Audio Technica(オーディオテクニカ) audio-technica CKR Series カナル型イヤホン ハイレゾ音源対応 ATH-CKR10 – バランス良い

なくしたのでレビューします。買ったときはいきなり付属品イヤホンからこのイヤホンに飛んだため、それ以前に比べるとどうこう言うまでもなく音質は上がったのですが、特に楽曲の音の全てを指摘できるような解像度といいますか。それが一番の特徴だったといえます。高音低音ともに上品というか、どんな音楽にも適合するオールラウンダーなイヤホンといえました。中でもきらびやかな音楽が一番映えたかなぁと思います。ただ唯一残念だったのは、リケーブルができないことです。このため、断線の恐怖はありました。修理して直らないこともありますので、大事に扱っていた記憶があります。なくしたのでもう関係ないけど。なんとなくこの音が恋しくなったのでもう一度買おうかなぁと思っていたのですが、ここのレビューを見る限りどうやら模倣品が横行しまぅっているようです。後にいろいろなイヤホンを使って、より高価格帯のイヤホンとも互角にわたりあった僕のは幸い本物のようでしたが、僕が購入する際も偽物が多かったようなので、製造が終了した現在本物を得るのは少々難しそうです。ただ、僕がこれを買う際に視聴したとき、これかjvcのha-fx1100のどっちかかなあと思った記憶があります。どちらもきらびやかな音楽・重低音が売りの音楽両方をバランスよく鳴らしていたためです。構造はだいぶ違うようですが、似たような印象を持ちました。ha-fx1100の方がずっと高かったためこっちにしましたが、もしもこれと似たような音をお探しなら、それを聞いてみるとイメージがつかめるかもしれません(※イヤホンのプロの方は参考にしないでください。あくまで素人のイメージです)。.

生産終了しました。残っているものは、有名量販店以外のものは全て偽物だと思ってください。買ってはいけません。お金、労力の無駄です。偽物はハウジング保護のシールが貼られていなかったり、ケーブルが途中までしか裂かれていなかったり、指紋がついていたりします。音は比べるべくもなく差がありました。(偽物は一度所持、即返品、その後正規品購入)ほしい場合はヨドバシ、ビックカメラなどを探すことをおすすめします。.

Childrenをよく聴くのですがハイレゾアルバムのreflection nakedをこのイヤホン(xperia z3に直挿し)で聴くと桜井さんのヴォーカルが埋もれませんしナカケーのベースもしっかり聞くことができます。通学が楽しくなりました。どの音域もバランスよく出ますし刺さりもないので聴いててつかれないです。.

約100時間エージングした後の感想。ソニーnw-zx2に直挿しで使用。音の広がりとクリア感がとてもいい!!高音の伸びは良く低音も充分に出してくれる。中域のボーカルはかなり鮮明に聴こえる。音源に拠るところはあるが籠りはほぼなし。iphone6でもいい音を鳴らしてくれる。ただ少しエコーがかかったような装飾された音なので試聴をした方が良い。自分は何日も量販店に赴き試聴を繰り返したのちに購入。デザインはイマイチだがそれほど気にはならないレベル。sonyのxba-z5のように装着時にやたら横に飛び出しているのと低音過多なところは正直違和感がありすぎて購入候補から外したがこれはまだ許せる。音漏れは電車内でそこそこの音量を出しても大丈夫。他にオーテクのim04も使用しているがイヤーピースや装着の耳穴の微妙なポジションで音がスカスカになったりセッティングが難しいためckr10の方が自分好み。コードのタッチノイズがかなりあるのと絡みやすい点。リケーブル非対応というところで星一つマイナス。見栄えが悪くなるが細めのスパイラルチューブをケーブルに巻きつける事で絡みやすさは改善した。そういった欠点を差し置いても良いイヤホンだ。他にはない音を出してくれる名機だと思う。.

音質がとても良くとくに低音が綺麗に響いていました。高音域も低音と差を劣ることなく高音低音どちらも安定しているイヤホンでした。特に着け心地が高級イヤホンの中でも特に良かったです。耳が疲れないですね。なのに☆4という評価の理由はコードが絡まると少し解けにくい事ですね。以前sonyのxba‐hシリーズaシリーズを使ってましたがコードの質感がサラサラしといてすぐ解けるという点がckr10にはなかった事ですね。ですが全体的に安定しているイヤホンでした。.

