パイオニア(Pioneer) パイオニア Pioneer PD-10AE CDプレーヤー シルバー PD-10AE

大変満足のいく音質でした。いままではsonyのcdプレーヤーを使用してましたが、ピックアップユニットの故障で買い替えました。パイオニアの製品もいいですね。.

綺麗な音、安定した操作性。期待以上のコストパフォーマンスでした。.

Pioneerのエントリークラスのcdプレーヤーです。内部を見てみると、onkyo製のeiトランス、ベースにしっかりと固定されたcdドライブ横長の基盤、大きめの筐体。デジタル出力、ヘッドホン出力を排して電源コードは直出し。このクラスとしては造りがしっかりとしています。肝心の音ですが、エネルギーバランスはかまぼこ型。ボーカルものを聴くと音が前に出てくるタイプです。高域が耳に突き刺さるとか、低域がダボダボとかそういう音ではないです。普通に音を聞くには充分だといえます。使いこなしとしては、付属の脚を外して底板にソルボセインを貼る。電源コードのプラグを非メッキのものに交換する。これだけで音はかなり変わります。<自己責任ですが>オーディオ機器の中で一番壊れやすいのがcdプレーヤーですのでその中の選択肢の一つとしてはあり得ると思います。組み合わせる機器、ケーブル類も癖の少ないものを選ぶとバランスが取れるでしょう。あと、pioneerの製品を使われている方でしたらご存知の方も多いと思いますがcdプレーヤー< dvdプレーヤー < pc用光学ドライブこの順で音は良くなっていきます。この事実は知っておいてもいいと思います。.

買って1週間持ちませんでした。音飛びはする、プレイボタン押してもたまにダメだったり。安かろう、悪かろうでした。絶対に買わないほうがいいですよ.

今まで使用していた『ナカミチ』の連装式(CD7枚)が壊れたので、今回購入しましたが、満足しています。.

〇nky〇社のミニコンポを使い続けていましたが故障が多く、一台目はcdを再生しなくなり、二台目はminidiskが出てこなくなり、次のは、音飛びでいやになり、今回、オールインワンをあきらめて、一番安いパイオニアのcdとヤマハのアンプの組み合わせで購入しました。同一メーカーにしなかった理由は、ヤマハのi/o数が多かったためと忠実な増幅を行っていると思われたためです。ジャズ、ロックも多く効きますので、イギリス製のものも、同価格帯で音が太いものがあり検討しましたが、そこはスピーカーもしっかりしたものに変える必要がありますので、高音、低温の調整つまみと、サブウーハーの周波数帯調整で行うこととしました。しかし、買ってみて使ってみて分かったのですが、ヤマハのアンプにはpure directという回路選択で他を外す回路があるようで、swを入れると確かにさらに澄んだしっかりしたクリアな音になりビックリです。パイオニアのこの廉価版のcdユニットは、筐体もしっかりしていて、安定して使えています。音は、そのまま出てくる感じです。ミニコンポからコンポに戻すのに、時間的ブランクがありましたので、最初中古品も検討しましたが、回路が古いのと、ピックアップのldがやはり年々進化しているのと、駆動部のゴム部品などが心配であることと、価格が新品のエントリモデルのほうが安いし、回路やlsiチップも最新であることから、今回のエントリーモデルにしましたが、結論は私のような一般人には十分であると感じました。しかも、40歳を過ぎるといくらうんちくを言っても、音の周波数の内、半分から上の高音領域が機構なくなっていますから、機械、スピーカーの性能がいくら良くても、享受できる部分が若いときより減ってくるということで、このしっかりとたエントリーモデルで十分ではないかという気もします。今後使い続けて、耐久性などをみて、上位モデルに変えることはもちろん考慮していますが、すぐ壊れる音響メーカーのミニコンポはもうこりごりです。.

流石に老舗のオーディオメーカーです。特に多機能を求めるわけではないので、この音質がこの価格で手に入ったことに、大変満足しています。.

価格.com やアマゾンのプレビュー、以前使っていたパイオニアのcdプレイヤーや現パソコンで使っているblu-rayレコーダ―の信頼性などを考えて、選びました。昔は、オーディオマニアだったので、ホンのちょとっとでも良い音をと思って買っていましたが、今はそんな余裕もなく、又気軽にそれなりに良い音で音楽を楽しめたらそれで良いと考えが変わって来ているので、値段と多数のプレビューを拝見しながら、この機種に決めました。音質は、値段(約1.8万円)から考えると、とてもいい音です。音の定位やリアル感などが、値段以上だと思いました。少なくとも、今まで使っていた3万円くらいのミニコンポ(1体型)よりも、良い音でした。買って良かったと思いました。.

