アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) アイリスオーヤマ 空気清浄機 花粉 Pm2

寝室用に購入しましたが同価格帯の他社製品より音が大きい。連続で高速運転ができない。.

パネルやフィルターが安っぽいですが、空気清浄機としての性能はきちんとあり値段相当という感想です。寝室が狭いのでちょっと音が気になりますが許容範囲です。.

購入後1ヶ月間、自動運転にしていましたが、ずっと風量が変わらず・・・。料理をしても、殺虫スプレーをしても空気の汚れの数値は上がるが風量は変わらず。アイリスオーヤマに電話したら最初のオペレーターが素人?みたいでこの製品はそういうもので、自動運転にしても風量は変わりませんとの事。じゃあ自動運転モードいらないだろ・・・と思いつつ今度は修理専用電話番号へかけたら、それはおかしいので回収して原因を調べますと商品は回収されました。結果として製品自体に問題があり他にも同じようなクレームがあるので返品扱いにして欲しいと言われました。最初のオペレーターの対応もですが欠陥のある商品を売り続ける神経がわかりません。絶対買わない方がいいです。.

寝室に置いてますが、音は静かなのできになりません。ネコを飼っていますが、気になっていた臭いがしなくなったので良かったです。.

とても良かったです。以前はプラズマクラスターを使っていましたが、フィルターを変えてもあまり変化ぎ無くなってきていて、どうせなら空気清浄機のみの物が欲しいと思いこちらを購入しました。実際使ってみると、pm2. 5がどれくらい取れたか等分かりやすく表示されていて面白いです。いつも鼻水がズルズルだった子供も調子が良さそうです。.

一人暮らしでぶっちゃけあまり掃除をしないのですが、ある日懐中電灯を点灯させてビックリ!埃より細かい塵のようなものがびっしりと縦横無尽に飛び交っていました。よく埃が積もるなぁとは感じていたので換気はしていたのですが…流石にこの量の埃を毎日吸っていると思うと気持ちが悪かったので空気清浄機を買おうと思ったのですが、意外と高いものばかりなんですね。そんな中アイリスオーヤマはやはり頭1つ抜けて安いので助かりました。早速設置してみてpm2. 5の数値を見て目玉飛び出ました。どんだけ埃だらけの部屋で生活していたんだ、もう部屋で息をしたくない…と思っていたら、のちに超音波加湿器の水蒸気に反応していたことが分かりました。距離を放しても同じ部屋で加湿器を使う限り正確な数値は出ませんね。加湿器を止めて懐中電灯を照らすと細かい塵のように見えていた水蒸気は無くなりpm2. 5の数値も10以下になりました。なので正確な数値を得るためには加湿器を止める必要があるでしょう。機能については、やはりpm2. 5濃度が分かるのは助かります。加湿器の水蒸気に反応するのは盲点でしたが、分かっていれば問題ありませんしね。騒音については標準がエアコンのアイドル運転より少し静かな感じ、静音はもう少し静かになります。自分はエアコン程度の音なら全く気にならないので標準でも大丈夫です。強やターボにすると途端にうるさくなります。強は常用できませんね。ですが自動運転では強やターボにはならないようなので問題ありませんね。実際自動運転状態でpm2. 5が199でも強とターボにはなりません。フィルター部分については不親切だと思います。カバーを外すとき下にスライドさせなければならないが、当然下は床なので本体を寝かせるか傾けなければならない。集塵フィルターの取り付けも本体を寝かせて行わなければならず面倒くさい。表側のプレフィルターに挟めるようにしたり、本体側に工夫をすればわざわざ本体を寝かせる必要はなかったはずです。網目状のプレフィルターもふにゃふにゃで隙間が出来てて吸い込んだ空気の一部はダイレクトに集塵フィルターの方に行ってしまうし。そういったところはお値段相当なんでしょうけどね。ともかく、値段の割にきちんと仕事してくれるので高評価です。・良い点安いpm2. 5濃度とハウスダストレベルの表示。キチンと埃をキャッチしてくれる。・悪い点フィルター交換が面倒。プレフィルターがふにゃふにゃで隙間ができる。.

