ソニー・ミュージックソリューションズ ハイレゾ対応スタジオ用モニターヘッドホンsony Mdr-M1st

Sonyが示す新時代の定番の音質?でしょうか、国内のド定番モニターヘッドホンも世代交代を迎える…ということでしょうか。だとすれば、ド定番のmdr-cd900stのグレードup版ということでしょうか。感想としては、cd900stとはかなり異なった今流行りの音質に近いヘッドホンと感じました。『sonyヘッドホンの平均値』を鳴らすヘッドホン。言い換えれば正に『sonyの音』です。低域はしっとりマットな鳴り方で深く、低域に魅力を感じるいかにもsonyらしい音質です。ただし低域の量感はそこまで多くなく高域は比較的大人しいですが、綺麗に丁寧に粒立ちの良い鳴り方でモニターらしく中高域は音の聞き分けが容易です。ハウジングに1aよりベントが追加されているためか1aより低域の主張(音圧)は抑えられています。cd900stよりリスニング寄りに振ったオールマイティーに使えるヘッドホンです。やはりcd900stは生産終了せず併売するようです。音の傾向が違いますので当然と思います。むしろ音の傾向が近いmdr-1a(mk2)が生産終了してしまいそうです。m1st入手後、1aは即手放しました(m1stと比較して低音がクドく感じたため)装着感は、cd900stとそこまで違いはありません。やや良くなったかも知れませんが、ほぼ1aと同じで大変良好です。付属のケーブルは長く、6. 3mm標準プラグのみの仕様はcd900stと変わりません。(ケーブル・プラグの質感は上がっています、かっこいいです)業務用でありながら個人向け鑑賞用としても作られている理由のひとつ、ケーブルは脱着可能になっています。リケーブルして音質を好みに変えることができます。市販のキンバーケーブルなどバランス接続にも対応しています。業務用のため保証の付かない機種にも関わらず価格が3万を超える高価なヘッドホンですが、そこは『made in japan』ですから。これから少しずつ値が下がってくれば、個人向けmdr-1aより断然お薦めできる機種になると思います。『sonyの音、sonyヘッドホンの代表格』を所有したい方にもベストなヘッドホンです。.

日本で最も使われてるモニターヘッドホンのmdr-cd900stは高音の硬さなどから言って硬水。こちらは高音も低音も刺さることなく引っかからず、しかし十分な音圧ですぅっと入ってくる。まさに軟水で無味の良さそのもの。sonyのヘッドホンやスピーカーは色々使いましたがダントツで優しい自然な音。なんならスピーカーで聴くよりストレス無く聞こえます。音だけならその聴き分けに集中出来るし、映像を見つつ使うのにも引っかかり無く入ってくるからストレス無く見れるし聴きたい音や聴かせたい音をしっかり伝えてくれる。音を楽しむためのヘッドホンではなく音を聴くためのヘッドホン。モニターヘッドホンとして100点満点だと思います。.

作曲用途で使用しているが、低音の響きから高音の抜けまでクリアに聞き取ることができ、モニタリングの質が確実に向上した。これから永い付き合いになりそうだ。イヤーパッド部分は消耗品と割り切って直に耳を当てているが、ヘッド部分は取り換えが容易でないためヘッドバンドで保護している。以下の製品がぴったりだったので参考までに付記しておくhttps://www. Jp/gp/product/b012mao7ww/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o03_s00?ie=utf8&psc=1.

Cd900stの後継機で興味深々で購入しましたが、モニターらしい分解能を持ちつつ、低音も出ていて意外や意外。外観の作りもこれまでのあまりに情けない安っぽさが無くなり質感も大幅に向上しました。普段のリスニングにも使っており、大変気に入ってます。.

