翔荒牧のレビューとショッピングガイド

最良の選択から毎日の製品レビュー

Author: admin

Koea 充電ケーブル 磁気充電ドック 1 – 純正品のようです

問題なく使えていますバイクにつけたりなどではなく普段使いで壊れる感じはないです耐久性を考えないならこの値段なら迷うことなく買ってもいいと思います。. しばらく購入しましたが、この種のアップルウォッチとiphoneツーインワン充電器は非常に便利でファッショナブルで、アップルウォッチ5を充電するのに約3時間しかかかりません。 私は非常に満足しています、私は購入した他の店と比較してこの製品をお勧めします。. タブレット側にmediapad t1 7. 0を装着。tpuカバーをつけてもギリギリ。もう少し小さいものが付くと良い。. もともとアウトレット品で1台持っていました。大きくて少し重いので、同じ規模のものを5台ためにし買ってみましたが、この双眼鏡以上に良く見える商品はなく、以後、中古品、ネットで探し回り今回やっと購入できました。ライブで使用していますが、鮮やかに綺麗にアーティストを見ることができます。ステージ上で立体感で見えます。. Apple watchを充電する磁石の接点の窪みが浅いために接触が悪く、充電開始のポンという音が一定時間に一度鳴って使えない。返品したい。lightningとapple watch充電が同時にできるのはとても便利なので改良をして欲しい。. 一本でiphoneとapple watchを充電できるという利便性がいいのです!長さも1mでちょうどいいので持ち運びも楽です!iphoneは約3時間ほどで充電ができ、apple watchは約2. 5時間程でできるらしいです。計ったことがないのである程度の目安にはなりました。. 安いのでそれほど期待していませんでしたが、がっちりした安定感があり、スマホもタブレットもしっかり固定できています。満足です。. 長さも使いやすそうなちょうど良い長さです。. 利点と欠点 メリット iPhoneとApple Watchを充電 非常に使いやすいアップルウォッチとiPhone充電ケーブル 安心して充電できる デメリット Apple watch series 4 44mmで問題無く使えました。あとは耐久性と充電時間ですが、iphone の充電ケーブルが兼用できるのはとても便利だと思います。こういうコンパクトな物を探してました。対応も早く大変満足です。ありがとうございました。. Apple watchの純正充電器が壊れてしまった為購入しました。以前は500円程の安い商品を買ったのですが全然使い物にならなかったので今回はこちらを買ってみました。使用しての感想純正ではないですが純正に引きを取らないほどの精度でしっかりと充電してくれました。充電方法も簡単でマグネット式でピタッと止めるだけです、それにマグネットについているので落下防止にもなります。しかも最短2. 5時間で充電が満タンになりました。コードの方も断線しにくい作りになっており折り曲げに対してもしっかりとしておりしばらくは断線の恐れ無く使えることでしょう。以上が感想になります。使用してまだ1週間ほどしか経ってないですがしっかりと使えているので満足です。値段は少しはりましたがしっかり機能もしてくれているので外出用としてもう一本買おうと思います。みなさんも是非購入してみて下さい。. アップルウォッチの充電は汎用品がないので付いている充電コードを使うしかありません。私は会社においてあって出張の時に充電が切れたりしてました持ち歩いた時もありましたが、当然のようになくなり高い純正コード(3000円位)を買いましたですから会社に純正のコードがおいてあり、持ち歩きに使えるものをほしかったんですがちょうどピッタリの商品でしたマイクロusbで充電なので外でも充電できます海外旅行にもこれを持っていく予定です最近の中で一番の買い物でした. Iphone5cを使っていた頃は100均のホルダーで十分でしたが、6splusに換えるとカバーとか外さないと挟めなくなったので、本品を購入しました。挟み具合がちょうど良かったです。カバーを外さなくても挟む事が出来ます。後で購入したamazonのfire8もカバーを外さなくても挟む事で出来るので重宝しています。しいて言わせて頂ければ、ストラップ用の穴とか用意して頂けると持ち運びに役立ちます。. 純正品と比べれば、充電時間が若干長いです。充電状態になっていることを確認しないと、充電出来ていないこともありました。. いつもiphoneと iwatch の充電線がバラバラで困っていましたが、これが購入して非常に便利になりました。ケーブルが一個しかないので、見た目も的にもいいし、大抵充電をし始めるのが、寝る直前なので、同時にiphoneとiwatch を充電することで、どちらも忘れることなく済みました。おすすめです。今まで使ってた正規品のapple watchの充電器が使えなくなり、よく見たらプラグ部分が擦り切れていて買い換えました。数日使ってみましたが純正品と変わらない感じです。ちゃんと充電もできてます。購入できたので満足です。. 出張用に購入しました。何本もコードを持ち歩かなくてよくなりスッキリできました。. ここのレビューをよく見ると、充電性能を評価していないレビューが多く、それもいい評価ばかりなので騙されてしまいました。充電できますが4時間以上かかり純正の3倍以上かかったので即返品しました。. アップルウォッチ5 の電池の消耗がとにかく激しいので、日中にも充電が必要になり購入しました。別のケーブルを使う時よりも充電が遅いような気がしますが、携帯と両方の充電が済ませられるのは便利です。毎日持ち歩いて使っています、このお値段でとてもお得でした。. 特徴 Koea 充電ケーブル 磁気充電ドック 1.2m Apple watch iPhone全シリーズに対応 (2 in 1) […]