どれくらい汚れているか数字で出るのが、わかりやすくて良いです。3月末から4月現在は、窓も開けてないのに、朝起きたらpm2.5が「188」とかなってる時があります。(それまでは普段は外から家に入ってすぐでも、70か80らへんです)。そんな時は私の周りの人がチラホラ涙流して、鼻水すすって大変そう。25畳まで対応していてこの値段は安いと思います。花粉症夫婦にはとても価値があります。うちはアロマのディフューザーがあるので加湿機能はいらないし。加湿機能つくと掃除めんどくさそうだし。ただしディフューザーは空気清浄機から離して使わないといけないと取説に記載ありました。うちは冬は加湿しますが春はあまり加湿してないから問題ないのかも。だから問題なし。9畳だとターボボタン押すと9分できれいになります。「自動」に普段して、数字が100超えて追いつかないときは「ターボ」。ターボは9分後に勝手に「自動」へ戻ります。「強」はずーっと「ターボ」みたいなもんです。「標準」だとずっと静かに清浄してくれます。うるさくないです。さらに静かな「静」もあります。外から帰ったら、「ターボ」押して、頭から足の方までパンパンしてね、と家族に言ってます。今年は空気清浄機、プラス、なるべく「ずっとマスクつけてるので、私はとーっても楽です。主人は外でもマスクしないので、近頃、鼻すすって少ししんどそうです。でも薬は飲んでません。それほどではないと言ってます。でも主人はこれからなので効いてるかどうかはこれから検証です。子供が去年いよいよ花粉症か!?て感じでしたが今年は全然です。私も子供もいい感じです。.

空気清浄機と言えばうちでは東芝オンリーで、全室・廊下に設置している7台全て東芝製で、何の問題も無くフィルターの交換だけで10年以上使い続けていたのですが、うち1台を大掃除中の不注意で大破させてしまった為、色々と探してこちらを購入。うちで使っている空気清浄機は、全て臭いセンサー搭載のものばかりだったので、ホコリセンサーがついている、というのも購入の決め手でした。まあ、国産メーカーが軒並みこの手の生活家電製造から手を引いてしまっている為、選択肢がそもそも無かったから、というのが大きいのですが…東芝が現在も空気清浄機を製造していたら、何も迷わず購入していたでしょうから…で、こちらの商品のホコリセンサーですが、全く機能していないに等しい挙動です。うちは比較的気密性の高い住宅なのですが、中でも戸の開け閉め等で比較的空気流入がある玄関先に設置していて、花粉全開のシーズンに外から帰ってきて玄関先で上着をバサバサしようとも、風の強い空気の乾燥している初冬に、埃を巻き込みながら玄関を開け閉めしても、ピクリとも反応しません。かと思えば、突然深夜に、人もモノも一切動いていない、空気の流れなんてない状態で、何かに憑りつかれた様に突如爆音を響かせながら、唸りを上げて急速運転を始めたり、よく解りません。割としっかり丁寧にホコリセンサー部を清掃しても状況変わらずです。(清掃以前に、購入直後からこんな感じでした。)効いて欲しい時に全く効かない、しかし効いてほしくない時に、理解不能の突然の連続急速運転が始まったりのホコリセンサーに辟易としたので、自動運転では使い物にならないので、今では手動モードで静音運転に固定運転しています。こちらの商品の急速運転の音は、凄まじい音がします。設置している玄関先から寝室まで、階層も違うし結構離れているのですが、コレの深夜の急速運転の唸り音で何度起こされた事か…動作音に関して、仮に玄関先や廊下等では無く、居室で使うならば…様々な生活音のあるリビング等であれば、静香運転ならギリギリ許容範囲ですが、寝室で使うのは静音運転であっても私は無理です。あと、購入時から、静音運転であってもかすかに本体が揺れています。東芝製の空気清浄機は、静音運転では全く微動だにしませんが…空気清浄機って、アクセサリーの交換はあるにしても、本体そのものがそうそう簡単に壊れる家電でも無いですが、まあ壊れるまでは使おうかと…アクセサリー品はアイリスさんの商品だけあり、しばらくの間は安定供給されるでしょうから、その点は安心できます。あと、最後になりましたがこの商品、~14畳(ホコリセンサー無し)・~14畳・~17畳・~25畳用と4種の商品展開がされていますが、それぞれ全く別モノの商品と考えた方が良いと思います。基本設計から何から何まで違う別モデルなのに、こちらのレビュー欄では4種ひとまとめで一緒くたに表示されているので紛らわしい、すごく解りにくいですよね。当方のレビューは、あくまで購入した~14畳モデル(ホコリセンサー有り)のpmac-100-sについてのものですので、それ以外をお求めの方には参考にならないと思います。さしあたり、次にまた空気清浄機が必要になったら、ヤフオクあたりで状態の良い東芝製の中古の空気清浄機を買います…総じて、少し残念な買い物でした。.