マーケットプレイスで17800円での購入だったので偽物じゃないか心配でしたが、正規品が入ってました。箱に傷は入ってましたがイヤホン本体は問題ありません。以前の愛機はzero audioのcalbo doppioでしたが、こちらの方が自然な音の鳴り方で聞き疲れしません。sound realityというコンセプトにあった素の自然な鳴り方です。doppioの方はツインbaで高音域などが綺麗に繊細に鳴るのですが、曲によっては突き刺さります。doppioはイコライザで弄って低音をブーストさせてましたが、ckr10は軽く低音ブーストさせるか何も弄らずとも好みの音で聞けます。素晴らしいバランスです。それに加えこの広大な音場の広さはイヤホン界の革命とも言えます。流石は技術屋のオーテクですね。エイジングは特にしてません。開けて一発目の音は固い薄い音質で偽物を疑いましたが、聞き流してると短い時間でいつの間にかとてもいい感じに馴染んでました。エイジングはそこまでいらないと思います。量販店でckr100と聴き比べましたがckr100はckr10のカドやクセがなく、ウォームでマイルドな音質でした。個人的には10のシャキッとした音の方が好みです。2017/1/19追記音はいいのですが普段使いに難ありですね。とにかくコードが絡まりまくる!もう定価40000のイヤホンだったことなんて忘れて引き千切りたくなることがあります。イライラしますね。また、構造上シュア掛けもしにくいですしシュア掛けしたら断線しそうで怖いです。かといって普通につけるとハウジングが大きいのでバランスが悪く不安定です。今は売り払って何か次の良いイヤホンでも探そうかなと考えてます。.

先日断線して修理に出したところメーカーから模倣品との返答を貰いました。高いお金を出して購入して大変ショックを受けました。これからはamazonでは高額な商品を買うのはやめようと思います。.

耳かけでない、国産メーカの中では、一番気に入った音質です♪onkyoのポタン+iphone6のonkyoアプリと組合せ、ハイレゾまで再生しています。jazzと女性ボーカルが中心な感じですが、クラッシックも含めて、クリアな感じと、低音がこもらない感じが好きです♪普通のイヤホンはmサイズのイヤーピースですが、耳の少し奥にセットする感じなので、色々試して、sサイズだとしっくりきています。.

利点と欠点

メリット

  • 生産終了しました、偽物です買ってはいけません
  • かなり良い
  • 本物でした。

デメリット

5、6年前に買ったshureのイヤホン(1万円ぐらい)から、買い替えてみました。歌謡曲などをスマホでmp3音源で聞いていますが、素人の私にも音の聞こえ方がはっきり違います。録音の良し悪しにもよりますが、ボーカル、周囲の楽器の音がくっきりと分かれて聞こえます。付属のシリコンゴムのチップでも特に外れませんが、コンプライのチップに替えて、更にフィットがよくなりました。エレコム製のレシーバーで、ワイヤレス化して使うことが多いのですが、その際は、コードが長すぎるのが唯一残念です。.

いろいろと1〜3万円くらいの価格帯の他のイヤホンを視聴してこのモデルが一番自分の求めていたバランスに近かったので購入しました。自分にとっては着け心地も良く、低域の量がちょうど良く、中域、高域も好みの鳴り方で気に入っています。.

新品で頼んだはずが、箱は傷だらけ。イヤホンには指紋が付着している状態。スマホで音楽を聞いていたら音が途切れるという始末。完全に粗悪品ですね。二度とアマゾンは利用しません。.

新品購入したけどなんでこんなこと売ってるんですか?!!中身は指紋ばっかりで結構長い時間の使用感が残ってる100%中古品!誰がこれを見て動作確認のため1回開封した未使用の新品だと思う?最悪だな、返品します。.

Ckr9ltdを使っていましたがだいぶ安くなってきていたので予備で10を購入しました。相変わらず素晴らしい。ケーブルが交換できない以外に不満が全く見当たりません。.