Read More

フル・ブルーム(FULL BLOOM) 【 飾音

大満足です。ケーブルについては品質向上を望むところですが。始めからクリアな音質で使用時間が60時間位で、さらに音質が向上スマホ接続でも充分に良い音です。pioneer xdp-300rにapt-x接続、若干低音をイコライザーでプラスしてバッチリもっとエイジングしてからコメントしようと思ってましたが問題なし。. ずっとmpow magneto mbh26dを使っていたのですが、そのレビューにも書きましたが、長時間の使用ではやはり耳が痛くなってしまったので、「日本人の耳に馴染み、軽量」という本品を購入。full bloom…知らないメーカーだったのですが、主にスマホの液晶保護ガラスを作っているメーカーのようです。このイヤホンはデザインは東京、製造は中国です。「和デザイン」については、そんなに「和」かなあ、というところはありますが、ブラック一色、シンプルなのは良いことです。重量は、実測で11. 9gとかなり軽量。実際に持ってみても確かに軽いです。mpow magnetoはイヤホン部分にusb端子が付いておりごついですが、比べると随分小振りに見えます。(画像の左がmpow、ちなみにmpowは18gほどだったと思います)装着感は、かなり良いです。ケーブルが細めで軽量なのも良いのでしょう。たまたま私の耳の形に合ったのか、それとも謳い文句通り、日本人の耳に合いやすいのか。イヤーフックはとても柔らかで、突っ張る感じはありませんが、ちゃんと機能はしています。ちなみにマグネットは付いていないので、イヤホン同士はくっつきません。コードクリップも付いているので、それほど絡まることも無いでしょう。ペアリングは全く問題なく、電源ボタン長押し→ペアリングの状態になったら、再生機器で接続するだけです。充電は、コントローラー部分にusbソケットが付いているので、そこにケーブルを差します。ちょっと華奢で弱そうな印象なので、慎重に扱いたい部分です。充電時間2時間で、再生6. 5時間。もう少し再生時間が長ければ大満足なのですが。音質は、シャリシャリではなく、やわらかい印象で、聴きやすいように思います。高音ではなく、中・低域が出ている感じです。低音は割としっかり出てるほうかと。イヤホンにそれほど高音質を求めているわけではないのですが、聴きやすい音質であることは重要です。mpow magnetoは結構シャリ感があって疲れる印象だったので。もう少し聴き込んでみて、使用感など、またレポートしたいと思います。. 良いところ・音質はフラット傾向なので私は好きですが、重低音好きな方には向かないでしょう。・装着感は良いです。シリコンゴム製のイヤーフックは柔らかくて痛くならないです。・全体が軽い・apt-x対応、とは言えsbcより音質が優れているのかと問われると微妙残念なところ・walkman a16とapt-x接続で使っていると、たまに音が途切れます。mdr-1000xだと途切れません。・ペアリングが1台のみなので、ほかのデバイスで使うのがめんどくさいですその他・デザインはシンプル。和デザインも何もなく黒一色飾り気無し。質実剛健で個人的には良いと思います。・インフォメーションボイス(power onとか)が中国人ぽい訛りかと思ったら、アメリカ人曰く、西海岸の人っぽい訛りだそうです。. そろそろイヤホンを新しくしようと考えていたところに、こちらが発売されたということで購入しました。和の硝子を数年使ってきていて、フル・ブルームさんの品質は満足できることは知っていたので、その点は最初から安心しています。デザイン・・・届いた商品を見ると、さすがの和ブランドという感想。量販店でイヤホンを大量に見てきていますが、この日本柄というか木目調の和風パッケージは完全に初めて見るものです。イヤホン本体は黒に統一されていて、落ち着いた雰囲気ですね。ハウジング部分に大きなロゴの入っている商品が多いですが、違うところで勝負している感じがします。装着感・・・たしかに耳にしっくりきます。本体が自然と耳の中に収まる感じと、ジムで軽く走ってみると、フックがきちんと働いて落ちないようになっていることがわかります。フックは硬すぎもせずやわらかすぎもせず、ちょうどよい柔軟さです。音質・・・バランスのとれた音質で、かなり良好な印象です。手持ちのお高いスピーカーと聞き比べても、聞きたい音がきちんと聞こえています。クラシックのオーケストラの演奏もしっかり聴けます。iphoneユーザーのためaac対応も必須でシビアに見ていますが、この点も問題ありません。総合的に大変満足できる商品として二重丸をつけたいと思います。イヤホンでも引き続き高品質で頑張ってほしいですね。. 慣れません。ちょっとつけてるだけ気持ち悪くなります。その原因がカナル型だからなのかイヤホンのゴムの強烈な臭いからなのか、、付けていられません。臭いはとにかく臭いです。時間が経てば臭いも消え違和感も慣れるのでしょうか?!ipad &iphoneで動画を見るために購入しました。bluetoothではの遅延はaacのおかげか全然気になりませんでした。音質も悪くないと思います。ペアリングも簡単にできます。充電はまだしてませんが、リモコン部分のソケットの蓋がすぐ壊れそうです。日本人に合わせたと強調されていたので期待してましたが、全然合う気がしません。イヤホン部分もこんなに大きいと思いませんでした。イヤピースもsでも大きいです。海外メーカーと変わりない大きさかと、、、初めてのカナル型は金額の安いものにしてよかったです。勉強になりました。正直返品したいです。再レビューです。臭いがだいぶん消えて気持ち悪さが減りました。カナル型に慣れないせいもありますが、大きな原因は臭いだった様です。再び入っていたケースを開けると臭いで気持ち悪くなりました。★2→3にします。購入される方は臭いが消えてから使用した方がいいでしょう。. 10khzあたりが若干強めですが、イヤホン特有の4khzあたりの嫌な感じは、さほど気にならない程度でした。音楽プレイヤーアプリの30bandgeqで補正して使用していますが、いじるところは少なかったです。タッチノイズは、、まぁ仕方ないかなと。。耐久性についてはまだわかりません。. 普通のイヤフォンを使用していた家族のために購入。通勤時にiphoneに接続して聴くのが主な目的。今回購入したケーブルでつながっている【飾音】にするか,独立した【澄音】にするか迷っていたが,もし耳から外れたら落としてしまいそうだから,という理由で,こちらを購入。おもしろい形のフックだが,彼女の耳にはぴったりフィットしたもよう。「これなら落ちないし,軽いからケーブルなしのほうでもよかったかも」とも。装着感に問題はなかったようでよかった。電車の中でも特に音が途切れたりすることはなかったようで,安心。音質も,今まで使っていた普通のイヤフォン(値段帯は同じもの)と比べて,クリアに聴こえる気がする,とのこと。イヤフォンが,電源オンオフ時やiphoneとの接続時に,「power on」とか「power off」,「connected」などと声で教えてくれるのに驚いていた。これから夏に向けて,iphoneなどをカバンに入れたまま音楽を聴けるようになるのは便利,と喜んでいる。私も借りて耳に付けてみたところ,かなりの密着感。オーケストラの音楽を聴きながら,家の周りを散歩してみたが,油断していると背後の車に気がつかないくらい,エンジン音などの騒音がシャットアウトされている感じ。音質も,この価格であれば十分ではないかと思う。. コートが堅く、装着するとコードがどうやっても、うねってものすごくダサいです。とても外ではつかえません。1ヶ月使ってもしなやかになる気配はありません。もう返品したいです、、、. 長所と短所 利点 便利! 大満足です。 3000円前後の価格帯の製品としては良い出来です 欠点 さほど音へのこだわりが少ない事もあるが、私には必要充分でした。耳にフィットするためか、外界の音の遮断は結構良いと思います。コードが硬いせいなのか、衣服との擦れる音の様な音が伝わってしまう。. ウォーキングやジム用に購入しました。安い、軽い、耳にフィットして快適!日本人に合わせて作られているだけあって、耳が小さい私でもバッチリ(コードクリップs使用)。遮断性が高く騒音をシャットアウトしてくれるので、サウンドと運動に集中することができます。防水だから汗をかいても大丈夫だし、休憩中は首から下げておけるので、便利で失くす心配もなし。この環境が、この価格で買えるなんて圧倒的なコストパフォーマンスです!. 装着した時の軽さは申し分なしです。耳に直接当たるイヤーチップには好き嫌いが出てくると思いますので、自分のお気に入りのイヤーチップにするのも良いかと思います。密閉性・外部音の遮断性は良いです。. ジョギング用に購入しましたが、約2か月で左側から音が出なくなりました。軽い分、耐久性はないかなと予想はしてましたが、その通りでした。一年間保証とありますが、取扱説明書にも保証書にも連絡先の記載はありません。. 音質、耐水性、ノイズ除去はよくあるレベルだとは思いますがこの価格であるならば満足です。高いコストパフォーマンスだと思います。マグネットが無いため首元で固定することはできませんが、代わりにとても軽く着け心地も良いです。通勤等で長時間つけていても快適なのでおすすめです。. Aac対応のbluetoothイヤホンという事で購入しました。耳のフックの形状が特殊でつけると外部から力を加えない限り、走ろうがジャンプしようが、頭を振り回そうが、私は外れませんでした。遅延は感覚的には0. 2~3秒あると思います。sonyのsp700nという完全ワイヤレスイヤホンを買おうかと悩んでいましたが、1-2秒の遅延がありあまりにもひどかったので悩んでいたところ本製品を見つけました。当初アンカー のゾロリバティがほとんど遅延を感じず素晴らしいと感じていましたが、8000円という事で悩んでいました。どうせもう数ヶ月もすればbluetoothイヤホンのチップセット配給会社であるクアルコムより、qcc5100という現行の65%省電力で、定遅延で、iphoneでは出来ないがapt-x hdの超高音質でノイズキャンセリングを搭載した製品が出てそれまでのつなぎとして安さ優先で本製品を選びましたが、正解でした。音質も良いです。つけ心地もよく外れにくいです。上にも書きましたが、許容できる遅延です。. 音は好みがでるかな?私はイヤーピースを低反発のものに替えて使用しています。少しだけですが、音に重みが入った気がします。もう少し使い込んで低音が出てきてくれたらいいんだけど・・・. 音質は、特にいいとは感じませんでした。でも、可もなく不可もなくという感じです。既存のイヤホンと同等水準ですご、従来品のほうがいいかなという感じです。ボタンが、押しづらいのが、特に気になりました。. 音質はそれなりだと思います。一応、耳にもフィットしてくれています。完全ワイヤレスを以前使ってみましたが、通話時に「聞こえにくい」と言われてしまうので、このタイプに回帰しました価格に対する満足度は高いです。1年保証が購入の決め手です。2年くらい使えれば十分だと思います。. の特徴 【 飾音(かざおと) AAC & apt-X 両対応 Bluetoothイヤホン 】 超軽量11.5g 日本人のためのイヤホン エルゴノミクスデザイン AAC & apt-X 双方に対応 […]

Read More

VICARA Compatible – コスパ抜群です。

Apple watch4の購入と同時にwatchも保護したいです。様々な商品を見ましたが、こちらのを購入しました。こんな価格で保護ケースとバンドも同時に保有して、値段以上だと思います。さらに、ステンレス製なので、シリコンより安全感があると思います。良いお品を購入できて大変嬉しいです。. Apple watch‎全体をカバーする物が欲しくてこちらを購入させていただきました。キズを気にされる方はベルトや保護シールだけでなく、こちらの全体をカバーする商品はオススメです。本体自体の装着は簡単ですが、やはり保護シールを貼り付けてから装着する事をオススメします。説明書も入っていますが日本語対応ではないので何となく絵柄を見ての作業になりますので、少し不親切かもしれません。(特に年配の方はわかりづらいかも)サイトで見るほどの光沢はありません。作業もコマ詰めが多少面倒です。出来上がってみると男性ならゴツくてカッコイイかもしれませんが、女性ではゴツ過ぎて好みが別れるかも。耐久性はこれから使用してみないとわかりませんので、この評価となっています。日本語対応の説明書又は、サイトなどあれば親切かと思います。. お洒落に向けたビジネスマンの表現を表すゴールドに輝く手. 非常に装着しやすく、また黒という色のせいかもしれませんが、一体感があって、純正のようです。バンドのサイズについては調整工具がありますから、素人の私も簡単で調整できます。外観は違和感なく使用出来る仕上がりで満足でした。服装や気分に合わせて、気に入りました。特に問題も無く良い商品なので、星5つ付けさせて頂きました。. こちらの商品はアマゾンの出荷場からの発送とのことで、大きな箱で届きました。自分はapple watch4用で購入しました。大きさはぴったりでした。. この値段でパッと見の高級感が出るので大変満足です。ベルト長の調節も全く問題なく出来ました。おすすめです。今日装着したばかりなので耐久性は不明です。. 想像以上にゴツく、寝てる時の心拍数を測るアプリを使いたかった自分としてはガッカリなものでした. レビュー遅くなりました。ブラツクの色の感じが実物はどうなのか届くまで心配をしていましたが実物を見てみるととてもいい感じです。これは予想外でしたが時計本体と同じブラックメタルだったので取り付けたところまるで違和感がなくもともと専用のベルトのような感じで大満足です。ベルトの調整は近所の時計屋に持ち込みましたが700円ですみました。また利用したいと思います。. 利点と欠点 メリット 結構評判良いです 概ね満足だが残念な部分も ゴツい デメリット 他レビューにも記載がある通り、手に持った感じは、若干重く感じるものの、腕にはめてみるとそれほど重く感じない。コマ調整した後の装着感も良い。同様の他製品の重さも見たが、どれもそれほど変わらないので良い商品を買ったと思います。. ナイキモデルを購入してカスタマイズしましたが、一気に雰囲気が変わって最高です!!. 以前使っていた似た様なものは、つけてる間にすぐ歪んでしまって、気に入らなかったが、このケースはシッカリしていて、何よりバンドとの一体感は半端ない。大満足です。. 純正のシリコンバンドをそのまま使ってましたが、仕事やプライベートでなかなか合わなかったためこちらの商品を購入しました。シーンを問わずとてもおしゃれで、普通にかっこいいです。. 側面のガードには優れていると思います。バンドとの一体感もあり買って良かったと思っています。. 良いビス穴が少し歪んでましたが問題なく使えてます. Apple watchのシルバーを買って、こちらの商品もシルバーを買いましたが、同じ色でぴったり合っているので、付けていても違和感がないので素晴らしいです。見た目はかっこいいです。使いには全く問題ありませんでした。同僚もこんな商品が欲しいと言いました。. 商品画像だと光の反射もあって高級感があります。派手さはちょうどいいかもしれません。重量もそれなりにあります。. 物はいいですただ、個人的に軽度の金属アレルギーを持っている私は、汗をかいたときに汗と金属が化学反応が起きたのか、ベルトのバンドの形にかぶれてしまいました。汗をかかないときは異常なしなので、きっとそうなのでしょうそれでもモノはいいので星4で. 特徴 VICARA Compatible with Apple Watch 5 バンド series 5/4 44mm 保護ケース 一体式 傷防止 アップルウォッチ 5 バンド 44mm ステンレス スチール ビジネス風 調整工具付き(ブラック+ケース) モデル番号を入力してください これが適合するか確認: ♪対応機種:Apple Watch series 5/4 […]

