ソニー(SONY) Sony カナル型イヤホン リモコン・マイク付 ゴールド Xba-40ip/N

思い切って購入しましたが、買ってよかったです。音質の良さは6000円位のイヤホンの比較にならないくらいですね自分はヘッドホンは重くてあんまり好きじゃないので、イヤホンのほうが手軽なのでこちらを購入しました。ヘッドホンと比べて遜色ない音を出すのには驚きです。小さいので持ち運びも便利でいいですね。.

いい音するようだな。値段高いし、そうじゃないと売れないよね。カシャカシャ、キンキン、ガンガンな感じなく、全体におとなしく素直にでている感じ受ける。他の人に聞いてもらうと、高音が特に良くでてるとのこと。.

昔、定価で買ったのですが、色々な状況でジャック部分が破損し、ネットで見積もりを取ったのですがその価格が2万円。で、あるならば新しいイヤホンを買おうとしたのですが何と半額になっていたので即購入しました。店頭でも税抜きで19800円でポイント付きで安売りしていましたが、やっぱりこちらの方が安かったです。.

Nw-s775で使用、最初はポータブルで鳴らしきれるか心配でしたが、ドライバーが暴れる事無くしっかり鳴ってくれてます。此方は田舎で40の視聴が出来る環境が無く、1slでsonyのbaにはまり、2sl、xba-10でbaの可能性を感じ、どうしてもxba-40が欲しくなり悩んだ末購入しました。xb90exなどももっていますが、baの音の輪郭のくっきっり感などがダイナミック型とは全然違い気分や音楽、動画などの環境に合わせて使い分ける事がbaの使い方だと思います。音の感想としては、とにかく4基のドライバーが全て力強くなる感じで刺激的だと感じました。エージング10時間ほどは音圧の繊細さが出難く最初はやや篭り気味の音でしたがそれから音が締まり繊細さがでてきました。今は満足の好く音になってます。比較的早く音がまとまったので他の方より当たり個体を手に出来たかなと思います。外観のデザインは最初好きではなく躊躇していたのですが、いざ嵌めて見ると、ダクトの角度やドライバーの配置など耳にフィットしやすい機能的で理論的な形状に好感が持てる用になってます。万人向けではなく、合わない方も居るでしょうが自分にはフィットし易く耳から外れ難い重量とデザインだと思います。ただ普段使いには音の刺激が強めなので、xba-10の方をメインで使ってます。何処かの記事にクラシック系が合わない旨の事が書かれて居ましたが個人的にはオーケストラ系のサントラなど聴きましたが十分あってると思います。.

一応、ウォ-クマンとの相性を考えて、これに決めました。私は、項目ごとに比較できないので総評だけ述べます。低音が不足するとのコメントがあり、心配していたのですが、私にはこれで全く問題ありません。かえって低音が、強く感じる位です。よく纏った商品に感じます。.

とてもイヤホンとは、思えないほどの音を出してくれます。女性のJPOPをメインで聴いていますが、素晴らしいマッチングです。.

Xba-2を今まで使用しておりましたが、さらにランクアップしたくなり、購入しました。xba-2に比べ、低音がとてもはっきりと聞くことができます。また、高音もより美しく聞こえるため、ランクアップした良さを実感しました。イヤーピースは、ss,ms,mlなど、より自分に合うイヤーピースを選べるようになりました。ノイズアイソレーションイヤーピースは、smlのみですが、丁寧にウレタンフォームを外すことにより、付け替えることも可能でした。よりよいイヤホンを使いたい人にオススメです。.