900stの用途やレコモニに特化した音の性質を理解している人向けのレビューです。900stと比較すると250hzや4khz付近を削ることによる明瞭な音質の実現はそのままに、削りのピンポイント化でただでさえ美しかったstよりもさらに豊かな中域を実現しています。超高域が出ないのを10khzのキツいピークで無理矢理鳴らしていた高域は均等になり、一聴するとstより落ち着いたように聴こえながら20khz付近まで音量レベルを落とすことなくしっかり出しているため高域はむしろ明瞭化しています。ハイレゾ対応を謳いながら可聴帯域内の超高域すら碌に出せないか、もしくは20khz以下のピークで高音を出せてるフリをしているヘッドホンが多い中、超高域まで実際になだらかに出し切り矛盾なく響かせているのは流石の技術力です。ピアノのアタックノイズや共鳴弦の響きが共に矛盾無く響かせられるヘッドホンなど6桁円代のヘッドホンでも限られています。低域も大幅に改善されています。低域をなるべく削る事で中域をマスキングせず聴かせる事に特化していたstと比較すると、250hzの削りを担保に中域のマスキングが起こらないギリギリまで低域を出している事が伝わってきます。鋭敏な超高域によりドラムのアタックも極めて明瞭になっているため、マスキングが起こらない程度の量感でありながらリズム感の不足を感じる事はないでしょう。巷のレビューではアタックの明瞭さを低域が出過ぎていると錯覚を起こしているものもあるほどです。10khzのキツいピークや超高域の不足、低域のスカスカさなど荒々しい点が目立った900stと異なり低域、中域、高域、超高域全て過不足なく出しながら決してフラットではなく解像度を高める為のチューニングが為されており、総じて「より多くの音を聞き分ける」というレコーディングモニターとしての性能が900stよりも更に突き詰められているといえます。かつ、レコモニとしての性能を突き詰めた結果でありながら、その美音は用途を選ばないでしょう。ドライバの傾斜配置により音を遠ざける事なく装着感も改善、グラウンド分離によりステレオバランスも改善。一時代を築きながら時代に取り残されかけていた900stは正当進化し、名を新たに再び時代を作るヘッドホンとなりました。.

Mdr-cd900stはどの音楽スタジオでも使われ、その音をもとに音楽が作られてきたので、「業界標準」と呼ばれてていますが、このmdr-m1stは「後継機」ということで好奇心から早速試しました。感想をいくつか。・音質の差は大きくはないモニターヘッドホンである以上予想はしていたが、非常に素直な音質はそのままです。どの音域も粒度があり、楽器に耳を凝らせば音が分離されるし、全体的に聞けばアンサンブルされ、個人的にとても心地いい音です。間違いなく2019年に手にできる最高のヘッドホンの一つ。cd900stと比較すると、低音が出ているかと思いますが、わずかです。そのため乗り換えも抵抗なくできるかなと。・イヤーパッド/ヘッドパッドの改良見てすぐわかる違いは、イヤーパッドとヘッドパッドの厚み部分。cd900stはプロ仕様で耐久性は高いですが、私はほぼ毎日使って8年間の間にイヤーパッドを2回交換しました。徐々にヘタれて、最後は破れたようになります。このmdr-m1stのイヤーパッドは立体的?な造形で、モコッとした耳当たりの優しさを感じます(笑)。頭に当たるヘッドパッドも優しく出来ているようで、他人に叩かれれても痛くなさそうです。耐久性はさすがにわかりませんがどうなんでしょう。・パーソナルユースイヤーパッド部分が回転し収納しやすくしたのは、持ち運びを考えているのでしょう。ただ注意点は、標準プラグです。太いです。近いうちにサードパーティ製のステレオミニケーブルやケースが出るはずで、そうなると屋外でのパーソナルユースでもありですね。カッコいいですし。[まとめ] 普通にカッコいいですし、ちゃんと中身が伴っているのを見ると、最近sonyはいい仕事しているなと感じます。このレベルの正統派を出されると、他のメーカーは別のところで勝負が必要ですよね。へんなヘッドホンに1万円使うなら、3万円くらいしますがいい買い物かも。感じ方は人それぞれですが。.

前機のmdr-cd900stに比べケーブルが着脱式になっている。mdr-cd900stでは弱いと言われていた低域に厚みが増したがその量は絶妙で他の域の邪魔はしていない。ヒップホップやトラップミュージックなど、サブベースがなっている歌ものが聴きやすかった。ハイが出すぎているヘッドホンが多いが、mdr-m1stは高域が痛くない。.