Read More

スタックス(STAX) Stax Srs-3100 [sr-L300

形は無骨だが,音質はどんなときでも刺激的でなく大変聞きやすい。. 全体的に音の解像感があって聞きやすいです。癖のない音なのでジャンルを選ばず万能にこなせる、色んな人に勧めたい製品。何より音場がスゴイ。バイノーラル録音された音源はどんな人でも他社製品との違いを感じられると思います。同価格帯で同じような雰囲気の音は出せないんじゃないかなと思います。これのおかげで今まで聞いていた曲の雰囲気が変わるので、また聞いてみようと思えてきます。オーディオテクニカa-900tiからの買い替えでした。. 初めて買ったstaxです。いくつかヘッドホンやイヤホンを買ってきましたが、今まではスタートラインにすら立っていなかったんだと、そう思いました。オーディオにハマりたての頃を思い出す感動です。ありがとうございます。. タイトルの通りです。この価格帯の中では飛び抜けた性能です。とても感動しました。お金に余裕ができたら、上位機種のl700も買ってみようと思います。機会があれば、是非試してみてください。(^^). 昔、staxのイヤースピーカーは使っていたのですが、大分前に壊れてしまいました。その時のものより今回のものは安価なので、あまり期待をしていませんでした、ところがこれが素晴らしい。嬉しい誤算でした。色々聴きまくっています。. 丁寧な梱包で、商品の到着が早い。特にstaxを一度聞くと他のヘッドホンは音が・・・・さっそく、視聴。 やはりstaxはいい。 大事にしたいと思います。. スタックスのコンデンサイヤスピーカの最廉価版。音質は必要にして充分。8年前の中古品を入手しましたが、先日基板のフューズが溶断しました。その後の対応も迅速でした。アフターサポートも良いので安心してお使いいただけますよ。. Staxにしては価格も手頃で、販売された時は値段の見間違いかと思いました。しかしながら同じstaxの高級機との聴き比べでもむやみに低域を強調せず高域も滑らかで長く聞いていても疲れないヘッドフォン、いや!イヤースピーカーだと思います。ジャズしか聞かないですが毎日聞くのが楽しくなりました。. 長所と短所 利点 STAXデビューとしては最適 感謝 コスパ最高! 欠点 最近、頑張っている自分へのご褒美として、買いました。AKG K701とそんなに変わらないと思いました。AKG K701と比べて、低音はよく出ている。すべての点において、stax srs-3100の方がうわまっているが、その差は小さいと感じました。あと、kh-k1000と比べると、色気(聞きたくなる気持ち)がたりない。kh-k1000は2台持っているほどお気に入りのヘッドホンです。(1台はバランスに改造しています)stax srs-3100を買って、目を閉じて、cd(sacd)を聞くと、目の前で、歌手が歌ってくれる感じになると思い、買いました。しかし、そのような期待は、見事に裏切られました。このヘッドホンは、私の運命のヘッドホン、ではなかった。追記 令和1.9.10音場がせまい。耳の近くで音が鳴っている。. の特徴 Stax Srs-3100 [sr-L300 + Srm-252s] モデル番号を入力してください これが適合するか確認: SR-L300とSRM-252Sのセット 最高Stax Srs-3100 [sr-L300 + Srm-252s] レビュー

Read More

YOKELLMUX City-Center イヤホン カナル型 ステレオイヤホン Hi-Fi 高音質 重低音 密閉型 高遮音性 防水 マイク付き ハンズフリー 通話可能 収納バッグ付き 両耳 片耳 – 音は良いのだけれども

自分用、子供用2個購入しました。低音、高音が良く気に入って使ってましたが、1つ目は3ヶ月で片耳聞こえなくなり、2つ目は半年で壊れました。耐久性はかなりやって低い商品でした。. 音はいいのですが躯体が微妙な感じで耳に当たるので奥まで入らない、ゴソゴソと耳に当たる音がする 配線のゴム質がベタベタというかネットリ感があるのがイヤだ. 2週間ほどで到着しましたが、ケースにも入っていて、機能的にはボリュームとプレイとポーズのボタン?もあって操作できます。この値段で音質も十分満足できます。おすすめです。. この値段でこの性能は悪くないと思います。素材がちょっとショボいので遠目は良いですが、近くで見るとショボさがバレるって感じです。. 見た目ですが、商品写真と同じといえば同じなんですがメッキ部分がかなり安っぽく見えます。プラスチック感丸出しといった感じでそこはちょっと残念なところ、マイナスポイントですね。ケーブル部分は全体がシリコン材質でコーティングされているので絡まることは皆無。それ自体べたつきもまったくない材質です。ただし、ものすごく安い(送料込みで310円)ですが音はけっして悪くないです。国産メーカーにこだわれば2千円以上出さないと難しい品質ですね。中華製はほんとコスパいい商品が多い。. 安価だったのでお試しに一つ購入しました。コードが思いのほか丈夫そうで、音も価格を考えたら悪くないと思います。付属のケースも結構しっかりしたものでした。クリップはコードを通すところが少しきつめ、マイクはまだ試していません。 —— 時折謎の不快音が…パキッというかそんな感じの音がします. 別ショップで、これと同じと思われる物を購入姪に試聴させたら、気に入ったと、即お持ち帰りされたので再購入する為に、amazonをチェックわずかな差額で、ケース付の、こちらの商品を発見音は、好みがあるでしょうが、値段以上の音だと思います低音がしっかり出ていて、それぞれの楽器の音がちゃんと聞こえる感じ高額なイヤホンには、かなわないと思いますが100均のイヤフォンを買うなら、こちらを買う事をお勧めしますケースもしっかりした物で、タバコの2/3位の大きさですイヤフォン+小物が入ります商品到着に10日ほど待てるならケースを買ったと思って、一度お試しあれ色違いの物を予備で一緒に買いました。. 値段が格安だったので冷やかし半分で購入したのですが、きちんと鳴ります、というかかなり良い音質かも。追加で色違いも購入しました。. 利点と欠点 メリット 2週間で到着。価格以上のすばらしい商品ですよ。 絶賛!!デュアルドライバー構造 値段が安いのでほぼ満足 デメリット 始めは籠ったような音が酷くて、やはり失敗した~でしたがとりあえずエージングしてどうなるかによって使い道決めるか位でした。エージング後でも少し籠りは有りますが、この値段ならほぼ満足です。. 購入後すぐに片方聞こえなくなりました。音は悪くなかったので交換持ちかけましたが、まだ販売中でしたが在庫ないとのことで返金処理になりました。安いんでどうでも良いですが、やる気のない対応が×。ちなみに分解しましたらリモコン断線してました。. 重低音から高音まで充分なパフォーマンス。この価格で文句は言えないでしょう。ただ私の耳にあってなくてちょっと痛くなりますけど。. 筐体は安っぽい(実際に激安なので文句は無い)が、専用ポーチはすごく質がいいです。肝心の音質ですが、なるべく大きいイヤーピースに交換しての感想は箱出し時点で良い音です。耳の奥に入らないタイプなので、大きいイヤピに変えないと音が逃げます。ある意味シングルドライバのような、まとまりの良い音でボーカルが前に出るバランス型。ともかくこの価格ではかなりお買い得ですよ。. 音は良いと感じるけれども、短時間でひどく聞き疲れがするのは何故なのだろう?. 当方30本以上のイヤホンを持ってますが、音質的なコストパフォーマンスは抜群であり、なんと300円以下という廉価でありながらユニークな構造で音を出したとたん非凡なイヤホンである事に気付きます。更に質感が良さげなカーボン調のケースやイヤピース3種類(大・中・小)が添付されてます。このイヤホンは無メーカー品ですが、最早メーカーで選ぶ時代ではないと実感させられる筈です。. 友人に聞かせたら くれといわれたのでまた購入しました. コスパかなりいいと思います。低音に切れとパンチがもう少し欲しいですが、そこは値段が値段なので. 低音好きにはと言っても低音量が多過ぎですモコモコで音楽を聴く気になりませんおすすめ出来ないけど安いだけなんでこの音が良いと評価されてる方がわかりません(笑). 特徴 City-Center イヤホン カナル型 ステレオイヤホン Hi-Fi 高音質 重低音 密閉型 高遮音性 防水 マイク付き ハンズフリー 通話可能 収納バッグ付き 両耳 片耳 モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 1.IPX23防水等級でランニング・スポーツに最適、ワークアウト中の汗と小雨での使用に耐える防水・防汗性能を備えており、 運動中でも快適にリスニングできます。 21. 臨場感が良い:ダイナミックドライバーを採用して音域は広くなり、低音・高音の伸びもよくなります。 音場はより広く、そして、より臨場感を感じられるようになります。 三频均衡、精細でバランスのとれた音質、現場の音を還元できます。 3. 人間工学に基づいた柔軟性の高いニップルクラスのシリコンイヤホンで、外耳道をよりよく閉じ込めることができる耳装着時に139°の傾斜を採用し、落ちないようにしっかりフィットし、外来ノイズを分離することができます。 23.スマートフォンを取り出さず、インラインボタンを使用して電話や音楽に応答/終了することができ、音量調節も可能。オフィス、自宅、電車など様々なシーンで使用できます。 24.万が一商品に不具合がある場合は、弊社にご連絡いただければ日本語スタッフが迅速に対応いたします。 説明: 材質:耳芽:シリコン 線:TPE 重さ:50g […]