買ってまだ10日ほどなので、もう少しエージングが必要ですが、1週間くらいでずいぶん低域が出るようになりました。広域はまだ少し暴れていますが、低音とのバランスはいい感じになってるみたい。ソースによっては、意外にドンシャリ的傾向が時々顔を出します。カナル型のハイレベルのイヤフォンを買うとき、これが欲しいなと思ったんですが、やはり新しいxba-a3に決定。その後、この40/sと聞き比べがしたくなって、追加で買いました。今の時点で比べると次のような点で違いがあるようです。1,低域はやはりa3が一枚上手で、ダブルウーファーの割に40/sは控えめな印象です。2,中高域は40/sがキラッと光っていると思います。3,全体的な印象としては、a3が低域から高域までバランス良く、低音も十分なのでスケールが一段上。  一方で40/sは音の粒立ちで勝負という感じがします。4,コードについては、a3用純正の別売りコードが秀逸で、音質が明らかに向上しました。  40/sにはこのオプションがないのでちょっと残念。◎結果としては、どちらもかなりハイレベルな音で、合格点ですね。 実際、コードの作りと本体の重さを考えると、40/sは外出用、a3は屋内でゆったり聞くのに適していると感じま した。.

長所と短所

利点

  • 持ち歩きに重宝

  • 今更なのですが…

  • 素人目線(?)

欠点

金属のような独自な響きの帯域が強調されている設計なので、鼓膜が痛くなります。恐らく細胞が死んでいってるでしょう。.

Xperia walkmanに使ってましたが、音質に不満があって。色々とeq探してたら、ubioなるxba-40に最適な音を鳴らしてくれるアプリ見つけました。お陰で大満足です。.

3年前のものは中高域が清んだ音の印象が強かったのですが、私が好きな重低音は有りませんでした。以前聴いた音楽の中に新しい音が聴こえました。xba-40は見事に全帯域にわたって満足できるものでした。やっぱりこういうものはsonyさんですね。.

人生初のba型デビューでした。入門機でした。それまではオーテクしか知らないような人間でした。初めて聴いた時あれ?高中音域がハッキリしてると思いました。当時、低音域が好きだったのですがこのイヤホンが転機になりました。今は良く分かりませんが自分に合う音を探してます。.

Ba4発内蔵ということで、ハウジング部分はかなり大きいです。ただ、手に持ってみると意外なほど軽くてびっくり。長時間つけていても耳が痛くなるようなことはないです。音質は、価格の近いソニーのダイナミック型mdr-ex600と比較すると、全体的に高解像度で音場も広がり、定位感がしっかりしている感じ。中〜低音域の豊かさではさすがにmdr-ex600に軍配が上がるけれども、それ以外はおおむね勝っていて一ランク上の音といえると思います。特に高音の抜けが感動的。であるにもかかわらず耳に刺さらず、長時間使用しても聴き疲れないのがいい感じ。何点か気になる部分もありました。シュア掛け専用機だったmdr-ex600ではイヤーピース「m」でもしっかり耳に固定できたけど、本製品では「l」でも不安定(さらに、ケーブルが柔らかすぎて改造なしでシュア掛けするのが難しいです)で、低音もちょっと足りない。ノイズアイソレーション型の「l」を試してみたところ、しっかり固定出来た上、低音も出るようになったのですが、このノイズアイソレーション型のイヤーピースは通常型の隙間にスポンジパーツを組み込んだだけの簡易型で、耳から外すたびにめくれてしまいます。社外品を探してみるのもいいかもしれません。ケーブルは思いの外細くて断線の恐怖がつきまといます。mdr-ex600のケーブルは取り外し・リケーブル可能(しかも長・短2本のケーブルを同梱!)であり、安心してぞんざいに扱えたのですが・・。実勢価格がかなり下がってきたので購入してみたのですが、満足度は高いです。.

これが新発売された時、音質については他の方の評価にある通り「凄い製品が出たものだ」と感心していた。しかし貧乏サラリーマンの小遣いでは厳しい値段だった. Orz最近ちと臨時収入があったのでヘッドフォンだけでも新調しようと思いこれを見たら、iphone非対応版がえらく値段が下がっていたので思わず飛びついてしまった。恐らくハイレゾ対応の新製品が出るのだろうが、そんな物に手を出せるような状況では無いので躊躇も後悔も無い。なお私はcomplyのcomfortタイプ(ts-200)のイヤーピースで使っている。遮音性が欲しい方は、t-200を使う事をオススメする。.

Fx1100とかhd600とかse530とかも使っています。発売当時の価格ではないわーと思いましたが、いまの値段では、ダントツのcpです。ソースをやや選びがちですが、高音は刺さらず、中音が出て、低音に不足なしです。ボーカルの音域とマッチングしたときの感動は思わずだれかに言いたくなりました(のでレビューします)ケーブル弱めとか、リケーブルできないとかありますが、それはそれとして!.

