ソニー(SONY) Sony Icf-Sw35 Fmラジオ

埼玉県(所沢市)で使っていますが、附属のワイヤーアンテナ使用で、nikkeiと韓国、北朝鮮がほぼノイズ無し、nhkワールドが少しノイズあり、イランは微妙…という感じで聞こえます。残念な所は、電池の減りがとても早いことです。なので、エネループ等を使うことをお勧めします。もう1つ言うとしたら、チューニングが少し面倒です(ずっと矢印キーを連打する)。それが嫌なら、icf-sw7600grを買った方が良いです。 まあでも、良い商品だと思います。.

チューニングがしにくいことで不人気機種の筆頭に挙げられていますが、評価すべき点もたくさんあります。まず、長波、中波、短波ともダブルスーパーで、感度、選択度は良好。特に選択度が優れています。ほぼすべての放送バンドをカバーし、1khzステップでチューニングできます(保証外ですが放送バンド外も聞けます)。チューニングは必要な周波数をすべてメモリし、メモリキーで行ってください。それがこの機種本来の使い方です。短所は、+−キーでのチューニングがやりにくいこと、音質が悪いこと、操作がちょっと覚えにくいこと、でしょうか。モノ自体古いので最近の外国製短波ラジオには見劣りしますが、国内ブランドで最も安く買えるデジタルチューニング+ダブルスーパー機であることを考えると、妥当な性能、価格だと思います。.

多々の電波の中から、お気に入りを探すのが楽しみ。 ただし 軽量が売りなのですが、重厚感がないのがさびしい。.

Pllチューニング、ダブルスーパーのこのラジオ購入後の感想です。最初の印象は見た目とは違い重量がずいぶん軽いと感じました。以前のダイヤル選局と違い、上下ボタンで選局することに慣れておらず、使いにくいと思ってましたが慣れた今ではこの方がいいようです。プリセットメモリも最初は周波数と放送局を覚えていないので不便でしたが、慣れてしまえば便利そのものです。残念ながら昔と違い日本語短波放送が少なく、チューニング途中で他の放送局に偶然出会えることはありませんので、このセットされたボタンで一発選局が便利そのものです。マンション住まいなので単体での感度等はよくわからないのですが、最近、非常に簡単なアンテナを張り全く問題なく高感度受信しております。att機能がありますのでアンテナ張ってもスキャン機能に問題はありません。目覚まし、スリープもあり重宝してます。ファインチューニングも混信対策で使ってます。受信面はよいと思いますが重量の軽さもあってか音がこもっており★4つとしました。総じて慣れたら使いやすい感度良好なラジオです。すぐに慣れると思います。.

8年くらい前シンガポールで購入して今も韓国中部内陸部で使っています。海外での感度は以下の通りです。(1)シンガポールでのnhkの国際放送(短波)は日中まあまあ、夜間はそれなり。十分聞きとれます。(2)韓国中部ではnhk福岡放送局am612(出力50kwh)を中心に使っていますが日中は十分クリアー。夜間は当然更に良し。夜間はjobk(出力100kwh)、joak(出力300kwh)も受信できます。大阪第2放送、熊本第2放送などの大出力局も受信できクリアーな音で聞くことができます。rkb毎日放送(50kwh)はイマイチ、kbcラジオ(同)はそれなり。jobkは日中は中国からの電波と混信し、ほとんどダメ。韓国、シンガポールともローカル局の受信はam、fmとも何の問題もありません。音質は声の再生を重視した味付けと思います。他のレビュアーの方が書いておられるように、チューニングがしにくいのは事実ですがプリセットで使うのが本機種の正しい使いかただと思います。このラジオはとにかく電池大食いで、シンガポール時代は電源アダプタを買っておけばよかったと何度思ったことか。単三電池3本という仕様も特殊で、4. 5vというアダプタは純正品以外は結構入手困難です。しかしアダプタは遠距離受信の敵。エネループの出現で電源問題は解決し、快適にこのラジオの受信性能を楽しんでいます。なお、韓国内での本機でのnhk福岡放送局の受信はソウルでは壊滅的、釜山では日本国内並みの良好さでした。(韓国中部内陸部ではポケットラジオではnhk福岡放送局の受信は無理でしたが、普通のラジカセクラスだったらokなのかもしれません).

選局がステップ式で、周波数の分らない局を探すのは困難する。よく聞く局をメモリーしておいてメモリーから呼び出すのがこのラジオの使い方。「短波放送も聴ける」ホームラジオといったところ。使わなくなったので単三リチウム乾電池とともに防災袋に眠っています。この機種だけ他のソニーのラジオより元々強気な値段であまり下落しないのが不思議。.

選局し難いです。電池が直ぐになくなります。電池が切れるとメモリーがとびそうなので、電池交換は素早くしています。ボリュームの ガリ が直ぐにでます。2度修理しました。消耗部品ですね。.