Read More

marantz(マランツ) marantz ヘッドホンアンプ ハイレゾ音源対応/USB-DAC シルバーゴールド HD-DAC1/FN

同価格帯の「パイオニア u-05」と音質比較した場合、暖色系(hd-dac1)が好みか、それとも寒色系(u-05)が好みか、その程度の差でしかありません。音質としてはほぼ同レベルです。スピーカー視聴環境は「jbl studio 5x0ch」シリーズで5. 1ch+dolbyatmos。avアンプは「マランツ sr7009」。ヘッドホンは「beyerdynamic t1」です。元々ヘッドホン環境は「teac ud-501+ha-501」でなんの不満もなかったのですが、hd-dac1で聞いた方が温もりを感じる音でとても好きになりました。なので入れ替えです。購入前にハムノイズがあるという噂を聞いておりましたが、2016年ベトナム製では問題ありませんでした。2015年までは中国製みたいです。あと切り替え時のリレー音も承知しておりましたが、スピーカー環境では思ったより気になります。特にイラつくのはfoobar2000(asio)で例えば44. 1khzの曲を再生していて、途中で96khzの曲を再生しようとダブルクリックしたとき、サンプリングレートの切り替えでリレー音が鳴りますがなぜか再生が始まりません。再度ダブルクリックすると再生されます。また、フォルダ内の動画を順次再生していて、次の動画に行くときもカッチン鳴ります。このdacは仕様のリレー音が大幅なマイナス要素です。なのでu-05とお迷いならば、迷わず「u-05」に行った方が無難です。あちらも所持してますが特に不満はありません。それでも行くというのであれば、ヘッドホン環境で使いましょう。. I like this product, function to meet the requirements, timely delivery. Also appreciated the japanese amazon and the seller, the problems i put forward to help solve the problem in time, in this thank you. Use on the sound quality has improved, feel the bass part […]

Read More

Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica ヘッドホンアンプ AT-HA5000 – 新品の慣らしは必須です!

フロントパネルが黒紫檀で渋く高級感がありますが、個人的にはフロントパネルはアルミ製ヘアラインのほうが好みです。無音時のホワイトノイズは全く聴こえません。ボリュームの精度は良く、少音量時の偏りはなく音が曇りません。天板の発熱は多くラックの中には入れられません。また、インシュレーター底のソルボセイン?が曲者でコンポの上に置くと油のような足跡が付きます(一度付くと拭いてもとれません)ので、ご注意ください。新品開封で直ぐ鳴らすと、音がスカスカで低音が全く出ず「これは失敗した買い物をした」と思いました。しかし、某サイトのレビューで数十時間の慣らしが必須と書いてあったので、半信半疑で電源は入れたまま、音楽を流したまま数十時間ほど放置しました。再び試聴すると、音のスカスカ感がなくなり音が濃く低音も出るようになりました。電源ケーブルは未交換ですが、rcaケーブル交換で顕著に音質が変わるので、試して聴くのも面白いかもしれません。. 圧倒的な解像度とパワー感があります。やはり、オーディオテクニカの高級ヘッドホンとの相性が良いと思います。ath-ad2000(開放型)を接続していますが、少し眠い音だったad2000からこんな音が聞けるとは思いませんでした。ad2000の開発者はこの音を聞いて、あの値段をつけたのか?と思いました。ウルトラゾーンのpro900も接続しましたが、pro900で女性ボーカルに感動するとは思いませんでした。パワー感がありながら、精微な表現も得意と思います。(ただ、k701を繋ぐとそのパワー感にヘッドホンの特性自体変えられた感じがあるので、小音量で高解像度・暗闇の中から浮かび上がるような音・・・と言ったものを求める人には向かないかも?)——————————————————————-※端子が2個ついていますが、2個同時に挿すと音質が悪化しますので、「どうしても」という条件がなければ、1個だけ挿して使用してください。2個同時に使用すると、音場がせまくなり、高音のキンつき、刺さり、などがでてくるようです。———————————————————–最後に、純正の電源ケーブルは交換した方がよいです。交換しないと「まあ、ちょっと元気なアンプかなぁ・・・高い買い物しちゃったなぁ。。聴き疲れするかなあ。」で終わる可能性もあります。(何故オーディオテクニカが電源ケーブルを売っているのか・・・・交換しろということですよね?). W5000はヘッドホンアンプや原音によって落差がはげしいヘッドホンです。これを駆動するにはやはりとりあえずha5000はマッチすると思います。w5000はクラシック以外は向いていないと思います。ジャズやポップスでしたら密閉型であればビクターやdenonのもののほうが楽しめると思います。またこれらを駆動するにはインターシティのhd-1lがよいと思います。w5000もhd-1lは豊かに美しくならしてくれますが、やはりここはオーテクの目指した最高音を味わうのが正道かと(ここは好みの問題でしょうが)。ha5000はやや締め付けが強くゆとりがないという方もみえると思いますが、その切れ味は音質の透明感を助長し感動のある高貴な音を表現してくれます。外観では両者の黒檀とそこに書かれたraffinatoの文字はデザイン的にも当然いいです。staxの007シリーズでクラシック聴いていてやや音質に刺激と切れ味がほしいとき、またはすこし違った感じで張り合える音を楽しみたい場合はhd-1lも捨てがたい魅力がありますがこの取り合わせが今のところベストだと思います。. オーディオテクニカの高級ヘッドフォンに合うように設計していると思われます。他の方がコメントしているように最低電源ケーブルは換えるように店舗でも説明受けました。更に、周辺部の投資が必要(電源ケーブル・ラインケーブル・ヘッドフォン・プレーヤー・dacetc. )おそらく投資沼にハマったら本体価格の5倍の投資環境を整える気概が必要かも知れない…。(私はそうなりました(^^;))でもそれだけの値打ちの音は再現だせる逸品ではあります。. At always known for its quality, furniture like design and use of material. If you’re looking for an amp that suits w5000, this is the one. 重いというレビューがありましたがそれだけでなく滅茶でかいす。これはアンプす。スピーカー鳴らせるんじゃないかす。音いいのも当たり前というか、テクニカのどれも割合低インピで比較的元気に鳴らせやすいヘッドホンと言えど上位製品特に高音とともに低音をしっかり頑張ったタイプのを十二分に性能発揮してちゃんと鳴らそうと思ったら音の傾向やらうんぬん以前にアンプ自身この位の強力物量電源が必要という事かぁと大変感心させられたす。外部にACアダプターが付いてるようなポタアンとは何もかも別物す。(しかし若干持て余すくらいでっかいす。。). まだ購入したばかりなので、本領発揮の音は聴けてませんが、埋もれがちな微細な音でも他の音に埋もれずに聴かせるのはさすがだなと思いました。低域高域共に量よりは質で聴かせる感じでしょうか。インシュレーターや電源ケーブルを替えると、敏感に反応すると思うので色々試すのも楽しいかと思われます。ちなみに、インシュレーターを止めてあるネジは特殊な…なんて言うネジかワカりませんが、最近それ使ってるオーディオや電源タップって多いですよね。それ専用の工具も必要になります。てっきりプラスの普通のネジかと…幸いウチに工具あったので助かりました。●eacのud503と迷いましたが、at-ha5000にして良かったです。見た目高級感ありますしね。. 履歴を見ると¥ 88,072で入手していたようです。sennheiser ゼンハイザー hd800 ダイナミック・オープン型ヘッドフォンと使っています。denon プリメインアンプ pma-1500sespのヘッドホン出力も悪くはないのですが、audio-technica ヘッドホンアンプ at-ha5000のほうがヘッドホンとは相性イイですね。プレイヤーはdenon スーパーオーディオcdプレーヤー dcd-1500sespを使っています。ベタな構成ですが、相性は悪くなかったですよ。. 利点と欠点 メリット The Wife of THE W5000 良いです。 80000円くらいで入手した覚えがあるような。 デメリット Good […]

Read More

Syllable bluetooth イヤホン ワイヤレス ブルートゥース ヘッドフォン AAC対応 マグネット搭載 ヘッドセット スポーツ ブラック D3X – 初めてのワイヤレス

