象印マホービン (ZOJIRUSHI) 象印 加湿器 ホワイト Zojirushi Ee-Rp35-Wa – 無難な選択肢

基本的に睡眠時だけ使用しています。かなり古くて同じタイプの加湿器が使用できなくなったので新たに購入。水を沸騰させる時の音は前の物より抑えられた感じがします。(それでもかなりうるさい)省エネ設計なのか加湿が(自動的に)止まる時と開始される時にカチという音がします。状況と設定によってon/offの切り替えを数分ごとにしているようで短時間にカチカチ音がされると気になってなかなか眠れませんでした。.

Ee-rn35-waとは前年モデルで仕様などは同じようです。以前もスチーム加湿器を使ってましたが、こまめに湿度をチェックしないと加湿しすぎになってしまうので自動で調節してくれる象印のを買いました。標準に設定すると常に60%を維持してくれています。自動調節は体感温度でセンサーが動くため、湿度は高くても部屋の温度が低ければ必要以上に加湿してしまうようです。暖房と併用して使うと良いでしょう。デザインは全く飾り気がありませんが、丸っこくぼってりとして愛着の沸く形だと思います。.

寒くならないのがいいです.

70代の兄が風邪をひいたと連絡があり、去年肺炎で入院したこともあり、単純にこれから寒くなりエアコンでの暖房では室内が乾燥し療養の基本と思い購入しました。実際には2年前に義母(今年96歳で死去)の介護の際1台目購入済、気持ちよく使えるなと、感じていました。.

空気清浄機についている加湿でいつも寝ていましたが、寝ている途中に起きてのどがカラカラで水を飲んだり、寝起きにのどが痛いことがありました。それで、この加湿器を発見して購入しました。コポコポと音が鳴るのはしょうがないかなと思います。ただ、これにして寝起きの喉の痛いのがなくなりました。弱で寝るときから朝までつけて、満タンの水の1/3ぐらい消費しているような感じです。少し高いなと思いましたが、他のは手入れや菌が気になるので、手入れしやすいこのタイプで大満足です!!.

ずっと超音波式を使っていましたが、今回スチーム式加湿器を初めて買いました。加湿量が雲泥の差です。今時期だとこざむい部屋も暖まって一石二鳥真冬どうなるかわかりませんが、、稼働音は就寝時はやはり気になるくらいの音ですが、機能性を考えれば許容範囲です。.

結露の心配から何段階かの湿度調整が可能である点は、満足できるが、蒸気発生時の音が少々うるさいのが気になります。就寝時に使用するので、この点が改善されればなおベターです。.

部屋も温まるしかし割と直ぐに水が無くなる.

利点と欠点

メリット

  • 確実に加湿できました

  • なかなか良いと思います。

  • 手入れが楽!

デメリット

うちでは縦長のタンクを使うタイプの製品は洗面所では水を汲めないため、ボウル等で直接水を注げるこれの方が便利でした電気代はやはり超音波式などに比べると高いですがスチーム式の中では安い方だと想います。特に電源ボタンしかないようなスチーム式を買うならこれを買ったほうが電気代ですぐひっくり返ると思いますただ、運転モードを高くしてると流石にかなりの電気を使うので普段は近くに置いて弱とかの方がいいかもしれません。去年モデルで気に入って今年モデルを追加で購入しましたが正直何が変わったのかは分かりません。デザイン等を気にしなければ、スチーム式はこれが最高なのではないでしょうか。.

見た目ポットなのでオシャレさはないけどとにかく清潔!洗いやすい!音はそれなりにするけど余程の神経質じゃなければ気にならない程度だと思います。うちは2台目です。.

加湿器は手入れが大変というイメージから、購入したことがなかったのですが、子供ができたことで、思い切って購入。ポット型で手入れが楽との情報を得て購入しましたが、本当に楽です。(加湿器そのものが初めてなので、他のタイプとの比較ができませんが)本当にポットの手入れと似ています。蓋を外して洗い、中をすすぐのは毎日しています。あとは、一ヶ月に一回、クエン酸洗浄をする(専用の粉を入れて、ボタンを押して、放っておく)だけで、清潔なのを保てます。ズボラな私には合っています。加湿力も強いように思います。.

2003年に象印のee-ge30を購入して今日まで使用してきました。母が乾燥でのどを痛めるというので今回新しくee-rp35-waを購入しました。サイズがee-ge30に比べ一回り小さくなり、持ち運びも便利でよくなったと思いました。しかし、とりあえず試しに私が使ってみると、蒸気の発する音が以前のee-ge30に比べ格段に耳障りになったことが判明しました。たとえるのならコントラバスとバイオリンという感じです。以前のほうが筐体が大きいため、音はするのですが低い音で耳障りではありません。このような器械は多くの場合、寝室での使用が見込まれますから音の質は重要ではないでしょうか?母は幸いに耳が遠く今回購入したee-rp35-waの甲高い蒸気の音は気にならないということで助かりましたが、自分の部屋で使用しているee-ge30が故障したらどうしようかと心配です。とくに私の妻はわずかなファンの音なども気になり眠れなくなるのでee-rp35-waの音では発狂してしまうでしょう。象印さんには昔のee-ge30のような機種を再び世に送り出してくださいとリクエストします。.

オフィスの卓上用に購入。オフィスのエアコン(暖房)に負けない加湿力、衛生的かつ電気代を気にしないでいいので、スチーム式の一択でした。愛用していたタイガーが製造をやめたようで、スチーム式の卓上機種が限られてしまい、直近は三菱電機のルーミストでしたが、フィルターのお手入れ(交換)が面倒なのと、湿度計が常にerrorになっていたりお値段高い割に…だったので家族に譲り、見た目はポットそのものですが、私はこちらにしました。お手入れ、水交換は楽ですし、加湿具合や温度も三種類からですが設定できるので、まあいいかとおもいます。加熱時の音はかなり煩いですが、一旦、沸騰してしまえば静かです(ポットと同じ)。もう少しデザイン性を追求したら女性ユーザーに受けるのではと思います。.

おしゃれじゃないし音は大きいですが、よく加湿されるし手入れが簡単でとてもいいです。スチームなので子どもが入る部屋には置けないのですが、大人の寝室には最高です!これをつけて寝ると朝全然違います。.

超音波式の加湿器を持っていますが、衛生面の問題なく手入れできているか気になるのと、タンクの水がなくなってもそこまで湿度が上がっていなかったり、タンクが細長いし自立しないので自宅の水道では水を入れにくく、あまり使わなくなってしまいました。そこで衛生面とお手入れの楽さの点で良い加湿器はないものかと探してこちらの商品を知りました。持ち手があるし軽いので床に置いても簡単に移動ができ、蓋が外れるので残り水を捨てやすく洗いやすく、自立するので洗面台の横に置いてシャワーヘッドを伸ばせば簡単に給水もでき、何より加湿が早く確実です。初日、寝室が40%を切っていたので強で数時間かけると60%近くなっていて、窓が結露するほどでした。また、熱した蒸気が出るためか室温も上がっていて、暖房器具の使用が少し減らせそうです。電気代は上がるかもしれませんが、電気代が上がったとしても鼻炎と気管支炎の子供達と夫のこと、自分のずぼらさを考えると、それ以上のメリットがあるので、もう一つの寝室にも追加で買って置きたいと思います。.

特徴 象印 加湿器 ホワイト Zojirushi Ee-Rp35-Wa

  • (幅×奥行×高さ): 24×26×27.5cm

ベスト 象印 加湿器 ホワイト Zojirushi Ee-Rp35-Wa 買い取り