中古も含めて、現状の価格なら入手後、mmcx化するのに丁度良いと思います。音質は元々、とても良いと思うんですが、ケーブルはあまりにもお粗末で、絡まるしタッチノイズもヒドいですね。私の場合は間違いなく国内正規品の中古を入手、某イヤホン工房でmmcx化して貰いました。リケーブルで4nの純銀線に交換して、かなり好みの音質になりました。mmcxコネクタと併せて、やや主さが気になりますが、音質は手持ちの中では一番のお気に入りです。.

低音の量感豊だが他の同価格帯のような音が大きいだけのぼんやりとした低音ではないキレがあり視聴して一発で気に入りました。d型なのに解像感も高く、聞こえなかった音もよく聞こえ、定位も広めです。.

以前ckr10を新品で買い半年以上使っていたのですが、洗濯してしまい壊してしまったので、修理なども検討した結果、yama屋から中古でリピートすることにしました。見た目は少し汚れていましたが、それは承知の上、音質は相変わらず素晴らしいです。msr7と併用で使っていますが、ckr10は低音よりで高音が耳に刺さることは経験上まずないです。ただmsr7と併用していると低音よりの性格上、籠ったように感じてしまいます。イコライザーを弄れるなら、サラウンドと高音域から中音域を上げるとバランスがとれると思います 。.

Xperia z2に直にさして、ハイレゾを楽しいんでいます。解像度が素晴らしい。楽器や合唱の定位も明快です。イヤピースを、他社(ヴィクター) のものにかえて、耳にフィットさせ、いわゆるシェアー掛けにして、コードの擦れる音をふせいでいます。.

特徴 audio-technica CKR Series カナル型イヤホン ハイレゾ音源対応 ATH-CKR10

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • メーカー型番 : ATH-CKR10
  • 相互変調を抑え広帯域再生を実現する独自開発の DUAL PHASE PUSH-PULL DRIVERSを搭載
  • 純鉄ヨーク採用のφ13mmドライバー×2で突き抜ける超解像度再生
  • 高剛性チタニウムハウジングで不要共振を徹底排除し優れた音響特性を実現
  • 低域特性を最適に調整するベース・アコースティックレジスターを採用
  • スタッカード撚り線と不要振動を抑えるアルミニウムスリーブプラグでノイズの少ない信号伝送

メーカーより

Presented by Phile-web

AV/オーディオ/ガジェット情報サイト『Phile-web(ファイル・ウェブ)』(http://www.phileweb.com)による商品レビュー。

Phile-web(ファイル・ウェブ) プロによる商品レビュー

世界初のドライバーがダイナミック型イヤホンに新風を起こす

登場以来、多くのユーザーを獲得したオーディオテクニカのCKMシリーズ。同社のイヤホン群の中でもハイエンドからミドルクラスを担った、いわば中核シリーズだった。それがこの2014年4月、フルモデルチェンジを遂げる。その名はCKRシリーズ。RはResolution(解像度)、Sound Reality(音の再現性)そしてHighResponse(応答性)を高い次元で追求したことに由来するという。

中でも注目してほしいのが、ATH-CKR10およびATH-CKR9である。それは世界初となる「デュアルフェーズ・プッシュプルドライバー」を搭載しているからに他ならない。結論を急ぐようだが、昨今の各ブランド間におけるイヤホンの技術開発競争にあって、この機構はひときわ輝くものだと感じている。

その特長は2基の13mmドライバーを向かい合わせに配置し高磁束化を図ったことだ。しかも、それらをプッシュプルで駆動させることで、パワフルな再現と歪みの低減も狙っている。限られたスペースの中に、こうした機構をマウントできたことは、オーディオテクニカの高い技術力の証左だといえよう。

ATH-CKR10はそのドライバーユニットに加え、土台となるヨークに純鉄を採用。ハウジングは強さと軽さが両立したチタニウムとした。ケーブルはノイズの少ない伝送が可能なスタッカード撚り線を用いている。

Beck『モーニング・フェイズ』のハイレゾ版(96kHz/24bit FLAC)を聴く。まず、ボーカルやギターがふわりと耳の周囲に立ち上がってくるような印象。しかも、それが淡くならず、密度感がある。また、ベースやドラムスは解像度と深みがバランスする。このあたりがデュアルフェーズ・プッシュプルドライバーの威力だろうか。