今まで主にerやshureの2万円前後のインナーイヤーを使っていましたが、断線が酷くどうせならと完全ワイヤレスイヤホンを探していました。この価格帯で似た様な製品が幾つかでてますが、レビューをみてこちらに決定。使ってみた所、付属のイヤーピースが全くどれも合わず、耳の穴で支える事が出来ず聞く事すら困難な状態。とりあえず手持ちのイヤーピースがかなりあるので、互換製のあるやつで耳から落ちないものを探そうと色々試した所、shureの耳の穴の形になるスポンジタイプがどうにか付いて且つ、耳の穴落ちず音も良く聞こえるのでこのスタイルにしました。解像感や音質は普通ですが、低音は歪みなく良く鳴ります。着けた感じは耳に張り付く様に付かず、飛び出て見えるのであまりスマートではありません。バッテリーに関しては酷く、日々使っていると通勤の片道が1時間なのですが、帰りまで充電が保ちません。充電もケースで4回分出来るのは良いのですが、片側だけしか出来て無いことや全くされてない事もあり、結局通勤で使えないシチュエーションも出てきたりしています。また音楽を停止再生を繰り返していると、片側だけだけペアリンクが外れてしまう事があり、電源オフ→起動を余儀なくする事もあります。正直使い勝手悪過ぎるので、音を考慮しても星2ぐらいかと思うのですが、この手の未成熟な製品群では他も同じ様な仕様で、まだまだこれからなのではという理解も含め星3としました。. 接続も簡単で、お値段もお安いのに、音はそこそこ満足いくものです。むしろiphone純正のイヤホンより音はいいかも?. D3xを購入。初bluetoothイヤホンで、出勤や買い物など、徒歩・バス・地下鉄・電車での移動中に聴くのが目的。正直、中華イヤホンなので、全く期待していませんでしたwところが、届いた商品を見たら、「高度経済成長期の日本の家電メーカー」を彷彿とさせる、「良い商品を作ろうと頑張っているんだなぁ」という伸び代のある良い品物で、ビックリしました。丁寧でしっかりした梱包、質実剛健な雰囲気のイヤホンとケースの袋、取説の字は細かいけど、ちゃんとした日本語。このメーカーの今後に期待したいです。移動用に、メタル、ロック、アニソン、オーケストラを聴いてテンションを上げるので、ある程度の音質を期待して、acc対応のこのイヤホンを買いました。acc対応なので、iphonese(ios11)で音楽を聴くと、音質が良いです。中~高音は綺麗だし、低音もそこそこ聞けます。1000円~2500円のコード付きイヤホンと同じレベルです。左右の同じ位置に、同じ大きさの操作ボタンやマイクがあり、バランスの良いところが気に入っています。マイクの位置によって、通話相手が「声が聞こえにくい」と言うため、マイクを持って喋ることがあります。(慣れの問題かな?)コードをまとめる玉のようなものが付属しています。これを使えば、余分なコードを束ねることができますが、首を動かしたとき襟に引っかかることがあるので、邪魔なら捨てていいかもしれません。イヤホンについている磁石は、片付けや一時的に首にかける際にとても便利です。ちょっとまとめるのに丁度良い磁力です。(カチッとくっつくものの、簡単に離れます)しっかり自分に合ったイヤーフックを使って、きちんと耳にはめていれば、歩いている時や軽く走っている時にイヤホンが外れて落ちることは滅多にありません。また、音量を上げすぎなければ、音漏れしません。音のズレは、体感としてコンマ数秒単位で、ほぼ無きに等しいです。iphoneをバッグに入れているとき、近くに強い電磁波を出しているものがあるとき、お店の自動ドア付近にいるとき、iphoneとイヤホンの間に物が多いときなど、たまに接続が不安定になって音飛びしたり、ノイズが入ったりすることがあります。昔の赤外線イヤホンで慣れていたので、個人的には許容範囲内です。付属の充電ケーブルは、イヤホン側の差し込み口(micro-usb)が固くて使い辛いです。一度も使っていません。別のmicrousbケーブルを使って、パソコンから充電しています。今のところ、不具合はありません。電池残量は、iphone上部に小さく表示されます。商品説明にあるように4時間程度、問題なく音楽を聴くことができます。電池切れが迫ってくると、音楽の音量が少し下がって「プー、プー」と5分おきくらいに通知音が鳴ります。買い物に夢中になって忘れていると、ビックリします。セールの値段を考えると、良い買い物をしたなぁと満足しています。評価の内訳です。欠点はあるものの、トータルで☆5です。acc対応☆+1 (低価格・bluetoothイヤホン・acc対応は数が少ない)セール価格☆+1 (購入時1599円でした)イヤホンそのものの品質☆+1 (しっかりした造り)音質☆+1 (セール価格を考えると、かなり良質)使いやすさ☆+1 (イヤーフックで安定する、磁力がちょうどいい)使用可能時間☆+1 (4時間程度で安定しているため)個人的満足感☆+1 (初めてのbluetoothイヤホンは低価格のもので試そうと思ったら、予想以上に良かった)付属のmicro-usbケーブル端子周辺の使いづらさ☆-1 (他のmicro-usbケーブルが無かったら困っていたと思う)マイクの使いづらさ☆-1 (まだ慣れてないので). 初bluetooth ワイヤレスイヤホンです。スマホのbluetooth4. 2で使えるのか心配でしたが大丈夫でした。ペアリングも問題なし音も満足です。充電する際の抜き差しが硬い!!気をつけて大事に使いたいです。. 音質は良いが、バッテリーの持ちが悪い!デザインを取るか実用度かの選択に迫られます. 前に使ってたのか1年で片耳が聞こえなくなったので、恐らくそんな消費のサイクルなのかと思いなるべく安いこちらを選びましたが、問題ないと思います。ちょっと音がこもりすぎかなぁという感はありましたが、慣れと、エージングの効果か、そこまで気にならなくなりました。いずれまた壊れるとは思うので、この値段は良いと思います。. 値段が安く買うだけ買ってみましたがさすがの中国製と言いますか全く使えませんでした。充電ケースが全く充電に使えません笑笑説明文にある日本語の保証書も入っておりません!やはりイヤホンは安物じゃダメですね、、. Aacコーデック対応とのことでしたので、もうちょっとバランスの取れたいい音で聴けるかと思ったんですが、2年前に買ったエレコムの有線のカナル型イヤホンと比べても、明らかに低音~中温域が弱く、高温だけがシャリシャリ鳴っててボリュームを上げると耳が痛くなります。スポーツジムみたいなザワザワした場所で使う分には気にならないかもしれませんが、落ち着いた場所で音楽を聴こうとすると物足りなさを感じるかもしれません。. 利点と欠点 メリット 失敗しました。 発展途上 iPhoneのACC対応で、移動用にちょうど良い デメリット 使い勝手とかはいいけど片方だけ音が聞こえなくなったまた受信が弱く音が途切れる時もある. D3xです。値段が値段なので、とりあえず買ってみました。iphone付属のear podsとの比較ですと、カナル式なので低音〜中音がかなり膨らみます。高音の抜けは悪いわけではないです、値段から考えるとかなり良いと思います。好み&慣れですが人によっては聴き疲れするかもしれないのでお好みでイコライジングしてください。装着感は良好です。マグネットも意外と強いです。追記です。3週間くらいでusbコネクタが根元からもげました(‘Д` ). 以前同じものを購入したときはしっかり動作したのに今回のものは故障しているのかまったく充電がされない。ランプはついているので接続はできているようだが電池が壊れているみたい。商品によってばらつきがあるようなのではずれを引いてしまったらあきらめるしかない。. 商品は当たり外れがあるらしいですが これに関しては期待を裏切らなかったです。. ジョギング用に買いました。イヤホン部分とリモコン部分がちょっと離れている為、走っているとき邪魔に感じます。ウォーキング用にと思っている方にはいいと思います。音質は問題なく、ペアリングも簡単にできました。. 以前もブルーツゥースイヤホンを買ったのが、これ又音飛びが激しく新しくこのイヤホンを買ってみましたが今のところ音飛びは全くしません。これで快適にランニングが出来ます。. デザインは悪くない感じでしたが、ノイズがひどくおそらく個体差の問題でもなく、音の出力の問題かな。音のレインジが狭く高音になるとヒズミがひどい。せっかくデザインも気に入って買いましたが、残念で仕方ない。. レビューに騙されず買わない方が良いです。好みもあるでしょうが、音質は悪くないと思いますが、bluetoothの接続距離が短すぎます。携帯をズボンのポケットに入れただけでマトモに曲が聴けません。ダイニングテーブルに携帯を置いて、キッチンに立つだけの距離(1m〜2m)でもダメ。障害になるようなものがなくてもほぼ繋がりません。バッテリーが切れる前のピープー音もやたらと大きく耳障りな音がします。. 音質はいいと思いますただ、時々左右の音声が乱れますなので☆4です. 特徴 Syllable bluetooth イヤホン ワイヤレス ブルートゥース ヘッドフォン AAC対応 マグネット搭載 ヘッドセット スポーツ ブラック D3X モデル番号を入力してください これが適合するか確認: 【低遅延&高音質】SBSと同じ圧縮率で設定され、音の伝送速度が速く、低遅延を体験できます。Bluetooth 4.2を搭載し、周囲の電波の影響による音切れが発生しにくいし、よりクリアーの通話と高品質音楽を提供します。ACC対応に音の復元された高音質を求め、動画の視聴には違和感がなく楽しむことができます。 【大容量バッテリー】約2時間の充電で4時間ぐらいの連続使用(通話・音楽再生)或は120時間の待待機時間ができるため、通勤通学の途中も安心にご使用いただけます。接続したスマホにはバッテリー残量も表示可能です。 【快適な装着性】キャップを3つのサイズが付属していますので、お好きに交換いただけます。耳孔だけでなく耳のくぼみにフィットし、ランニング等の運動中でも落ちにくいです。アークサポーターとイヤーピースを併用することで、快適で安定した装着性を実現します。それに左右イヤホンにマグネットを搭載し、使用しない時はまとめて放置も可能です。 【多種類のデバイスに適用】IOS、Androidに問わず、Bluetooth搭載のスマートフォン、タブレットなどの大部分のデバイスとペアリングできます。 【IPX4防水設計】ランニング・ジムなどスポーツ時の汗やお風呂の湿気、屋外作業中の汗と小雨での使用に耐える防水防汗性能を実現します。※ご注意:完全防水ではないため、どしゃ降りの雨天での使用や水に浸かることはご遠慮ください。 Syllable bluetooth イヤホン ワイヤレス イヤホン AAC対応 マグネット搭載 […]

Read More

Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica W Series 密閉型ヘッドホン ハイレゾ音源対応 ATH-W5000

