Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica EARSUIT 密閉型オンイヤーヘッドホン ポータブル ATH-ES500 – 製作者が作った最高の音を再現してくれる

通勤用に購入しました。冬は耳あて代わりになるので、とても重宝しています。音質もよく大きさもちょうどいいです。つけていても、違和感がない大きさと、収納がスマートでとても気に入っています.

ヘッドホンは付け心地を含めた快適性、音質の両方が大事だと思う。店頭でオーディオテクニカのものをいくつか試着してみて、ath-es500はイヤーパッドがちょうど耳の位置に収まった。他のもの(ath-es700等)はどうもしっくりこなかった。中には全然自分のサイズに合わないものもあります。だから、まずは店頭で試着したうえで、ネットで注文というのが基本でしょう。ジャストサイズ、まずは、この点が個人的には最大の長所でした。次に音質ですが、他に自分が所有しているath-pro5mk2に比べると、変にどこかの音域が強調されて聞こえることもなく、実に素直。pat metheny groupの新作、kinを聞きながらこのレビューを書いていますが、すべての音はクリアで、きちんとベース、ドラム、聞こえています。外で使うヘッドホンは、軽量に勝るものはないので、その点でも大変満足です。.

高くていいものはたくさんありますが、ジャンル問わずフラットに聴くならこれが一番です。耳当ての構造がやさしくて音の粒がほどよく細かく楽器の歌手の声がバランスよく聞こえます。さらに言うなら音漏れの少なさ。密閉型のヘッドホンの中ではトップクラスの音漏れのなさです。カナル型には劣るものの、電車でも周りに迷惑かかりません。.

家電量販店でいろいろ試したのちに購入した。選んだポイントは、頭への締め付け感が少ない、軽い、メガネのつるに干渉しないこと。某メーカーのヘッドホンを買ったが、締め付けがきつく閉口しての買い替えである。音はまぁ1万円以下なので、そこそこであればよい。で、いろいろ試したベストがこれであり、選んで正解だった。以下、良い点。・映画をみるのに1時間着け続けても違和感はない、やさしい着け心地。・メガネに当たらないのでこめかみへの食い込みなし。・コンパクトでクルッと回転させれば平らになるのもgood。・鏡面仕上げで高級感もある。メーカーさんには後継機種を作り続けて欲しい。.

娘に買ってやったイヤホンが断線したので、耳への負担の少ないヘッドホンを色々と物色。可能な限り試聴したところ、この商品の音は無理にどこかの音域を強調すること無く、サラッと違和感無く聞けたので選びました。値段ももちろん手頃ですし・・音関係は値段の下克上がよくあるので、値段だけで決めるのは要注意ですね。イヤホンやヘッドホンでは試聴するとまずまずの音質のものから、ギョットするほどひどい音のものまで、値段とは関係なく入り乱れて売っていることがよく分かりました。通常は品選びに悩むと、高い方がいいかな・・と思いますが、イヤホンやヘッドホンにはその常識は通用しないようです。もちろん主観的なことで好みもあるので、ぜひ試聴して聞き比べてから購入することをお勧めします。.

装着感が良かったのです。少々頭が大きな方で、なかなか楽な装着がなかったのですが、これは良かったです。音はメリハリのある、大きめの出力です。.

アルミニウムハウジングのため見た目よりかなり軽量です。実際に装着すると耳から頭頂部への負担が少なく長時間使用しても疲れません。フィット性は個人差があると思いますが当方は耳がすっぽり覆われて快適でした。高音低音とも輪郭がくっきりする印象です。ポップスの再生に向いているように思いました。値段の割に高品質なヘッドホンだと思います。.

密閉型過ぎて,耳が痛くなるのがイヤなんですが,パッドが大きすぎず,付け心地まあまあOKです。もっと密着力が弱くてもいい気はしますが,満足レベル。音質はずっと聞いていても疲れない感じで,よいと思います。.

利点と欠点

メリット

  • デザインも付け心地もOK
  • 低音も迫力あり音質に満足。
  • 通勤用

デメリット

このヘッドフォンを買った時は発売したばかりで値段は定価の12000円でした。オーテクは重低音をドコドコ響かせるのではなく、元の音を忠実に再現します。ボーカルの息遣いや動画なら動作音まで再現します普通のヘッドフォンでは聞き取れなかった音を聞かせてくれる再生力です音楽を制作した人達はこれが最善で最高だとチューニングして音楽を世に出しています。その音を重低音などで消し去ることなく製作者が作ったベストな音を聴かせてくれます昔買ったこのヘッドフォンは犬にかまれて断線しましたがもう一度買い直しましたこれに勝るヘッドフォンには未だに出会ったことがありません.

重すぎず、しっかりフィットして、これまで使用していた物よりカタログデータ上は同じでも音に厚みを感じられ可動部の作りもしっかりしてるので、そこそこ満足です。ただし、4時間くらいかけっぱなしだとちょっと耳が圧迫される感じがしてくるので注意はしてます。.

低音も迫力あり期待通りの音質で満足しています。外部の音も少し聞こえるので話しかけられた時にある程度応対出来るのが重宝だ。.

