オンキヨー(Onkyo) Onkyo サブウーファーシステム アンプ内蔵 ブラック Sl-A250 – 毎日がロ−ドショ−ム−ビ−

同じくオンキヨーのシアターシステムのシステムアップにと購入しました。重低音はおおむね満足しておますが、質感というかなんて言ったらいいのかわかりませんがもうちょっとな感じです。カーオーディにこだわっていた時期があったので・・・ 価格、サイズなどトータル的には満足しておりますので買ってよかったです。.

いやー、なんてcpが高い商品なんでしょうこの値段でこの低域は世界中でこの製品だけだと確信してます驚きました今まで買った全ての家電で最もお買い得感がありました買って後悔する人なんているんでしょうか?.

Boseのスピーカーが付いている別荘の音響環境をアップグレードするために、このサブウーファーを追加したところ格段に心地よくなりました。ネット配信されているbbcの音楽番組を楽しんでいます。.

音楽を聴くのには向いてない印象を受けました。   大音量で聴くと振動でアンプ部からノイズが聞こえてきて多少不快ですそれ以外は満足しています.

数万円のホームシアター入門セットに付属していた12cmコーン型ウーファーから買い替えたのですが、低音の表現力は格段に上がったと思います。今までは「ボボボボボ」といった地響きが「ズゴゴゴゴ」と腹をえぐる様な音になった感じです。設置環境が6畳間というかなり苛酷な条件なのですが、条件さえ揃えばもっと良い音を出す事も可能だと思います。以下、購入を迷っている方の参考に気になった点。・大きい、重い (小さい部屋だと想像以上です。高さは膝くらいあります)・電源、音量ツマミが天板後方 (ラックや棚に入れる場合キツイです。電源連動、オートoffも無し)・コードがショボイ (3m分付属でありますが、この辺はコストを抑えてるのが分かります)・振動が強い (当然ですがパワーがあるので周りへの音漏れはある程度覚悟するべき)・本体がマット仕様 (108シリーズの様にピアノ光沢ではないです。ps3より粒子の細かいザラザラ感ですが、積もった埃を拭こうとすると一気に取れず、白く残るタイプなので多少厄介です。)サイズに関しては、音圧と比例するので我慢できる範疇ですが、映画館並みの重低音を出そうとするとある程度音量を上げる必要がある為、集合住宅に住んでいる方などが100%このウーファーの力を出す事はかなり難しいと思います。私の場合、音質向上と振動軽減の為にaudio-technica dvdlink サブウーファー用ケーブル1. 5audio-technica ハイブリツドインシユレーター at6099の二つを購入しましたが、更に気になる方はオーディオボード設置なども考えたほうがいいかもしれません。部屋の広さに余裕があり、音もガンガン出せる人にはお勧めですが、設置環境で悩んでいる方は追加投資もある程度覚悟する必要があります。小さい音では本領発揮出来ないので、買ってから後悔することが無い様、事前にシミュレートする事をお勧めします。.

この価格でこの大きさと音を提供できるのは素晴らしいです。大きさ、重量、共にこの価格でこれだけ大きいものは少ないと思います。音も良く響くし、非常に低い音域も空気が震え、空気の振動と圧力を感じます。スイッチやつまみが操作しにくいと言われることがありますが、サブウーファーによっては操作部が全て背面に付いている物もあるので許容範囲です。このデザインの良さは多少の操作性を犠牲にするだけのことはあると思います。それに、一度設定したサブウーファーの設定を変更することは非常に稀です。また、電源が連動していないことを不便に感じている人がいますが、それなら電源を切らなければいいと思います。いくらか消費電力はあるでしょうが、冷蔵庫なんかに比べたら微々たる量かと思います。スピーカーに対する悪影響ですが、3か月ほど点けっ放しですが今のところ問題ありません。将来のことは分かりませんが、価格としては安いサブウーファーですので買い替える時も後悔しないと思います。大きさ、重さをマイナス点としているレビューを過去にネットで見ましたが大きさ、重さは大きいほど良いです。キャビネット容量、重量、コーン径は大きいほど良いサブウーファーだという目安になります。コーン径は特別大きくありませんが、重量とキャビネット容量はこの価格ならトップクラスでしょう。初めてのサブウーファーなら一押しです。コスパは最高だと思います。.

先ず、付属のケーブルで十分です。アンプより高額な(2、3万円の)ケーブルに換えてもさほど変わらないとのこと(オーディオ専門家曰く)なるほど付属のケーブルで凄い重低音の再生。映画用にと購入しましたが音楽の重低音もズシンと迫力ありすぎ。あとはオーディオに詳しい人に聞いて設置方法を研究されたらよろしい。.