ただひたすら淡々と音を鳴らす、冷徹な暗殺者のようなイメージ。ただし、能力は超一流。このヘッドホンと付き合っていくには覚悟が必要です。あと、解像度に関しては天下一品。. かなり前に量販店でw1000とw5000を聴き比べてみて、個人的にはath-w5000の音が好みだったので購入に踏み切りました。こちらの機種の方が音の響きが抑えられていて味付けが無いように感じたというのが選んだ理由です。といっても片方が悪いという事ではなくて、聴く人の好みの問題だと思います。木製らしい雰囲気で音を鳴らしてくれる製品を探している人はw1000の方が好みに合うかと思われます。どちらかといえばw5000は冷静でモニター的な性質をもっています。また、様々なレビューを拝見していると良し悪しが分かれる機種でもあり、やはり繋ぐアンプとの相性によるところが大きいようです。私の繋いでいるアンプはヘッドホンアンプではなく、10年以上前の通常のステレオアンプです。当時のソニーesシリーズの中核モデルなのですが、私自身はこのヘッドホンの音色に冷静さは感じてもよく言う冷たさは感じません。むしろ冷静な中にもアーティストの温かみや思い入れを聴き取っています。おそらく中低音をよく出してくれているからだと感じているのですが、値段ではなく巧く鳴らしてくれる組み合わせを探す事が重要なのだと感じました。同時購入商品にミニプラグの変換プラグを購入される方も多いようですが、ポータブル用途なども含めてw5000は不当に評価を下げられている機種だと思います。広い帯域をキチンと鳴らしきっている安心感、豊かで厚みのある音色、あくまで自然な雑味や無理のない響き、木製ヘッドホンでも飾り過ぎない音を求める人に。. まさに優等生と呼ぶに相応しい音質とても冷静で冷たく、とても丁寧で滑らかな音を奏でますバランスは他よりも中音が多いカマボコ型解像度、分解能が非常に高く他の音と混ざって濁ることが無くそれでいて一つ一つの音が丁寧に再生され歪みは全く無いこれが再生環境に大きく左右されるという一つの要因となっていると感じるその反面、ノリの良さ、情熱、温かみのようなものが無く聴いていて楽しい音とは言えないかもしれない音の響きは豊かで、厚みと制動もシッカリとしている。音場は左右に狭く前後に広めオーディオテクニカらしい金属的な高音は無く、とても無難で丁寧な表現ボーカルはドライで鮮明低音は少し超低音の寄りで量感や音圧は無いコードは両出しでサラサラした質感。布巻きではないイヤーパッドは僅かに硬めで厚みのあるシッカリとした質感やや浅めなので人によってはad2000のように耳が痛くなるかもしれないエージングは長時間必要インピーダンスの割にとても音量が取りやすい変換プラグは付属していない専用ケースが付属. At社の木材アートモニターの最上位機種。木材の質のせいか、ユニットのせいか、チューニングによるものかはわからないが、繊細な上に、力強さも再現している。桜材の機種よりも、一層鮮明な音を響かせるアートモニターのフラッグシップ。色合いも渋い。オーデイオテクニカのエンジニアの求める侘び寂びの、一つの頂点かもしれない。今の実買で7万前後。十分な実力機。考慮に値します。. 最初に聴いたときはあまりの音の酷さに泣きそうになりました。音はスカスカ音場はペラペラ低音はトコトコでかなり落ち込みましたが、エージングをしていくとガラリと変化しました。低音の量もかなり締まっていますがちゃんとでています。木のハウジングのせいかかなり響きますね。自分的にはどちらかと言えば暖色系に感じます。買って失敗と思ったらとりあえずエージングをしてみて下さい。自分の環境はps3>dac1(昇圧)>m902です。. このヘッドホンはウッドハウジングを採用したモデルですが、音質は一概にウッド調と呼ぶには相応しくない、かなり独特な唯一無二の響きを持ったモデルだと思います。試聴もせず『ウッド調の音質のトップモデル』のつもりで購入されるとかなり戸惑う結果になります。ウッド調らしい、深くてやわらかい暖かみのある音質をお探しの場合は、オーテクでは【ath-w1000z】になります(←正にウッドモデルに相応しい音質です)こちらを選ばれるようにお願いします。メーカー側もウッド調の音質と【w5000】の独特な音質は差別化されているようでウッド音質の『w1000シリーズ』は数年ごとに更新されているのに対し、【w5000】は10年以上後継モデルが出ていません。【w5000】は何よりその外観に惹かれます。どの他の機種よりも飛び抜けて美しいハウジングの外観、正に見惚れます。個体差はあるにせよ、世界にひとつしかない木目調で、これがまたそれぞれ渋いのです。ハウジングに使用されているエボニー材(黒檀)は、原木により黒い縞模様の入り方にかなりバラつきがあるようで、展示品を含め5つ確認しましたがそれぞれ全く縞模様の入りが違いました。黒い部分が茶の部分より硬度(強度)が高くなるといった特徴がある樹木、であれば黒い部分が多いハウジングと茶の部分が多いハウジングでは、音の響きも変わってくるのでしょうか。。。確認した5つの中で、ほぼ黒に近いモデルもありました。興味深い機種です。肝心の音質は、レビューが難しい機種だと思います。他の方が散々言われています『アンプとの相性』『音質調整の自在性』『エイジング』は私も十分実感するところです。特にアンプとエイジングは重要だと思います。非力なポータブル機だと薄い音(キンキンスカスカな音)しか出ず、このヘッドホンで聴くメリットがありません。ある程度の駆動力を持ったアンプが必須と感じます。駆動力のあるアンプを経由し、音量を大きめに設定することで奥に潜むキレの良い低音がグイグイと前に出てきます。全域の繊細で高解像度な音質、広がり、深みも併せて引き伸ばされる感覚です。アンプの音質特性にも左右されますが、ヘッドホン本来の音質は、高解像度のバランス型ではないでしょうか。得意なジャンルは、『管弦楽』『吹奏楽』『jazz』などです。特にヴァイオリンなどの弦楽器、ピアノ系は素晴らしい音です。楽器の筐体の中で反響する乾いた音が本当にリアルに耳元で再現されている感覚です。これは高級楽器で使われるエボニー(黒檀)ならではの再現度ではないでしょうか。例えば、駆動力のあるアンプを通して『宮本笑里さんのハイレゾ音源の演奏』を聴くとまるで楽器のように最高な音を奏でます。お勧めの試聴比較曲:『passion cachee~宮本笑里』ハイレゾ音源その他のジャンルについても、一応普通に楽しめますが、edm、ロック、popsなどは別の機種でももっとノリ良く聴けるものはたくさんあります。もうひとつ、このヘッドホンの大きな特徴としては『エイジングの変化が大きい』部分だと思います。エイジングは基本、低音の伸び・量感・深みが増し、中~高音のキレ・輪郭が取れて丸みを帯びたような、所謂、落ち着いた音質に変わってくる印象ですが、この【w5000】は正にその傾向に沿って大きく変化していく感覚です。『エイジングを楽しめるヘッドホン』といっても過言ではないと思います。『流行りの曲』オンリーで使う方にはこのヘッドホンは不要、さらにアンプも通さないなら尚更不要の機種です。ですが、『鳴らせる環境』がそこそこ整っていて、jazzや管弦楽、弦楽器などをよく聴かれる方には強くお勧めします。唯一無二、楽器に限りなく近い生音を楽しめます。. インピーダンス自体は高くないです。音圧感度も低いです。ゆえにdap単体&3. 5㍉変換プラグの構成でも機能します。全体として機械としての作りは非常に丁寧です。オーバーヘッド部にも手抜かりはありません。側圧も眼鏡着用者でない場合には問題は無さそうです。オーディオテクニカ製ヘッドフォンのフラグシップ製品の1つということについては虚偽がありません。が、本製品は、実はbeyer t1以上に再生環境を選びます。つまり、本製品の長所であるくせの無い低音&その他の音の構成要素(その他の構成要素が歪んでいる箇所は皆無で、綺麗に音を出します)をバランス良く引き出すためには、ヘッドフォンアンプ等が「ほぼ必須」だからです。ゆえに使用者がad2000x的に運用した場合には、費用対効果は極めて悪くなります。再生環境にそれなりの額の投資をしないと、実弾の浪費になる可能性があります。また、現時点で流通しているオーディオテクニカ製品の中でも、物理的な重さがかなり重い部類に入ります。恐らく試聴は必須だと当方は考えます。その上で入手する場合ならば、特に問題は無いと思います。. 環境はda-100をdac jpr-100で p-200と接続 電源タップav-p25 電源ケーブルjpa-15000再生環境はcd音源でfoobarでwasapi持ちヘッドホンはath-a2000x hd700 hd595 mdr-z1000 q701p-200は音場が広く、高音より、すっきりしつつ刺さりはなく、少しだけやわらかさはある。高域a2000xの金属的な鋭い高音ではなく、q701のように刺さらず綺麗に伸びるそして、分厚さがあって情報量が多い。高解像度で適度な刺激感じつつもチタンのような金属感は全くなく硬い黒檀を使った効果を感じる。弦楽器の表現力圧巻です、木使ってるだけあって、生の音と比べても肉薄してます本当に中域かなりに分厚い、w5000の特徴と言える。おかげでどのような曲を聴いてもどっしりしており、スカテクと言われるような鳴りはない。a2000xもq701も中域が弱く、普通に聞くと高音と低域がよく聞こえて、すかっと抜けがよく気持ち良いですが、本機は中域の量感を維持しつつもヌケの良さを維持しておりすごい。全体的な音も、ボーカルも腰高にならずがっちり歌っている感を出してくれて、高音へとスムーズにつながっている。低域文句をつけようがない低域と言って良い。ボリュームを上げていった時の破綻の無さ、制動感が凄まじい。a2000xは低音が弾力があり、全体に適度に広がった。一方、w5000は芯が感じられ、しっかりとした低音をドスドス鳴らす。レスポンスに非常に優れた印象で深みがある。聴くソースに重低音がしっかり録音されているならまさにそれ通りに再現する。オーテクらしく、中高域邪魔することがない点は継承しており不満なし。音場+音の距離パッドが分厚く耳まで距離があることでの音場の広さがない。q701のような音場ではない。音はオーテクらしく近く2000xよりは微妙に遠い奥行きで2000xより優れ、かなり立体感はある。音が平に並んで聞こえる感覚が一切ない。q701も2000xも音が平面に並んでおり立体感が少し乏しかったがそういった感覚がない。z1000と比較しても奥行きは遅れをとってない。<ちょっとした工夫>イヤパッドの内側の外縁部に沿って、わりと細めの糸を一本いれてほんの少しだけ空間を擬似的に作り出すと立体感が格段に上がります。やりすぎると音がスカスカになるのでほんの少しだけ裏側に空間的ゆとりがでたぐらいで留めるのが秘訣です。個人的にはこれをやるやらないで満足感はだいぶ変わりました。分離一つ一つの音がよく分離されつつも良いバランスで繋がりもあり、オーディオテクニカらしい。普段オーテクを聴いてる人は馴染めると思われる。hd700のような音に慣れている人は初めは違和感があるかもしれない。音の調和と音場を生かした自然な音の広がりにこだわったゼンハイザーと適度な分離感でバランスよく聴かせるオーテク。装着感そこそこいい。重さは340グラムと少し重いのが欠点。ラムスキンは耳への吸い付きがよく遮音性の高さや音漏れが控えめな分蒸れる。z1000程は蒸れないが2000xと比べると密閉型を意識する。アンプに対する追従性hd700やz1000はアンプがなんであれ、ある程度ヘッドホンの持つ特徴を前提とした音楽表現になるが、w5000は仮に完璧なフラットで駆動力の低いアンプがあれば中域がやや膨らみつつも高 中 低がそれぞれただ単に鳴ってるだけになります。pha-1にさしてやると全体的にすっきりしすぎなのと、やはり音場が狭い。せっかくの立体感が生かしきれてない。直挿しも貧相な音アンプがヘッドホン側の実力を引き出してやろうというタイプだと、音が単に素晴らしいだけで音楽的に物足りない可能性がある。オーテクの出してるha5000は音が非常に濃厚でアンプ側でヘッドホンを強制するタイプでw5000ならば、ha5000が望通りの音を再現してくれるので、一緒に発売された意味はわかります。今の自分の環境の音がとても満足しており、上流を色々変化させて楽しむタイプの人にはうってつけのヘッドホン。ここまで書きましたがp-200とda-100の傾向も勘案して読んでもらえると正確に捉えれると思います。特に高音の美しさはp-200の個性が出ていると思います。音まとめ全体的な音の情報量の豊富さがすごい。a2000xほどの素晴らしい抜けはないが、その分音が濃密でいてヌケの良さも維持している。黒檀を使用することで、弦楽器類は特に美しく伸びる、何を聞いても刺さりを感じさせない。そして聞いていて全くくどさを感じないのに、満足できる質の高い低音やや広めの音場と優れた立体感を活かして音が太いのに適切な分離を維持した、これも高い制動感に支えられて定位感が揺らがないことから来てる。最後に個人的な感想です。オーディオテクニカのフラグシップとして05年からありますが、hd800やth900などフラグシップより話題が少ないと思います。本当にいい音なのか、結局スカテクではないのか、価格相応なのか(希望小売は12万で実売価格80000円)そういった疑問も多少あったと思います。音としてhd800のような誰でもわかる音場があるわけでもないし、th900の制動感の効いた圧倒的な素晴らしい低音など試聴すればすぐにわかる特徴がありません。ですが、こうして買ってみると本当に素晴らしい、どこか突出したわけではないが各帯域ごとに見ても、音場や分離感も非常に高水準で素晴らしいと言える。もし多少興味があれば、手にとってみてほしいヘッドホンです。値段も10万には載せていないので価格的にも少しだけ手が届きやすいです。音の傾向はオーディオテクニカなので、好みということはあると思いますのでオーテクが好きな人には今一度おすすめしたいです。またhd800など使っている人にも音の一つ一つの鮮明さ、明るい中高音からくる声の美しい響きや制動感の良い普通で過不足ない低音とのちょうど良いバランスを聞いてみて欲しいです。これ以上性能という意味で非の打ち所が無いヘッドホンは存在するのだろうかという気持ちです。オーディオはついついどこか欠点をあら探ししてしまいますが、w5000はもう高域がとか音場がとか何か指摘する場所が全くない。どこか弄れば全体の調和が破綻する、限界まで研ぎ澄まされた音。w5000というある種の閉じた完成され尽くした世界を作り上げてます。