長所と短所

利点

  • 安い! 十分! ありがたい!! 
  • 趣味で音楽を気軽に聴くには、十分な音質だと思う。
  • コストパフォーマンス最高

欠点

業務用音響機器として購入したが、トレイOPENボタンを押しても、すぐにはOPENしない。トレイ挿入後に再生ボタンを押しても、ディスク情報を読み取りしているのか10秒程度無音である。CDディスクを頻繁に交換して音出す用途には使えない。CD挿入後に数秒程度ですぐ音が出てくれないと困ります。業務用には使いづらい機器です.

パイオニア、エントリークラスの入門向けオーディオは安かろう、悪かろうは昔の話と考え、デジタル機器の進歩を感じる機会となりパイオニアは限られた予算で良くまとめたと思います。spdfやコアキシャルは有りませんが、この音質に仕上げていれば納得できます。某S※NY社の入門モデルみたいに、うるさく無くメカ音も静かに回り小音量での音楽鑑賞を邪魔していません。音質にコレ!と言った特徴も無いですがそれが一番大事です。2年程前にpd70も所有していましたがある意味でpd70を越えています。pd70との大きな違いは単体dacとして使え、又デジタル出力も有ります!それらを全て差し引いたらアナログの出力の比較になります。まあ厳密に比べれば多少は劣りますがパッと聴きは余程解像度の高いスピーカーで余程のユーザーの感性がない限り分からないと思っています。それくらいのコスパが高いと思います。底版の鳴きも、このクラスでは少なく好感が持てる。自己責任ですが天板うらにゴム系樹脂でダンプすると輪郭が増しました。.

音、デザイン、使い易さ、コスパを考え購入しました。お薦めの一品です。.

最初、音は硬かったが慣れてくると気にならなくなった。値段からいってまあ満足!トレイの出し入れはそんなに早くないが、いつ壊れるか不安だったティアックの前の機種に比べると新しいので安心。総合的に見て気に入っている。.

大変、良かったです。買って当たり、でした。今後もどうかよろしくお願いいたします。.

Amazonで見てたら売れたの買いましたが光アウトが無いのを気にしないならいいですよ。かなり綺麗な音ですよ。好みもありますが私は値段からしてずいぶん満足しましたよ。.

低価格機の値段ですが、音は良いです。調べるとad-daコンバーターのチップが、上位モデルのものと同じなのだとか。光端子がないとか、全体で何曲あるのか表示ではわからないとかありますが、この値段でこの音は満足です。.

Cdプレイヤー故障のためこのパイオニアの製品に買い替える。みなさんの評価を見て。その通りでした。1万円代でこんなにすばらしいプレイヤーを手に入れることができ感謝します。.

ソニーのCDプレーヤーからの買い替えです。前のプレーヤーは自作のCDが再生出来たり出来なかったりでいらいらしていました。パイオニアさんはほぼ再生が出来ています。音質もBGMとしては問題ありません。難を言えば、本体にボリュームの可変装置が付いていれば良かったのですけれど。当方のアンプにはリモコンのボリュームが無いものですから。.

の特徴 パイオニア Pioneer PD-10AE CDプレーヤー シルバー PD-10AE(S) 【国内正規品】

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • CD本来の音質再現を徹底的に追求
  • 信号読み取り部にCD再生専用の静音設計メカを配置
  • DA変換部にもステレオ専用の高性能192kHz/24bit DAC
  • 大容量EIトランスを搭載、クリアな電気信号の伝送と余裕のある電源供給により、高音質再生を実現
  • 剛性を高めた鋼板をシャーシに採用した低振動設計
  • 他コンポーネントと組み合わせやすい美しいヘアライン仕上げを施した高品位な質感

メーカーより

基本性能を押さえて、音の再現性を追求

高音質192kHz/24bit DAC搭載

[PD-30AE/PD-10AE]

CD再生において余裕を持った処理能力で、入力信号に含まれる微細な音のニュアンスまでも再現します。

静音ドライブメカを搭載

[PD-30AE/PD-10AE]

