り出す人達もいて、ついついイヤホンの音量を上げて、周りの音を聞こえないようにしてましたが、このイヤホンにしてから小さな音でも十分遮音性(ノイズキャンセリング機能も)があり、耳への負担が非常に少ないと感じました。私は、そこまで音質にこだわるってことは無いのですが、これは、音質を求めて買うより、機能性を求めて買うのが正解だと思います。もちろん、音もそれなりに良いのでは無いのかと思います。ノイズキャンセリングは体質が合う人合わない人がいるらしく、私は片耳で使用すると5分程度で頭痛を少し感じました。.

_ソニーのmdr-nc300dと比べるとソニーの方は、耳栓やイヤーマフのような強力ノイズキャンセリングだが、こちらのquietcomfort20 は、早朝の高原のような爽やかなノイズキャンセリングだ。確かに量販店で聞くと凄い効果だが、地下鉄や雑踏、電車の中といった状況ではそれほどnc300dと比べて効果に差があるとは思われず、好みの問題といえる。電源を切るとカナル型としては雑音が反響するので電源を入れた時に心理的に強力ノイキャンと思わせる憎い作り。イヤホンのシリコン部が汎用性がない作りなので、色が変色したり変形したら大いに困る、交換品が高そうな気がする。提灯記事に、駅のアナウンスも消えるというのがあるが、全く見当違い。オーバーヘッド型ならともかく、そもそも遮音性が低い為、ノイズキャンセリング機能と関係無しに外部の音が聞こえる。.

最高Bose QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones ノイズキャンセリングイヤホン QuietComfort20 レビュー