ここにath-w5000という一つの音として妥協のない完成された音がある。最大級の賛辞を送りたい。次期フラグシップのath-w5000x?7000?がどういった音になるのかわかりませんが、また新しい音の1ページを作るのではないかと期待してます。長くなりました。最後まで読んでくれた人ありがとうございました。ありがとうオーディオテクニカオーテクの他のヘッドホンとの比較声の近さad2000x>a2000x≧w5000>w1000x音が耳に吸い付くほど は 近くない。正直、オーテクは声はどれも他社比較で近い。レスポンスの良さw5000>a2000x>>ad2000x>w1000x非常に早い。メタル等でも全く遅れを取らないで打ち鳴らす。低域の芯の強さと制動感w5000>>>>ad2000x>a2000x>w1000xかなり引き締まった低音で、暴れない音のヌケad2000x>a2000x>w5000>>>w1000x開放的な意味でad2000xを上においたがはっきりいってw5000までは相当ヌケがいい 1000xは結構木のぬくもり系情報量 各帯域の音分厚さ等から聞いた感覚での総合的評価w5000>>>>ad2000x>w1000x>>a2000x一定の実力のアンプにつなげば、情報量の差はかなりはっきりある。音そのもの明るさ、暗さ明るい←→暗いw1000x>>w5000=ad2000x>a2000x音のウェットさ 湿り気w1000x>>>>ad2000x>>w5000>a2000x1000xは明るく木の温かみ w5000は音は明るいが乾き気味音の立体感w5000>>>>>>w1000x=ad2000x>a2000x音場の広さ 広がりad2000x>w5000>>a2000x=w1000x開放型的な広がりはw5000にはないが立体感に優れ、全体で見るとad2000xより奥行があり深い音楽表現ができる。ある程度大きな部屋程度までの表現力は屈指. 長所と短所 利点 購入後早4年。 明らかに違う音質!しかし・・・ どこまでも優等生 欠点 何でも鳴らせる“魔法のヘッドホン”を期待して購入すると、きっとこのヘッドホンは飾り物で終わってしまう。結論から言ってしまうと、このヘッドホンは低音と大音量と大編成、そして電子楽器を上手に鳴らすことができない。そういう音楽が好きな人には、このヘッドホンは致命的に合わない。音の繊細さは最高クラスで、音の粒度・解像度も非常に高い。それが、音の厚い音楽でさえも几帳面なことに情報量が全く変わらないのだ。情報量が多いことの何が悪い?否、ここまでの性能になると、人間の耳の処理能力を超えていて音が氾濫し、雑然として、しまいには聞き疲れを起してしまうのだ。逆を言えば、一つ一つの楽器、音色がこれ以上なく明瞭に、魅力的に鳴らす。だからこそ、小編成に向くし、他のヘッドホンに無い価値がある。ソロパートが終わった後の残響音に耳を澄ませて欲しい。音源から音が鳴り終わった後に空間へと音が広がり、自然と収束する美しさをはっきりと感じることが出来るはず。その響きを生み出すのが、黒壇材の威力。残響音の美しさを、ダイナミック型ヘッドホンで再現できるのはw5000だけといっていいだろう。何でも鳴らせる魔法のヘッドホンは、現時点では存在しない。だが、小編成・響きに関してはw5000は、まさに魔法のヘッドホンである。. 黒檀。コクタン。これは美しいです。所有する喜びを心から満たしてくれます。しかも、世界に二つとは無い、唯一無二の模様を描いているそうです(天然ものなので当たり前ですが)。僕は夜になると、妻に内緒で密やかにath-w5000を手に取り、そのハウジングの滑らかな膨らみに描かれた、世界にたった一つの模様を眺め、そのすべすべした手触りに触れ、手を滑らせたときのシャラシャラと言う、何とも言えない摩擦音を楽しみ、一人恍惚としています。(買ったのバレたら怒られそうなので妻には秘密にしてます)マグネシウム合金製のフレームは作りが精巧です。さすが日本製です。大げさかもしれませんが同じ日本人として誇りにさえ思います。重低音大好な僕ですが、これは素晴らしい低音域です。ath-w5000の鳴らす「超低音域から超高音域までの帯域バランス」で見た場合「低音域の量が相対的に多い」とは言えないです。だからと言って足りないわけでは無いです。例えるなら「重低音を売りにしたヘッドホンが鳴らす重低音」よりも重低音が出ている。それも、凄まじくアタックの強い、エネルギーに満ち溢れた、地鳴りのような、帯域によっては岩がぶつかって来る様な、勢いの有る重低音が鳴っている。鳴っているが、他の帯域も力強く鳴っているので、相対的に見た場合、フラットな感覚がある。結果、重低音大好きっ子の僕をもってしても「全く不満が無い」という事になっているようです。僕はいままで「フラットな鳴り方をするヘッドホン」=「のっぺりしてて大人しい音」だと思っていました。ところが、ath-w5000はフラットなのに激しいです。情熱的とでも言えばいいのでしょうか。各帯域が全部強いです。どこも負けてないのです。それなのにまったく耳にキツイとか感じないです。むしろ眠くなる程に心地よい音です。あと木製のハウジングのせいか、高音域がシャリ付く感じがないです。オーテクぽく無いというか・・・このヘッドホンは重低音はもちろんの事、ギターの音ですら振動します。どう言えばいいんでしょうか。今まで経験がないです。多分ですがパーメンジュール磁器回路というやつは、とんでもない振動エネルギーを引き起こしているんじゃないでしょうか。音の一粒一粒が立っていると言えばいいのでしょうか。新品で買ってきて、音出し直後からこいつは「タダモノじゃない」感が有ります。僕はバケモノのようなヘッドホンだなと思いました。今から1年以上前、秋葉原のヨドバシカメラで、ath-w5000を視聴した事があります。その時の機器構成は、ヘッドホンアンプがオーディオテクニカのat-ha5000で、cdプレーヤーは多分マランツだったと思います。聴いたのは自前で用意した様々なジャンルのcdですが、重低音テンコ盛りのhiphopですらスッカスカで、見事なまでのカマボコなバランスで耳にキツイ音でした。その日は他にもたくさんのヘッドホンを視聴しましたが、その日視聴したヘッドホンの中でダントツで酷い音でした。今にして思えば、ath-w5000か、at-ha5000か、cdプレーヤーのいづれか、又は全部が壊れていたのでは無いかとさえ思います。なので、店で試聴しただけで見限らない方がいいかもです。しつこいようで申し訳ないのですが我が家の環境では上から下までバランス良く鳴っています。そして耳にキツイ音は一切でて来ません。いつまでも聴いていられます。いい音過ぎて眠くなってくる程です。さて、長くなってしまいました。ath-w5000。これから先もずっとフラグシップで有り続けて欲しい。そう願ってやみません。何だか応援したくなる気持ち。オーディオテクニカ凄いという畏敬の念。色々な思いが芽生えました。ath-w5000はいいヘッドホンだと思います。【使用機器】パイオニアn-30→フォステクスhp-a7→オーディオテクニカath-w5000※n-30とhp-a7は同軸デジタルケーブル接続※音源はcdからのflacとe-onkyoから購入したハイレゾ【他所有ヘッドホン】hp-dx1000 hp-dx700 dt990e/600 t20rpmk2n t40rpmk2n ath-a700 mdr-xb900 mdr-xb950 他多数[追記]試しにウォークマンで鳴らしてみました。ath-w5000はインピーダンスが低いうえに高能率なのでウォークマンでも普通に鳴ります。音源はmp3だと耳にきつくなるのでflacかwavがいいと思います。元がフラットな鳴り方なのでイコライザーで音質を変えてやると面白いように変わります。基本性能が高いせいか、その追従性は凄まじいです。環境整えなきゃダメと言われる事も多い本器ですが、僕はウォークマンで鳴らしてみてもath-w5000の良さが出ており、これはこれでやっぱりイイ音だなと思いました。「据え置き器で鳴らした時の完璧な感じ」とはまた違った魅力・楽しみ方も有りなのではなかろうかと思います。※ステレオ標準からステレオミニに変換するにはこんなのが便利です→cn-233a. オーディオの右も左も分からない時に買ったW5000。やはり買ってよかったと今でも思える。W5000がなかったらここまで音に拘っていなかったと思います。皆さんが仰るとおり環境にかなり敏感です。個人的にはHD800よりも敏感だと思います。電源のクリーン化、再生機、DAC、アンプ、ケーブルのグレードアップでグングン性能を上げていきます。特には電源部を改善すると大幅に化けます。音は高解像度で音像のピントが合う。細かい描写で埋もれない。ほかのハイエンドヘッドホンにも勝るとも劣らない性能があると思います。環境のノイズ対策をしないとスカスカした音になります。聞いていて面白みがありません。しかししっかり対策をすればW5000のもつ高い解像度が生きてきて、フラットでも楽しめる音が出てきます。ソースが良ければ良いほど、生々しいです。特にそういったソースでの高音域は絶品です。ここからは好みですが、もともと高解像度でクッキリした音が好きな自分にはW5000はあっていると思います、またそう気づかしてくれたのもこのヘッドホンです。環境にお金をかけれる方にはオススメです。.  私は聞き比べられる素材が少ないというのあるが、同社ath-a900と比べてみた。ath−a900はテクノ系、ロック系など音色が多様的に混在し、激しいテンポの曲にあうが、このw5000は少し異色ではないかと思う。a900のようにこれに合うという曲がない。 音質はメーカー等が評価するように切れがあり、とてもクリアーであると思う。しかしh-navi. Netで評価されているように面白みはない。とてもフラットであって純朴な音質といえる。 面白みなどを求めるならばイコライザによる調整が必要と思われる。 いろいろなサイトでは酷評されているが、音質の好みは人それぞれ、音楽室のピアノの音色が好きならば、このヘッドホンもきっと気に入ると思う。(思うばっかりで申し訳ない) 純朴に、正直に、素直に、忠実に、という言葉が合うヘッドホンであるといえばイメージをつかめて貰えるだろうか。. ヘッドフォンの評価は頭の大きさ、形、装着の仕方、そして当然好みが大きく影響することにご注意下さい。それを踏まえたうえで、以下、主観的な評価をさせていただきます。【高域の解像度】hd650、mdr-z900と比較して高いと感じます。特に、ハイハットの鳴りはとても心地よいです。曲によってはsrs-4040aに迫る解像度です。ただし、弦楽器(バイオリン、ウッドベースなど)のリアルさはsrs-4040aには敵いません。【低域の解像度】低音はhd650と同程度で、mdr-z900との比較ではかなり締まっていると思います。mdr-z900のような“ドンシャリ”型が好みの場合、その薄さに不満が生じる可能性はあります。ジャズのウッドベースには、音量、解像度ともに最適と言って良いでしょう。ロックも、低音過多が好みでない限り、問題にはならないでしょう。【音場】hd650(開放型)よりは狭く感じるものの、mdr-z900よりは広く、密閉型にしては広い方でしょう。srs-4040aの方が平面的に感じます。【装着感】かなり良いです。といっても比較したヘッドフォンは、srs-4040a以外、装着感の違いはあれど、どれも良好ですが。【価格(定価)】もう少し安ければ、同価格帯では最高のヘッドフォンの一つに成り得るのではないでしょうか。参考までに、比較したヘッドフォンの価格です。※カッコ内は実売価格 srs-4040a 134,400円(120,000円) hd650 78,750円( 45,000円) mdr-z900 26,250円( 19,800円, 生産完了)以上を考慮して、音質で判断すると星5つですが、価格の高さから、星4つにしました。なお、今回使用した機器は下記の通りです。cec cd3300(コンデンサを音響用交換、アナログ回路除去)ortho spectrum dac-1perreaux sxh-2(アッテネータを東京光音2p-2511s 100kに変更)hd650(ケーブルをzucable mobiusに変更)「そろそろ高級ヘッドフォンが欲しいんだけど、 海外製品は本国より価格が高いから国産がいい」という方に。. Ath-ad2000,ath-ad1000 ath-a900x ,mdr-z900hdと比較します出力分布は高音w5000>>>ad2000>ad1000>a900x>z900hd中音ad1000>w5000>>a900x,z900hd>ad2000低音z900hd>>a900x>ad2000>w5000,ad1000高音が解像度が凄すぎる解像度抜きにすれば音の傾向はad1000が近い高音寄りのカマボコ装着感はa900xをややきつくした感じ締め付けは強くないが高音の響きが凄いので人によっては30分で聞き疲れするかもイコライザーで高音を弱くすると聞きやすいかも. 音質については他の方がレビューを書いてくださっているので、私からは、このヘッドホンの性格をお伝えします。このヘッドホンは、とてもわがままで扱いにくい代物です。貧弱なアンプや安物のラジカセのヘッドホン端子に繋ぐと、まるでわがままな殿様が「こんなまずい物食べられるか!」といって、ちゃぶ台をひっくり返すように機嫌を悪くして、すかすかして、聞くに堪えない音を出します。しかし、きちんとしたヘッドホンアンプなど、ヘッドホンを鳴らすことを考慮して作られた機材、しかも或程度以上の機材に接続してあげると、上機嫌になって、機嫌を悪くしてしまったときとは比べものにならないほどいい音を出します。大編成のオーケストラは、高域から低域まで必要十分な音を鳴らしてくれますし、小編成の室内楽においては、特にバイオリンやビオラなどの弦楽器の音は天下一品です。わがままな殿様を上機嫌にさせてあげられるだけの環境を持っているか、それだけの透視をする勇気があるなら間違いなく「買い」です。ヘッドホンアンプだけで8〜10万程度は必要だと思います。しかし、ヘッドホンだけをグレードアップし、いい音を得たいと思っている人は、正直止めておくべきでしょう。. 密閉型ヘッドホンが好きで、以前より購入を検討していました。所持していたヘッドホンは、ath-a900とth900、他となります。アンプの影響を受けやすいということで、賛否両論の機種でありますが、私自身は最高のヘッドホンと感じています。pc+ifi micro […]