今まで中古で買ったonkyoのd-v77を  pc→コンポ→スピーカー  という形で使っていたのですが、音圧不足を感じ、d-308mと一緒に購入しました。コンポが10年以上前のもので、ウーファー用モノラル出力が無いので、 pc→コンポ→ウーファー→スピーカー  という形で使用してます。トランス、ハードコア等のテクノ系やメタル系をよく聴きますが、低音の迫力が最高です。また、いつも聞いている曲でも「この曲こんなベースラインだったんだ」ってのを見つけられて楽しいです。初めてウーファー買いましたが買ってよかったです。.

利点と欠点

メリット

  • とても大きいです

  • いいですね~

  • 毎日がロ−ドショ−ム−ビ−

デメリット

Onkyoのtx-sa507 avアンプに接続 重低音の世界を感応しています。雷 波 風 地響き 音と映像のコラボは最高です。以前から使用しているsonyのサブにも繋ぎ込み、バランスは狂いますが ボリ−ュムさえ上げる環境にある人には、たまらないアイテムです。しかもこの価格で毎日映画のロ−ドショウで癒す事が出来る、俄然お楽しみ下さい。.

自分のだけかもしれないが、どんな音量でもアンプ部分からノイズが聞こえる。さらに音量を上げるとエッジのあたりからバチバチといった音がきこえる。(修理しても直らず)とくにジャズなんて聴けたもんじゃない。金の無駄だった気がする。(ホームシアターなら少しはまし)でもまぁかなり細かいところまで気にしないで普通に迫力のあるいい音を求めている人にとってはなかなか満足できる商品だとおもいますよぉ。.

映画を見る時に迫力が増しました。スピーカー端子入力やライン入力が設けられています。今後はアンプを購入してsl-250の効果を最大限に発揮したいです。価格と性能にとても満足です。.

こちらはavアンプとd-108シリーズさえあれば見事な音声を演出してくれます。私としては満足しています。ホントに凄い迫力です。.

オンキョーのfr-s9gxdv単体で、これまでジャズを中心に楽しんでいましたが、ベースの迫力が欲しくて、サブウーファーsl-a250(b)を購入しました。自然な感じで重量感のあるベース音を楽しめるようになり、満足しています。.

Onkyo パワードスピーカーシステム gx-500hdのサブウーファーとして購入しました。ワンランク上のsl-d500にするつもりでしたが、出力のバランスから、この機種にしました。本体背面の様子が伺える画像が見あたらないので、セッティングを前もってお考えの方に、簡潔に説明しますと1.押しボタン式電源スイッチ2.ハイカットフィルターのon-offスイッチ3.15hz刻みの目盛の周波数可変ボリューム(50〜200hz)4.マスターボリュームと意外な部分に操作部が集中していますのでご参考までsl-a250 取扱説明書: [.

商品説明にサイズは書いてありますが、それを知っててもやはり大きな物体です。音としては、バランスを取るのが難しくローカットはウーファー本体ではなく、上位に接続しているものに任せた方が良い感じです(うちではpcとアクティブスピーカーで利用しています)本体の下には何か敷物があった方が良いです(御影石とか)インシュレーターの恩恵は多分受けられません.

以前使っていた物が寿命でお亡くなりになったので新しくこの商品を購入しました。とりあえず、大きいです(ファンヒーターよりデカイw) 重量も15kg位ほどあるという事で女性の方は設置に苦労するかもしれません。配線自体はすごく簡単ですぐ終わります。さきほども言いましたが大きいので広めの部屋向けかもしれません。 自分はマランツのAVアンプNR1501につないでます。音はと言うと音楽より映画むけでしょう。ただし、クラシックなんかはとても艶やかに再生してくれます。最近のJ-POPなんかは好みが別れるかもしれません(自分は嫌いじゃない鳴らし方だけど)。 あと今まではフロア式のウーハーを使っていたのでそんなに気にはならなかったのですが、設置位置で大分音圧が変わってきますね。普通に置いたらなんか音圧が物足り ない感じでちょっとガッカリしたのですが勉強机(よくあるあのタイプ)の下に設置して鳴らしてみたら中で反響して部屋全体に重低音が響いて最高でした。 これからずっと使っていく予定なので頑張ってもらいたいです(笑) .

重低音が欲しく切れのいい音を濁さないとの事で購入しました。エラックの243bリミテッドとヤマハのax3900で繋いでます。音をシャープに聞きたかったので充分です。.

特徴 Onkyo サブウーファーシステム アンプ内蔵 ブラック Sl-A250(b)

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • タイプ:サブウーファー / 型式:1WAY / ユニット数:1 / エンクロージャー方式:バスレフ型 / 防磁設計:防磁型
  • 最大出力:75W
  • 再生周波数帯域(L):27Hz / 再生周波数帯域(H):1500Hz
  • ワイヤレス:非対応 / スピーカー本数:1

ベスト Onkyo サブウーファーシステム アンプ内蔵 ブラック Sl-A250(b) レビュー