三菱電機(MITSUBISHI ELECTRIC) Mitsubishi 交換&お掃除レス・ディスク気化式加湿機

六畳個室にしようしているものでは20畳のldkでは機能しないのでボネコと悩んだ末、お掃除レスに引かれて購入しました。加湿力は大変よく、エアコンを使用しても大満足の湿度を維持できます。こちらのおかげで一日中室内での喉の不調は感じにくくなりました。が、他の皆さんもコメントしている通り、メンテナンスは手間がかかります。気化式はどのメーカーもこんなに手間がかかるのかと思いきや、ボネコのようにしっかりと除菌のシステムがあればここまで大変ではなさそうですね。毎日タンク内の水の入れ替えはもちろんのこと、週に一回は必ず大掛かりな手間をとり裏面から水のたまるタンクを一掃しないと異臭と雑菌繁殖の赤い垢が出てきます。お掃除レスにかまけて使用開始してから三週に一度くらいの水洗いのみとしていたらあっという間に大掃除が必要な日常になりました。ディスクは30枚近くあるのでこれまた大変でメンテが必要になると家族みんなが及び腰です。もう少し除菌ユニットと三菱が言っている部品の精度を上げてもらいたいものです。ボネコのシルバースティックを購入して別途入れてしまおうかと思っている昨今です。.

24時間暖房の我が家は常時、湿度30%前後。気化式の加湿器を検討し、始め、ボネコ2055を購入しましたが、湿度が全く上がらなかったため、本商品を購入しなおしました。この商品の良いところは、・なんと言っても、加湿力。50畳程のオープンスペースになっているうちのリビングですが、湿度40〜50%まであげてくれます。・強運転で24時間つけっぱなしにしていますが、これで電気代月300円程度というのはとてもありがたい。・強運転でも音が静か。ボネコの弱運転と同じぐらいの印象です。・2週間経過の現時点で、本当にお手入れなしで快適に使えています。ほぼ9時間毎にタンクが空になり、頻繁にトレイの水を捨てているからでしょうか。<改善点>湿度計がついているのですが、あまりあてにならないようです。湿度計は、別に用意されることをオススメします。なお、ボネコ2055は 、寝室(12畳)で24時間弱運転にし、快適に使えています。【お手入れについて追記(2009. 28)】・トレイをスポンジで手洗いすることが毎週,必要です(これはボネコ2055でも同じ)・しかし,ずぼらな私の場合は,気がつくとトレイに赤っぽいヌメヌメが出てしまうので,これは,説明書にある漂白液に12時間漬け置く方法で除去しました(1か月に1回ぐらい)。・ボネコ2055では,漂白液による除菌の必要はありませんでした。タンクの水を取り替える際にトレイ内がよく見えるので少し汚れるとすぐ気がつくからということと,銀イオンの働きが,ボネコの方が圧倒的に良いように思います。・石灰分はよく除去されます。ボネコの回転盤はすぐに真白に石灰分が付着しますが,こちらの回転盤はそれと比較するとずっと綺麗でした。・今年5月,昨年度の使用を終了する際に,分解掃除をしました。分解のしやすさはボネコに比べてこちらの方が上です。ネジを外すだけでいいです。ただ,回転盤の枚数が圧倒的に多いので,洗うのは大変骨が折れました。ということで,今年もリビングで三菱,寝室でボネコを使っています。.

戸建(鉄骨)22畳のリビングで1日中使用しています。まぁまぁ潤っているようで風邪をひかなくなったし、肌も乾燥しにくくなった気がします。3か月使ってみた感想は…最初の2か月は全く不満が無かったのですが、ここ1か月くらいずっと水垢に悩まされており、毎日溜まった水を捨てて、ディスクも取りだして洗面台に置き乾燥させているのですが、酷いときは2日で水が濁り、薄めた漂白剤で漬け置き対処の繰り返し…。ディスク自身を漂泊したら多少良くなりましたが2週間持ちません。お掃除レスに惹かれて購入したのに、物凄く手間がかかるし、水がすぐに濁るので正直イライラさせられっぱなしな為★3つです。購入時は“日本製&気化式&22畳以上対応”している機種が少なかったので飛びついたのですが…来年もずっと水垢と付き合っていくことを考えるとため息が出てしまいます。.

日本の國で作る家電は最高ですね。とくに加湿は大切です。風邪を防いでくれますし暖房などもよくききます。.