読み取り精度を向上させる静音設計のディスクドライブメカを採用しています。制振性を高めるため、4本のシャフトでリジッドに支持する構造としています。またシャーシとメカの間に専用のベースを用意し、高速回転するディスク周辺での共振を防いでいます。

大容量EIトランスを搭載

[PD-30AE/PD-10AE]

大容量の電源トランスを搭載することで、大きな負荷変動が生じても、その影響を受けづらくなり、クリアな電気信号の伝送と余裕のある電源供給により、高音質再生に貢献します。

低振動設計を施した筐体

[PD-30AE/PD-10AE]

シャーシには高剛性の鋼板を採用し、フラットなシャーシ形状にすることで、シャーシの起伏による複雑な共振や振動による干渉を抑制します。PD-30AEはフロントパネルに剛性の高いアルミ押し出し材を用いており、振動をさらに抑制します。

コンポーネントとしてのこだわりのつくり込み・便利な機能

質感の高いヘアライン仕上げ

[PD-30AE/PD-10AE]

他のコンポーネントと組み合わせやすい、美しいヘアライン仕上げにすることで高品位な質感を醸し出します。特に、アルミフロントパネルのPD-30AEは、より質感高く仕上げています。

多彩な聴き方が楽しめる再生モード

[PD-30AE/PD-10AE]

ランダムに曲順を並び換えて再生する「ランダム再生」や、お好きな曲順で再生する「メモリー再生」、繰り返し再生は「全曲リピート再生」と「1曲リピート再生」など多彩な再生モードを搭載。ランダム再生とリピート再生を組み合わせて使うことも可能です。

MP3の圧縮音源に対応

[PD-30AE/PD-10AE]

CD-R/RWに記録されたMP3の音楽ファイルを再生することができます。

外形寸法

435 mm(W)×103 mm(H)×290 mm(D)

背面:アナログ出力端子

RCA端子ステレオ1系統

質量

5.1 kg

PD-30AE(S) PD-10AE(S)
再生可能メディア/ フォーマット CD:音楽CDフォーマット/CD-R/RW:MP3 CD:音楽CDフォーマット/CD-R/RW:MP3
チャンネル数 2 2
周波数特性・SN比(JEITA)・ダイナミックレンジ 4 Hz ~ 20 kHz・107 dB・100 dB 4 Hz ~ 20 kHz・107 dB・100 dB
全高調波歪率 0.0029 % 0.0029 %
背面:アナログ出力端子 RCA端子ステレオ1系統(金メッキ) RCA端子ステレオ1系統
背面:デジタル出力端子・その他端子 光デジタル端子×1・RCA端子(金メッキ)×1・SR(コントロール)・IN/OUT
電源電圧 AC 100 V, 50/60 Hz AC 100 V, 50/60 Hz
消費電力・待機時消費電力 10 W・0.2 W 10 W・0.2 W
外形寸法 435 mm(W)×103 mm(H)×298 mm(D) 435 mm(W)×103 mm(H)×290 mm(D)
質量 5.3 kg 5.1 kg

Cdプレーヤーとしての基本機能は充分。操作性もシンプルなリモコンなので良い。値段以上の品質だと思う。.

余計なものは何もありません。純粋に音だけを楽しんでいます。くせのないプレーヤーです。.

適当な音量で透明感ある音を、エンジョイしております。mel生.

Cdプレーヤーだけの機能にしては大きすぎな気がします。.

近所のある程度大きな電気店でも今やこのタイプのcdプレーヤーは見つかりませんでしたが、通販ではすぐに見つかりました。まだ製造していて助かりました。でも意外と高いなと思いました。.

10年間使っていたマランツのcdが突然音飛びして、音が出なくなり早速価格. コムを参考に購入とあいなりました。スピーカーは中古の101mmに、アンプはデノン1500aeとサブウーファーにヤマハfsw050で聴いてます。聴いてみて高温はシビアでありますが、低音がいまいち澱んでいる感じで、メリハリがないという感じですね。まぁ価格からみれば相応かな。シンプルですから耐久性はあるかと期待します。ちなに音量調整はアンプのリモコンで行ってます。同じcdアルバムをこの頃ではamazonミュージックと比較しながら聴いてもしています。私の耳でも違いは聴けば分かります(笑)。.

最高パイオニア Pioneer PD-10AE CDプレーヤー シルバー PD-10AE(S) 【国内正規品】 レビュー