僕は今までにck90promk2やckm99、そしてfx700という高級イヤホンを使ってきましたが、本機はそれ等と比べても格段に上だと思いました。低音~高音まで抜かりなく“全ての“音が聴こえます。これは4つのドライバーのおかげなんでしょうか。ck90promk2を使っていて、「もっと高音が出てくれたらなぁ」と不満がありましたが、僕が要求していた以上の高音の伸びがあり、突き抜けていくようです。低音はck90promk2と同等でしょうか。僕には丁度良い量です。伸びは感じられませんが、軽快な低音です。ckm99は音が固く、それが耳に襲いかかってくるので、非常に痛かったです。fx700は低音過多で少し篭ったような印象がありました。それ等と比較すると全部の音が出ているのに、シャリ付くこともなければ篭ることもありません。素晴らしいですね。お店で試聴した感じでは、同価格帯のie60と比べても断然40の方が上だと感じました。中高音の質がまるで違います。40との比較で「あぁ、負けたかな」と感じたのはiv fi-he4bだけでしたね(同価格帯で)。これは見事でした。小さいのに他を圧倒するパワーとスピード感。でも、僕が40を選んだのは聴き疲れしそうにないからですね。40の方が包み込まれているような感じと言いますか、音が柔らかいんです。音の質では間違いなくiv fi-he4bの方が上ですが、僕は40の方が満足です。環境a16(主に非圧縮音源).

ちぎれましたね、、小学2年生のときの小遣い一年半分です笑.

正直期待外れでした。低音は素晴らしい。女性ボーカルの低音は特に聴きやすく、満足の行くものです。しかし、高音域が不自然に思います。エージングがまだですので行えばまた違うと思いますが、高音が頭に響く感じ。金属と金属をぶつけたような音で、この点は残念です。しかし、概ねは満足しているので、期待外れではあるものの星は3つという評価にさせていただきました。追記購入してからしばらくが経ちましたが、使うに連れて音質のバラツキが減少し、一定のレベルで高水準であるように感じます。評価を一つ上げさせていただきました。.

Ex510を使ってましたが新しいのが欲しくなって色々と物色、ex600を買おうかと思ったけど耳に付けづらいので却下!同価格帯のドイツ製イヤホンも高評価だが、言うほど良いと思えず却下某量販店で各メーカー、各価格帯を試聴し、xba-40を購入!定価で3万代のイヤホンは初めてで迷った…が思い切って買ったよ!低域、高音域を変に誇張せずに全体に厚みのある自然な音色毎日聴く度に音が変わっていくのを実感…いいわぁ〜!ただ、コネクタ部分が貧弱…コードがふにゃふにゃ…耐久性に不安がいっぱいです.

どうしても4baを試したくて購入です。プラスチックメッキのチープな筐体で値段的に考えても質感の程度は低いです。音質はあえて表現するなら、明るくスッキリした音です。雑味が無く音の輪郭をごまかさずきっちりと鳴らし切ってくれます。低音もしっかりと自然に出てどんなジャンルのソースも見事にこなします。前モデルの3baも使用しましたが、繊細さではこちらが上です。細く消えて行くフェードアウトも最後の最後迄バランスが崩れる事無く再生します。ケーブルは細めでサラサラした感じです。胸ポケットで使用なら無駄に長く、ケツポケットからでは足らない中途半端な長さ。ケーブルの質感はお世辞にもいい物ではありません。付属品は、2種類各3サイズのイヤピースとケース等で万全かと。本体は大きく女性には不向きかも…。でも、この大きな筐体が外耳にぴったり当たり付属のイヤピースと合わせて抜群の遮音性を発揮してくれます。お気に入りのプレーヤーの性能を余す所なく気持ち良く音が聴けるイヤホンです。切り出し筐体に組み込んだ本気モデルが発売されるのを期待したいです。絶滅種なので試したいのなら見つけたら即買いであります。.

Excellent sound, excellent made. Much better than 30 with iphone.