タイトルどうりすっきりとした音です。変な癖も無くナチュラルサウンドとでも形容できるかな。このヘッドフォンは基本的にはwalkman nw-wm1aとの接続。(4. 4mm balanced端子)ヘッドフォンケーブルは奮発してkimber kable muc-s12sb1を準備してあげました。特にバランス接続をセールスポイントにしていませんが、当然ながら本家、ケーブルを準備すればできます。(特にバランス接続に拘っている訳ではありません。アンバランスも良いですよ。)付属のケーブルはアンプ側が標準サイズなのでdapで使うにはちょっと都合が悪い。我家は3. 5mmミニプラグ(アンバランス)、4. 4mm 5極(バランス)に統一しているので残念ながら使用しておりません。無評価です。使用目的に合致していれば、これはこれで評価できるかと思います。もっとも、このヘッドフォンを購入される方々が付属ケーブルだけで満足できるとは思いませんが(汗)ヘッドフォン側の接続部(3. 5mm)はオープンスペースなのでバランス/アンバランスどちらのケーブルでも接続に際して障害(プラグがハウジングに接触する等)は発生しないでしょう。ルックス的にはsony純正ケーブル(アンバランス、バランス)が一番しっくりくると思います。とやかくと煩い事を言わなければそこら辺の安価な3. 5mmステレオミニプラグのケーブルなら何でも使えます。ケーブルの選択自由度という面では殆ど制限無ですね。唯一の制限事項はヘッドフォン側が3. 5mmという事だけです。音質面は好みもあると思いますので深くは言及いたしません。お好みのケーブルを選んであげてください。ヘッドフォンとしては比較的小型で軽い方。(と思う。)モバイル用途でよく使用するb&o h6ちゃんとイヤーパッドの大きさを含め同じくらい。どっちが良いのか?という野暮な判断は致しません。ファッションセンスではh6ちゃんの圧勝ですが(笑)h6ちゃんの本革ラムスキンのムチムチなイヤーパッドに比べると、ちょっと貧弱なイヤーパッドです。比べる相手が悪かったか(汗)。一般的には良い部類のイヤーパッドかと思います。側圧がやや強めですがそのうちイヤーパッドがなじんでいい感じになるのでは?と期待しています。やや強めな側圧ですがあまり耳が痛いなどのマイナス面がありません。むしろ頭にしっかり抱き着く感じで、歩きながらでも耳から外れにくいといったプラス面が大きいです。基本的にはオーバーイヤーですが、オンイヤーとの中間位かな?といったところです。ただ、ヘッドバンドの長さ調整はかなりシビアにやらないといけない感じです。長さ調整用目盛が1目盛違うと天と地ほど違う。何となく籠った感じでイマイチと感じたら目盛(長さ)をいろいろ調整してみると良いでしょう。ベストな目盛位置が見つかると思います。ハウジング上部にバスレフポートの様な開口部があるので音漏れはちょっと注意が必要かもしれません。どの程度の音漏れなのか確認する術がないので定量的な判断は難しい。今のところ電車内で苦情はもらったことは有りませんが、電車内では音量を抑え気味で運用しています。通勤は片道約一時間、電車内は約10分間だけなので我慢です。ハウジングの”sony”ロゴは単なる印刷ではなく、彫刻したような凹みに白ペイントを流し込んだものです。すぐ近くで見ると立体的な質感があります。ソリッドな凹みなので放電加工した物かもしれない。よく触る部分なので経年で印刷が薄れていく事は無いかなと思われます。(音質には関係ない部分ですが作り手の「拘り」を感じます。)肝心の音質は、これこそ新世代のstudio monitorの音なんだろう。低音域から高音域までよどみなく鳴ります。変に尖がったところが感じられません。やや低音域よりかなと思いますがエージングが進むと変化があるかもしれません。イコライジングで少し低音域を減衰させて使用してます。低音豊かな音が好みならスルーでも良いかと思います。(この辺は好みの世界ですからお好きにどうぞ)低いインピーダンス(24Ω)と良好な感度(104db/mv)のおかげなのか非力なスマホやdapでも音量設定がmaxでも「音が小さい!」と思うことはないかと思われます。フルにアナログな昔のレコードプレーヤ+アンプ経由だと凄く良い音で楽しめます。レコード(ep/lp)→デンオンのレコードレーヤ→パイオニア”exclusive c3a”プリアンプ→mdr-m1stデジタル系が入り込むと便利ではあるのですが…。特にモバイル用途専用という訳ではなく自宅でusb-dacにアンバランス接続で使う事も多いです。nw-wm1a(ソースダイレクト)では少し低音が豊かな感じでしたが何故かusb-dacではそれがあまり感じられない?(多少はあるが、イコライジングしなければと思わせる程ではない。曲次第ですが。)使用しているusb-dacは”amulech al-38432dq”で再生ソフトウェアは”tune browser”です。44. 1khz/16bit(cdベース音源)→352. 8khz/32bitにリサンプリング処理の設定。→sony流では”dsee hx”ですな。自宅には同じモニター系としてakg k553mkii(オーストリア・ウィーン出身)がおりますが、音質に関しては甲乙つけがたい。見た目に反して意外とsonyの方が低音域が厚い音質です。(walkman nw-wm1aの場合のみ、usb-dacだと何故か低音域のブースト感がさほど無い。)ヘッドフォンの低音域特性なのかnw-wm1aの特性なのかちょっと分らない。dapで低音域をイコライザーで少し減衰させるとakgとよく似た音質に変身します。性格的にややリスニング系に振った感じですかね。今時らしい音質とでも言えるかも?駆動側(dap,usb-dac,一般的なオーディオアンプ等)や使用ケーブルでも変わります。どこか再生系統のハードを変えると敏感に反応するところが凄いです。特に使用ケーブルの差などはあまり良く分らないのが常ですが、このヘッドフォンは「違い」がよくわかります。あまり低音重視は好みではないのですが、ダイナミックレンジの広いフルオーケストラ構成のクラシック音楽を聴くと凄く良いです。正直なところ「このヘッドフォンの音質はどう?」と聞かれると「ハード、楽曲次第で変化します。」と申し上げるしかない。新品購入でも無償修理保証期間はありません。一番トラブルが出やすいケーブルが取り外しできるのでこの点はまぁ問題ない。次にトラブルが多いイヤーパッドの劣化ですが、何らかの方法で交換できるのでしょうが今のところ不明。保守パーツも供給されている様子も無いのですが、いづれ何かアナウンスされるのではと期待はしております。屋外ではイヤーパッドカバー(mimimamo lサイズ)を被せて使っています。音質には悪影響がほとんどありません。汗や皮脂で汚れても簡単に洗濯ができるので重宝しています。値段は先代スタジオモニターmdr-cd900stの2倍くらいと高価ですが、そのうち少しは価格が下がるかも。ポイントバックなどを利用すれば3万円くらいで買えるチャンスもあるかな。恐らく長く販売されるでしょうから安く購入する機会を伺うも良し、さっさと購入して音楽を楽しむのも良し。最後に、このヘッドフォンが入った箱、梱包状態をみると仰天の驚きがあります。購入された方のお楽しみという事で詳しくは内緒にしておきます。(笑)—————————————————————————————————————–添付写真1:sony mdr-m1st+sony walkman nw-wm1a+sony muc-s12sb1(4. 4mm blanced)添付写真2:sony mdr-m1stとakg k553mkiiさま(でかい。これぞ”オーバーイヤー”です。3.