長所と短所

利点

  • 想像以上に吸引力がありました。が・・・
  • ホコリセンサーはほぼ役立たずと考えた方が。 消極的ながらも壊れるまでは使うつもりです。
  • 製品自体に欠陥がありリコール対象です。

欠点

以前は加湿機能付きのプラズマクラスタ―を使用していました。今迄、色々な空気清浄機を使用して来ましたが、それぞれに難点があり、高額な商品は購入してませんが。この商品はコ・ス・パ が良く、帰宅するとpm2,5に反応します。目に見えるので、室内の空気の状態が良くわかります。音がうるさいので基本清音モ―ドで使用しています。外出時に自動運転モ―ドで室内の空気を綺麗にしています。.

室内にホコリがたまりにくくなり,焼肉やお好み焼きをやった後に一晩つけておくと全く匂いがなくなります..

事務所の空気を良くしたいので購入しました。pm2. 5が実際に除去されているかは分かり兼ねますが、特に騒音も大きくは感じない程度ですしお値段の働きをしてくれるものだと期待して利用中です。色合いもサイズも丁度いいので特に機能性などを重視しない方には良いかと思います😀.

花粉症のスタッフのために購入しましたがコンパクトで使い勝手もよかったのでスタッフの机の近くにそれぞれ設置しました。とてもよかったです。.

この製品は、旧式のフィルターによる空気清浄機能だけの物です。筐体も比較j的大きい、音もうるさい。センサーはホコリだけで匂いセンサーでは有りません。他と異なるのはpm2. 5の表示のみです。フィルターも目が粗く寿命も短いようです。(但し、面積が小さいため交換フィルターは安い)最も問題なのは、網状のフィルターが曲がりが大きく、正常にセット出来ないためホコリを内部まで進入させてしまいます。そのため脱臭フィルターまでホコリだらけになります。DC100タイプは自動モードでリニアに風量を調整すると思っていましたが、2段切替のようです。.

Dc100を、購入しましたが、結構大きいです。フィルターは清掃不可で2年位で交換と書いてありびっくりしましたが、普段の手入れは楽かな、と。ターボと強風はまあまあうるさいです。液晶の見方が少しややこしいけど、取説読めば大丈夫です。汚染の状況が分かって便利です。.

使用して4日程ですが、今のところ効果がかなり出ていてとても助かっています。湿度が高くなると、何故かクローゼットから防虫剤の匂いが立ち込めてきて(防虫剤は処分したのですが木材や洋服に染み付いるのか?)困っていました。この清浄機を使用し始めたら匂いはおさまり、しかもほこりもよくとってくれているのか、「空気が綺麗」と実感できています。喉の調子が良いです。音は、静音であればつけたままでも眠れます。普通だと音は気になります。なので普段使いでも静音にしていますが、それでも効果はあると思います。空気清浄機の中ではあまり聞いたことのないメーカーだったし、見た目はちゃっちくて不安になったのですが、軽くて邪魔にならないしお買い得だったかな。これから使い続けて、不具合が出なければ満点と思います。.

コンパクトで音も静か。猫のトイレの前において常時静音モードで運転しています。脱臭効果はあると思いますし、抜け毛も多少とれるみたいです。チャイルドロックがあるので、猫が上に乗っても安心です。.

殆ど動かしっぱなし 昼も夜も使用しているのを忘れる 空気みたいな存在ながら ledの懐中電灯で暗い中照らすと細かい塵が吸い込まれていく これを吸っているかと思うと停止出来ない 壊れたら又購入と考えて 使い捨ての使用.

の特徴 アイリスオーヤマ 空気清浄機 花粉 Pm2.5 除去 ~25畳 Pmms-Dc100

  • 商品サイズ(約):幅40×奥行20.1×高さ58.6cm 電源コード長さ:約2m
  • 重量:約5.6kg
  • 電源:AC 100V
  • 消費電力(50/60Hz):静音4/4、標準8/8、強55/55、ターボ80/80
  • 適用床面積:41m2(25畳)
  • 風量(50/60Hz):静音0.8/0.8m2/分、標準2.0/2.0m2/分、強4.7/4.7m2/分、ターボ5.6/5.6m2/分
  • 清浄時間(8畳(13m2)あたり):約9分(ターボモード時)