ところで、昨今のイヤホンのトレンドのひとつに、ダイナミック型とバランスド・アーマチュア(BA)型とのハイブリッド方式が挙げられる。無論、ATH-CKR10はそうではない。いやむしろ、これまで使い慣れたダイナミック型に新しい発想をプラスして、未知の音楽再生領域に挑んでいるのだ。BA型がイヤホンに新たな風を持ち込んだことは事実だが、それを知れば知るほど、ダイナミック型のアドバンテージが浮き彫りになる。まだまだ進化の余地はあるのだ。

  • このレビューはPhile-web所収記事を短くまとめたものです。記事全文や写真は以下の元記事でご覧いただけます。
  • 元記事:http://www.phileweb.com/review/article/201404/25/1150.html
  • 文:中林直樹
  • 執筆日:2014年4月25日

いい音で聴いた方が気持ちがいいのは当然で、安価でいいものを探していましたが高いのはいいのかな?と店頭で数万円のをいくつも聴き比べました。こちらの商品の倍の値段がするものよりもこちらの音の方がバランスが良く綺麗に聴こえたので高ければいいわけではないんだなと改めて思いました。音の好みもあるでしょうが、いくつも聴き比べてこちらの音はトータルバランスがよく聴き心地が最高でしたので購入しました。届いてからも店頭の印象と違ったらと少し不安でしたがやはりいい音でした。初めての数万円のイヤホンでしたが満足のアイテムを吟味してゲットしたので満たされてます。.

ハイレゾ商品をヨドバシで聞き比べてAmazonにて購入しましたが、とても音が良いです。.

偽物が多いとのことで確認したところ,やはり偽物でした.イヤホンや付属品は酷似しており,疑わなければ偽物だと気づかないクオリティではあります.なお,どうしても偽物が気になる方は,アリババで60ドルで売っているので,そちらをおすすめします.さて,偽物についてです.音質は,聞き比べればわかる程度です.イヤホン自体は壊れやすいという点を除けば,音質は60ドル相当のものではあるかもしれません.目立つ点としては,製造年月シールが無いという点です.また,箱に傷がついていたり,シワが寄っていたりします.他にも,イヤホンにビニールがついておらず,指紋跡が残っています.そして決定打となったのが,イヤホンケースの作りがかなり雑であったという点です.ここまで似せているのにケースの方の詰めが甘かったため苦笑いしてしまいました.こちらで購入した方は,一度付属の合成革のケースを再確認してみてはいかがでしょうか..

今までの付属イヤホンと違い、音のキレやメリハリが格段に良くなった‼.

【①使用環境】  iphone5s(aac 320kbps 標準ミュージックアプリ)→ak10→ath-ckr10【②デザイン】  独特な形状、見た目大きめですが、思いのほか重さは感じませんでした。  かっこいいか・・・というのは個人的には微妙かと思いましたが  人目を引く存在感はあります。【③高音の質】  ckm500,cks77x,ckr5と同メーカーのイヤホンを複数本愛用していますが、  安定感は群を抜いています。下位機種にありがちな刺さる音を  しっかりカバーすることができているので◎【④低音の質】  高音の質が向上し、「低音は少し弱くなってしまうだろうな」と  ある程度覚悟していましたが、全く問題なし。それどころか  心地よく、高音とバランスよく、しっかり鳴らしてくれることには  驚きました。【⑤フィット感】  これが唯一の残念な点。  独特な形状により前面部に重心があると思われるため、  耳から抜け落ちそうな感覚に陥ります。  同社のファインフィットイヤーピースとの相性は抜群と以前から  感じていたので、悪影響を及ぼしていたとすればその点と思われます。  量販店で試聴はしましたが短時間だったため、この点は見落としました。  同社の他モデルではこのような感覚になったことはないので  個人的に相性が悪かっただけです…。【⑥遮音性】  高いと感じますが公共の場ではマナーを守って控えめの  音量で聴くのが無難かと思います。【⑦携帯性】  通常のカナル型イヤホンと変わりありません。  個人的には、上位機種のキャリングケースより下位機種に付属されている  物が好きなのでそちらを使用しています。  上位機種のケースは小さいとはいえかさばるので基本使いません。【⑧総評】  初めての1万5千以上のイヤホン購入でしたが、低価格帯では出せないであろう  ①開放感のある音場②音の表現力には驚かされました。  下位機種に戻るのは難しいです。  本製品は色々なレビューがあちこちで見れますが「音がバラバラ」という評価を  している方もいますが、最初の試聴時は私も同じ感覚がしました。  オーテクが好きなので意を決して購入しましたが、使い込んでいくうちにその音の  感覚が逆に良い方に向いていきました。  この点はやはり新開発のdual phase push-pull driversの影響が大きいと  思われます。  最初の違和感は使い込めば使い込むほど快感に変わっていくと思います。.