長所と短所

利点

  • すっきりした自然な音

  • 買って損はなかった。

  • クリアで聞き心地の良いモニターヘッドホン

欠点

ソニーが、4年?の開発期間をかけた力作、と聞いて、これはもう買うしかないと注文しました。届くまでワクワクでした。低音に締りがあり、かなり低くまで伸びてます。解像度も高く、弾力があって、聞いていて楽しいです。高音は、抜けが良いです。ex800stに比べると、しなやかな感じになります。自然な鳴り方をするし、聞き疲れないので、休日は仕事をしながら、ずっと付けてます。スタジオモニターシリーズは、cd900stを聞いて感動して以来、ex800stも買いました。どれも好きです。それぞれ、ちょっと違いがあって、どれも代わりにはならないですかね。気分によって選んで、楽しんでます。このシリーズは、他のヘッドホンと音の出方が、違う気がして(素人なのでそう聞こえます)、良いヘッドホンだなぁと思ってます。安くはないので、最初は躊躇しましたが、良かったです。迷ってる方の参考になれば。.

これは良い!まだまだエージングは終わってないけど、音のまとまり、質感、肝心のサウンドは中高域を含めレスポンスが良い。エージング含めた長期間の使用で化けるかも。いずれにせよポテンシャルは高い。日本製による製品の品質も素晴らしいと思う。この価格は安い!!.

の特徴 ソニー・ミュージックソリューションズ ハイレゾ対応スタジオ用モニターヘッドホンsony Mdr-M1st

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ソニ- ハンドメイド プロ仕様 ヘッドフォン

ソニーとソニー・ミュージックスタジオが共同開発したスタジオモニターヘッドホン

◆演奏空間を忠実に再現する音像独自開発のドライバーユニットを採用し、可聴帯域を超えるハイレゾの音域をダイレクトかつ正確に再現。楽器配置や音の響く空気感といった演奏空間全体を広く見渡すことができ、原音のイメージそのままの音質を実現。 ◆プロユースに耐え得る機能性と耐久性ジョイント部にシリコンリングを採用し、体を動かした際に発生しやすいノイズを徹底的に低減。人間工学に基づいた立体縫製のイヤーパッドで長時間の装着も快適です。さらに可動部の耐久性や耐落下強度も向上させ、プロユースに耐え得る品質を実現しています。 ◆熟練工によるハンドメイド製造プロフェッショナル向け音響製品を生産しているソニー・太陽株式会社にて製造。プロ用製品で培われた品質管理のもと、熟練作業者により手作業で一つ一つ丁寧に造られ、厳しい検査を経て出荷されます。

■ 仕 様 ■ 型式:密閉ダイナミック型ドライバーユニット:40mm ドーム型(CCAWボイスコイル)音圧感度:103dB/mWマグネット:ネオジウム再生周波数帯域:5~80000Hz(JEITA)インピーダンス:24Ω(1kHzにて)最大入力:1500mW(IEC測定値)ヘッドホンケーブル:約2.5m(ステレオ標準プラグ)質量:約215g(ケーブル含まず)

最高ソニー・ミュージックソリューションズ ハイレゾ対応スタジオ用モニターヘッドホンsony Mdr-M1st 購入