ちょっと前なら 10000円ちょっとで買えましたが 今は icr-7600grと数千円差 逆輸入ならほぼ同じ値段なのでこれを買うメリットは非常に薄くなっています少ないボタンに機能を盛り込んだ為に若干操作性が悪くなっています。まず50個のメモリーがダイレクトテンキー(数字のキーボタン)が 無いため 5つまでのメモリーバンクの数字のボタンを何度も押してスクロールするように メモリ切り替えをします。最近の機種は 一時的に記憶するバンクや メモリーチャンネルの頭から自動でスキャンしながら記憶したりメモリーモードにある程度配慮があるのに そういったものは無いようで 短波からfmまでメモリーするには 私は足りませんでした記憶させるときも 呼び出す際も 何度もボタンを押す必要がある為 操作性が悪くなっています。すでにある メモリーにまず記録して 呼び出し聴取するようにしないと いちいちup/downで操作するには、大変使いづらくなっています。感度や聞く際の問題は比較的良い仕上がりです。700m位の山に行って fmを使ったら 関東平野にある fm局が綺麗に入ってきましたので 申し分ないですしamも割と良い感じに聞こえました。寸法:大きさは 縦横は小さいですが 幅は icf-sw7600grより大きな寸法でした。シャシの仕上がり及び外観は 背面にある中身の見えるスリットはちょっと気になりましたが 音響的に効果を狙ったのでしょう。7600grは ほこりが入らないよう樹脂成型に気を使った作りなのですが 金型や樹脂成型で旨く 製造品質が保てないのでしょう穴は穴 スリットはすっきり抜きと あまり複雑な造形は作れないのかなと思ってしまいます 持っている中華受信機にそっくりですここら辺は国産の製品に 勝てません。製造国は 中国製なのでsonyいうブランド魅力がよほど感じている人や国内サポートを万全で 受ける気な人でない限り 商品力としては ちょっと弱い機種です。外部アンテナ端子が無く クリップで挟み込む ワイヤアンテナが付属しているので外部端子に装着する短波アンテナを使う人には もの足りないでしょう。attを使うのはsonyの機種に多いので 感度を調整する 中国製に比べて 使いやすいです。bclをやる人にとっては 操作性が悪いですし 決して小さくはないです 機能的には 同じ価格帯でしたらもっと使いやすく安い機種があります(中華製ですけどね) 評価しづらい機種です。.

長所と短所

利点

  • チョット高い 国内メーカーのラヂオがお好みなら

  • 株式情報がよく聞こえる

  • プリセット選局を上手に使えば…

欠点

皆さんの各ラジオ(icf-sw35以外でも)のコメントを読むと、選局しずらい…とか、音がいまいち…など本当に“ネガティブ”なコメントが多く、なんか悪い所ばかりにしか目がいってないんですかねぇ〜どんな物にも長所だけなんてありえないですし、必ず短所は有るものですよsony icf-sw35もコンパクトでありながら、attで雑音をおさえたり、プリセットで聴きたい局を登録出来たり、おやすみ&目覚まし機能があったり、バックライトもあったりで良いところのほうがよっぽど沢山ありますよもっと“ポジティブ”なレビューでいきましょうよ色々なラジオを所有しているものとして言わせてもらいますが悪いラジオではありませんよ.

選局の難しさを聞いてはいましたが、高機能が魅力的で購入しました。確かにコンパクトで高機能です。最初マニュアルを見ながらプリセットできた局は簡単に選局できますが、操作法が身についている訳ではないのでプリセット以外は自由に選局できません。自分の能力に見合った製品にしないのだから仕方ない。勿論局の分離は優秀です。もう買ってからしばらくたちますが、元々は非常用でしたので他には災害情報のテレビ後のフォロー、地震の時にスイッチを入れる。とかで電池をそんなに喰う事もなく、誕生日毎に電池を替えるようにしています。最近のラジオには電池残量表示の機能があるんでしょうか。.

フルバンド対応ではない、メモリーしておくのが前提、等ありますが単体での感度は十分だと思います、外付けアンテナは各自工夫が必要ですね。音質面はイマイチ、言い方変えれば無線機、受信機よりでスピーカー交換等で改善できるか微妙。電池持ちはpllシンセサイザー方式なら元々ドカ食いですから、こんなもんか?位です。acアダプターを使いたくなければバッテリーパックを自作ですね。スキャンチューニングなので使いづらいのは在ります、7600grもそうですがスキップ機能とかが欲しい所。中華ラジオの台頭で立ち位置が微妙ですね。アフターサービス・メンテナンスで心配がない、入手性が良い、各バンド内でお化け受信がないという事ではおすすめですが個人としてはフルモデルチェンジを期待します。ソニーの事ですから製品整理するのが可能性高いですけど。.

の特徴 Sony Icf-Sw35 Fmラジオ

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ATTコントローラー
  • チューニングステップ切換

最高Sony Icf-Sw35 Fmラジオ 購入