2016年春に後継機(新型)が発売され、販売価格がかなり下がってきています。2万円を下回る価格で入手できる『今が買い時』です。(後継機ckr100もレビューをupしています、そちらも確認ください)所謂、リスニング向け高級ヘッドホンのような音の鳴り方です。ダイナミックドライバーらしいまとまり感のある、暖か味のある音質、オーテクの高級アートモニターヘッドホンに似た上品な音質傾向で、安定感抜群のリスニング向けイヤフォンだと思います。尖った音域はなく、包み込むような、鼓膜に馴染むようなずっと聴いていられるやわらかい音質です。30個を超えるイヤフォンを所持していますがその中で聴いていて最高に心地いいと思えるno. 1のイヤフォンです。ゼンハイザーの10万超えのダイナミック型ie800と比較して4分の1程度の予算で買えてしまうのですが、『安定感』はこちらの方が良いと感じます。特別に秀でた音域もなく、刺さる高音もなく、唸る低音でもありません。悪く表現すると特徴のない、刺激のない音質ですがフラットな音質とも、ちょっと違う感じです。解像度が相当高いクリアな高音域、中音域も分解された音やボーカルがしっかり立ち、低音域は過不足ない深く味のある音質で絶妙な音圧がかかります。遮音性、ホールド性もイヤフォンの中ではかなり良い方です。本体は大きいですが耳にかかりやすい形状です。ダイナミックドライバー型のイヤフォンをお探しの方、まとまり感のある心地よい安定した音質が好みの方、リスニング用高級ヘッドホンに似た音質をイヤフォンに求める方には確実にオススメできるイヤフォンです。※偽物も出回っているようなので超安値での購入には注意が必要です。.

Alieexpress (中国のサイトgoogleで検索すれば出てきます)で検索してヒットすれば中国製の偽物があるという事ですこれでヒットしなけでばとりあえずは偽物の心配は少ないと考えていいですckr10は以前はなかったのですが今は60ドルで売っています、これが出てくるようになってからアマゾンやヤフオクの値段が下がっています。新型が出たので安くなったのなら、カカクコムでも安くなるはずですがそっちは2万2千円以上のままです。一万円台で安くでているもの偽物の可能性が非常に高いと考えたほうがいいでしょう質問欄は偽物出品者の自作自演でしょう(偽物を心配する人に対して偽物はあるけど自分は大丈夫だったよという結果にしている)わたしはビックカメラで買いました(素晴らしい音質です).

技術的、専門的な事は正直全く分かりません。そんな音楽素人である私でもこのイヤホンが現在最高の音を伝えるものだという事は分かります。しかも私が購入したヨドバシより断然安い…勿論聴き比べが出来なければ購入に至らなかったでしょう。boseブランドに引かれていた私ですがノイズキャンセラーが充電式という煩わしさがあり同メーカー、他メーカーと比べてもこのckr10は二歩抜きん出たクオリティで音楽を堪能出来ます。ちなみにワンランク下のckr9でも一歩リードしていると感じました。これまでは同メーカーの¥5000クラスのものを4年使用していましたが今までと同じ曲を聴いている筈なのに異常にテンションが上がっている自身に気付き全く良いアイテムを手に入れたとほくそ笑んでいます。.

Sonyのハイレゾ対応ウォークマンを購入したので、イヤホンもハイレゾ対応にしようと購入しました。いろいろなメーカーの機種を聞き比べて、最後はsonyのxba-a3とどちらにしようか迷いましたが、ボーカルの声のクリアさとベース音のバランスがいいと感じたckr10を選びました。満足の一品です。.