メーカーより

拡大表示

汚れを見つけて、すばやく清浄

PM2.5・ハウスダストなどを99.9%除去

汚れた空気をパワフルに集塵、PM2.5やハウスダストなどを99.9%除去。

ターボモード搭載

ファンが高速回転し3方向の吸気口からスピード集塵するので、広いリビングもすばやくキレイ。

帰宅時に持ち帰った花粉など部屋に広がる前に一気に吸引。

3種類のフィルター

HEPA集じんフィルター、活性炭フィルター、プレフィルターの3種類のフィルターが脱臭&集塵を行う。

ほこりやたばこの煙から花粉やダニの糞・アレル物質、PM2.5などの微粒子にまで高いレベルで除去。

部屋の空気の汚れがひと目で分かる

見やすい液晶モニター

室内のハウスダストとPM2.5の濃度を測定して液晶モニターに表示。濃度の変化がグラフに示され、清浄能力をひと目で確認できる。

グラフ表示は過去「20分間」「20時間」「20日間」いずれかを指定。

時間をさかのぼってPM2.5とハウスダストの濃度を表示するので、気になるお部屋の環境を常に管理できる。

環境省の「そらまめ君(大気汚染物質広域監視システム)」の機器に近いグラフを描き、ほぼ同等の検知能力を実証。(下記グラフ参照)

自動運転モードでかしこく清浄

高感度ホコリセンサーがまいあがったホコリやタバコの煙を感知し、ターボ清浄で不快物質を高速キャッチ。

お部屋の空気の汚れに応じて自動で運転切換えするので、効率よく空気を清浄。

運転モードは4段階

「自動運転」「強」「標準」「静音」の4段階の運転モード切り替えができる。

拡大表示

商品名 PM2.5ウォッチャー 17畳用 PM2.5ウォッチャー 25畳用 活性炭フィルター 生活臭用 集塵フィルター

大手メーカーの空気清浄機のフィルターが交換時期が来てしまった為、交換用フィルターを探したところ、古い機種でamazonからの販売が無く、高値で販売されていたので、思い切って本体ごと買い換えてしまいました。以前使用していた機種は、12畳程の清浄能力でしたが、清浄能力を考えて25畳用を購入しました。実際に商品を使用してみますと、以前使用していた機種とは全く別物な性能でした。こちらの商品でまず目に留まるところは、液晶画面かと思います。当初は目安程度かと思いましたが、部屋で洗濯物を畳んだり、着替えたり、掃除機をかけると、すぐに反応して数値がみるみる上昇します。それに合わせて、自動運転の場合、ファンの回転数も上がります。数値が下がってくると、回転数も下がり静かになります。運転モードが「強」や、「ターボ」ですと、さすがに音がしますが、これは以前使用していた機種でも同程度ですので、仕方ないと考えております。大手メーカーの最上級機種等ではファンの構造等から、もっと静かなのかもしれません。そして一番肝心な清浄能力ですが、以前使用していた機種が12畳程の能力だったせいか、毎日24時間稼働させると、フィルターに埃が積もります。また、以前の機種ですと、カバーの下はすぐにhepaフィルターですぐに犬の毛や綿埃が詰まってしまっていたのですが、こちらの商品は、hepaフィルターや活性炭フィルターの前に、エアコンのフィルターの様な洗浄可能なフィルターが付いているので、交換用フィルターがすぐに汚れる心配がありません。そして、大手メーカーのフィルターより、厚みが2倍くらい厚く吸塵能力が長続きするので、交換サイクルが飛躍的に延びました。フィルターも大手メーカーの物より、安いのも有り難いです。また、クイックルワイパーの様なもので、一週間に3~4回程度の掃除が、1回も軽く掃除すれば良い程に埃が減ったのも助かっております。しかし、自室の6畳間に25畳用はオーバースペックですが、恩恵は目に見えて実感しております。最後になりますが、性能は満足なものですが、17畳用と、25畳用でメリット・デメリットがあります。まず17畳用ではモーターがacですので、清音・標準モードでも、メーカーカタログでは、38wから54wの消費電力がかかります。比べて25畳用ではdcモーターなので、4wから8wになりかなり省エネです。また、25畳用では、活性炭フィルターが1種類しかないのに対して、17畳用では、用途に合わせて3種類あります。17畳用も25畳用もamazonの販売価格(2017年8月現在では、25畳用は¥14500円)では二千円も差がないので、個人的には、17畳用もdcモーターにして、25畳用もフィルターの種類を3種類であれば、設置場所に合わせて、かなりコストパフォーマンスの良い商品ですが、もう少しユーザー目線で商品展開をしていただきたかったところです。最後までお読みいただき、ありがとうございました。.

まだ花粉は飛んでいないので花粉に対する効果は分かりませんが、部屋の中のホコリは少なくなったように感じます。.

快調に作動しているのですがほこりの多い所(猫3匹)で使用しているからなのか、ほこりセンサーがすぐに効かなくなり、センサーの掃除すると数回はほこりを感知しますがその後はまた掃除するまでは感知しません。ほこりの多い所では掃除の回数を増やした方がいいようです。(部屋の大きさは10畳位です。).

最高アイリスオーヤマ 空気清浄機 花粉 Pm2.5 除去 ~25畳 Pmms-Dc100 購入