三洋vx70eを使っていましたが、例に漏れず水位センサー異常になり、修理代も高額になるようなのでこちらに買い換えました。買い換えて嬉しかったのは本当に音が静かなこと。このdk808は強・弱の二段階、三洋vx70eは強・中・弱の三段階ですが、dk808の強はvx70eの中よりも静かに感じます。音の質が軽やかというか耳に障らず、気になりません。弱運転の音もvx70eの弱よりずっと静かで、運転しているのを忘れてしまうほど。肝心の加湿性能も、vx70eだと中の連続運転でやっとどうにかなるかの環境だったのが、dk808だと目標湿度に達した後は弱のままで充分な加湿をしてくれています。難点と言えるのは設置スペースがかなり取られることと、満水時のタンクの重さくらいでしょうか。加湿器としては高価な商品だと思いますが、フィルター交換などの維持費も要らないし、これだけの静音と性能なら満足です。あとはvx70eのような短命に終わらないことを願うのみ…。【追記】給水タンクの水は空にならなくても毎日入れ替え、その都度、回収タンクも濯いでますが、どうやら、自動運転などでディスクユニットが停止していることが多いと水の悪化がとても早いようです。酷いときには、内部トレイの掃除をした3日後には回収水が明らかに濁っていて、トレイにも汚れが…。ひたすら延々とディスクユニットを回転させていると2週間くらいは大丈夫なようですが。このあたりはvx70eの電解水除菌のほうが強かったみたい。あと、内部トレイを引き出すために背面のカバーを外すには、一昔前のpcケースの如く手回しネジを外さねばならず、少々面倒です。当初思っていたよりこまごまと手がかかるので、星一つ減らしたいかも。【2009年4月追記】銀イオンの効果に大きな疑問が。どうしても内部トレイの水が濁りやすいのでいろいろ試してみたのですが、銀イオンユニットを付けた場合と外した場合で違いが無いのです。代わりに10円玉を数枚を入れたほうがずっとマシでした。それからタンクは回収水が給水タンクに流れ込んでしまうようになっていたり、排水しにくい形状だったりで、設計が手抜きな印象です。そもそも水回収システムそのものがうまく機能していないような…。約半年使ってみて、衛生面や手入れの面などで不満だらけになってしまいました。.

昨年12月に購入、悪戦苦闘の毎日でした。それまでボネコとventaを使っていて、汚れ水を吸い上げるユニークな設計に魅かれて購入しました。 使い始めはきれいな空気でしたが、日にちが経つに連れて、トレイの水がにごり下水のような匂いの排気になります。取説のようなインターバルではもちません。抗菌剤装置も何の効果もなく、ほぼ毎日の様にトレイの洗浄が必要でした。 その後一月くらいで早くもディスクにも水垢(コロニー)がべったり付着しぬるぬるになり、クエン酸洗浄、漂白剤消毒を行いましたが、とりきれないのです。大きなディスクなので漬け置きの容器もなく、ビニール袋で風呂場を占拠して行う有様。 よって分解して擦り洗いが必要になりますが、大きすぎるので風呂場で何時間もかけて行わねばなりません。 こんなに手のかかる機械は初めてでした。2た月の間に、4回もディスクを洗わなくてはならないほど、手がかかりました。 結論として設計の詰めの甘い機械でした(参考までに、メーカーは水だけの使用を薦めてますが、上記の様に手がかかりすぎるため、廃液タンクの中の水は捨てずに、ventaのハイジェン液をトレイに入れましたところ、細菌の繁殖もなくなり、きれいな排気が得られるようになりました。).

気化式なので、テレビに汚れがついたり、カビ発生源になること無し。音も静音自動にしておけば、気がつかないほど静か。問題はディスクの掃除が面倒くさい。花粉の時期(杉花粉の2月から)に、「のど」モードにすると常時運転になり気化熱が多いせいか、寒くなる。方式の宿命とはいえ、暖房の設定をあげる。ただ、花粉はディスクにトラップされるので、気持ちくしゃみが出ない。環境と花粉の板挟みで花粉に負ける。.

みなさんのレビューを見て私だけじゃなかったんだと思いました。本当にどのあたりが お手入れレスなのか教えて欲しいほどです。ディスクにカルキ?がびっしりついて、簡単にはとれませんし、タンク内もヌルヌルした感じになってくるようで漂白せねばなりません。今年はもう倉庫の中で、部屋は乾燥しきっていますが出す気持ちになれません。もっとシンプルな構造のものを買い換えるつもりで探しています。.