Read More

象印マホービン(ZOJIRUSHI) Zojirushi 空気清浄機エアブリーズ Pa-Ya13-Wb ホワイト

36時間は学習リモコンをタイマーで動かすくらいしか思いつきませんがプレフィルタがない→不織布フィルタを自分で付ける下からしか吸気できない→場所を変える以外ではフロントパネルなしかダクトを開けて使う音がうるさい→パネル共振は外すかパネルにゴムマットを付ける。ファンの音は性能とバーター花粉モードは特別なことをしてるわけではなく運転方式を組み合わせているだけこれらのことを考えた上で格安空気清浄機としてならかなりの高得点を付けられると思います. 運転を開始してから36時間で自動的に運転を停止するため、常時運転させておくことができません。停止時にかなりの音量でブザーが鳴りますが深夜に鳴って驚くことがあります。この製品にはプレフィルタがありませんが、交換フィルタの前面にシートがあります。シートはフィルタに密着していないため、掃除機で容易に掃除できます。このシートの耐久性が高く、プレフィルタとして機能するためプレフィルタが無いことはデメリットでは有りませんでした。. 小さな子供がいる関係で、花粉の時期、中国からの有害物質、室内の汚れ等が気になり購入しました。音が静かで夜も気にならない状態で大変重宝に使わせてもらっています。特に不満もなく金額も安価でありがたいです。. 寝室に置くために購入しました。全体的に値引き率が高い商品ですが、小にすれば就寝時も気にならない音です。奥行きも他社製品よりも薄く、置き場所を選びません。多機能ではありませんが、逆にシンプルで、毎日の利用に苦がありません。性能も良い方だと思います。主観ですが。. 静音・標準・急速の3段階のパワー設定がある。静音:寝る時も気にならない。とても静か。標準:家族で会話は問題ないが、tvやゲームなど音に集中する時は気になり、鬱陶しい。急速:うるさいので、掃除中や外出から帰った時など、短時間の使用がおススメ。→花粉症やハウスダストに効果があるので、音は快適といえないが少し我慢して使っている。. 空気清浄機(埃の集塵)目的で買いました。購入して気づいたのが、1.最大36時間しか自動的に運転できない。2.静音は確かに静かですが、その他の標準や急速はかなりうるさい。3.高い場所におかないと多分集塵機能は期待できない。  空気を吸入する場所が空気清浄機のサイド+正面下(下向き)についている為この値引率も納得させられました。. 少し音がうるさいです。つけていてもいなくても正直効果があまりかわらない感じがします。。。。. 値段の割にフィルターも2年持ち、とても良い買い物をしました。. 長所と短所 利点 音量がもう少し小さいと良いがこんなものなのかな? 役に立っています すばらしい。 欠点 強さをあまりあげると音がするので、テレビを見るときには普通にしておくことを進めます。. の特徴 Zojirushi 空気清浄機エアブリーズ Pa-Ya13-Wb ホワイト メーカー型番: PA-YA13-WB サイズ: 本体/幅37.5×奥行き13.5×高さ47㎝ 重量: 3.6㎏ 適用床面積: 13畳(21㎡) 消費電力: 急速/42/43W 標準/33/32W 静音/18/16W 材質: PP、PS 最高Zojirushi 空気清浄機エアブリーズ Pa-Ya13-Wb ホワイト 購入

Read More