【2017/12/1 買い直しました】実はすこし前に売ってしまいましたが、このたび、マンガ『天色くろすおーばー』を購入し、どうしても再び es500 を手に取ってみたく、買い直しました。後悔はしていません。—————————–1時間ほどかけて色々な機種を試聴しましたが、これ以上コスパに優れる1万円前後のヘッドホンは他に見当たらなかったため、購入と相成りまして、非常に満足しております。・美しい外観アルミハウジングには独特の美しい趣向がこらされており、さながら「金属の木製」といった感じです。今のところあまり(というか、ほとんど)指紋も目立っていません。・どんな曲でテストしてみたか試聴にあたり、大好きな曲を1曲ずつ、デスメタル、スウィング、ヒップホップから選定。売り場を行ったり来たり、ヘッドホンを付け替えては外し、付け替えては頭をかしげ、おかしなオッサンだと思われていたことでしょう。(‘・ω・`) で、でも、ちゃんと買ったもん!!使用したイコライザはいずれも、cowon j3 (最高のプレーヤー) の jet effect にて自分で mix した、私が『万能イコライザ』と呼んでいる、カマボコに見える試聴用設定です。・陰陽座 『吹けよ風、轟けよ雷』試聴するときは必ず再生してみる曲。サ行の「シ」と「チ」の刺さりの有無を見ます。ああ、サ行の刺さるハイエンドヘッドホンの多いこと多いこと。ですが、es500 でそのイライラから完全に解放されます。黒猫さんの、抜けのよく、清涼感と艶のあるボーカルを刺さり無しで聴くなら、断然このマシン。・dimmu borgir “progenies of the great apocalypse”  シンフォデス鑑賞テスト用に最適空気感が、単純に「美しい」としか表現できません。パンチのあるバスドラ、刺さらずとも外すことのないスネア、リスナーを包む交響楽団。迫るようなギターリフはもちろん、ベースも主張するところは主張してくる。shagrath さんのヴォーカルも、邪魔なノイズが一切乗らず、禍々しさを伝えてくれます。驚いたのは、何度何度聴いても、まったく聴き疲れしないところです。通常、激しい曲を聴くと、もういいやって満腹になってしまうのですが、この es500 ちゃんは、そんな激しい曲でも何度でも再生させてしまう魅力をもってます。・royal crown revue “the contender”  ブラスバンド隊のテスト用ステージで演奏しているのを目の前にしているかの如くの空気の再現性。ぶりぶりとしたサックスの中音域が素敵に迫ってまいります。ギターワークも素晴らしく、トランペットの高音も全く刺さらず響いています。ヴォーカルも、ブレスや微妙な抑揚がその音域から伝わってくるんですね。・dazzle 4 life “amateras”  ベースラインテストに最高こんなに力強く、そしてこんなにやさしいベースラインがかつてあったでしょうか。ぶりぶりと鳴り、包み込むように、かつ頭の中心の中で奏でられています。スネアも割れず、ワウの効いた官能的なギターの流動・液体感も素敵。CMDさんのボーカルも抜けが良い。トークボックスも、艶があるのに、ギラつかない。当然、サ行の「シ」と「チ」も刺さりません。私の得た結論は、「ES500は すべてにおいて さいきょう」ということです。ちなみに。コミック 『天色くろすおーばー』 (DL版アマゾンで購入可)に登場する、とーねチャン。ヘッドホン女子のマンガで、彼女が es500 らしき機種を着けているイラストを確認しました。作者様(藤枝先生)に問い合わせたところ、間違いなく es500 、とのことです。なんかこう、おそろいってイイですよね。本機種から『くろすおーばー』を読んでみるのもいいかもしれないし、また、マンガからこの機種を知った人もいると思います。ぜひ皆様も、『くろすおーばー』読んでみてください。癒されますよ。さて。8千円でお釣りが来ます。これを高いとみるか、安いとみるか。超絶コスパの s100 (おそらく史上最強の万能安価ヘッドホン)という例外はあるにはあります。ですが、5万円出しても、20万円出しても、好きになろうと努力しても好みに合わないヘッドホンがあるのも事実。私も本当をいえば、高めの設定=しっかり計算されて造られているに違いない、と思ってしまい、高めの、2,3万円のものを選びがちなのですが、この es500 は期待を良い意味で裏切ってくれました。ヘッドホンに「しっかり」投資したい。この「しっかり」がクセモノなわけなのですが、少なくとも私にとって、無駄にはなっていません。ヘッドホンの選び方のコツは、一に試聴、二に試聴です。ぜひ、ヘッドホン売り場に赴かれたときには、この es500 タンの試聴をためしてみてください。・ポーチつき分厚い素材のポーチがついてきます。.

特徴 audio-technica EARSUIT 密閉型オンイヤーヘッドホン ポータブル ATH-ES500

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • メーカー型番 : ATH-ES500
  • ノイズキャンセリング:非対応
  • サラウンド:非対応
  • 最大入力:1000 mW
  • 重量:120 g

ベスト audio-technica EARSUIT 密閉型オンイヤーヘッドホン ポータブル ATH-ES500 レビュー