先日、半額以上値引きされている安さにひかれて購入しました。商品が届きまず「まてよ」と『外箱が潰れている』まあ、そういう事もあるかなと箱を開けてみると『本体の銀色の部分に保護用ビニールが貼ってない』『プラグ部分が曲がっている』『細かい傷がある』『イヤホンがはまってるスポンジの台座があらぬ方向を向いている』他の方のレビューにもあった通り、偽物が出回っているという事が脳をよぎりましたとりあえず下手に触る前に写真を撮りまして、ネットで本物と偽物の見分け方を調べて見ました。おおまかなところとして・製造年月シールの有無・外箱文字が極端に薄い・フォントが違う・取扱説明書の袋の大きさなどなど本物、偽物の比較画像、開封動画なども調べまして私の場合は上記2点に完璧に合致しました。仮に本物だとして、先ほど挙げた状態のものを新品と言いうのはngです。明らかに中古品です。即返品しました。おそらくですが、僕が買った平成28年10月29日以降本物は存在しないと考えるべきです。後継機も出てますしね。しかし、amazon発送でンな事があるんですね。高くともヤ○ダ電機とかヨド○シ、eイヤ○ンみたいなちゃんとしたお店で買いましょう。というか、高いからこそちゃんとしたお店で買いましょう。今回の事で偽物と本物の見分け方、かなり勉強になりました。返品等に浪費した時間は勉強代って事で。そういう意味では偽物を掴ませてくれた販売元の「す○ーとトラスト」さんに感謝していますw.

このイヤフォンは、イヤーピース、ヘッドフォンアンプに異様に敏感です。ipodなどと標準のイヤーピースでもある程度鳴りますが、それだと価格に見合う(値崩れしてますが…)音とはいえないと思います。今まで試したイヤーピースですが、代表的なのを順に書くと、標準のファインフィットl→少し曇った音。フィット感がよくないので他を探す。コンプライts-400l→なぜかやたらにブーミー。普通のイヤフォンではこんなことないのに…fad heaveniv タイプAのL→フィット感良好。まあまあ妥当な音。でも中域に少し固さがある。出たばっかりの茶楽音人 spinfit l→中域の固さがとれて高域が伸びすっきりした音に。と、イヤーピースを決めるだけでも何ヶ月かはかかってます。ヘッドフォンアンプ(ポータブルのみ)だと、ipod touch直→中域偏重でやや曇りがある。分解能が低く感じる。ak10→あまり変わらないけど少し分解能が上がる。pha-1→曇りが晴れて価格相応以上の音に。リモコンはないので、できればポタアンを通した方が良いです。ドライブ能力の高い据え置きならもっと力強く、分解能の高い音になります。音ですが、きちんと鳴らせば、低中高はフラットでどうのこうのという感じではなく、分解能と力感がすごいです。デフォルトでは中域偏重でやや曇った、分解能の低い感じになってしまいます。ネットで賛否両論真っ二つなのにはその辺が関係しているのではないでしょうか。こりゃ値崩れするわけだと思うわけです。まあ、鳴らしやすさも性能のうちだと思いますが。あとエージングに時間がかかります。ipodtouchの最大出力30mwで50時間ほどならしたら、中域の曇りが取れてきて、全体の分解能があがりました。もっと高出力で時間をかけた方が良いかと。手をかけることを惜しまない方にはおすすめできます。従来のd型より力強く、ba型とも違う音なので、一本持っておく価値があります。.

Ba型ともダイナミック型ともまたハイブリッド型とも違う音が聞こえる。低音域から高音まで豊かで豊饒な表現が、あるべき音楽として、ある。普段シュア535とともに聞いている音楽が、まったく違うものに聞こえる。今まで聞いたことのない音だ。レンジは広くなめらかで、低音が、しっかり鳴っているのに中高音が引っ張られることなく豊かに鳴っているって感じだ。高音も刺さることなくあくまで美しい。昔レコードとかいうものをスピーカーで聞いていた頃を思い出す。欠点の少ないイヤホンだと思う。墨痕鮮やかという表現が適切だ。エイジイングしたら、どうなるか楽しみだ。.