カナル型はオーテクのckmシリーズばっかり使ってきて初のba型購入ですが、ipodtouchやxperia sxで聞いてみると音があっちこっちにばらけて聞きづらい。ポータブルはダイナミック型の方がいい。いろんなので聞いてみましたが、個人的にはこのイヤホンと一番相性が良かったのがvaio duo 11でした。.

今更とも思いましたが、使用してるxba-30との差が知りたくて購入しました。一口で言うと、当然良いですが、xba−30同様、プラグが早々に断線、ここは、弱いです。価格的に普段使用するのにラフに使用出来ると考えていたのに!.

Ath-ckr50との比較です。自分はあんまり耳が良い方とは言えないので、その点をお断りしておきます(50歳間近の耳です)。baは初めての使用(購入)です。2週間程度の使用です。まず、細かい(小さい)音、楽器や声の反響までよく聞こえます。録音状況の悪い(良い)もの、低(高)ビットレート、それらの区別が自分でもなんとなくできます。簡単に言えば、音を「顕微鏡で見ている」ような感覚です。低音については、ath-ckr50との比較になってしまうので、どうしても物足りなさを感じます。低音が好みというわけではないのですが、自分はeqで補正しています。全体的な印象としては、ath-ckr50は「力強い音」(悪く言えば「大雑把な音」)、こちらは「繊細な音」(悪く言えば「シャリシャリ感がする音」)と感じました。結論、購入してよかったと思います。正直、ath-ckr50よりもこちらの方を使うことが多くなりました。購入を迷っている人(素人)の参考になれば幸いです。.

4baのようですがバランスが悪いです低音ばかりが強調されてます・・・この値段でこの音は・・・ソニーの失敗作ですね.

良くない評価も散見されますが、良いオーディオ機器ほどエージングは重要です。しかしこれほどまでに変わるのであれば、誤解を生まないためにも取説に大きく記載した方が良いのではないでしょうか?皆さんのレビューも参考にさせて頂き、半値以下になったのを期に購入しました。ゼンハイザーのcx-400iiを主に使っており、低音域のボリューム感と唸るような重低音、快活で明るい音色や広い音場が好きでしたが、中高音の頭の中で持ち上がるようなキーンとした響きがどうにも気になっていました。視聴したのはxba-30でした。30は中高音は想像通りの響き方で、cx-400iiではあまり聴こえなかった微細な音もハッキリと分離して聴き取ることができました。しかも透明感を伴った明るい響きで残響音も美しく、かといって音圧の低い元気のない音でもなく、そのバランスの良さからずっと気になっていました。ただ難点は低音の力感で、cx-400iiとでは比較にならないか細いものでした。では安くなるのを待って40か?と思い狙っていましたが視聴できなかったので、30に力のある低音が加わった理想の音を期待して視聴なしに購入しました。開封後最初に聴いた印象は、皆さんご指摘の通り酷いものですねw中高音はノイジーでヒュコヒュコ鳴っており、まるで小さな管を通したような音です。その上キンキンと頭に突き刺さり、低音も奥に引っ込んだような鳴り方で響くものがなく、圧縮率の高いmp3のようなそんな音でした。しかし、それでもcx-400iiでは聴こえなかった微細な音が、輪郭を伴ってハッキリ聴こえていたので、エージングの結果に期待して一晩鳴らしっぱなしにして放置しておきました。翌朝早速聴いてみましたが、低音のボリュームが出てきて中高音のヒュコヒュコが多少治まってはおりましたが、まだまだ本調子には程遠い感じです。(この時点で12時間のエージング)通勤の報復で2時間追加し、翌晩もまた鳴らしっぱなしで放置、翌朝聴いてみたところ、最初の印象とは明らかに違っており、低音のボリュームも中高音のヒュカヒュカも大分改善されてきました。それでもまだ本調子ではなさそうです。(この時点でエージング20時間程)通勤の往復でまた2時間追加し、帰宅後静かな環境で聞き直して見ると、あれ?ヒュカヒュカも低音のボリュームも改善されてる?重低音の唸りも出てきてないか?と思いcx-400iiと聴き比べたところ、重低音の唸りは及ばないものの低音全体のボリュームはあと一歩で追いつきそうな所にまで改善されています。中高音のヒュカヒュカもほぼ収まっており自然に聴こえ、また残響音の美しいことといったら…まだ多少のヒュカヒュカと30を視聴した時のような透明感は綺麗に出てきてませんが、まだまだ良くなりそうな余力を感じます。結論として、このxba-40という機種は、(30もそうかもしれませんが)エージングを時間をかけてしっかりやらないと本来の性能が全く発揮できないということです。開封直後は実売¥2,000〜¥4,000程度の低価格機に微細な音がただ聴こえてる程度でしたが、20時間を超えた辺りから徐々に調子が出始めるのではないかと思います。もちろん個体差はあると思いますが、エージングでこれほどまでに変わったオーディオ機器には初めて出会いました。追記です。もう確実に100時間以上使用しています。期待通りさらに良くなり、透明できらびやかな響きに磨きがかかりました。ヒュカヒュカな鳴り方は多少残っていますが、たまに気になるくらいでそれほど不自然ではなくなりました。長く使っているcx-400iiとはジャンルに応じて使い分けていますが、dub stepでもない限りほぼxba-40を使っています。あと重要なことですが、ボリュームを上げる程良さが出やすいようです。dub stepを聞いていると低音不足な感は否めませんが、ボリュームを上げれば重低音の唸りもほど良く出てきて、全体のバランスが良くなります。ボーカルも生生しさが増します。.