長所と短所

利点

  • なかなかいい商品です
  • 静か
  • なかなか良いです。

欠点

加湿性能は、他の方のレビューにもあるように良いです。・・・が、しかし!「お掃除レス」というのは大間違いです。むしろ逆です。たしかに、購入後2ヶ月位は、時々プレフィルターの埃を掃除機で吸い取る程度でした。2ヶ月過ぎたあたりから、水受けトレイに赤いヌメリ(お風呂場に発生するアレ)が目立つようになりました。もちろん、トレイの水は定期的に捨てていました。こうなってしまうと漂白するしかなく、”12時間”漂白剤に浸けることになります。タンク・トレイ・ディスクユニットすべてを処理するのは、本当に面倒くさいです。当然、この間は部屋の加湿ができません。その後は、念のため2−3日ごとにトレイやディスクを流水ですすいでいたのですが(この時点でもはや「お掃除レス」ではない)、すぐに赤ヌメリが発生するようになってしまいました。あろうことか、除菌ユニットにも赤ヌメリが発生。吹き出し口からはドブ川のようなニオイもするし、最悪です。それでも掃除を繰り返し3ヶ月ほど使いましたが、もう疲れました。ちなみに、ディスクユニットは30枚もの薄いディスクからできていて、それが8本のネジで固定されています。汚れた場合、これを全部バラバラにして洗い、また組み立てなければなりません。この上なく面倒くさいです。今は、ちょこっとオアシスをいくつか置いています。ちょこっとオアシス ホワイト2万円あれば20コ買えます。(そんなに必要ありませんが)最後に・・・サイクロン式掃除機と同じく、”交換不要”などと謳うモノには落とし穴があるようです。.

2008年9月に購入し、1シーズンのみ使用しました。購入理由はメンテナンスが楽で、ほぼ掃除等はしなくていいと宣伝していたからです。しかし、実際に使ってみると、給水のみして使うと、カビ、雑菌が湧いて出てきそうなぐらに、発生します。さらに、週一でクリーニングして使っても、カビが出て、最終的には毎回、給水する度に、クリーニングしていました。翌年の2月に使用を止め、保管していましたが、数か月前に処分しました。こんなのを使うより、濡れた洗濯物を部屋に干す方がましです。.

・加湿能力は満足です。広さ20畳のリビングダイニングで使っています。昨年まで使っていた他社製では湿度50%が限界でしたが、この機種は65%前後まであげてくれます。体感できるほど十分湿度が保てるようになりました。・1歳の子供がおり、当然加湿器もいたずら対象ですが、指が入って危ないといった箇所はないようです。ただボタンにチャイルドロックがあればなおよかった。ですが加湿能力を重視し、満足です。.

この商品を買うまで他社の加湿清浄器を使っていましたが、すぐ水がなくなり、湿度もあまり上がりませんでした。この商品は他社よりはメンテナンスの手間がかからないので、お気に入りです。消臭効果も多少はあるような感じがします。ただ、水タンクは高齢者にはちょっと重いかも知れません。ちなみに音は静かな方だと思います(強で使わない限り)。.

Mitsubishi 交換&お掃除レス・ディスク気化式加湿機 (ホワイト) sv-dk808-w今年になっては加湿器を3台購入しました。超音波式2台と気化式です。気分的にはこの気化式が気に入っています。気化式は大型ですが、省エネで、しかも加湿量も十分あります。デスクの掃除が少し面倒な気もしますが満足しています。.

フローリングの床暖には特にお勧めの加湿機です。日常は給気フィルターの簡単な掃除のみで、シーズン毎の高いフィルター交換も不要なだけ買い得感もあります。構造も簡単で、トラブルも余り無いと考えています。.

昨年購入して一冬使用し、今年も引っ張り出してきた。まず、水の容量が大きく補給に手がかからない。次に静かで夜が更け無音になっても小さくシューという音くらいしか聞こえない。そして、加湿効果は高く正面に湿度表示がされるが、かなり広い場所でも湿度は上がる。欠点は大きいことで、ディスク式とはいえ奥行きが相当ある。水垢掃除のためには裏蓋を外し、フィルターを取ってディスクごと下受け部分を外すが、ここらあたりが三菱製らしく、いかにも洗練されていない。でも十分に満足している。.

ディスク式では、初めての加湿器購入でした。50%以下なら加湿すると言う「自動の弱運転」で24h使っていました。静かでお得だと思いました。冬の間は、今まで40%程度だった湿度が50%程度になりました。朝夕の一日二回水を補給しますから、毎日8−10Lほど加湿していることになります。.

お値段も安く購入できたのですが、大きな研修室でも充分な保湿力があり、1台試しに買いましたが、職場用に合計4台も買っちゃいました。.

の特徴 Mitsubishi 交換&お掃除レス・ディスク気化式加湿機 (ホワイト) Sv-Dk808-W

  • メーカー型番: SV-DK808-W
  • メーカー型番: SV-DK808-W
  • サイズ: (W385×D255×H405)㎜
  • 本体質量: 8.2㎏
  • 素材:
  • 電源:
  • 消費電力(50Hz/60Hz): 19W/21W
  • 容量: 6.2L
  • 生産国: 中国
  • 保証期間: 一年間

最高Mitsubishi 交換&お掃除レス・ディスク気化式加湿機 (ホワイト) Sv-Dk808-W 購入