エージングが必要ないという意見も多く見られますが少なくともこのイヤホンは別物です買ってすぐ聴いた音はとてもひどく、低音はほぼ出ずボーカルもほぼ聞こえずカラオケモードで再生しているかの様でしたダイナミックが片側2機という点が色濃く出ているのでしょう 5時間もすれば素晴らしいサウンドを出してくれますよ!!.

Ipod nanoに直挿しで聴いていますが、素晴らしいの一言です。ヘッドホンもイヤホンもオーテクしか考えられません。ダイナミック型らしい空間的な広がりと、低音から高音までフラットかつ高い音質で鳴らしきる本機はフラッグシップに相応しい銘機です。これが2万円台で買えてしまうのが正直不思議ですね。私は自信を持ってお薦めします。.

えらい値引きされてて心配しながら買いましたが、箱のふたが少し何か擦れて汚れてるからだと思います。中身は特に指紋ベタベタではありませんでした。が、イヤホンの納め方が悪いのかlrの線の一部が少し潰れてたので☆4つで(触るとボコッと凹んでますが断線するほどではありません)箱と中身が心配な方は正規販売店で購入した方が安心でしょう。性能はとてもよいです。ipodnanoとスマホで聴いてますが、サウンド・トラックに力を発揮するイヤホンだと思います。前よりも一つ一つの音が聴き分けれます。.

オーディオテクニカのフラッグシップのイヤホン店頭で1万円ぐらいのイヤホンを買おうと思って気が付いてみたらこの商品を買ってしまいました。 国産で安心です。普段は安いイヤホンでスピーカは良いのを使っているのですがイヤホンの時間の方が長いとおもって買い求めましたしくみはよくわからないのですが、イヤホンの最大の弱点の低音よりも解像度に重視したシリーズがCKRシリーズだそうです。装着の仕方はそのまま耳に入れるタイプで少し重さがありますので長時間はつらいと思っていましたが、私には全然問題ありませんでした。この一つ下のCKR9もそうですが粒立ちが素直に聞こえます女性ボーカルの音がきれいなまま、また高い音のベースがしっかりと定位して聞こえます。このCKR10ではCKR9で出なかった低音がそこそこバランスを崩さず聞こえてくるのでもしそこまで低音にこだわらなければCKR9でも良いかもしれません。私もかなり悩みました。当然ながら「低音」を売りにしている1万円以下のイヤホンに低音では負けますがいわゆる「ドンシャリ」なイヤホンとは一線を画しているため長時間聞いても疲れを感じませんでした。ベースバンバンの曲が好みとか、イヤホンが得意な高い音を駆使した曲が好みの人にはちょっと違うかもしれません。また、2014年に登場しすでに2年経過しているので他のイヤホンもよいのが出ているかもしれません。メーカの「色」というのか音の表現方法が大きく違うのでオーディオテクニカのまさにプレーンな味付けよりももっと情緒に訴えかけるような音が好みという人もいると思いますが ボーカルを中心とした長く良い音を聞きたいと思っている私にとっては(少々お値段が高いですが)よかったと思います。.

オーテクの50周年モデルは、158円です。笑えます。アマゾンジャパンが国内正規品を取り扱うのかどうか知りませんが、もちろんメーカー保証はあるでしょう。しかし、オーテクはずいぶん前からメイドインチャイナ。アリババが運営するb2cのタオバオで、ckr10が、こんな値段で、同じ音質で、売られていますから、当方は、とてもこのアマゾン価格では買う気にはなれません。eイヤホンも、いろいろ全世界のイヤホンを扱っていますが、なんだかんだいって、イヤホンは残念ながら中国製。われわれ、音楽を愛する、いいイヤホンでと、追求するあまり「スパイラル」になり、散財することは、自戒を込めてもうやめたい。疲れましたckr10も、ckr9も、ckm1000も、ckw1000も、ckm99もみな素晴らしい音質です。このイヤホンにはケチをつけるレビューではございません。真実をお知らせしたいだけです。レスがあれば、お応えいたします。.

本物って感じがします。高い買い物でしたが買ってよかったと思っています。.

ベスト audio-technica CKR Series カナル型イヤホン ハイレゾ音源対応 ATH-CKR10 レビュー