ウォークマンに付属のイヤホンから乗り換え。高音が印象的。ウォークマン付属のイヤホンでは、感じられないキラキラとした高音。レビューでよく見かけるキラキラした高音というのは、こういうことかと納得。.

まず、この価格なら買いです。音の解像度、バランスとてもいいです。ただ、ダイナミック型より音圧は劣ります。シュアの製品にも負けない音は出ていると思います。.

初めて試聴したとき、音の繊細さに感動し、今まででは聴こえてこなかった音の存在にとにかく驚いていたのを今でも覚えています。一目惚れならぬ、一聴き惚れしました。今でも聴く都度感動します。ただ、タ行やサ行の刺さりが目立つ様な曲は、このイヤホンを通して聴くと、より強調されてしまい痛いです。私のしばしば聴く歌手の曲では刺さることは滅多にありません。もし可能であれば、ご自身の聴かれる曲で一度試聴されることをオススメします!!.

一通りのジャンルは聴き比べました。jazzをお聴きいただければ他のイヤフォンとの比較ができると思います。特にドラムの音を良く出せている。ブラシやライドシンバルの音粒、スプラッシュ、ハイハットオープン/クローズなどの表現の違いがはっきりとしていて音の輪郭が分かります。生の楽器の音を録音した曲についてはかなりクリアに表現できているんじゃないでしょうか。逆にedmなどのクラブ、ダンスミュージック、エレクトロなどのdtmを主体とした曲の表現には向いていないかもしれませんね。平面的になり、kick音だけデカいのでバランスが悪く聴こえます。デザインはシンプルで気に入っております。付属のキャリングポーチはusbケースとして使用しています。.

素人感想です。今まで聞こえなかった音域まで聞こえる感じがします。すごくいいです。.

「ビクター hp-fx500」から気分転換で購入しました。バランスのいい音です。特に感じたのは、女性ボーカルの声がものすごくクリアに聞こえることです。それに付随して、バックコーラスもクリアに聞こえました。.

前に使っていたxba-40が断線をし、何回も自分で修理をしたのですが見た目が悪くなってしまったので買い直しました。やっぱり音はいいですが、少々コードがうねってしまうのが少しいけないとこです。でも、全体的な完成度としては高いので評価5です。.

スーパーウーファーやツイーターまで詰め込んだ本製品、ハッタリの効いたドンシャリかと思ったら大違いでした。出るべき低音、出るべき高音が自然に出ています。ロックを聴けばきちんとベースという「楽器」の音を出し、オケを聴けばコントラバスやティンパニーの音が「楽器」として自然な音圧で聞こえるのです。コストパフォーマンスは下位機種のxba-10の方が高いでしょうが、イヤホンでもヘッドホンのような臨場感で聴きたいという人は本製品を選んで間違いないでしょう。イヤーパッドも大量に付属しているのでいろいろ試せるし、うっかり無くす人もこれだけ付属していれば安心でしょう。そもそもイヤーパッドをうっかり無くすようなことは滅多にないでしょうけど。一時期値段が下がっていましたが、また少し値を上げているのが残念ですね。.

ビクターのドットのイヤーチップとお茶のスピンフィット、それからソニーの純正イヤーチップを取っ替え引っ替えして聞き比べたところ、こいつにはソニーのが一番マッチングしました。次にサイズですが、付属のイヤーチップがss,s,ms,m,ml,l,llと言った具合に直径と高さ違いでいろいろ付属しております。それからタイプとしてノーマルとノイズアイソレーションの二種が入っています。とても、興味深かった事は同じチップの直径でも高さが違うだけで全然音が変わることでした。とにかく、ワンサイズ違いで音の出方が大きく違うので面白いです。これほどの変化があるとチップを全部試さない内は低音がどうだの高音がうんたらだの言えませんね。ぴったり合った時の音場、解像度、高音の輝き、低音の厚みが別物で、チップの選定の重要さが分かりました。決まると一音目で『うおっ!』ってなります。因みにいつもはソニーではmサイズがちょうど良いのですが、このxba -40に限っては最大サイズのll が一番良かったです。.

A866に直挿しっで使っていますが、十分すぎるほどの高音質を楽しめますね。.

皆さんのおっしゃるように素晴らしい音質です。クラシック音楽の奏者の動きまで見えるような解像度には驚かされます。とはいえ、買った当初の貧相な音はメーカー希望価格3万円?!まだ現役のソニーmdr-ex300slよりひどい、まさに聴くに耐えない音、買ってから10時間程度は星0. 5を付けたいほどです。しかし、ipodをつなぎっぱなしにし、外部に音漏れしないように布でイヤーピース部分に覆いをかけて鳴らしっぱなしで約30時間。劇的に音が変わりました。まだ初期に着いているイヤーピースで聴いてますので、自分の耳にフィットできる口径を入念に探そうと思います。.

今回、初めてのba方式のイヤホンでドキドキでした。大型店舗で試聴すれば良いのですが、同品が無かったし、発売から年数が経っていたので置いておりませんでした。baの低音に弱いというところはそんなに気にならなく、ダイナミック型よりは量はないもののキチンとあります。高中音域の煌びやかな所はさすがというか、音の粒立ちは一気に広がる感じです。とにかく明るい音のイメージで好きになりました。私的には、とてもお気に入りの1つです。.

使用してからだいぶ経ちます。耳がなれてきているのかも知れませんが、どんどん良くなっています。最初はキンキン高域がウルサイかな、低域が足りないかななどと思いながら使用していましたが、高域は自然になり、低域も嘘の無い誇張されていない低音が出ているのが感じられます。ナチュラルです。やはり日本のメーカー品はいいですね。.

自分はタイトル通り小学生の時にマーチングで全国大会二回ディズニーランドでの行進をしながら演奏を二回中学で吹奏楽高校で軽音楽を三バンドやりました自分でいうのもあれですが耳だけでは小さい頃からとにかく鍛えられました私はどのイヤホンと比べてもこのイヤホンがリアルに近いと思います弦も管も全て繊細でほぼそのままの音に感じます40と30ですごく迷いましたがドラムやギターも響きや厚みが好きな人は40でいいかと低音というか感覚としては響きな気がしますとにかく自分はとても気に入って大切にケースに使わない時はしまって使っています買って損は絶対ないとおもいます。遮音性についてはパチンコ屋で音楽をきかない時は軽くパチンコ屋の騒音がしますが耳障りな高温とかは除去されます100均のウレタンぽ耳栓くらいですかね道路などはほぼ無音ですね家で聞いていて誰かに呼ばれても気づけません遮音性が仮に100%なら逆に危ないですがこれは除くべき音は除くって感じですかね音漏れはほぼ0ですね最高です.

最高Sony カナル型イヤホン リモコン・マイク付 ゴールド Xba-40ip/N レビュー